VSDC無料ビデオエディタでマスクツールを適用する方法

時々プライバシーの理由のためビデオで人の身元を隠さなければなりません。

シーンにビデオを追加します。シーンに完全に合うために、「ビデオの伸縮」のオプションで「はい」をクリックします。

ヒント:完全にシーンのサイズに合うために、内容をインポートのオプションを利用してビデオを追加します。

今、適切なビデオ効果を適用する必要があります。

「ビデオ効果」>>「フィルター」>>「ピクセレート」

必要な効果を達成するために、ピクセル化のレベルを調整します。

「ピクセレート」の層をダブルクリックします。

楕円は追加して、シーンにピクセル化したい顔の周りに位置します。

顔だけ効果を適用するために、マスクツールを反転しなければなりません。「コンポジションモード」タブを開いて、「マスクの反転」の前に「はい」を選択します。

さあ、着きましたよ!ピクセル化されたマスクは隠しておきたいオブジェクト(顔)ではなくカメラの焦点を従って注意してください。だから、人はビデオで動ければ、ピクセル化されたマスクを失います。

これを改善するために、移動オブジェクト(顔)をマスク

楕円の層をダブルクリックします。

「移動追加」オプションを選択し、顔を覆うようにピクセル化されたマスクをシフトします。

ヒント:それぞれの新しい移動ポイントは開始として設定します。この場合は、タイムラインで移動速度を増加/減少するために、必要に応じて移動ポイントをシフトすることができます。

ピクセル化する必要があるオブジェクトは移動して、ピクセル化マスクを失うたびに、新しい移動ポイントを追加し、パスの始点にします。