VSDC無料動画編集で映画風に見せるビデオ編集方法

映画風に見せるビデオを編集する方法

1.      黒いバー

まず、動画を追加します。

シーンで黒いバーを追加します。左のツールバーに色んなシェイプがあります。今は長方形を使います。

Add black bars

プロパティーウィンドウで「座標」を使用してサイズを追加し、黒にします。

Set size

Set color

次に、 「座標」 - 「左」と 「上」で0.00を選択します。

Set left-Top properties

長方形を複製し、2番目を下にドラッグしてその座標を設定します。

Set color

Set color

2.      色強調

次に、使用可能なフィルタを使用して色強調を行う。

RGBフィルタを追加します。 このフィルタを見つけるには、「ビデオエフェクト」で「調整」を選択し、「赤/緑/青」をクリックします。

Add any video filters

プレビューを見て、右側のプロパティウィンドウで必要なカラーレベルを選択します。

Preview color levels

後で、「ビデオエフェクト」 - 「調整」 - 「色相/彩度/値」に移動し、必要なレベルも選択します。

Hue filter

Hue value

3.      フェージング

グラデーションツールがどのようにして映画風に見えるかを見てみましょう。

シーンに長方形をもう一つ追加し、入力したファイルと同じサイズを設定します。

Add new rect

グラデーションの設定を開きます。 「テンプレート」の「Photographic Toning」を選択します。

Gradient settings

利用可能なテンプレートを調べます。

Gradient templates

タイムライン上のブレンドモードで「スクリーン」を選択します。

Blending modes

矢印をドラッグしている勾配ベクトルを示します。

Gradient vector arrow

グラデーションの設定に戻ります。 プレビューを見て1つのプリセットを選択し、望ましい結果が得られるまでその設定を変えます。

Gradient settings


VSDC無料動画編集をダウンロードするには、ここをクリックしてください - http://www.videosoftdev.com/jp/free-video-editor/download

YouTubeチャンネルで素晴らしいチュートリアルを探します - https://www.youtube.com/user/FlashIntegro/videos