ビデオ、オーディオ、イメージ

人気のビデオフォーマットとコーデックをサポートします。例えば、AVI、MP4、 MKV、 MPG、 WMV、 3GP、 FLV。オーディオファイルといえば、MP3、WAV、 WMA、 FLAC、 PCM、 OGG、 AAC、 M4A、 AMR。またイメージファイルはBMP、 JPG、 PNG、 PSD、 ICO、 TIFFなどをサポートします。

ビデオエディターをウンロードします

ビデオ効果

ビデオ効果の多数や色補正やオブジェクトの変換やビデオとイメージにフィルターの適用をサポートします。使える効果とフィルターの結合で自分の効果を作成できます。

ビデオエディターをウンロードします

効果音

エディターはビデオやオーディオファイルのオーディオトラックに効果音とフィルターを適用させます。一番人気の効果音は音量正規化や、音量補正や、エコーや、残響や、等化器などがあります。

ビデオエディターをウンロードします

モダンインターフェース

ビデオエディタの機能はビデオの作成と編集を簡単にするためにウィザードを使用している直感的なモダンインターフェースのことです。ユーザーインタフェースが簡単なのに、プログラムは長くて複合のビデオを作成させるたくさん機能を提供します。

ビデオエディターをウンロードします

ノンリニアエディター

ノンリニアエディター

同時にランダムな位置でたくさんオブジェクトを作成する可能性があるという意味です。

変換のツール

変換のツール

ビデオエディターは他のフォーマットにビデオやオーディオを変換するツールがあります。

DVD authoring

DVDオーサリング

DVDを作成し、組込みディスクの書き込みツールを問題なし使用して書き込むことができます。

Download Free Video Editor Software

Download Free Video Editor

ビデオエディターはビデオを編集し、さまざまな視覚効果と効果音を巻き込んでビデオを作成することに志向されます。プログラムは広い機能性を提供するし、最小の努力してビデオを作成させる簡単で直感的なインターフェイスがあります。

 

Free Video Editorをダウンロードするし、無料で制限なく(試用期間なし、透かしなし、広告なし)使用してもいいです。しかし、テクニカルサポートの登録を申し込んでプロジェクトをサポートできます。製品を使うときに問題を解くために早くてフルサポートを提供します。さらに詳しく...

ビデオエディターをウンロードします

 

ノンリニアビデオエディタ
エディタはノンリニアツールです。つまり、シーンが線型の順序あいついでいるエディタの大部分と違って、ソフトウェアはどんなサイズでもオブジェクトを作成するし、タイムラインでどこでもオブジェクトを配置させます。さまざまなパラメーターのほかにオブジェクトのシェイプと位置が恣意的に変われます。

視覚効果および効果音
ビデオは必要な結果を達成するように色々な視覚効果と効果音を適用できます。使える視覚効果の数は多くなって以来、簡単なナビゲーションのために視覚効果を5カテゴリに割れていました:色補正、オブジェクトの変換、オブジェクトのフィルター、切り替え効果、SFX。

ブレンドモード 及びInstagramのようなフィルター
色混合はもう一つ自分のお好みによるとビデオ画像を変更する方法です。調整可能なパラメーターの広い配列を使用してビデオにユニークでプロのスタイルを付けることができます。ニュービーまた時間を節約したい人たちはワンクリックで適用した流行のInstagramのようなフィルターから利益を得ます。

マスキング
VSDC Free Video Editorはビデオの所定のエレメントの隠すことし、ぼかしし、強調表示のために色々なマスクの形を作成させます。マスクした領域の内側または外側に特殊効果を適用するためにマスクを使用できます。一番共通の理由は身元を守るために顔をぼやけるか不要なマークを削除のことです。

サブピクセルの正確度
シーンの中でオブジェクトは滑らかなアニメーションし、回転し、変換し、位相精密測対サブピクセルの正確度と位置を占めます。

人気のフォーマットのサポート
ソフトウェアはほとんどビデオし、イメージし、オーディオのフォーマットとコーデックをサポートします。だから他のプログラムの場合と違ってファイルを編集するように追加の変換ツールが必要がありません。

特定のマルチメディア装置のためにビデオの作成
予め設定したプロファイルの多数のセットのおかげで、人気のマルチメディア装置の大部分にたやすくビデオを作成できます。例えば、DVDプレーヤー、iPod/iPhone/iPad、PSP、スマホ、Sony PlayStation、 Xbox、 Zune、Archos、 iRiver、 Creative Zen、 Blackberry、MP4プレーヤーなど他多数あります。

グラフの操作
図表のさまざまな種類を作成できる3Dダイヤグラムを含めて:  横棒グラフ、積み上げ横棒グラフー、ポイントグラフ、バブルダイアグラム、折れ線グラフ、散布図、高速折れ線グラフ、階段状グラフ、曲線グラフ、面グラフ、曲線面グラフ、積上げ面グラフ、スプライン積み上げ面グラフ、範囲の横棒グラフ、ガントグラフ、円グラフ、3D円グラフ、3Dトーラスチャート、レーダーポイントチャート、トーラスグラフ、折れ線レーダーチャート、レーダー面チャート、レーダースプラインチャート、レーダースプライン面チャート、じょうごグラフ、ピラミッドグラフ、3Dピラミッドグラフ、ハイローグラフ、ローソク足グラフ。 このオブジェクトはいろんなタイプのデータの変化に基づけます。その上、特定ニーズに適合するように図表の外見は完全にカスタマイズ可能です。(チャートの外見、座標軸、ユーザー定義の軸、凡例、チャートと軸の名前、線、ラベル、他のエレメント)統合された色のテーマはチャートが見えることを速く変更できます。

ビデオライブラリー (次のプログラムの発売が含まれます)
エディタソフトウェアは自分の概要または詳述のマルチメディアファイルのライブラリーを作成させます。 自分のビデオコレクションを編成するし、必要なファイルにアクセスを簡単にします。

組込みDVD書込みツール
エディタは光ディスクで結果を書き込ませるDVD書込みツールがあります。

ビデオファイルの変換器
アプリケーションは早く他のフォーマットに変換するために設計されます。ビデオを編集のために基本的な機能があります:不要なセグメントの削除、ビデオの分割、いくつかのファイルの併合。

デスクトップレコーダー
ビデオエディタの機能は後の処理のためビデオファイルに取り込んだフィート数を保存することです。

ビデオキャプチャー
他の機能はいろんなビデオチューナーや、ウェブカメラや、IP カメラからビデオを取り込むし、任意のフォーマットで取り込んだフィート数を保存する可能性です。

ビデオエディターをウンロードします

変更の一覧

5.5.0バーション

  • マスクツールが追加されました。必須の領域でイメージの半透明を変化させるし、ビデオの一定のパートに効果を追加させます。
  • ブレンドモードが追加されました。
  • クイックスタイルにInstagramのようなフィルターが追加されました。
  • テキストオブジェクトを更新しました:上付き文字と下付き文字のスタイル、カーニング、ベースラインのシフトを追加した、下線および取り消し線のオプションを高めた、ウムラウト、数個の言語で強勢符が追加されました。
  • シーンのコンセプトを変更しました:今全ての視覚のオブジェクトは前にスプライトだけ使えた他の視覚のオブジェクトを含むことができます。
  • システムのクリップボードの処理が追加されました - クリップボードからイメージを挿入するだけではなくオプションはクリップボードにコピーしたリンクからビデオ/オーディオ/イメージファイルを挿入できます。

5.1.2バーション

  • 高めたテキストの編集:
    • 全ての共通の字体や、フォントや、色んな文字符号化のサポート
    • もっと柔軟なテキストの序文 - 自動的に調整可能なブロックにエディターのステージでテキストを入力できる
    • 別々に各自の文字にプロパティを設定する可能性
  • H265/HEVCハードウェアアクセラレーション
  • スペイン語でインターフェース

5.0.1バーション

  • プログラムのインターフェースのリスタイルを完了 - モダンラットデザインに転換
  • H264のコーデックのハードウェアアクセラレーション
  • プロの編集のために調整可能なパラメーターの設定 - ビデオオブジェクトとかアニメーションにカーブモーションパスの作成
  • 最適化したアドバンスドの多色クロマキー
  • インポートのフォーマットとしてH265/HEVCのコーデックの追加

4.0.1バーション

  • フィルターや、デコーダーや、コーダが最適化されました。多数のコーデックのパフォーマンスは、例えばH264、50パーセントの増加されました。イメージを操作するときにズーミング品質を設定の新しい機会を追加しました。また速くパフォーマンスのために多重処理を起動するし、コードや、デコードや、レコーディングや、読込みの処理を分離しました。
  • APNGとGIFフォーマットが追加されました。両方のフォーマットは半透明の効果とビデオの作成を有効にするので、一つがウェブサイトでアニメーションの効果をインプリメントできます。コードしたイメージの品質はディザリング効果のためかなり高めました。
  • SWFとGIFファイルにサイズをかなり減らすことを有効にする圧縮のオプションを追加しました。
  • FLACというオーディオフォーマットは品質の損失なしオーディオを操作するために追加されました。
  • H265/HEVCのコーデックおよびIphone Live Photosのファイルを開く可能性だけではなく2Kと4Kビデオのサポートを追加しました。
  • 作成者、発行者、著作権の情報、他のデータは今結果 ファイルに記録されます。
  • 高めたエディタの有用性:
    • エクスポートの間にプログラムは現在のフォームとプロファイルを保存します。
    • 引数値だけでなくパラメーターが値をとる時限を設定可能性を追加しました。
    • 新しい付加の設定がインプリメントされました。
  • 次のエラーが訂正されました:
    • 数個の言語で字幕をサポートしなかった
    • アニメーションオブジェクトを改良した:同時に開けられるイメージの数はもう限られない
    • 自動のタイトルのエラーが訂正された:結果 ファイルは不正確なシンボルを使って自動的にタイトルを付けたから、プロジェクトのエクスポートが不可能になった
    • 複写のエラーが訂正された:スレッドの使用はアプリケーションの操作を不正確に完了された
    • 局所的なバーションでウェルカムページのエラー:全ての最近の更新があるウェルカムページを含めた
    • イタリア語の通訳が改良しました。

3.3.5バーション

  • 新しいオブジェクトが追加されました:ダイヤグラムをビルドさせるチャートです。さまざまな種類の多数を3Dダイヤグラムを含めてサポートします: 横棒グラフ、積み上げ横棒グラフー、ポイントグラフ、バブルダイアグラム、折れ線グラフ、散布図、高速折れ線グラフ、階段状グラフ、曲線グラフ、面グラフ、曲線面グラフ、積上げ面グラフ、スプライン積み上げ面グラフ、範囲の横棒グラフ、ガントグラフ、円グラフ、3D円グラフ、3Dトーラスチャート、レーダーポイントチャート、トーラスグラフ、折れ線レーダーチャート、レーダー面チャート、レーダースプラインチャート、レーダースプライン面チャート、じょうごグラフ、ピラミッドグラフ、3Dピラミッドグラフ、ハイローグラフ、ローソク足グラフ。
    ダイヤグラムの基本的な機能:
    • オーバタイムで変更する動的のダイヤグラムを作成させる表示したデータセットとデータの値を変更できます
    • 一つのダイヤグラムまたはいろんなダイヤグラムで数個のグラフを作成する(コンテキストで結合した)
    • エクセルファイルから/にエクスポートとインポート
    • 図表の外見はカスタマイズ可能 - チャート、座標軸(ユーザー定義の軸を含めて)、凡例、チャートと軸の名前、レイアウトの線、軸でマーカ、他のエレメント
    • チャートの作成のために使用した配色を完全に微調整する、またはプリセット配色を使用します
  • テンポや、速度や、ピッチを変更させるし、逆に再生させる効果が追加されました。結果としてビデオを逆にするまたは巻き戻すときに、オーディオを再生できます。
  • グループの操作が改良された - 今グループの操作の間にアセットを選択した順序が追跡されます。
  • 今すべてのアプリケーション設定は 同じ場所でグループを作るので、簡単にアプリケーションを管理し、付加機能を、例えば自動保存とバックアップ、追加することを可能になりました。
  • インターフェースが改良された:メニューは拡張されたし、統一されたし、新しいメニューが追加されました。

3.3.0バーション

  • スプライトを描く方法が改良されました。スプライトに適用した効果とスプライトでオブジェクトを描くのを結合できます。
  • エディターは今使いやすい:
    • オブジェクトはスプライトになる機能が追加された
    • メニューが改良されたし、今多く機能性がある
    • 今2つのオブジェクトにビデオを分割できる:オーディオとビデオ
    • パラメーターに視覚のエディターが改良された:
      • エディタは背景でオブジェクトのパラメーターを表示するだけでなく編集したいパラメーターを切り替えることができます相互に依存パラメーターを編集しやすい
      • パラメーター値のバーでもっと正確でパラメーターの値を設定させるパラメーターのスケールを調整できる
  • 最大の潜在的なボリュームのパーセントを入力して、ボリュームを制御できます。出力のコンテンツもオーディオフィルターを適用したコンテンツも制御の効果を適用できます。
  • しきい値という効果が改良されました。今効果はさまざまなモードがあってアルファチャンネルと作業します。
  • 表示したオブジェクトで色の数を減らせるビットの減殺の効果が追加された
  • 今特殊効果のグループはTV効果の下位群があります
    • エージングTV:色は色のあせたように見えるし、スクラッチや、ほこりや、ひびがあります。「古い映画」というグループからデフォルト効果も改良された
    • 壊れたTV:この効果は不安定な画像をエミュレートする
    • ランダムな点ステレオTV:この効果はステレオ干渉をエミュレートする
    • ノイズTV:この効果は干渉を(ノイズ) エミュレートする
  • イタリア語と日本語が追加された

3.2.0バーション

  • ビデオとオーディオに波形のディスプレーを追加された、これはオーディオデータの基礎でビデオを編集させるようになりました (例えば無音の時期を切り取る)。
  • 効果音に波形が表示されることができます。ビデオとかオーディオオブジェクトの必要なフラグメントに正確で効果を適用することが可能になりました。
  • ユーザーに変更しやすくなって、視覚エディターで効果音の全てのパラメーターを編集されることができます。
  • ボリュームの変更の効果を改良しました。今ボリュームは直線や、曲線や、直線のパーツと曲線のパーツの結合に沿って恣意的で変更できます。

3.1.0バーション

  • 使用許諾契約の変更 - 今製品は商業目的で使用できます。
  • ノンリニアオブジェクトのパラメーターの編集は主なタイムラインに移動されるので、インターフェースを統一するし、簡単にしました。
  • その上、ノンリニアパラメーターの軌道の変更は直線も曲線もある数個のパスをもっています。
  • 手で値を入力よりもっと簡単で直感的な視覚エディターでをすべての静的オブジェクトのプロパティが編集されることができます。
  • ビデオやオーディオの編集はもっと柔軟で便利になりました。削除した領域の削除と復旧はアシスタントの助力によってだけでなく編集処理の速度を増している主なタイムラインも可能になりました。
  • プログラム終了に結果になったバグを修理しました。ビデオから一定のフラグメントが削除されたときに問題の原因となるバグを修理しました。

Version 3.0.0

All parameters that used to be changed linearly can now change their values along a curve:

  • Added a parameter modification editor.
  • Added curve templates to the parameter modification editor.

The new version features an all-new principle of managing object/effect parameters. These parameters could previously have a constant value only or change linearly from the start of an effect till its completion. From now on, they can change randomly in the course of an effect.In many cases, it helps remove unnecessary objects from the timeline, increase the usability and reduce the time needed for creating a project.

Besides, parameters can now change their values not just linearly, but along a curve as well, which will help create more complex and beautiful effects.

This means that starting from this version, the editor became completely non-linear.


Version 2.3.1

  • Fixed a bug that could result in the duration of a video or audio object being set incorrectly after removing certain fragments from them.

Version 2.3.0

  • The editor now features 3 new tools:
    - a video converter that has its own set of profiles (conversion settings) that is different from those of the editor and is optimized for converting files from one format to another;
    - a disc burning tool. You can now not only burn projects created in the editor, but use the tool for general purposes;
    - a video download tool – allows you to grab videos from various video services.
  • Improved wizard:
    - added the support of batch file processing;
    - improved thumbnail visualization (thumbnails now show the effects applied to images);
    - added a possibility to apply effect templates to files (so-called “quick styles”)
  • Improved the work of color correction filters by 40% thanks to optimization for new processors, and the work of the image resize function: the speed of the cubic and supersampling methods for resize effect has been increased by 300-400% using new algorithms; also added a resize method based on Lanczos resampling;
  • Optimized memory management;
  • Added multi-threading support to the scene creation process – the preview of complex scenes is now smoother on CPU’s with 2 and more cores, and conversion speed can be up to 50-100% higher on CPU’s with 4+ cores;
  • Added the following filters: AutoGamma (automatic gamma correction), AutoGammaInv (restores the original gamma values after the use of the AutoGamma filter), Median (median filter), DeNoise (noise reduction based on the Wiener filter – applies adaptive filtering to images containing uniform noise).

Version 2.2.2

  • You can now create videos with semitransparency. Codecs have been added that support semitransparency (PNG, lossless JPEG) and the GIF format;
  • An internet profile category has been added with the MP4, FLV, SWF, and GIF formats;
  • "Quick Styles" have been added. Quick Styles allow you to apply the most frequently used effects to the videos you have created;
  • Support has been added for SRT subtitles, which allows you to enter textual messages using a special scripting language;
  • The speed of the algorithms for rendering translucent objects has been doubled thanks to support for SSE2 technology;
  • It is now easier to work with a timeline -- you can copy objects within the timeline itself, and support for a drag-and-drop interface has been added.

Version 2.2.0

  • The ability to create an animation out of a number of images has been added;
  • Video playback during previews and conversion speed have been increased;
  • Minor bugs have been fixed.

Version 2.1.9

  • Changed object rendering on a scene. Objects are now rendered with sub-pixel accuracy, which makes it possible to create smooth object animations;
  • Completely reworked the motion configuration principle, which now uses trajectories, not intervals. Added different types of motion, including accelerated motion;
  • Reworked profiles for exporting projects to video formats. Added the support of profiles for HD and high frame rate videos.

Version 2.1.8

  • Added a possibility to apply filters in the Wizard;
  • Added a possibility to edit objects in the Wizard;
  • Improved the usability of the Wizard;
  • Increased the speed of export for some project configurations;
  • Lowered memory requirements for very large projects;
  • Reworked the timeline – added more control elements;
  • Added animated GIF support;
  • Added a possibility to associate project files with an application;
  • Fixed minor bugs.

Version 2.1.5

  • The timeline has been reworked and updated with additional control elements;
  • Video processing and project conversion speed has been increased; the preview function now works smoother;
  • Fixed a number of minor bugs.

Version 2.1.1

  • Added the support of animated semi-transparent GIF images;
  • Added the support of video files with semi-transparency (Photo PNG and JPEG2000 with Alpha);
  • Memory requirements have been considerably lowered;
  • Video capturing and recording utilities have been updated;
  • It is now possible to use looped videos for video objects;
  • Minor bugs fixed.

Version 2.0.1

The update features a number of filters and sound effects. Added 4 groups of sound effects:

  • Amplitude correction: Fade-In, Fade-Out, Volume;
  • Sound delay effects: Flanger, Chorus, Delay, Phaser, Vibrato, Reverberation;
  • Various audio filters: LowPass, HiPass, Notch, BandPass, LowShelf, HiShelf, Peaking EQ, Wah-Wah;
  • Special effects: Silence, Invert.

This version supports automatic creation of a project backup after every recording and monitoring of the integrity of the most recently saved project copy, allowing the user to roll back to it when necessary.

 

end faq


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends