VSDC無料動画編集でビデオの編集を始める方法

プログラムに1つまたは複数のメディアファイルを追加すると、必要に応じてそれらを編集できます。VSDC動画編集主な編集操作を実現する方法を見てみましょう。

ファイルの不要な部分を切り取る

タイムライン上で不要な部分をで直接切り取ることができます。タイムスケール上の青い四角形を移動してフラグメントを選択し、「編集」の「ツール」というセクションの「部分の切り取り」のボタンをクリックします。

より正確には、「切り取りと分割」というボタンをクリックして追加のウィンドウを開くことができます。このトピックの詳細については、「動画の不要な部分を切り取る方法」という記事を参照してください。

動画をパーツに分割する

編集中にファイルをエピソードに分割する方が便利なことがあります。それをするには、追加ウィンドウを開き、オブジェクトのプロパティまたはオブジェクトメニューの「切り取りと分割」をクリックします。

ここでは、ファイルを分割したい位置にマーカーを置き、「変更を適用…」というボタンをクリックします。詳細については、「動画ファイルを分割する方法」」の記事を参照してください。

ビデオ及びオーディオのエフェクトの適用

ビデオまたは画像ファイルに様々なエフェクトを適用するには、タイムライン上のオブジェクトをダブルクリックします。その後、利用可能なエフェクトを表示するには、リボンコマンドバーで「編集」のタブを開き、「ビデオエフェクト」(または「オーディオエフェクト」) をクリックします。必要な効果を選択すると、対応するオブジェクトがタイムラインに表示されます。

オブジェクトがタイムライン上で動く効果の継続時間と位置をマウスで移動することができます。「プロパティ」の ウィンドウで、この効果の他のパラメータを設定することもできます。

メディアファイルがスプライト内にある場合は、選択した効果がこのスプライト内のすべてのデータに適用される可能性があります。

画像に適用されている効果の例については、「動画または画像に効果を適用する方法」というリンクを参照してください。

動画に様々なオブジェクトを追加する

編集中には、動画に文字、アニメーション、図形を追加する必要があります。一般に、これらのオブジェクトの操作は、同じ原則に基づいています。「編集」の「オブジェクトの追加」のドロップ・ダウンメニューから必要なオプションを選択またはシーンの左側にあるツールバー対応するボタンを使用します。

開いたウィンドウでオブジェクトの位置を設定して「OK」をクリックします。後で、タイムライン上でオブジェクトの位置を直接変更して境界線を移動するか、ドラッグ・アンド・ドロップの方法を使用することができます。その後、シーンでのオブジェクトの位置を設定します。カーソルが十字の形をとり、シーンの領域をクリックして右方向にストレッチします。「プロパティ」ウィンドウで使用可能なパラメーターを設定して、必要に応じて、オブジェクトの外観を変更できます。


VSDC動画編集では次のこともできます。

 


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。