動いているオブジェクトを動画に追加する方法

動画内で文字や写真を動かすのはとても楽しいです。最初にそう見えるよりもずっと簡単です。さらに、達成しようとしていることを明確に把握している限り、モンタージュの経験は本当に不要です。

このような効果は、ミュージッククリップやコマーシャルでよく使用されます。以下で使用する例も非常に人気があります。これは、マップ上を移動する紙飛行機です。

オブジェクトを移動する効果を達成するには、VSDC動画編集の最新バージョンを使用しています。 こちらからダウンロードできます。

動画内でオブジェクトを移動させる方法

この例では、マップの画像と透明な背景の紙飛行機の.PNG画像が必要です。必要なファイルがない場合は、無料のストックマルチメディアウェブサイトで簡単に見つけることができます。

プロジェクトを開始するには、PCでVSDCを起動し、「コンテンツのインポート」ボタンを使用してマップの画像を追加します。次に、プログラムの上部メニューの「オブジェクトを追加」ボタンを使用して、紙飛行機の画像をシーンに追加します。動きが始まる開始位置にそれを置きます。

紙飛行機のファイルをダブルクリックすると、新しいタブが開きます。 次に、左側のメニューで「移動を追加」というボタンを見つけるか、「Shift + M」ホットキーの組み合わせを使用します。「オブジェクトの位置設定」ポップアップウィンドウで、「OK」をクリックします。 コントロールポイントは、紙飛行機の中央に表示されます。これはパスの開始点と呼ばれ、移動軌跡を開始します。

Alt text: Basic object movement in a video. Path's start point

次に飛行機が移動する場所を決定し、そこでマウスをクリックします。これが最初の移動ベクトルになります。これらの2つのポイントのいずれかを移動する必要がある場合は、カーソルが白い十字のようになるまでマウスを置きます。次に、ポイントをつかみ、必要な場所にドラッグします。

A 2-point object movement trajectory in a video available in the free version of VSDC

オブジェクトをポイントAからポイントBに移動する場合、必要な移動ベクトルは1つだけです。3つ以上のコントロールポイントを使用してより複雑な軌跡を作成する場合は、いくつかのベクターが必要です。

VSDCの無料版では、1つのベクトルの移動パスを作成できます。 つまり、ポイントAからポイントBまでです。軌跡に3つ以上のポイントがある場合は、VSDCプロが必要です。

別の移動ベクトルを追加するには、左側のメニューに戻り、対応する移動ボタンを再度使用します。次に、シーン上をクリックして、新しい方向を描きます。 必要な回数だけ繰り返して、軌跡を完成します。

ビデオ内のオブジェクトの動きを微調整する方法

おめでとうございます! オブジェクトの動きの基本を習得しました。それでは、軌跡をより滑らかにし、動きをより自然に見えるようにすることで調整する方法を見てみましょう。また、プロセス中にオブジェクトを回転させることも学びます。

まず最初に、VSDCには、オブジェクトの移動設定に2つのレベルがあります。

  1. コントロールポイントと通過点を介した軌跡調整
  2. オブジェクトの移動スタイルの設定

以下では、両方について説明します。

制御点と通過点を理解します

前述したように、移動軌跡はコントロールポイントと通過点で構成されています。それらが何であるかを理解してみましょう。

コントロールポイント(パスの開始点)は、特定の移動ベクトルの開始を定義します。 最初は、コントロールポイントは1つしかありません。これは、オブジェクトの中心に作成された最初のコントロールポイントです。

残りのポイントは、通過点と呼ばれます。 彼らは、移動軌跡を修正するのに役立ちます。

任意のポイントのモードをいつでも切り替えて、コントロールポイントにすることができます。それをやるには、変更するポイントを選択し、右側の「プロパティウィンドウ」に移動します。「ポイント設定」メニューを見つけて、「パスの開始点」パラメーターの前にある「はい」に切り替えます。

What are control points and passing points in VSDC object movement feature

タイムラインでは、コントロールポイントはピンク色で、通過点は黄色です。

ポイントのモードを切り替えて、通過点の1つをコントロールポイントに変更するのはなぜですか。いい質問です! 最も一般的な理由は、詳細な編集のために移動パスの一部を分離することです。たとえば、パスの特定の部分でオブジェクトをより遅く移動させる場合は、この部分の開始点と終了点が制御点であることを確認します。

動画内でオブジェクトをスムーズかつ自然に移動させる方法

例に戻りましょう。VSDCでは、スプライン移動モードを適用できます。つまり、ビデオ内で紙飛行機をより自然に移動させることができます。あるポイントでは、スムーズに、さらに遅くすることができます。

スプラインの移動は、いくつかの簡単な手順で実現できます:

  1. まず、軌跡の2番目のポイントをクリックして、右側の「プロパティ」ウィンドウに進みます。
  2. 「パスの開始点」フィールドで「はい」に切り替えて、コントロールポイントにします。
  3. 選択したパスの一部を通過する飛行機の動きを遅くするには、「開始速度(%)」の値を小さくします。 以下の例では、開始速度を10%に設定しています。
  4. パスをスムーズにするには、「モード」パラメーターを見つけて、「線形」から「スプライン移動」モードに切り替えます。 この設定は、選択したポイントと次のコントロールポイントの間の軌跡にのみ適用されます。How to change object movement speed in a video
  5. 移動経路をさらに曲線状にしたい場合は、「前/次の経路からのポイント数」パラメーターの値を増やします。
  6. 最後に、オブジェクトをパスの開始点に残すには、「遅延時間」メニューを見つけます。 2秒の遅延の場合、「時間(ミリ秒)」行の前に「00:00:02:000」値を置きます。

移動しながらオブジェクトを回転させる方法

次のレベルの準備はできましたか?

オブジェクトの移動軌跡と速度を変更する方法がわかったので、今度は回転について学習します。

必要な手順は次のとおりです。

  1. パスの任意の部分をクリックして選択し、「プロパティ」ウィンドウに移動します。
  2. 「オブジェクトの回転」フィールドを見つけて「真」に切り替えます。これにより、回転設定メニューがアクティブになります。
  3. 「回転の角度」フィールドで、「一定のパラメータ値」から「線形パラメーター変更」に切り替えます。 次に、移動の開始と終了に必要な値を設定します。 この例では、0度と360度を使用しました。 プレビューを使用して、回転がどのように見えるかを確認します。

さらに詳細な回転調整が必要な場合は、「回転の角度」フィールドの前にある「…」アイコンをクリックします。タイムライン上に「テンプレート」メニューが表示された軌跡が開きます。 テンプレートを選択すると(「ジグザグ」を使用しました)、「テンプレート設定」ウィンドウが表示されます。

これらのパラメーターは、回転をより正確に設定するのに役立ちます。 それらを見てみましょう。

  • 最小と最大の曲線値。 これらの値は、移動軌跡に対するオブジェクトの最小傾斜角度と最大傾斜角度を定義します。
  • 周波数。 このパラメーターは、回転方向が変化する頻度、つまり、タイムライン上にあるジグザグの数を指定します。 オブジェクトがジグザグを上下に移動し始めると、回転方向が変わることに注意してください。Dynamic object movement effect settings
  • フェーズ。 この設定は、ジグザグの最初のコントロールポイントを移動します。 つまり、上下に移動することで、軌跡に対するオブジェクトの初期傾斜角を調整できます。
  • 最小と最大の継続時間 。 これらのパラメーターを変更することで、オブジェクトがジグザグの最高点と最低点に止まる時間を定義します。 オブジェクトが最大値ゾーンまたは最小値ゾーンに到達すると、ジグザグの上下移動を再開する時まで回転が停止します。Precise object rotation settings in VSDC

これでいいですね。これで、ビデオ内で任意のオブジェクトを移動させることができ、さらに、その軌跡や回転さえも正確に制御できます。次は何ですか? さあ、自分で試してみてください!

質問が残っている場合は、以下のビデオチュートリアルを確認するか、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールでお問い合わせください。


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。