動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

2024年のDJIカメラドローン編集におけるベスト6ビデオソフトウェア

空撮写真とビデオの世界では、DJIは我々が世界を上空から捉える方法を革新しました。DJI、または大疆創新は、高品質で革新的な無人航空機(UAV)であるドローンとして一般的に知られている技術企業です。DJIのカメラドローンは単なる映像の撮影ツールではなく、映画製作や測量から緊急対応や保護活動まで、さまざまな分野で新しい地平を切り開いた洗練されたデバイスです。

Software for DJI Camera Drone

DJIドローンで映像を捉えることは興奮を呼ぶもので、世界の独特の視点を提供します。しかし、本当の魔法は編集室で起こります。生の空中ショットを磨かれたビデオに変えることは、単なるクリップのトリミングではありません。それは芸術の形です。この記事では、2024年にPCユーザーがアクションカメラ映像を向上させるための最高のDJIビデオエディター6選を紹介します。

1. VSDC - 多機能なビデオエディター

対象ユーザー: 初心者からプロまで、すべてのクリエイター

対応OS:Windows

DJIビデオ編集に最適な選択肢として、VSDCは初心者からプロまでに適した包括的な編集ツールのスイートを提供しています。他の一部のビデオ編集ソフトウェアとは異なり、VSDCはWindowsユーザー専用ですが、広範なフォーマットのサポートと高性能なビデオ処理で注目されています。

Software for DJI Camera Drone

主な特徴:

  • 高度な視覚および音響効果: カラーコレクションからオブジェクトの変換まで、さまざまなビジュアル効果と、完璧な音響のためのオーディオ効果でドローン映像を向上させます。
  • 4KおよびHDサポート: VSDCはUHD 4KおよびHDビデオを難なく処理し、空中のショットがすべてのフレームで見栄えするようにします。
  • モーショントラッキング: ドローンビデオに最適なモーショントラッキングは、ユーザーがフレームを通してオブジェクトを追跡し、ラベル、ぼかし、または要素の強調を追加できます。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース: 高度な機能を備えながらも、VSDCは直感的なインターフェースで設計されており、誰でもがビデオ編集にアクセスできます。
  • 高度なカラーコレクション: 豊富なカラーコレクションツールを備えたVSDCは、空中の映像の色調とトーンを微調整することができ、ドローン飛行中に経験するさまざまな照明条件での一貫性と鮮やかさを維持するのに重要です。
  • ハードウェアアクセラレーション: VSDCはビデオデコーディングにハードウェアアクセラレーションを利用し、DJIドローンからのような高解像度ファイルを処理する時間を大幅に短縮します。これにより、低性能なPCでもスムーズな再生と高速な編集が可能です。
  • ビデオ安定化ツール: ドローン映像はしばしば揺れが生じます。VSDCのビデオ安定化ツールは不要なカメラの動きを滑らかにし、最終的なビデオをよりプロフェッショナルで視聴しやすくします。
  • RAWおよびBlackmagic RAWファイルサポート: VSDCはこれらのフォーマットの人気が高まる中、RAWおよびBRAWファイルのサポートを導入し、色補正や詳細の強調など、高品質なビデオに柔軟性を提供しています。

なぜDJIビデオ編集にVSDCを選ぶのか?

VSDCはすべてのニーズに対応する一元的なビデオ編集プログラムです。DJIカメラで撮影されたほぼすべてのビデオと連携できる能力は、フォーマットの非互換性の制約から解放された多様な選択肢となります。ドローン映像を安定化させたり、レンズの歪みを修正したり、完璧なショットのために色を調整したりする場合でも、VSDCは完全なツールキットを提供します。

2. Movavi Video Editor

対象ユーザー: 初心者からプロまで、すべてのクリエイター

対応OS:WindowsおよびMac

Movaviは、他のビデオエディタの複雑さと技術的な要求に悩む人々にとってアクセスしやすいソリューションとして際立っています。直感的で取り組みやすいように設計されており、初心者からプロまでが険しい学習曲線なしにプロの結果を得ることができます。

Software for DJI Camera Drone

主な特徴:

  • モンタージュウィザード: Movavi独自のモンタージュウィザードでは、ビデオ素材を自動的に選んで選択した音楽で完全なムービーに編集し、DJIドローン映像から迅速に洗練されたコンテンツを作成するのに最適です。
  • 組み込みコンテンツ: Movaviは組み込みのビデオクリップ、背景、音楽、およびサウンドの幅広いコレクションを提供し、外部のリソースを必要とせずにドローンビデオを豊かにすることができます。
  • Magic Enhance: 動画の品質を素早く向上させたい人のために、MovaviのMagic Enhance機能は自動的に映像の明るさ、コントラスト、および他の設定を調整し、最小限の努力でDJIドローンの映像が最良の状態になるようにします。

なぜDJIビデオ編集にMovaviを選ぶのか?

Movavi Video Editorは包括的なビデオ編集ツールとして、DJIビデオ編集に関するすべてのニーズを満たします。これは4Kビデオをサポートしており、高解像度のDJIドローン映像を最大限に活用できます。

3. VideoProc Vlogger

対象ユーザー: 初心者からプロまで、すべてのクリエイター

対応OS:WindowsおよびMac

VideoProc Vloggerは、効率的で多様なツールを求めるユーザーに向けた包括的なソリューションとして際立っています。直感的で使いやすく設計されており、あらゆるスキルレベルのクリエイターが最小限の努力で素晴らしい結果を生み出せるようになっています。

Software for DJI Camera Drone

主な特長:

  • 4Kハードウェアアクセラレーション: VideoProc Vloggerは完全なハードウェアアクセラレーションを利用し、4Kビデオを迅速かつ効率的に処理および編集できます。
  • ダイナミックモーション編集: VideoProc Vloggerを特徴づけるのは、そのダイナミックモーション編集機能です。これにより、簡単にモーションエフェクトや速度の調整を行い、ドローン映像に映画のようなクオリティを加えることができます。
  • 高品質な安定化: 揺れる空中映像の一般的な問題を認識して、VideoProc Vloggerは高度な安定化ツールを提供しています。

なぜDJIビデオ編集にVideoProc Vloggerを選ぶのか?

VideoProc Vloggerは包括的なビデオ編集ツールとして、DJIドローンの映像編集に関するすべての要求を満たします。これは4Kビデオ編集をサポートしており、高解像度のドローン映像のフルポテンシャルを活用できます。

4. Adobe Premiere Pro

対象ユーザー: プロフェッショナル

対応OS:WindowsおよびMac

Adobe Premiere Proはビデオ編集の世界での強力な存在であり、その堅牢な機能とプロ仕様のツールで広く認識されています。映画製作者、放送関係者、そしてDJIドローン映像を使用するクリエイターにとって高品質なコンテンツを制作するための定番ソフトウェアです。

Software for DJI Camera Drone

主な特徴:

  • Lumetri Color Tools: Premiere ProはLumetri Colorパネルで際立っており、色と照明に対する精密な制御を可能にする高度なカラーグレーディング機能を提供しています。
  • Adobe Creative Cloudと統合: Adobe Creative Cloudの一部として、Premiere ProはAfter EffectsやPhotoshopなどの他のAdobeアプリとのシームレスな統合を提供しています。
  • マルチカム編集: 複数のドローンやカメラからの映像を扱う場合、Premiere Proのマルチカム編集機能は非常に価値があります。異なるソースからの映像を同期して編集でき、マルチアングルのシーケンスを作成しやすくなります。

なぜAdobe Premiere ProをDJIビデオ編集に選ぶのか?

Adobe Premiere Proを選ぶことで、プロ仕様のツールと高度なカラーグレーディング機能が提供され、空中映像に映画のようなクオリティを確保します。Adobe Creative Cloudとのシームレスな統合はワークフローの効率向上に寄与します。

5. DaVinci Resolve

対象ユーザー: プロフェッショナル

対応OS:Windows、Mac、Linux

DaVinci Resolveはその優れたカラーグレーディングとポストプロダクションの能力で称賛され、映画製作者やビデオグラファーにとってトップの選択肢となっています。高度な機能とプロ仕様のアウトプットで知られるDaVinci Resolveは、高品質な結果を求めるクリエイターに対応しています。

Software for DJI Camera Drone

主な特徴:

  • 高度なカラーグレーディング: DaVinci Resolveはそのカラーグレーディングツールで有名です。
  • Fusionビジュアルエフェクト: DaVinci Resolveに統合されたFusionは、洗練されたビジュアルエフェクトやモーショングラフィックスを作成するための強力なワークスペースを提供し、ドローン映像の向上や補正に最適です。
  • Fairlightオーディオポストプロダクション: DaVinci ResolveのFairlightページは基本的なオーディオ編集を超え、ドローンのビデオが見た目と同じくらい素晴らしく聞こえるようにするための完全なオーディオポストプロダクションツールを提供します。

なぜDaVinci ResolveをDJIビデオ編集に選ぶのか?

DaVinci Resolveはそのプロフェッショナル仕様のカラーグレーディング、ビジュアルエフェクト、オーディオポストプロダクションの能力で際立っており、DJIドローン映像が最高品質となるように保証します。広範なフォーマットのサポートと強力なパフォーマンスは、真剣なビデオグラファーにとって頼りになるツールとなっています。

6. CyberLink PowerDirector

対象ユーザー: エンスージアストおよびセミプロフェッショナル

対応OS:WindowsおよびMac

CyberLink PowerDirectorは、エンスージアストやセミプロのコンテンツクリエーターの間で人気のある多機能かつ使いやすいビデオ編集ソフトウェアであり、DJIドローン映像の編集にも利用されています。

Software for DJI Camera Drone

主な特徴:

  • 360度ビデオ編集: PowerDirectorは360度ビデオ編集を強力にサポートしており、没入感のあるドローン映像の編集に最適なツールとなっています。ユーザーはシンプルで直感的なワークフローで見事な全天球ビデオを作成できます。
  • Action Camera Center: この機能はアクションカメラやドローン映像向けに特に設計されており、安定化、魚眼補正、および速度調整などのツールを提供し、空中ショットの品質とダイナミクスを向上させます。
  • Magic Movie Wizard: 迅速で自動化された編集を求めるユーザーのために、Magic Movie Wizardは数分で映像からポリッシュされたビデオを作成し、音楽やエフェクトを含めることができます。

なぜDJIビデオ編集にCyberLink PowerDirectorを選ぶのか?

CyberLink PowerDirectorは強力な機能と使いやすいデザインのバランスがとれているため、DJIドローン映像に最適な選択肢です。360度ビデオのサポートやアクションカメラ向けのツールは、空中映像のダイナミックな性質に特に適しています。

結論

このガイドは、各ソフトウェアを詳しく見ることで、最適なDJIビデオ編集ソフトウェアを探るのに役立つことを目指しています。すべてのソフトウェアには独自の強みがありますが、VSDCは包括的な機能セットと使いやすいデザインで特に注目されます。初心者からプロの編集者まで対応する頑健で機能豊富なプラットフォームは、DJIドローンの映像編集に優れた選択肢です。非線形編集機能と高度なカラーコレクション、モーショントラッキング、ビデオ安定化といった機能を組み合わせることで、高品質でダイナミックなビデオを作成するための多様なツールとなっています。さらに、ハードウェアアクセラレーションにより、高解像度映像の効率的な処理が可能です。これらの機能は、VSDCを使って空中のビジョンをリアルにするための説得力のある、費用対効果の高いソリューションとなっています。

Software for DJI Camera Drone

VSDCでRAWおよびBRAWファイルをサポート

プロフェッショナルなビデオコンテンツ制作やYouTubeブログの世界では、Blackmagic DesignのBlackmagicカメラは、他のプロ仕様のカメラと比較して、高品質なビデオ出力と多用途性でよく知られており、そのユニークな機能により、ますます人気が高まっています。最も人気のあるBlackmagic Ursa Mini Pro 12KとBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K G2は、価値と品質の優れた組み合わせであることが証明されています。

RAW braw camera

Blackmagic Cameraのすべてのモデルは、Blackmagic RAWフォーマットでファイルを記録します。このフォーマットは、よく知られたRAWフォーマットと同じ品質、ビット深度、ダイナミックレンジ、コントロールを提供しますが、パフォーマンスが向上し、ファイルサイズが小さくなります。実際、RAWフォーマットとBRAWフォーマットの両方を扱うには、Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve、Final Cut Proなどの専用ソフトウェアが必要なため、少し難しい場合があります。今回、VSDC Video Editorはついに待望のRAWとBRAWファイルのサポートを統合しました。そして最大の特徴は、無料であることです!

RAW format

RAWフォーマットとは?

RAW ファイルは、高品質のビデオをキャプチャするファイル形式です。 RAW ファイルの主な目的は、ビデオ撮影後に一切の変更を加えることなく、画像を可能な限り忠実に保存することです。 この方法で、ユーザーはビデオの露出、ホワイト バランス、その他のパラメータを操作できます。これは、RAW ファイルにはより詳細で高品質の情報が含まれており、プロのビデオ編集に最適であるためです。 カラーグレーディング、露出調整、バランスの問題の修正を、フッテージの品質を劣化させることなくより効果的に行うことができます。

RAW file format

BRAWファイルを選ぶ理由

BRAWファイルについては、Blackmagic RAWに直接関連するデジタルビデオファイルフォーマットの一種です。Blackmagic RAW(BRAW)は、キャプチャ、ポストプロダクション、ファイナライズに適した品質において、従来のビデオフォーマットを凌ぐ最先端のコーデックとして際立っています。先進的なアルゴリズム(ノイズ管理、センサープロファイリング、新しいエッジ再構成など)を含む最新のテクノロジーを統合し、実質的にロスレスのビデオファイルを提供します。そのため、高解像度、高速フレームレート、広いダイナミックレンジを必要とするワークフローに最適です。

  • BRAWファイルは、標準的なRAWファイルと比較して、高画質を維持し、ファイルサイズが小さく、再生速度が速く、クロスプラットフォーム互換性が容易です。
  • BRAW フォーマットは、Blackmagic カメラで撮影したビデオを圧縮し、複雑な細部をすべて保存するため、驚くほど本物に近いビデオが得られます。
  • BRAWビデオファイルは、他のフォーマットと比べてダイナミックレンジとカラー忠実度が高い。つまり、ハイライトとシャドウのディテールをより詳細に捉え、より幅広い色スペクトルを提供します。

DAV

VSDCでRAWとBRAWファイルを扱う

VSDCはRAWとBRAWフォーマットをサポートし、撮影から完成までのワークフローを効率化します。カメラで行われた調整と設定は、メタデータを通してVSDC Video Editorに転送され、完全に編集可能です。VSDCでRAWやBRAWの設定を変更し、PCやオンラインプレーヤーでサポートされている一般的なフォーマットで書き出すことができます。

VSDCには、色の微調整、露出の調整、シャドウの操作などの高度なカラーグレーディング、ビデオの特定のルックをすばやく実現するLUTの適用、ビジュアルエフェクト、変換など、RAWおよびBRAW映像を編集するためのさまざまな機能が搭載されています。

RAW and BRAW color grading

RAWおよびBRAWファイルの追加

ご存知のように、VSDCにファイルをインポートするにはいくつかの方法があります。RAWおよびBRAWファイルの追加は、通常のファイルの追加とまったく変わりません:

オプション 1. 空のプロジェクト

スタート画面の空のプロジェクトアイコンをクリックして、独自のプロジェクトを作成します。ポップアップウィンドウでプロジェクトの設定を調整し(必要な場合)、[終了]をクリックします。その後、ファイルエクスプローラでRAW/BRAWファイルを選択し、シーンにドラッグしてマウスボタンをドロップします。

オプション2. コンテントをインポートする

そこで、コンテントをインポートするアイコンをクリックして、PC上のRAW/BRAWファイルを選択し、(必要に応じて)自動的に表示されるポップアップウィンドウでパラメータを調整します。準備ができたら、「終了」をクリックします。VSDCは自動的にビデオのすべてのパラメータ(高さ, 幅, フレームレート)を検出し、それに応じてプロジェクトのパラメータを調整することができますので、このオプションは非常に便利です。

RAW および BRAW ファイルへの LUT の適用

RAW および BRAW ファイルへの LUT の適用 LUT(を選択します Look-up Table)とは、色調をどのように変更するかを定義した値の集合である。LUT を適用するには、このセットに基づいてビデオの元のカラー値を比較および変更する必要があります。 このプロセスは、VSDC の RAW ファイルと標準ファイルの両方で同様ですが、Blackmagic RAW ファイルにはいくつかの新機能が付いています。

Blackmagicカメラで撮影する場合、LUTをメタデータとしてBRAWファイルに直接埋め込むことができます。この機能により、オリジナルファイルと一緒にLUTにアクセスして編集やカラーコレクションを行うことができるため、希望のビジュアルスタイルを実現するプロセスが簡素化されます。BRAWファイルをVSDCにインポートすると、埋め込まれたLUTがプロパティウィンドウに表示されます。エンハンスメントを適用した映像で作業するか、LUTを無効にして元のカラープロファイルを維持するかによって、[埋め込みLUTを適用] >> はい/いいえを選択します。このオプションは無料で利用できます。

Applying LUTs to RAW and BRAW Files

VSDC PROユーザーで、さらに映像を洗練させたい場合、オリジナルのBlackmagic LUTを編集する必要がある場合は、別の機能があります。この場合、埋め込みLUTのエクスポートボタンをクリックし、LUTをCUBEフォーマットでPCに保存します。「それから、標準的なLUT編集のためにリソースウィンドウに再度インポートしてください。VSDCでのLUT編集に関する包括的なガイドについては、私たちの詳細なビデオチュートリアルをご覧になることをお勧めします。」

RAWおよびBRAWファイルのカラーグレーディング

VSDCは、RAWファイルやBRAWファイルに簡単に適用できる、カラーコレクションに使用できるさまざまなツールや機能を提供しています。これらのツールを使用して、映像の色と照明を調整し、全体的な外観を向上させることができます。

ビデオの明るさ、温度、コントラスト、その他のパラメーターを手動で調整してビデオの色を編集したい場合は、編集タブの動画エフェクトメニューに移動し、色調補正にスクロールダウンして変更するパラメーターセットを選択してください。。例えば、色相や彩度レベルを変更したい。ドロップダウンメニューから色相/彩度/値を選択すると、タイムライン上にHSV 1レイヤーがある新しいタブが表示されます。マウスの右ボタンでレイヤーをクリックし、メニューからプロパティを選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドしてきます。HSV効果の設定を探し、手動でレベルを変更します。

VSDCカラーグレーディングツールを初めてお使いになる方は、リフト、ガンマ&ゲインカラーホイール、RGBカーブの操作方法、カラーコレクションの適用方法バービーオッペンハイマー映画のような見事なシネマティックエフェクトの再現方法、RAWやBRAWファイルに適用できるその他の便利な機能をYouTubeチャンネルでご覧ください。

Color Grading RAW and BRAW Files

RAWとBRAWをMP4に変換する

BRAW 形式は高度で新しいため、高画質であっても、MP4 やその他の一般的な形式に変換する必要があります。

Converting RAW and BRAW to MP4

これを行うには、ファイルをアップロードし、編集を行い(必要な場合)、リボンのコマンドバーにある[プロジェクトのエクスポート]タブで、使用可能なフォーマットのいずれかを選択し、パラメータを設定します。ここでは、ビデオを再生するデバイスと、選択したデバイスでサポートされている形式を選択できます。上の画像の矢印をクリックすると、サポートされているデバイスの一覧が表示されます。

ビデオフォーマットを選択した後、出来上がるビデオの品質を設定するプロファイルを選択する必要があります。下のプロファイルフィールドの横にある矢印をクリックし、ドロップダウンリストから利用可能なプロファイルのいずれかを選択します。プロファイルを編集...ボタンをクリックして、ビデオとオーディオコーデックのプロパティを設定することによって、自分のプロファイルを設定することができます。変更を保存するには、プロファイルを適用ボタンを使用します。また、コンピュータ上の結果のビデオへのパスを示すことができます。最後に、プロジェクトのエクスポートボタンをクリックして、エクスポートプロセスを開始します。どのように動作するかは、ビデオガイドに従ってください。

まとめ

VSDCがRAWとBlackmagic RAWをサポートしたことは、特にBlackmagicカメラのユーザーにとって、ビデオ編集における重要なポイントである。この統合により、編集プロセスが簡素化されるだけでなく、ポストプロダクションワークフロー全体が強化され、オリジナル映像と一貫性のある高品質な出力が保証される。VSDCを使えば、RAWファイルやBRAWファイルを扱う可能性が無限に広がるので、クリエイティブなアイデアを形にしたり、さまざまなツールやテクニックを試したりして、独自のスタイルを確立し、高品質で魅力的なビデオを制作することができます。

その他のご質問やサポートについては、VSDCのサポートチームがこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。、またはFacebookTwitterを通じてすぐに対応いたします。ご期待ください!

安定化ツールの使用方法:高度なガイド

素晴らしい映像を撮影したのに、手ぶれで台無しになってしまったことはありませんか?スマートフォンやGoProカメラのようなハンドヘルドデバイスを使用する場合、録画中にカメラをセットするポータブルスタビライザーがないと、ビデオの手ぶれは様々な原因で起こります。それがVSDCの安定化ツールが不要なジッターからあなたのビデオを救うためにここにある理由です。撮影した動画から手ブレの影響を取り除き、手ブレショットを洗練されたプロ品質のコンテンツに変身させることができます。

手ぶれ補正のプロセスでは、手ぶれした映像を確認し、フレームごとに調整します。これには、エッジのトリミング、フレームの回転やシフト、高度なアルゴリズムの使用などが含まれます。その結果、視覚的に魅力的な、より滑らかで安定した映像が出来上がります。この便利なツールについて学び、ビデオチュートリアルをご覧ください。

はじめに

まず、VSDCを起動し、VSDCのリボンコマンドバーの「ツール」タブに移動し、「動画の安定化」を選択してください。なお、これは高度な機能であり、PROユーザーのみ利用可能です。

ビデオ安定化を選択すると、安定化ツールにはリアルタイムプレビューがないことを警告するポップアップウィンドウが表示されます。つまり、適用した設定の効果は、ビデオをエクスポートした後にのみ表示されます。OKをクリックして、ツールの使用を開始します。

開始するには、映像を追加する必要があります。ソースファイルパネルの上にある次のオプションのいずれかを使用します:

  • ファイルを開く: それを使用して、コンピュータから1つまたは複数のファイルを選択します。すでにソースファイルにファイルを追加している場合、このオプションはそれらを削除し、選択したファイルで置き換えます。
  • ファイルの追加: 以前に追加したアイテムにファイルを追加します。
  • フォルダーを追加: 選択したフォルダのすべてのファイルを追加します。
  • DVDの追加: DVDまたはHDDからファイルを追加します。

合は、[ファイルを閉じる] または [全ファイル有閉じる] オプションを使用します。ソース ファイル] ペインで特定のファイルのプロパティに関する情報にアクセスするには、同じパネルの [ファイル情報] オプションを使用します。

安定化設定の調整

安定化設定は、ビデオ安定化ウィンドウの上部ツールバーにあります。安定化タブでは、ビデオを滑らかにし、最適な安定化結果を確保できます。詳細について詳しく見てみましょう。

揺れ

揺れは、ビデオスタビライザーがビデオの手ぶれを補正する度合いをコントロールします。カメラを手に持って録画したり、素早く動いたりして、ビデオが手ぶれや不安定に見えることを想像してみてください。

これがその仕組みです:

  • 手ぶれ補正の値は1から10まで選択できます。
  • 最小に設定すると、手ぶれ補正は穏やかになります。多少のブレは修正されますが、元の動きは残ります。ドキュメンタリーのような自然な映像になります。
  • 値を10に設定すると、手ぶれ補正は本当に強い揺れでも修正できるほど強くなります。このオプションは、アクションや動きの多いビデオに最適です。
  • デフォルト値は5です。このように設定すると、ブレは滑らかになりますが、自然な動きは保たれます。ほとんどのビデオにとって良いスタートポイントです。

正確度

正確度 設定は、ビデオスタビライザーがビデオのブレをどの程度注意深く探すかを制御します。

これがその仕組みです:

  • 精度の値は 1〜 15 の間で設定できます。
  • 値を最小に設定すると、スタビライザーの動作は速くなりますが、ブレを見逃すことがあります。スピードが重要で、多少のブレは許容できる動画に適しています。
  • デフォルト値は15です。このままにしておくと、スタビライザーはビデオを非常に注意深く分析し、小さなブレもキャッチします。これにより、動画はとても滑らかになりますが、処理に時間がかかる場合があります。そのため、ビデオの複雑さと、どの程度完璧にしたいかに合わせて値を選んでください。

ステップサイズ

ステップサイズの設定は、ビデオスタビライザーが手ぶれ補正に最適な領域をスキャンする間隔をピクセル単位で決定します。

これがその仕組みです:

  • ステップサイズは1〜32ピクセルの間で設定できます。
  • 値を最小に設定すると、ツールはフレーム内の各ピクセルを分析して不安定な映像を探します。この場合、修正精度は非常に高くなりますが、処理に時間がかかる場合があります。
  • 値を最大に近い値に設定すると、ツールはより大きなステップサイズを使用し、ピクセルを飛び越えます。その結果、チェックされるスポットの数は減りますが、スキャン処理は非常に速くなります。
  • デフォルトのステップサイズ(6)を使用することをお勧めします。正確であることと、ビデオの修正に時間がかかりすぎないことのバランスがとれています。
  • 平滑化する

    平滑化する設定は、カメラの動きにノイズ除去フィルタを適用し、より滑らかで安定したビデオ出力を実現します。この設定は、フィルタリングに使用するフレーム数(前方および後方)を意味します。.

    これがその仕組みです:

  • 0に設定すると、スムージングフィルタは適用されません。カメラの動きは元の映像のまま変更されません。
  • 20以上のような大きな値に設定すると、映像は非常に滑らかになりますが、カメラの動きの速さが遅くなる可能性があります。スロー&ステディショットのように、穏やかでゆっくりとしたカメラの動きが欲しい場合に便利です。
  • デフォルト値(15)に設定することをお勧めします。これは、現在のフレームの前後15フレームがスムージングに使用されることを意味します。手ぶれや飛び跳ねるような動きを取り除くために、ほとんどの動画に最適な値です。
  • 最大シフト

    最大シフトは、カメラのブレを修正するために、ビデオ内のフレームが何ピクセル移動できるかを決定します。

    これがその仕組みです:

  • デフォルト値 (-1) を選択すると、フレームが移動できる範囲に制限がなくなります。これにより、ビデオスタビライザーは制限されることなく、ブレを修正するために必要なことを行うことができます。
  • 別のカスタム値、たとえば 5 を設定すると、フレームが移動できる範囲についてツールが制限されます。スタビライザーはその仕事をしますが、フレームがどの方向にも5ピクセル以上動かないようにします。これは、ブレを修正したいが、ビデオを自然に見せたい場合に便利です。
  • 最大角度

    最大角度は、手ぶれを補正するために、ビデオのフレームを何度回転させるかを設定します。

    これがその仕組みです:

  • デフォルト値 (-1) を設定すると、フレームを回転させる量に制限がないことを意味します。これにより、スタビライザーは手ぶれを修正するために必要なフレームを制限なく回転させることができます。
  • 正の値、例えば10を設定すると、スタビライザーツールの回転に制限がかかります。これは、フレームが10度以上回転しないようにしながら、スタビライザーがブレの修正に取り組むことを意味します。これは、フレームが回転しすぎるのを避け、ビデオの見た目をできるだけオリジナルに近づけたい場合に便利です。
  • コントラストのしきい値

    コントラストのしきい値は、スタビライザーがフレーム内のオブジェクトを捕捉して修正するために、どの程度目立つ必要があるかを決定します。このパラメータは、プログラムがスタビライズプロセス中に分析するコントラストしきい値を設定します。

    これがその仕組みです:

  • コントラストしきい値は0から1の間で設定できます。
  • デフォルト値(0.25)を設定すると、スタビライザーは色または明るさに明確な差がある領域に対してのみ動作します。これにより、フレーム内で見やすいものを確実に修正することができます。
  • 0.1のように低めに設定すると、スタビライザーは分析を拡張し、色や明るさの違いが明確でないオブジェクトに作用します。これにより、特にビデオにコントラストが低いシーンや微妙な動きがある場合、より多くの詳細をキャプチャできる可能性があります。欠点は、フレーム内の不鮮明なオブジェクトにスタビライザーが引っかかると、ビデオが少し乱雑に見える可能性があることです。
  • 0.5のように高い値を設定すると、スタビライズツールは輝度差が非常に明確な領域でのみ機能します。これはビデオをより滑らかに見せることができますが、微妙なディテールを見逃す可能性があります。この設定は、高コントラストのビデオと明確な特徴で完璧に機能します。
  • ズーム

    ズーム設定では、スタビライズ中に画像が何パーセント拡大または縮小されるかを指定します。つまり、ビデオのズームイン(大きくする)またはズームアウト(小さくする)ができます。ズーム効果は、細部に焦点を当てたり、特定のルックを作成したりするのに適しています。

    これがその仕組みです:

  • デフォルト値 (0) を設定すると、ズーム効果はありません。ビデオは元のサイズを維持します。
  • 正の値 (10 など) を設定すると、ビデオの境界が非表示になり、手ぶれ補正が適用されていることが目立たなくなります。負の値 (-5 など) を設定すると、エッジの重要な領域を失うことなくビデオを安定させることができます。
  • ズーム速度

    ズーム速度設定は、スタビライズ中にフレームごとにズームが変化するスピードをコントロールします。このオプションは、ビデオのズームインまたはズームアウトの速さをフレームごとにコントロールするのに役立ちます。魅力的でダイナミックなビデオを作るのに最適です。

    これがその仕組みです:

  • デフォルト値は0.25に設定されており、スタビライズ中に各フレームが最大0.25%ズームインまたはズームアウトされることを示します。この設定により、時間の経過とともに緩やかなズーム効果が得られます。
  • 0 から 5 の間で別の数値を選ぶことができます。数字が小さい(0に近い)ほど、ズームが緩やかに変化します。数字が大きいほど(5 に近い)、ズームの変化が速くなり、より顕著な効果が得られます。
  • 最適なズーム

    最適なズーム設定は、ビデオスタビライゼーションが空の境界線を避けるためにズームを処理する方法を制御します。

    次のオプションが利用可能です。

  • ズームなし。ビデオは元のスケールを維持します。
  • 静的ズーム(デフォルト設定)。スタビライザーが最適なズーム値を選択し、空のボーダーを最小限に抑えます。これはほとんどの場合に有効です。
  • アダプティブズーム。スタビライザーは各フレームのズームを調整し、黒枠が表示されないようにします。ズーム速度(ズーム速度)は、この動作の速さに影響します。
  • 最適なズーム値は ズームパラメータと相互作用し、 ズームに設定された値はこの設定によって決定された最適ズーム値に追加されることに注意してください。

    スムーズなズーム

    スムーズなズーム設定は、ズーム調整の処理方法を制御します。

    次のオプションが利用可能です。

  • スムージングなし。ズームの変更が直接、突然起こります。芸術的な効果を得たい場合に有効です。
  • 平滑化ズームを使用してください。ズームは徐々に滑らかに変化します。
  • 補間

    補間設定では、ビデオ安定化プロセスで使用する補間のタイプを指定できます。補間はビデオスタビライズの重要な側面であり、どのようにフレーム調整を行うかを決定することで、ぎくしゃくした動きを減らし、フレーム間のシームレスなトランジションを確保します。

    次のオプションが利用可能です。

  • 補間なし。これは、フレーム間のスムーズな接続がないことを意味します。フレームが突然切り替わるように調整されます。
  • リニアです。左右など水平方向のみを滑らかにします。水平方向の動きをスムーズにします。
  • バイリニア(デフォルト設定)。これはデフォルトのオプションです。水平方向と垂直方向の両方を滑らかにし、フレーム間の変化をより滑らかに、より美しく見せます。
  • バイキュービック。水平方向と垂直方向の両方を滑らかにする、より高品質なオプションです。さらに滑らかな結果が得られますが、処理に時間がかかります。
  • カメラ

    カメラ設定では、カメラの動きを最適化し、より滑らかな映像表現を実現するアルゴリズムを選択できます。

    次のオプションが利用可能です。

  • 最適 (デフォルト設定)。カメラの動きを最適に調整し、安定した高画質な映像にします。
  • ガウシアン。このアルゴリズムはカメラの動きにガウシアンフィルターを適用します。カメラの軌道を滑らかにし、フレーム間の遷移をより美しく安定したものにします。
  • 平均。このアルゴリズムはカメラの動きを隣のフレームとブレンドして、よりスムーズなトランジションを実現し、全体的な安定性を高めます。
  • クロップ

    クロップ設定では、スタビライズ中にできる空のフレームの境界線やギャップの処理方法を定義できます。

    次のオプションが利用可能です。

  • 枠線を保つ(デフォルト設定)。隙間は前のフレームの内容で置き換えられます。
  • 枠線をクロップする。隙間が黒く塗りつぶされ、エッジがはっきりします。エッジのコンテンツが失われる可能性があります。
  • 反転する

    反転する設定は、手ぶれ補正中に画像内のピクセルの位置をどのように調整するかを決定します。

    次のオプションが利用可能です。

  • フォワード変換(デフォルト設定)。これは、前のフレームがどのように動いたかに基づいて、各フレームのピクセルの位置を調整します。各フレームが前のフレームと揃うようにすることで、ビデオを安定させるのに役立ちます。
  • 逆変換。これは、将来のフレームがどのように動くかに基づいて、現在のフレーム内のピクセルの位置を調整します。これは芸術的または技術的な効果をもたらしますが、デフォルトの順方向ほどビデオを安定させることはできないかもしれません。
  • 相対的

    相対的設定では、前のフレームとの差に基づいてフレームを調整するか、前のフレームを考慮せずに独立してフレームを調整するかを選択できます。

    次のオプションが利用可能です。

  • 相対変換(デフォルト設定)。各フレームは、前のフレームとの違いに基づいて調整されます。これは、フレームが互いに整列することで、ビデオをより滑らかに見せるのに役立ちます。
  • 絶対変換。各フレームは前のフレームを考慮せずに調整されます。フレーム間のトランジションがスムーズでなくなる可能性がありますが、芸術的または技術的な用途に使用できます。
  • 移動

    ビデオの手ぶれを修正する際、各フレームでカメラが全体的にどのように移動したかを知る必要があります。これを「グローバルモーション」と呼びます。 "モーション"の設定は、この移動をどのように把握するかを選択できます。

    次のオプションが利用可能です。

  • 正確な方法(デフォルト設定)。正確な方法でカメラの動きを検出します。高品質な手ブレ補正が可能です。
  • 高速方式。カメラの動きを高速で検出しますが、デフォルトの方法ほど正確ではないかもしれません。手ぶれ補正を素早く行いたい場合で、超高精度な結果を必要としない場合に便利です。
  • 以上です!これで次のステップに進み、結果を見る準備ができました。すべての設定をデフォルト値に戻したい場合は、プロジェクトのエクスポートボタンの隣にある設定をデフォルトに戻すボタンをクリックするだけです。

    プレビューと動画の部分エクスポート

    すでに述べたように、スタビライズツールにはリアルタイムプレビューがありません。つまり、適用した設定の効果は、スタビライズされたビデオをエクスポートした後にのみ表示されます。したがって、現在の設定調整に満足している場合は、スタビライズウィンドウの右側にあるプロジェクトのエクスポートボタンをクリックしてエクスポートに進むことができます。

    しかし、ビデオが長く、ファイル全体をエクスポートする前に適用した設定の影響を評価したい場合は、ビデオの短いセグメントだけをエクスポートするオプションがあります。これを行うには、スタビライズウィンドウの右側にあるエディタタブに移動します。ここでは、ビデオを短くしたり、特定のセクションに焦点を当てるために使用可能なカットと分割ツールを使用することができます。カットと分割ツールの詳細については、ビデオチュートリアルをご覧になることをお勧めします。

    まとめ

    ビデオ制作の世界では、手ブレのある映像は本当にがっかりすることがありますが、VSDCの安定化ツールがあれば、その心配は過去のことです。VSDCは、特定のニーズに合わせた強力な設定を提供することで、アマチュアのビデオをプロのような傑作に変える力を与えてくれます。

    思い出を共有するコンテンツクリエイター、ソーシャルメディア愛好者、または重要なプロジェクトに取り組むプロフェッショナルであっても、安定化ツールはビデオの品質を向上させ、視聴体験を高めます。ツールの使いこなしには少しの練習が必要かもしれませんが、その結果は間違いなく自己主張します。ですので、どうぞ、スムーズで洗練されたビデオの世界に飛び込み、VSDCの安定化ツールを使って創造的なビジョンの可能性を最大限に引き出してください。楽しい編集を!

    Editing Video Footage from a Dashboard Camera: Tips and Tricks

    Can you imagine a car without a dashboard camera? While their primary purpose is to provide evidence in the event of accidents or disputes, the recordings from dashboard cameras can also serve as a creative and insightful way to document your journeys or to make funny short videos that get millions of views on social media just in no time. In this article, we'll guide you through the process of editing video footage from a dashboard camera.

    Choose Video Editing Software

    Choose video editing software

    Selecting the right video editing software is crucial for a smooth editing process. Choose one that suits your needs and level of expertise. Our choice is VSDC Free Video Editor – a simple and convenient video editor with a wide range of features for creating videos of any complexity.

    Retrieve the Footage

    Retrieve the Footage

    Before you start editing, you need to retrieve the video footage from your dashboard camera. Most modern dashcams store video files on microSD cards or internal storage, so remove the microSD card or access the internal storage using a USB cable, and import your footage to the editing program. Typically, dashcam footage is stored in a format such as .MOV or .MP4.

    Trim and Cut

    Trim and Cut

    Most dashcam recordings capture a continuous stream of video, so the first step in editing is to trim and cut the footage. Use the editing software's tools to cut out any unnecessary parts, like long stretches of uneventful driving or footage of your car parked.

    Add Transitions

    Add Transitions

    To make your video more engaging, consider adding transitions between clips. Transitions can be used to smooth out cuts, provide context, or simply add a stylistic touch to your video.

    Enhance Video Quality

    Enhance Video Quality

    Dashboard camera footage might not always be of the highest quality, especially in low-light conditions. You can enhance your video quality by adjusting brightness, contrast, saturation, and sharpness. Be careful not to overdo it, as excessive editing can make your video look artificial.

    Add Music and Sound

    Add Music and Sound

    You can elevate your video by adding music and sound effects. Choose music that suits the mood of your video, whether it's a relaxing drive, an adventurous road trip, or a suspenseful moment. Ensure that the audio levels are balanced and not overpowering.

    Add Text and Captions

    Add Text and Captions

    Use text and captions to provide context or narration in your video. You can include location information, timestamps, or personal comments to make the video more informative or funny.

    Export and Share

    8Export and Share

    Once you're satisfied with your edited video, it's time to export it. Most editing software offers various export options, including different video formats and quality settings. Choose the settings that best match your intended use, whether it's sharing on social media, saving for personal archives, or showcasing to a wider audience.

    Editing video footage from a dashboard camera can be a fun and creative way to capture moments behind the wheels and share your experiences with others. With the right video editing software and some patience, you can turn raw dashcam footage into compelling and captivating videos. So, go ahead, edit your dashcam footage, and share the excitement of your travels with the world!

    VSDC で動画から透かしを除去しロゴを隠す

    今日のデジタル環境では、ウォーターマークやロゴは、不正使用に対する保護手段であると同時に、ブランド・アイデンティティのシンボルでもあります。しかし、美的な理由、コンテンツの再利用性、ネイティブ広告の回避など、動画から透かしを削除したりロゴを隠したりする正当な理由もあります。したがって、ご覧のように、ウォーターマークを効率的に除去または隠す方法を知ることは不可欠であり、VSDC はこの領域で強力なツールとして登場します。この記事では、VSDCを使用して効果的にこれらのマークに対処する方法についてのソリューションを提供します。この技をマスターし、あなたのビデオ編集スキルを向上させるために飛び込んでください!

    通過性ロゴフィルタ

    VSDCの無料版で提供されている通過性ロゴ フィルターは、動画から透かしや不要なロゴ、その他のオーバーレイグラフィックを削除する簡単な方法を提供します。以下の方法で適用できます:

    • 1. VSDC を起動してください。ブランクプロジェクトボタンをクリックして、独自のプロジェクトを作成します。
    • 2. ファイルエクスプローラでファイルを選択し、シーンにドラッグしてマウスボタンをドロップします。VSDCを初めてお使いになる方で、VSDCの始め方についてもっと知りたい方は、包括的なビデオガイドをご覧になることをお勧めします。
    • 3. 通過性ロゴフィルターにアクセスするには、タイムライン上でビデオファイルが選択されていることを確認してください。次に、リボンにある「ビデオエフェクト」タブを開き、ドロップダウンメニューから「フィルター」を選択し、「デロゴ」オプションを選択します。
    • 4. オブジェクトを選択すると、ポップアップウィンドウが表示され、エフェクトが表示されるタイミングと消えるタイミングを正確に定義することができます。設定に満足したら、"Ok"をクリックして変更を確定します。すると、動画の中央にピクセル化された長方形が表示されます。同時に、通過性ロゴフィルターがタイムラインに表示されます。

    Removing Watermarks

    デフォルト設定が理想的でない場合

    1. タイムライン上の通過性ロゴフィルタをクリックし、シーンの右側にあるプロパティウィンドウに移動します。すぐに表示されない場合は、通過性ロゴフィルターを右クリックしプロパティを選択してください。プロパティウィンドウでは、ピクセル化された長方形のサイズと位置を調整し、ウォーターマークやロゴを効果的にカバーすることができます。
    2. 設定には5つのプリセットがあります: ピクセル化 ボックスぼかし、 ほかしレンズ モザイク ガウスぼかし。
    3. その下には、外観を微調整するための強度レベルを調整するオプションがあります。

    これで、ロゴはぼかした四角形で覆われ、動画からうまく隠れるようになりました。結果に満足したら、プロジェクトをエクスポートします。このようにして、ウォーターマーク、ロゴ、GPS情報、車両登録番号などを簡単に削除できます。このように、通過性ロゴフィルターは非常に便利で、様々なタスクを実行することができます。しかし、さらに洗練された外観をお探しなら、Teleaモードがお勧めです。

    Telea モード

    Teleaモードは、非常に控えめで、洗練された電子透かしの隠蔽技術をお望みの方に最適です。目に見える痕跡を残す可能性のある基本的なぼかしやピクセル化方法とは異なり、Telea方法は、周囲のピクセルを分析し複製することによって不要な領域を埋めるアルゴリズムに基づいており、よりシームレスで目立たない除去を可能にします。ただし、この機能を使用するには、高度なビデオ編集機能の世界を解き放つVSDC Proへのアップグレードが必要です。それでは、テレアモードの使い方を説明しよう:

    • もう一度、動画をVSDC にアップロードすることから始めましょう。これを行うには、上記の手順に従ってください。
    • シーンの左側にある垂直タブに移動し、長方形ツールを選択します。
    • このツールを使って、隠したいオブジェクトのサイズに合った長方形を作り、それに合わせて配置します。
    • タイムラインで長方形を選択し、タイムラインの左にあるブレンドメニューに移動します。
    • ブレンドメニューのドロップダウンメニューから高度なモード >> Telea 塗卩つぶしを見つけてクリックします。以上です!

    Removed the watermark

    その結果、Teleaモードは、あなたのビデオの既存の部分でそれを置き換えることによって透かしを削除しました。そのため、領域のエッジはほとんど見えなくなり、通過性ロゴフィルターの場合よりも少し控えめになります。

    ビデオエディターでTeleaモードを適用し、プレビューを起動すると、スローダウンに気づくかもしれないことに注意してください。これは、ビデオとマスクの両方が同時に処理されるために発生します。編集プロセスを最適化し、このような遅延を防ぐために、元のビデオをプロキシ形式に変換することをお勧めします。

    ラッピング

    透かしやロゴを削除したり隠したりするのは難しい作業です。VSDC はそのための効果的なツールです。あなたが単純な通過性ロゴフィルタまたはより洗練されたTeleaモードを選択するかどうかにかかわらず、常に元のコンテンツクリエイターの権利と知的財産を尊重し、責任と倫理的にこれらのツールを使用することが重要です。

    ビデオ編集の旅を続けるなら、VSDC YouTubeチャンネルに登録して、新しいチュートリアルが公開されたらすぐにお知らせを受け取りましょう。また、ご質問やサポートが必要な場合は、Eメール(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)またはFacebookTwitterでサポートチームにご連絡ください。

    News

    トランジションの新しい追加方法、RAWおよびBRAWファイルのサポート、無料のオーディオビジュアライゼーション

    時が来ました: VSDC 9.1の待望のアップデートをご紹介できることを嬉しく思います!新バージョンの改善された機能は、ビデオ編集を加速し、編集プロセスをさらに快適にします。...

    白黒映画はどのようにカラー化されたか

    古典的な白黒映画のファンですか?もしカラー化されたらどのように見えるのか、気になったことはありませんか?多くの映画人が同じことを考え、数々の名作映画がカラー化された。何年もの間、モノクロ映画に色をつける技術は格段に進歩し、手作業で各フレームを塗りつぶす方法から、各ピクセルに自動的に色をつける最先端のソフトウェアを使用するようになり、プロセスは大幅にスピードアップしました。今日は、カラー化がどのように行われるかを見て、私たちがとても楽しんでいる昨日の白黒映画が、どのように完全で鮮やかなカラーに生まれ変わるかを探求し、

    フリー3Dアニメーションソフト6選

    く、ショットの構成、ゲームエンジン、レンダラー、アニメーションソフトウェアに関する深い理解も必要とする、現代アートにおいて最も要求の高いスキルの1つです。 この記事では、Windowsと互換性のある、初心者からプロまで使える無料の3Dアニメーション・ソフトウェアを6つ紹介します。これらのプログラムは、高品質な機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えており、これからアニメーションを始める方にとって理想的です。もちろん、...

    VSDC 8.3 - 100以上の新しいテンプレート、キーエディタウィンドウ、AV1および強化されたグラフィカルユーザインタフェース

    VSDC最新バージョン8.3へようこそ!100種類以上の新鮮な無料ビデオテンプレート、待望のキーフレーム編集用のキーエディタウィンドウ、AV1エンコーディング、より良いナビゲーションと編集の旅をアップグレードするための強化されたグラフィカルユーザインターフェイスなど、エキサイティングな機能を発見していただけるよう、私たちは懸命に働いてきました。 VSDC...

    2023 年の無料ビデオ編集: お金をかけずに 創造性を解き放つ

    今日のデジタル世界では、 創造性が最高の地位を占めています。 個人やブランドが視聴者を魅了し、 永続的な印象を残す無限の可能性を提供します。...

    2023年のベストオンラインビデオエディター:利点と欠点

    現在、ビデオコンテンツの人気は高まっており、多くのユーザーが個人的およびプロの目的でビデオクリップを作成する必要に直面しています。市場が提供する多くの選択肢から適切なビデオエディターを選ぶ際、多くのユーザーは無料のオンラインビデオエディターに優先を与えています。これらのエディターはリアルタイムでメディアファイルを操作でき、デスクトップの代替とは異なり、PCの内部リソースを必要とせず、ほとんどのデバイスで利用できます。 しかし、オンラインビデオエディタには世界中で隠された落とし穴があるのでしょうか? 私たちのチームは、3つのベストオンラインビデオエディタを集め、その機能をテストし、データの転送と保存の条件を調査し、今ではその経験を共有する用意ができています。 Clipchamp Clipchampは、ビデオ編集のためのウェブプラットフォームで、ユーザーが編集の経験がなくてもビデオを作成および処理できるものです。Clipchampは、ソーシャルメディア向けに調整された多くのプリセットテンプレートを提供し、ゲームコンテンツや広告素材の作成に優れています。このオンラインエディターは、プロフェッショナルからビデオ編集の手法を探している初心者まで、シンプルで使いやすいツールとして適しています。 Clipchampの基本的な編集ツールは、シーンの隣に便利に配置されており、ビデオフレームのトリミング、シーンのパラメータに合わせたサイズの調整、画像の断片化、またはクリック一つで回転などができます。シーンのサイズはリストから選択できますが、デフォルトではプログラムはアップロードされたビデオに基づいてシーンのパラメータを設定します。 さらに、Clipchampには、基本的なカラーコレクションのツールセットがあり、露出、コントラスト、彩度、温度のパラメータを含んでいます。このプログラムは透明度と重ね合わせモードにも対応し、さまざまなアニメーションテンプレート、多数のフォント、ストックビデオ、オーディオファイルを提供し、フレーム間のトランジションの作成やブランドロゴの追加など、プロフェッショナルなビデオを作成するのに役立ちます。 すべてのテンプレートはすでに使用準備が整っており、ダイナミックな開始画面、スムーズなトランジション、または単純なフェードが必要な場合、該当するテンプレートを選んでタイムラインに追加し、カスタマイズを行うだけです。ただし、魅力的なオプションの多くはプレミアムアイコンで表示され、料金が必要です。 С...

    VSDC 8.2 - プロキシファイルのサポート、カラーキーフレーム、ベクタースコープ

    VSDC 8.2 ビデオエディタの待望のアップデ ー トをご紹介します。 過去数ヶ月間、 私たちのチ ー ムはエディタの機能と使いやすさの拡大に積極的に取り組んできました。 Meet...

    VSDC 8.1版はマルチカム、 曲線オブジェクト、 スクロール文字効果などをもたらします

    VSDC 8.1 版を紹介できることを嬉しく思います。 新しいバージョンは、 主にプロのビデオグラファー、 グラフィックデザイナー、 アーティストを対象としていますが、...

    VSDC 7.2版はその色補正ツ ールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

    VSDC チームにとってまたし ても生産的な数か月でした。 動画編集スイートの新バージョンである VSDC 7.2 版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、...

    動画の色補正のに5 つの無料ソフトウェア

    yeビデオクリエーターである場合、 色補正を習得することが重要な理由は3つあります。 まず、 動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。 次に、...
     

    Screen Recorder Box

    このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

    スクリーンキャプチャについて...

     

    Video Capture Box

    このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

    ビデオキャプチャーについて...


    Reviewed by


    "VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

    - PC Advisor


    "This video editor gives you tons of control and editing power"

    - CNet


    "The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

    - Digital Trends