時間内のオブジェクト位置のプロパティを設定する方法

VSDC Free Video Editor色々なオブジェクトで動作できる: 'スプライト' '複製'、'ライン'、'四角形'、'楕円'、'ヒント'、‘イメージ'、'音'、'ビデオ'、'運動' と大量のビデオとオーディオの効果も動作できる。

3 つの段階に分けられた方法でオブジェクトを追加することができる:おぶじぇくとをえらんで、時間内の位置とシーンの位置を設定して。1番目と3番目のステージのことを情報を知るために、「どうやって編集のためにビデオかイメージを開けるか。」セクションを見てください。このセクションのテーマはもうシーンに追加したオブジェクトをどうやってセットできるか。

シーンにオブジェクトを追加するときとかオブジェクトに効果を適用するときにオブジェクト/効果の時間内の位置をセットするウインドウが開く。

オブジェクトの位置のプロパティ

このウインドウでシーンにオブジェクトの外観の時間(効果の開始時刻)や表示の期間(効果の期間)をセットできる。各パラメーターの詳細を確認してみましょう:

  • -作業領域によってマークされた作業領域に従ってタイムライン上の外観と期間の時刻を設定する。

    タイムライン作業エリア

  • タイムライン上のカーソル位置から始まって、カーソル位置から位置は外観の時間を設定して、シーンの終わりに期間を自動的に設定する(ビデオとオーディオ オブジェクトの期間はなくて、シーンのビデオやオーディオ素材によると最後にファイルで設定)。
  • カーソル位置はタイムライン上のカーソル位置に親オブジェクト (シーンまたはスプライト) の初めから始まって外観の時間を設定する(ビデオとオーディオ オブジェクトの期間はファイル内のカーソルの位置ではなくて、ビデオやオーディオ素材によるとを設定される)。
  • は親オブジェクトの期間と等しいオブジェクトの外観とその期間の時間を設定する。親オブジェクトの期間とオブジェクトの期間の接続も設定される(' ロック終了位置 ')。
  • シーンから始まって親オブジェクトから開始する外観の時間をセットする。オブジェクトの期間を手動で設定される(素材の期間に応じて設定した期間のあるビデオとオーディオのオブジェクトを除く)。
  • シーンまでは、オブジェクトの消失時間を親オブジェクトの消失の時に設定する。期間を手動で設定する。オブジェクトの外観の時間と親オブジェクトの期間とその期間の接続も設定される(' ロック開始位置‘と 'ロック終了位置')。
  • オブジェクトの手動位置時から外観とその期間は手動で設定される。
  • マニュアルの位置にオブジェクトの消失とその期間を手動で設定される。
  • 'ロック開始位置'は親オブジェクトの期間とオブジェクトの外観の時間内に接続を設定されて、つまり、親オブジェクトの期間を変更すると、オブジェクトの出現時間が自動的に再計算される。
  • 「終了位置をロック」は親オブジェクトの期間とオブジェクトの期間のセットの接続をして、つまり、親オブジェクトの期間を変更すると、オブジェクトの出現時間が自動的に再計算される。

フィルターと親オブジェクトの全期間をカバーする効果を使うと、‘全体親期間’を使った方がよくて、この場合 'ロック終了位置' オプションが設定され、効果持続オブジェクトの存続期間を変更すると、自動的に変更される。

同時に遷移効果 'シーンから開始' や'シーン終わり‘を選択するお勧めである。このような場合のオプション 'ロック開始位置' と 'ロック終了位置' オブジェクトの存続期間を変更すると、効果の持続時間がない変更されること、方法を設定されて、'' シーン終わりに’オプションを選択した場合は、と一致常に効果終了時刻がオブジェクトの消失の時間である。


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.