VSDC編集ソフトウェアで動画をマスクする方法

ビデオマスキングは、人目を引く効果を生み出すために使用される高度な技術です。技術的には、マスクを適用するときには、修正したい画像内の領域の輪郭を描き、それを個別に操作します。グラフィックエディタを使ったことがあれば、きっとそのアイデアに精通しているはずです。

VSDC動画編集には、正確なクリッピングマスク、反転マスク及びテキストマスクを作成するための幅広いツールセットが含まれています。以下のチュートリアルでは、反転マスクを適用する方法を説明させていただきます。このシナリオでは、ビューアから隠す必要があるかのように、人物の顔をピクセル化します。

How to mask videos in VSDC Video Editor

このチュートリアルの後半では、マスクをオブジェクトの動きに合わせる方法についても説明します。

Windows用のVSDCをダウンロードする

VSDCは無料動画編集ですが、プロのパッケージには年間19,99ドルでマスキングが含まれています。ただし、ビデオの顔をすばやくぼかしたい場合は、この手順に従って無料でやることができます。

ビデオをマスクする方法(ピクセルマスキングの例)

動画をシーンに追加したら、「ビデオ効果」のタブに移動し、「フィルタ」を選択して「ピクセル化」を選択します。シーン全体がピクセル化されるため、混乱しないでください。右側の「プロパティ」ウィンドウを使用して、ピクセレーションレベルを調整し、マスクの集約を設定します。

それでは、カバーする必要がある領域を選択しましょう。これをするには、「ピクセル化」というレイヤーをダブルクリックして、楕円オブジェクトをシーンに追加します(左側のメニューに移動して楕円アイコンを見つけます)。シェイプの境界の内側の領域はもうピクセル化されていないことに気づくでしょう、一方、それは他の方法で回避する必要があります。

Inverted mask example

それには、反転マスクを適用します。

  1. 右側にある「プロパティ」ウィンドウを開きます。 「プロパティ」ウィンドウが表示されていない場合は、マウスの右ボタンを使用してタイムライン上の楕円オブジェクトをクリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. 上の図のようにコンポジションモードメニューを開きます。
  3. 反転マスクモードを「いいえ」から「はい」に切り替えます
  4. 顔はぼやけたままになりますが、周囲の領域は元の外観とは逆になります。

これです。 ビデオマスクを適用しました。同様に、ピクセルの代わりに他の効果を使用することができます。例は数多くあります。ビデオの特定の領域の色を変更したり、オブジェクトを切り取って置き換えたり、クリッピングマスクを作成したりすることができます。ここに私たちのYouTubeチャンネルで動画マスキングチュートリアルへのクイックリンクです。 登録するのを忘れないでください。

ビデオマスクをカバーされたオブジェクトの動きに追従させる方法

デフォルトでは、ビデオマスクはカメラの焦点に従います。つまり、私たちの場合、隠そうとしているオブジェクトが移動すると、その過程でマスクが「失われる」可能性があります。それを防ぐには、ピクセル化されたマスクをオブジェクトの動きに追従させる必要があります。

Video mask following object movements

これはやり方です。

  1. 楕円というレイヤーをダブルクリックします。
  2. 左側のプログラムメニューから「移動の追加」オプションを選択し、オブジェクトがその位置を変更したときのポイントに動画でさらに行きます。それはまさに新しい位置にあるオブジェクトをカバーするようにピクセル化マスクをシフトします。
  3. オブジェクトのそれ以上の移動を繰り返して、プレビューボタンを使って調整します。

ヒント:それぞれの新しい移動点を開始点として設定します。この場合、必要に応じてタイムライン上の移動ポイントを移動して移動速度を増減することができます。

ピクセル化する必要のあるオブジェクトが移動してマスクを失うたびに、新しい移動ポイントを追加してパスの開始点にします。

これは、ビデオマスクの移動を設定する方法についての詳細なビデオです:

興味を持つかもしれない他のビデオ編集チュートリアル:


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.