シーンでオブジェクトを移動作成する方法

ときどき、オブジェクトの移動にビデオを作成する必要があります;例えば、テキスト、画像、図形、あるいはビデオ。あなたは簡単に「Movement」エフェクトの助けを借りて、このタスクを管理することができます。

移動オブジェクトを作成するには、このオブジェクトで編集モードのエフェクトを開く必要があります。この目的のためには、オブジェクトをダブルクリックするか、タイムラインのオブジェクト名のタブをクリックすることを可能にすることがあります。

Add moving effect

その後、「Movement」のエフェクトを追加します。ツールバーを使用して、それを行うことができます。

Add moving effect via tool panel

「Add object->Movement」メニューを使用して、それを行うことができます。

開いているウィンドウでエフェクトの開始時間とその持続を設定して、「OK」をクリックします。その後、カーソルの助けを借りて、シーンでオブジェクトの新しい位置を示しています。この効果は、ベクターとして、シーンに表示されます. ベクターは、その開始位置と最終位置でオブジェクトの中心を交雑します。

Set moving vector

これらのアクションを満たすときは、シーンでオブジェクトを移動させるエフェクトが得られます。移動が終了すると、オブジェクトが新しい位置に表示されます。


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.