編集のためにビデオファイルや画像を開く方法

VSDC無料動画編集を使用すると、動画、音声、画像などの様々なオブジェクトを操作できます。

まず、VSDC無料動画編集を起動して、自分のプロジェクトを作るために「空のプロジェクト」というボタン、または以前に作成したプロジェクトを開くために「プロジェクトを開ける」というボタンをクリックします。

必要なオブジェクトを追加するには、いくつかの方法があります。メニュー、ツールバー、ドラッグアンドドロップオプション、リソースの適用などです。

メニューを使用してオブジェクトを追加する

そうするには、「編集」タブに移動し、「オブジェクトの追加」のボタンをクリックし、ドロップダウンメニューの「ビデオ」または「イメージ」オプションを選択します。

その後で、「開く」をクリックします。時間内のオブジェクトの位置を設定できるウィンドウが開きます。この機能の詳細については、「時間内のオブジェクトの位置の設定」のセクションを参照してください。設定を終えて「OK」をクリックすると、オブジェクトの位置とサイズを指定するように求められます。カーソルは十字線の形になります。追加したオブジェクトのシーン上の位置を選択し、マウスの左ボタンを押したままオブジェクトのサイズを設定してから、マウスボタンを放します。

オブジェクトがシーンに追加されると、自動的にプロジェクトリソースに追加され、何度でも使用できるようになります。オブジェクトをシーンから削除してもリソースからは削除されませんが、プロジェクトからリソースを削除してもシーン内のすべての関連オブジェクトは削除されます。

ツールバーを使用してオブジェクトを追加する

ツールバーを使ってオブジェクトを追加するには、対応するボタンを選択してクリックします。ファイルを選択することを提案するウィンドウが開き、それ以降の操作は前のセクションで指定した操作と同様になります。

デフォルトでは、このツールバーはシーン領域の左側に表示されますが、ユーザーが削除することもできます。このためには、「表示」タブを開き、「編集ツール」ボタンをクリックします。その上、このツールバーはプログラムインターフェースの任意の位置に移動して固定することができます。

ドラッグアンドドロップ標準ツールを使用してオブジェクトを追加する

VSDC無料動画編集はWindowsのドラッグアンドドロップの標準ツールをサポートしています。つまり、ファイルエクスプローラを使用してオブジェクトをシーン(またはプロジェクトリソース)に追加することができます。このためには、ファイルエクスプローラでファイルを選択し、それをシーンにドラッグしてマウスボタンをドロップします。カーソルは十字線の形になり、上で説明したようにシーンに追加するためにオブジェクトの位置とサイズを変更することができます。

この方法でオブジェクトを追加しても、設定ウィンドウは表示されず、プロパティはこのオブジェクトに自動的に設定されます。つまり、オブジェクトが発生する時間はタイムライン上のカーソル位置によって異なります。 オブジェクトの長さは、ビデオまたはオーディオファイルの長さと同じになります。または、イメージの長さは5秒になります。

プロジェクトリソースを使用してオブジェクトを追加する

プロジェクトリソースには、シーンに追加されたオブジェクト、たとえば画像、ビデオ、およびオーディオファイルが含まれます。ファイルをリソースに直接追加して、後でプロジェクトで使用することもできます。コンピュータ上のファイルを選択してマウスでドラッグし、「リソースウィンドウ」にドロップします。自動的に適切なカテゴリに配置されます。

「ファイル 順序のウィザード」を使用してビデオファイルと画像を追加する方法がもう1つあります。これを使うと、後でオブジェクトを変更したり、スライドショーを作成したりできます。詳細情報については、「VSDCでスライドショーを作成する:動画や画像を順番に変更する」のセクションを参照してください。

 


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。