VSDCで動画の文字を使って創造的になります。 美しいタイトル、字幕などです。

VSDC is a free video editor with text editing features

ほとんどの場合、動画を編集するときは、シーンに文字を追加する必要があります。シーンタイトル、字幕、オープニングまたはエンディングロール、透かし、またはツールチップにすることができます。このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用してクリップに文字を追加し、スタイリッシュで見せる方法を説明します。

Windows用のVSDC無料動画編集をダウンロード

基本から始めましょう。VSDCには、内蔵のテキストエディタ、外部のテキストファイルから字幕を追加するためのツール及びツールチップを作成するためのツールがあります。後者は、ビデオチュートリアルを担当していて視聴者に説明要素が必要な場合に便利です。ただし、ほとんどの場合、ユーザーは自分の動画に短いテキストを追加する必要があるため、最初にそれについて説明します。

動画編集ソフトで文字を追加する方法

  • プログラムを起動して映像をインポートします。初めての場合は、トップメニューにある丸い緑色の「オブジェクトの追加」ボタンを使用できます。
  • 左側のメニューから「T」アイコンを選択して「文字」を選択します。 ポップアップウィンドウで、「OK」をクリックして先に進みます。
  • 文字オブジェクトを配置する位置に十字型のシンボルを配置します。 いつでも移動できます。
  • 長方形状のボックスをダブルクリックすると、カーソルが表示されます。
  • 文字を入力します。 注意するべきのは、非常に小さいように見えるかもしれませんが、それは組み込みのテキストエディタのためのものです。 次の段落では、どのように見た目を正確にするかを説明します。

How to create stylish text for video

動画内の文字の外観を変更したり、縁取ったり透明にしたりする方法

お気づきかもしれませんが、文字を動画に追加するとすぐに、対応するツールバーがプログラムの上部に表示されます。この内蔵のテキストエディタで、フォント、サイズ、色、太さ、配置、透明度、さらに縁取りなど、文字のすべての項目を変更できます。

それぞれの機能を試して自分で見てください。

まず、文字全体または一部をマウスで選択して、その色、フォント、フォントサイズ、フォントスタイルを変更します。必要に応じて、文字に下線や取り消し線を引いたり、大文字と小文字を使用したり、水平方向と垂直方向のスケールを変更したり、適切な配置を選択したり、その他の段落設定を指定したりできます。どんな単語や文字も透明にすることができます。そうするには、マウスで文字を選択して、「文字色」ドロップダウンリストを開き、「不透明」のスライダを動かします。あなたが推測するように、透かしの作成には不透明度の設定を使用できます。

最も要求されているビデオのテキストスタイルの1つは、半透明の文字です。VSDCでそれも適用することができます。

  • 修正したい文字を選択します。
  • 縁取りのスタイルや太さを調整します。
  • 必要に応じて縁取りの色を変更します。
  • 「文字色」ドロップダウンメニューを開き、不透明のスライダを動かして目的の効果を達成します。

Add contoured text to a video

文字の継続時間とタイムライン上の位置を変更する方法

最後に、テキストオブジェクトを動画全体に表示したい場合や、特定の瞬間に一度表示したい場合もあります。以下に、その方法を説明します。

タイムラインに移動して、そこに緑色の「文字」オブジェクトを見つけます。マウスをその上に置きます。伸縮して簡単に動かすことができます。文字を常に表示したい場合は、「文字」オブジェクトをタイムライン上のビデオファイルの長さまで引き伸ばします。

選択した特定の期間に文字を表示する必要があったら、同じストレッチとドラッグのマウス移動を使用してタイムラインに配置します。

How to use VSDC free video editor to add text to a movie

継続時間に関してより高い精度が必要な場合は、文字オブジェクトをクリックして右側の「プロパティ」ウィンドウを開きます。 「オブジェクト作成時間」と「オブジェクト描画時間」のパラメータがあります。前者は、文字がシーンに現れる瞬間を定義します。その外観をミリ秒まで微調整することができます。後者は、動画内の文字が表示される正確な期間を定義します。

動画編集で簡単な文字を操作する方法を習得したので、ツールチップや字幕も作業できるようになります。前者を追加するには、左側のメニューに移動してツールチップのアイコンを選択します。シーンに配置し、プロパティウィンドウを使用して文字、フォント、余白、スタイルを調整します。字幕の使い方については、1つの段落で簡単に説明します。

動画編集で文字を操作しているため、フェードインやフェードアウトなど、様々な効果を適用できるのを注意してください。移動、反射の作成、新しいフォントの追加などもできます。VSDC動画編集を使用して文字を操作する方法に関するビデオチュートリアルをチェックすることをお勧めします。

VSDC動画編集を使用して文字を追加する:字幕をアップロードする方法

技術的には、VSDCで動画に字幕を追加する方法は2つあります。

最初の方法では、テキストを含む特別にフォーマットされた.srtファイルを使用します。通常、これらのファイルは手動ではなく字幕編集ソフトウェアで作成されます。

ただし、このタスクに苦労していてアップロードするのに長い字幕がない場合は、動画編集で直接字幕を作成できます。方法については、以下のチュートリアルを参照してください。

チェックアウトに興味があるかもしれない他のチュートリアル:

ピクチャーインピクチャーエフェクトを作成する方法

オーディオビジュアライザを追加する方法

「文字の中に動画を表示する」のイントロを作成する方法


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.