無料で動画をスローダウンする方法:「スローモーション」にするガイド

長く激しいアクションシーンの後、「スローモーションでそれを得たことを教えて!」とデッドプールのキャラクターが叫びます。重要なイベントを高速で撮影するとき、あらゆる小さい細部を示すために、後で動画を遅くしたいと思うことは当然です。その上、メディアのおかげで、水滴や人間の反応のような日常的なものがスローモーションでキャプチャされれば素晴らしいように見えることがわかりました。それゆえ、その効果に対するそのような高い関心です。

ですから、スローモーションエフェクトを備えた無料動画編集を探しているなら、このチュートリアルはあなたの向けです。VSDCというソフトウェアでそれを適用する方法を説明します。 それはWindows上で動作し、それは絶対に無料です。

開始する前にVSDC無料動画編集をダウンロードする

動画の速度を下げる/スローモーション効果を適用する方法

通常の動画をスローモーションにするには、再生速度を下げるするだけです。一部のビデオエディタでは、速度を2、4、8及び16倍にしか変更できません。それらとは異なり、VSDCは非常に柔軟な再生設定を持っており、望む任意の増分を使って速度変更を適用することができます。

  1. フッテージをVSDCにインポートします。
  2. 動画の一部だけをスローモーションで再生したい場合は、ファイルを分割し*、このフラグメントとメイン部分を分離する必要があります。動画全体をスローモーションで再生したい場合は、ステップ4に進んでください。
  3. ビデオファイルを分割する最速の方法は、上部のクイックアクセスメニューの「切り取りと分割」にある「カミソリ」を使用することです。目的の瞬間にタイムラインカーソルを置き、分割アイコンをクリックするだけです。必要なときにタイムラインカーソルを移動して分割アイコンをクリックするだけです。必要に応じて複数のビデオフラグメントを取得します。
  4. 動画の速度を下げる必要がある部分を選択します。
  5. 右側の「プロパティ」ウィンドウに移動します。表示されていない場合は、ビデオフラグメントをマウスの右ボタンでクリックし、「プロパティ」を選択します。
  6. 下図のようにメニューを「スピード(%)」セクションまでスクロールします。
  7. ビデオの速度を徐々に下げて、赤いプレビューボタンを使用してアクションの結果を確認します。

Slow down a video for free

動画編集でスローモーションエフェクトを適用する方法は非常に簡単です。速度を50%下げると、動画は2分の1に減速します。25%の速度を設定した場合、元の速度よりも4倍遅くなります。

動画の速度を下げる方法がわかったので、次は2つのヒントです:

まず、スローモーションの断片をストーリーの一部にするが、ビデオ全体をスローモーションで作成することは避けてください。この効果がどれほど好きであっても、多すぎると視聴者の注意を引くのに効果的ではないかもしれません。

次に、動画を遅くすると、それがオーディオにも影響を与えることに注意してください。そして時それは面白くて適切に聞こえるかもしれませんが、ほとんどの場合それは絶対的なナンセンスです。そのため、元のオーディオトラックをミュートして、オーディオオーバーレイを作成することを検討する必要があるかもしれません。クラシック音楽はスローモーションビデオでうまく機能すると言われます。

*ビデオファイルを分割するのに問題がありますか? ビデオを分割する方法についての詳細な説明を参照してください

このチュートリアルは気に入りましたか? 私たちはあなたが素晴らしい映画プロジェクトを作成するのを助けるためにより多くのビデオ編集トリックを持っています。 チェックしてください: