VSDC Free Video Editor を使うと、どうやってビデオをカットできるか。

ビデオから不要なフラグメントを削除するのはとても簡単である。この目的のためには、タイムライン上の青い四角形を移動不要なフラグメントを選択してください。正確には、「増減」ボタンまたは対応するスライダーを使用して時系列を変更できる。

フラグメントを選択すると後、キーボードの「シフト削除"ホットキーを使用したり、エディター タブの [ツール] セクションの"フラグメントをカット"ボタンをクリックできる。選択されているフラグメントは、ビデオからすぐに削除される。

VSDC Free Video Editor を使うと、ビデオをカット方法もう一つある。それを使用するために、オブジェクトのプロパティまたはオブジェクト メニューで「切断・分割」をクリックしてください。

オブジェクトからのフラグメントを削除することができるエディター ウィンドウが表示される。それを行うには、するために除去するために必要な領域をマークし、'カット領域」ボタンをクリックしてください。マークされたフラグメントは削除され、削除された断章「切り取り領域」タブ一覧に追加される。削除されたフラグメントを後で復元するたえに、リストからフラグメントを選択し、「削除領域の削除」ボタンをクリックすることができる。

ビデオを編集した後は、オブジェクトに変更を適用する右下隅で「変更を適用」ボタンをクリックして。ビデオまたはオーディオ素材の期間は編集後に変更され、シーン内のオブジェクトの存続期間には相当しなくて、ためエディターはそれをお知らせいたし、材料の期間に従って新しい期間を設定いたす。

ビデオまたはオーディオ素材の期間、オブジェクトの存続期間に対応しないことに注意してください。この場合、選択した設定によっては、ビデオとオーディオ素材が可能性がある:

  • オブジェクトの期間に従ってカット
  • 設定時に最初のフレームを表示し、ビデオを再生を開始
  • ビデオを再生して、番組最後のフレーム セットの時間の間に。

 


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.