VSDC Free Video Editor を使うと、どうやってビデオを編集できるか。

もうプログラムに追加したメディアファイルを編集できる。VSDC ビデオ エディターでメインの編集操作を実現する方法を見てみましょう。

ファイルの不要な部分を切削する

タイムライン上でファイルの不要な部分を切削できる。タイム スケール上の青い四角形を移動するフラグメントを選択して、「エディター」タブの「ツール」セクションの「切り出し」ボタンをクリックしてください。

正確には、「切断と分割」ボタンをクリックすると追加のエディター ウィンドウを開くことができる。このトピックの詳細について、「ビデオの不要な部分をカットする方法」の記事を参照してください。

ビデオをパーツに分割する

時々 エピソードの編集中、ファイル分割する方が便利である。するために、オブジェクトのプロパティまたはオブジェクト メニューで「切断・分割」をクリックして、その他のエディター ウィンドウを開けてください。

ここでファイルを分割したい位置にマーカーを配置することと「変更を適用」ボタンをクリックすることができる。詳細については、「部分に動画ファイルを分割する方法」の記事を参照してください

ビデオとオーディオのエフェクトの適用

ビデオまたは画像ファイルに様々 なエフェクトを適用するために、タイムライン上のオブジェクトをダブルクリックしてください。その後、リボン コマンド バーで「エディター」タブを開き、利用可能なエフェクトの一覧をみるために「ビデオエフェクト」(または「オーディオエフェクト」) をクリック] ボタンをクリックして。必要な効果を選んだ後、対応するオブジェクトがタイムラインに表示される。

タイムラインに接するオブジェクトをマウスで移動したら、効果継続時間とその位置を変更できる。[プロパティ] ウィンドウで、この効果の他のパラメーターを構成することもできる。

メディア ファイルはスプライト内にある場合は、このスプライトのすべてのデータを選択したエフェクトを適用できるからご注意ください。

画像に適用された効果の例を確認するには、「どのようにビデオや画像に効果を適用する」このリンクに従ってください。

ビデオに様々 なオブジェクトを追加する。

編集中には、あなたのビデオにテキスト、アニメーション、または幾何学的な図を追加する必要があルカも知れない。一般に、これらのオブジェクトの作業は、同じ原則に基づきる。「エディター」タブで「オブジェクトを追加する」ドロップ ダウン メニューから必要な要素を選択またはシーンの領域の左側にあるツールバー対応するボタンを使用する。

開いたウィンドウでオブジェクトの位置を設定し、[ok] をクリックして。後でその境界線を移動またはドラッグ アンド ドロップの方法を使用したら、タイムライン上でオブジェクトの位置を変更することができる。その後、シーンでのオブジェクトの位置を設定して。カーソルが十字形をとり、シーンの領域をクリックして右方向にストレッチしてください。[プロパティ] ウィンドウで使用可能なパラメーターを構成する必要に応じて、オブジェクトの外観を変更できる。


VSDC Video Editor also allows you to:

 


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.