どうやって編集のためにビデオかイメージを開けるか。

VSDC Free Video Editor を使うと、ビデオとかオーディオとかイメージを利用することができる。

まずは、VSDC Free Video Editorを起動して、自分のプロジェクトを作るために“あたらしいプロジェクト"ボタンをクリックして、以前に作成したプロジェクトを開けるために”プロジェクトを開ける”ボタンを使ってください。

たくさんの方法で必要なオブジェクトを追加できる:メニューを使うこと、ツールバー、ドラッグ アンド ドロップのオプションまたはリソースを適用すること。

どうやってメニューを使うとオブジェクトを追加できる

するために、[エディター] タブで、「オブジェクトの追加] ボタンをクリックして、ドロップ ダウンメニューからビデオやイメージをえらんでください。

その後で、” 開く”をクリックして。時間内のオブジェクトの位置を構成することができるウィンドウが開きます(この機能の情報を知るために、「時間内のオブジェクト位置の設定」見てください)。セッティングを構成して、「オーケー」をクリックしたあとで、カーソルが十字形になって、オブジェクトのサイズとポジションを選べるようになる。シーンでオブジェクトのポジションを選ぶために、マウスの左ボタンをクリックして、それを押しながら、オブジェクトのサイズを設定した後で、マウス ボタンを離して。

プロジェクトはシーンに追加したと、自動的にプロジェクト リソースに追加されて、無制限回数使用で使うことができるのを目を止めてください。シーンからオブジェクトを削除するがリソースから削除されなくて、ただし、たとき、プロジェクトからリソースを削除したとき、シーンのすべての関連オブジェクトを削除される。

ツールバーを使って、どうやってオブジェクトを追加するか。

ツールバーを使って、オブジェクトを追加するために、対応のボタンを選んで、クリックして。ファイルを選ぶウィンドウが開ける。さらにアクションは、前のセクションで指定されているアクションのようになる。

デフォルトで、ツールバーはシーンの左側にあって、しかし、ユーザーが削除することができる。この目的のため「ビュー」タブを開き、'編集ツール' ボタンをクリックして。その上、このツールバーは移転し、プログラムのインターフェイスの任意の位置で固定できる。

ドラッグ アンド ドロップの標準ツールを使って、どうやってオブジェクトを追加するか。

VSDC Free Video EditorはWindowsのドラッグ アンド ドロップの標準ツールをサポートする。それはファイル エクスプ ローラーを使用すると、シーン (またはプロジェクトのリソース)、オブジェクトを追加することができる。この目的のためには、ファイル エクスプ ローラーでファイルを選んで、シーンにドラッグし、マウスのボタンをドロップして。カーソルが十字形になって、上記シーンにそれを追加するためにオブジェクトのサイズとポジションを選べるようになる。

このメソッドを使用してオブジェクトを追加する設定ウィンドウは発生しなくて、このオブジェクト プロパティは自動的に設定する。

プロジェクト リソースを使うと、どうやってオブジェクトを追加するか。

プロジェクトのリソースには、オブジェクト、たとえばイメージ、シーンに追加されたビデオとオーディオのファイルが含まれている。また、ファイル リソースに直接追加でき、後でプロジェクトに使用できる。パソコンでファイルを選んで、[リソース] ウィンドウにマウスでドロップとドラッグして。それは適切なカテゴリに自動的に配置される。

「ファイル シーケンス ウィザード」を使えば、もう一つのビデオとオーディオを追加する方法がある野を目に止めてください。この方法は以降に変更されたオブジェクトを手配したり、スライド ショーを作成することができる。"How to create slide-show: make sequential change of videos or images".

 

 

You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.