VSDC からプロジェクトのビデオをエクスポートする方法。そして必要な形式で保存する方法である。

プロジェクトの作業を終えたら、標準的なファイル形式のいずれかで保存する必要がある。使用可能な形式のいずれかを選択するために、リボン コマンド バーの「輸出プロジェクト」タブを開いて、必要なパラメーターを構成してください。

ここでビデオを再生する予定のデバイスと選択したデバイスでサポートされている形式を選択できる。

サポートされているデバイスの全リストを参照するには、上の画像を指定した矢印をクリックして。

ビデオ形式を選んだとき、結果のビデオの品質を設定するプロファイルを選択する必要がある。プロファイル] フィールドの横にある矢印をクリックして、ドロップ ダウン リストから使用可能なプロファイルの 1 つを選択してください。

「プロファイルの編集」ボタンをクリックして、ビデオとオーディオのコーデックのプロパティを設定して,独自プロファイルも構成できる。変更を保存するには"プロファイルを適用"ボタンを使用して。

コンピューターに結果のビデオへのパスを指定することもできる。

最後に、エクスポート プロセスを開始するために「ファイル変換」ボタンをクリックして。

変換を完了した後で、選択した形式のビデオ ファイルを取得して、CD または DVD に保存することができる。「ツール」タブを開き、「書き込み」ボタンをクリックして。新しいウィンドウは開いて、コンパクト ディスクにデータを書き込むことやマルチセッション ディスクを作成することや自分のコンテンツを編集し、DVD ビデオを作ることができる(この目的のために必要があるのはDVD フォーマットのビデオの書き出し)。

 


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.