VSDC Free Video Editor を使うと、どうやってビデオを分割できるか。

目的によってビデオを分割することは色々な方法でできる。

1.一番簡単な方法は次である。タイムライン上のマウスのシングル クリックで分割したいファイルを選んでください。最初のフラグメントが終わるポイントと2 つ目のフラグメントが開始するポイントでカーソルを置いて。後で[エディター] タブの [ツール] セクションに「部分に分割」ボタンをクリックして。

次、タイムライン上の 2 つの別の行に配置 2 つのビデオの断片をあげる。

2。部分に映像を分割することとファイル全体にエフェクトを適用する必要がある場合は、ビデオを結果の形式にエクスポート中に、分割ツールを使用できる。シーンにビデオ ファイルを追加して、リボン コマンド バーの「輸出プロジェクト」タブを選択してください。

プロジェクトのエクスポートのためのプロパティを持つフォームが表示される。'マーカーを設定‘ボタンをクリックし、ファイルを分割するポイントにマーカーを検索して、「変更をの適用」をクリックしてください。

「追加設定」タブを開き、'マーカーによって‘分割方法を選択して。マーカーだけでなく、結果のファイルの別の部分のサイズも、ビデオを分割することができる。

すべてのプロパティが設定された後で、利用可能なフォーマットの 1 つに、プロジェクトを変換する 'ファイルに変換‘ボタンをクリックしてください。結果として得られるファイルは、選択したプロパティに基づき部品に分割される。

この方法の利点は速度で、プロジェクトを作るのは必要がなくて、プロパティーだけを選ぶことは必要である。この方法の欠点は分割したファイルの部分を分離する効果を適用できなくて、エクスポート プロセスの終わりにだけ別のファイルを取得するから。

ビデオの部分を分離する効果を適用したい場合は、ファイルを分割し、個々 のシーンにそれぞれのフラグメントを配置できる。この目的のためファイルをシーンに追加し、オブジェクトのプロパティまたはオブジェクト メニュー「カットと分割」をクリックして。

ファイルを分割したい位置にマーカーを配置することができるビデオ編集の精通しているウィンドウが表示される。最後に「変更を適用」ボタンををクリックして。プログラムは、マーカー ファイルを分割する。すべてのパーツを分割した後、スプライト内に配置される。

プロジェクトが必要な別の部分の数によるとシーン数に含まれていて、ファイルの各部分に異なる効果を適用できる。

このような場合は、各シーン別のビデオ ファイルに保存される。

ファイルの各部分は残りの部分から個別に編集することができるので、このメソッドの特定の利点は、柔軟性である。欠点は、このようなプロジェクトを準備するためのアクションを実行する必要があるので、その複雑さをする。

4. You can also split a video file into parts as per the second method and then edit each part at your discretion: apply effects, remove fragments or perform other editing actions. Then you should export these fragments separately. The disadvantage of this method is a double transcoding of video that may reduce the quality of the resulting video. But if you choose formats without compression, or use lossless compression, you can avoid loss of quality. The advantage of this method is its simplicity and flexibility, each part can be edited independently from other parts.

 


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.