動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

動画の文字とオブジェクトに影を付ける方法

限られている予算でポストプロダクションの芸術を習得したい人のために一連のチュートリアルを続けるので、今度は有名なドロップシャドウ効果について話します。

ドロップシャドウエフェクトを使用すると、シーンに追加したオブジェクト(動いているオブジェクトも)に自然に見える影を作成できます。

動画編集に真剣に取り組んでいる場合は、武器にこの効果を持たせたいと思うでしょう。ドロップシャドウが動くタイトルに与える違いを見てください!3Dを扱う必要なく、実質的に3D効果を作成します。

以下のチュートリアルでは、Windows用のVSDC動画編集の無料版を使用して、テキストタイトルに完璧なドロップシャドウを追加する方法を学びます。チュートリアルの最後の部分では、VSDCプロを使用して、ビデオ内の動いているオブジェクトに影を追加する方法を簡単に説明します。

次の設定に調整して、可能な限り自然に見える結果を得る方法を見つけます:

  • ドロップシャドウのサイズ
  • テキストからの距離
  • 色と強度
  • そして光の角度さえ。

基本的に、追加したオブジェクトがシーンでできるだけ自然に見えるようにする影を作成する方法を説明します。もちろん、後でこの知識を活かして、画像、アイコン、グラフィックオブジェクトなど、ビデオで使用されている他のクリップアートにドロップシャドウを追加することができます。

楽しそう? そして、VSDC無料動画編集をダウンロードして、始めましょう。

動画の文字にドロップシャドウを追加する方法

VSDCを起動して動画をインポートしたら、左側のメニューまたは上部にある「オブジェクトを追加」ボタンを使用して、シーンに文字を追加します。

文字にドロップシャドウを追加するには、次の手順を実行します:

  1. タイムライン上のテキストオブジェクトをクリックして選択します。
  2. トップメニューの「動画エフェクト」タブを開き、「スペシャルFX」に進み、「影」を選択します。
  3. 「オブジェクトの位置設定」ポップアップウィンドウで、タイムライン上のシャドウの位置を選択できます。 デフォルトの「カーソル位置から」オプションは、現在カーソルで定義されている瞬間からシャドウ効果が表示されることを意味します。 変更しない場合は、「OK」をクリックします。

How to apply drop shadow effect to a title in a video

役立つヒント。 「親の維続時間にロックした位置」セクションは、シーン内のテキストの外観の最初または最後にエフェクトを自動的にロックするのに役立ちます。

VSDCでドロップシャドウ効果を設定する方法

文字にドロップシャドウを追加したので、設定を確認して、希望どおりに表示する方法を見てみましょう。

影付き設定を開くには、タイムラインの文字レイヤーをダブルクリックし、シャドウエフェクトレイヤーを右クリックして、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。

シャドウエフェクトのプロパティウィンドウには、3つのセクションがあります。

  • 共通設定。
  • 効果調整の設定。
  • 影付き設定。

Drop shadow effect settings in VSDC

「共通設定」セクションでは、影レイヤーのタイトルを作成し、シーンに表示するタイミングと正確な時間を設定できます。

効果調整の設定では、シャドウの透明度レベルを微調整できます。さらに、「初期値」と「最終値」というタイトルのフィールドを使用することで、効果の開始と終了に異なるレベルの透明度を設定できます。つまり、選択した値に応じて、再生中にドロップシャドウが徐々に透明になるか、透明性が失われます。

この動作を確認するために、次の透明度パラメータを設定してみましょう。

  • 初期値は100%です。 つまり、シーンに最初に表示されるとき、影は完全に不透明になります。
  • 最終値は20%です。 シーンのエフェクトの外観の最後では、透明度のレベルは20%のみになります。

その結果、ドロップシャドウは動画で徐々にフェードアウトします。

最後に、影を完璧にするセクションなので、影付き設定は最も面白いセクションです。光の角度、オブジェクトと影の間の距離、強度、ノイズを調整し、これらすべての機能を徐々に変化させることができます。以下では、各パラメータを詳しく見ていき、それらを変更することで何が実現できるかを示します。

1. 光の角度

「光の角度」というパラメータを使用すると、光の角度を変更して(ご想像のとおり)、光源の位置が明確な動画でドロップシャドウがより自然に見えるようにすることができます。シーンの影の外観の最初と最後に異なる光の角度を設定する必要がある場合は、初期値と最終値をそれぞれ設定する必要があります。

次の例では、影はオブジェクトの周囲で、初期角度(45度に設定)から最終角度(225度に設定)まで徐々に移動しています。

2. 影の距離

「影の距離」パラメータを変更することで、オブジェクトと影の間の距離を制御できます。繰り返しますが、これを永続的な値として設定することも、初期値・最終値パラメーターを操作することで、少しダイナミックをエフェクトに追加することもできます。

たとえば、動画の光源が移動している場合、影の距離も徐々に変化すると予想されます。

役立つヒント。影を中央でつかみ、マウスの左ボタンを押したままドラッグすると、シーンの周りで手動で影を移動できます。

How to change the distance between an object in a video and its drop shadow

3. 影の最大サイズ

影をぼやけて見せたい場合は、「影の最大サイズ」パラメータを大きくします。値が高ければ高いほど、影は大きく、鮮明さが低下します。影の最大サイズの値は0である場合、影がシーンに見えなくなることに注意してください。

4. 強度

このパラメータは、影の色の強度を制御するのに役立ちます。値が高ければ高いほど、より多くの目に見える影が表示されます。「強度」メニューセクションでは、影の色を変更してノイズを追加することもできます。後者を使用すると、影がざらざらします。

ドロップシャドウにノイズを追加する場合は、ドロップダウンメニューを開いて、偽>>真を切り替えます。次に、再生中にノイズを常に変化させたい場合は、ノイズレベル(強度)を設定し、ダイナミックノイズを選択できます。

動画で動くオブジェクトにドロップシャドウを追加する方法

完璧なドロップシャドウ効果を作成する方法を理解したので、モーショントラッキングのチュートリアルの簡単な要約を読んで、VSDCプロを使用してオブジェクトとシャドウの両方を目的のモーションパスに沿って移動させる方法を見てみましょう。

結果は次のようになります。

文字に影を付けたら、タイムラインのメインシーンに戻り、次の手順に従います。

  1. 動画レイヤーを左クリックして、「移動マップを作成する」を選択します。
  2. 次に、ビデオで追跡するオブジェクトの上に追跡フレームを配置します。
  3. プログラムの指示に従って、移動マップを作成し、PCに保存します。
  4. タイムライン上の文字レイヤーをダブルクリックします。
  5. シャドウ効果が既に文字に適用されていることがわかります。 あとは、モーションを適用するだけです。
  6. 上部にある「オブジェクトを追加」ボタンを使用します。 「移動」>>「移動マップ」に進みます。
  7. 作成したばかりのマップを選択して、結果をプレビューします。

移動するオブジェクトにドロップシャドウ効果を追加することは、静止したオブジェクトにこのエフェクトを使用することとほとんど変わりません。ご覧のように、両方の効果はタイムラインの同じタブに適用され、必要に応じて開始点または継続時間を手動で調整できます。

動画をプロレベルに上げる準備はできましたか?

もう1つの驚くべきポストプロダクショントリックを学習したので、先に進んで自分で試してください。モーショントラッキングのアイデアのまとめを確認し、公式ウェブサイトからVSDCの最新版をダウンロードしてください。

無料版とプロ版のどちらを使用する場合でも、アイデアを視覚化するためのツールがたくさんあります。

VSDC動画編集で試してみる8つのモーショントラッキングのアイデア

そのニュースを聞きましたか? ブロックに新しいモーショントラッキングソフトウェアがあります。これはVSDCプロと呼ばれ、初心者から中級レベルの動画編集経験に最適です。

VSDCを試したことがない場合は、無料で利用できる多数の機能を備えたWindows用の強力なビデオエディタです。 ただし、この記事では、ソフトウェアのアップグレードバージョンであるVSDCプロの一部であるモーショントラッキングツールに焦点を当てます。モーショントラッキングとは何かについて簡単に説明し、VSDCプロでモーショントラッキングを実行する方法を教えていただきます(非常に簡単です)。そしてもちろん、インスピレーションを得るために多くの例を紹介します。

始める前に、こちらからVSDCをダウンロードできます。 パッケージには、無料版をもたらし、そしていつでもプロにアップグレードできます(年間わずか19.99ドル)。

飛び込む準備はできましたか? やってみましょう。

モーショントラッキングとは何ですか?

動画編集の世界では、モーショントラッキングはシーン内のオブジェクトの移動を追跡するプロセスです。移動の軌跡が追跡されると、最初はビデオに含まれていなかった他のオブジェクトに適用できます:文字、画像、アイコン、マスク、キャプション–そして事実上すべてのクリップアート。

たとえば、動いているフットボール選手の頭の上に矢印を配置して、視聴者が常に選手を視界に入れるようにしたいとします。また、選手は常にフィールド内を移動しているため、移動する矢印が必要です。これは、モーショントラッキングを使用する場合に当てはまります。この問題を解決するには、選手の頭の動きを追跡し、矢印の画像を頭の真上のシーンに追加して、移動軌跡を割り当てる必要があります。

トラッキングされたマスクやテキストの移動など、ポストプロダクションで使用されるモーショントラッキングの例は他にもたくさんあります。それらについては、いくつかの段落で説明します。

それまでは、同じサッカーゲームの例を使用して、VSDCプロでモーショントラッキングがどのように機能するかを正確に確認してみましょう。そうすれば、自分が何に興味を持っているのかをよりよく理解できます。

VSDCプロでモーショントラッキングを行う方法

モーショントラッキングはかなり高度な効果とよく見なされます。初心者にとって怖がらせるように聞こえるかもしれません。しかし、動画編集に真剣になる場合は、いずれにしてもそれを習得する必要性を感じるでしょう。

さらに、モーショントラッキングがいかに簡単であるかに驚かれることでしょう!以下は、VSDCプロでモーショントラッキングを適用するための詳細なガイドです。 それは7つのステップしかありません:

ステップ1。主な動画をVSDCにインポートします。

How to create a movement map in the VSDC Motion Tracking tool

ステップ2。右クリックして、メニューから「移動マップの作成」を選択します。 ポップアップウィンドウが表示され、パソコンで移動マップを保存するフォルダを確認するよう求められます。 ファイル名を確認して「保存」をクリックするだけです。

ステップ3。これで、モーショントラッカーメニューがアクティブになり、中央にドットのある赤いフレームが表示されます。 それをつかんで、追跡する必要があるオブジェクトの上に置きます。 フレームのサイズを変更して、オブジェクトが正確に中央に配置されるようにします。 「分析を開始する」を押します。

ステップ4。ビデオが続くにつれて、緑色の線が描かれているのを見ます。それが軌跡または移動マップです。 次のステップでは、それを別のオブジェクトに適用します。 マップが完成したら、見栄えが良ければ「編集を適用」をクリックします。

Object tracking path built by VSDC Motion Tracker

ステップ5。楽しみましょう! 「Shift + I」ホットキーの組み合わせを使用して、軌道を割り当てる予定の画像をインポートします。 この場合、それは矢印の.PNGイメージです。 (画像をインポートするには、上部にある丸い緑色の「オブジェクトの追加」ボタンを使用することもできます)。

ステップ6。必要に応じて画像のサイズを変更し、開始点に配置します。 次に、それをダブルクリックします。

ステップ7。「Shift + Alt + M」の組み合わせを使用して、少し前に作成した移動マップを適用します(または、「オブジェクトの追加」>>「移動」>>「移動マップ」シーケンスを使用します)。 ポップアップウィンドウで、使用しているマップの名前を選択し、「OK」をクリックします。

How to assign a movement map to an image in VSDC Video Editor

この時点で、「プレビュー」ボタンを使用して、すべてが予定どおりに表示されることを確認することができます。 必要に応じて、画像のサイズと位置をいつでも調整できます。

これでおわりです!先に進み、ビデオを目的の形式でコンピューターにエクスポートします。

8モーショントラッキングのアイデアと試してみる例

モーショントラッキングの基本的な知識を習得したので、それを実践してみましょう。モーショントラッキングは、クリエイティブと情報提供の両方の目的で広く使用されています。ご覧のとおり、この機能は非常に用途が広く、想像力だけに制限されます。

創造性を刺激するために、動画でモーショントラッキングを使用する方法の例のリストをまとめました。 自分のプロジェクトのアイデアを自由に借りてください。

モーショントラッキングマスクを使用した動画内のオブジェクトの検閲

おそらく、モーショントラッキングの最も一般的な使用例は、検閲をビデオに追加する必要があるためです。たとえば、シーンに登場する人物の顔を検閲したり、車のプレート、通りの名、ブランドロゴを非表示にしたりできます。

<p現在、顔をぼかすのは、人物がビデオに動いていない場合に、無料のフィルターを使用してすばやく簡単にできます。ただし、彼らが動き回っている場合、顔を隠しておく唯一の適切な方法は、モーショントラッキングソフトウェアを使用することです。

では、検閲マスクを追加することは、矢印アイコンや画像を追加することとどう違うのでしょうか?基本的に、既製のクリップアートをインポートする代わりに、実際にぼかしたマスクを作成し、人の顔の上に配置して、それに軌跡を割り当てる必要があります。

これを理解するのを助けるために、ここに詳細なビデオチュートリアルがあります:

人の顔をにこやかな顔、Snapchat、またはInstagramスタイルのマスクでカバーしたい場合(ピクセルよりもはるかに楽しいので!)、背景が透明な.PNG形式の目的のクリップアートを探してください。

モーショントラッキングされたテキストで動画をレベルアップ

モーショントラッキングされたテキストは非常に印象的に見えます。 そして、タイトル、キャプション、行動を促すフレーズなど、実際には何でも扱うことができる様々なテキストタイプがあります。

では、テキストを動くオブジェクトに(または上に)どうやって貼り付けますか? 基本的に、画像やマスクと同じロジックを使用してそれをやることができます:

  1. 主な動画をVSDCにインポートし、選択したオブジェクトの動きを追跡して移動マップを作成します。
  2. 次に、クリップアートをインポートする代わりに、「Shift + T」ホットキーの組み合わせ(または緑の丸い「オブジェクトの追加」ボタン)を使用して、ビデオにテキストを追加します。
  3. テキストのスタイルとサイズを調整し、タイムライン上のそのレイヤーをダブルクリックします。
  4. 最後に、「Shift + Alt + M」のホットキーの組み合わせを使用して、移動マップをテキストオブジェクトに割り当てます。

では、動画でモーショントラッキングされたテキストをどこで使用できますか? ここにいくつかのアイデアがあります。

イントロのアニメーションタイトルを作成する

動画のイントロにすでにロゴやその他のオブジェクトが表示されている場合は、簡単にテキストを添付できます。 チャンネルのタイトル、ウェブサイトのアドレス、座右の銘、ユーザー名などです。

画面上のテキストメッセージをより魅力的にする

「シャーロック」というテレビ番組で使用されているような画面上のテキストメッセージの効果を再現するには、電話の動きを追跡し、その軌跡を「テキストメッセージ」に割り当てるだけです。

当然のことながら、同じアプローチを使用して、キャラクターの考えを視覚化したり、それが理にかなっている場合はスピーチを視覚化したりできます。

モーショントラッキングされたオープニングクレジットを使用する

一部の映画はモーショントラッキングされたオープニングクレジットを使用し、視聴者の注意を最初から引き付けるのに役立ちます。 それを再現できますか? もちろん。 そのための3Dテキストを必要としないかもしれませんが、(ほとんどの場合に使用しているものです)、無料のフォントライブラリからファンシーフォントの1つをダウンロードして、ビデオに人目を引く映画のクレジットを作成できます。 次に、モーショントラッキングと段階的な消失をテキストに適用して、パーツ全体をプロフェッショナルに見せます。

モーション追跡キャプションを追加する

モーショントラッキングされたキャプションは控えめですが、スタイリッシュで有益です。特にナレーションがない場合は、聴衆の文脈を作成するのに非常に便利です。テレビのコマーシャルでそのようなキャプションがブランドのストーリーを伝えるのに役立つのを見たことがあるでしょう。 彼らは特にスポーツブランドやウェアラブルの間で人気があります。

たとえば、Fitbitがキャプションとコールアウトをどのように使用して、スーパーボウルのコマーシャルで製品のユニークなセールスポイントを強調しているかを見てください。

不動産ビデオを強化する

ビジネスで動画を撮影する場合、ニッチな場所に関係なく、モーショントラッキングを使用する余地は十分にあります。例として不動産の映像を取り上げます。 見出しや字幕の形式で追加の情報、数値、事実、統計を提供する代わりに、最も重要視したいフレームにモーショントラッキングテキストを追加してみてください。

How to use motion tracking for real-estate videos

旅行動画をアップグレードする

旅行動画は通常、そのままでも素晴らしいですが、多くの情報が含まれているため、準備ができていない視聴者の注意を維持するのが難しくなります。また、フッテージのナレーションを作成した場合でも、一部の詳細は視覚的によく知覚されます。それでは、動画に表示している正確な場所に関連する地理位置情報タグ、矢印、タイトル、または簡単な事実を追加して、視聴者がクリップをより簡単に(そしてより魅力的に)作成してみませんか?

モーショントラッキングは、動画で話しているオブジェクトにテキストやアイコンを正確に添付できるため、この目的に最適な手法です。

How to make travel videos more captivating with motion-tracked text

VSDCでモーショントラッキングを開始する前のヒント

最終結果を明確に理解していれば、それを実現するのにたくさん時間も労力もかかりません。完全な初心者で、これまでにモーショントラッキングを使用したことがない場合は、スムーズに開始するためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 追跡するオブジェクトの上に赤い追跡フレームを配置するときは、完全にフレームの内側にあることを確認してください。 ただし、「きつすぎる」状態にしないでください。 追跡されたオブジェクトの周りにコントラストのある色や形のビットがフレームに含まれている場合、ソフトウェアは動きをより適切に検出できます。
  2. 移動軌跡が間違った方向に進んだ場合、または追跡されたオブジェクトがソフトウェアから見えなくなった場合は、手動でパスを調整できます。 その方法を学ぶには、VSDCユーザー向けに用意されたモーショントラッキングチュートリアルを読むことをお勧めします。
  3. 主な動画の上に配置するオブジェクトは、タイムラインの最上層にある必要があることに注意してください。 ドラッグアンドドロップを使用して、ファイルを別のレイヤーに手動で移動できます。

試してみる準備はできましたか?

次に、VSDCをコンピューターにダウンロードして、実験を開始しましょう。 YouTubeチャンネルで他のアイデアをチェックし、Facebookにご連絡ください。

VSDCでグリッチ をかけるための究極のガイド

グリッチエフェクトは、現在最もホットなビデオ撮影のトレンドの一つです。ミュージック・ビデオ、ビデオゲーム、映画などで広く使用されています。そして、動画の歪みがどれほどすごく見えるかを考えれば驚くことではありません 。

デジタルの歪みは、動画をよりダイナミックにし、エフェメラリティの錯覚を作り出します。 しかし、すべてのグリッチエフェクトが同じように作成されるわけではありません。標準のフィルターを適用しただけでは、目的の結果が得られない場合があります。まず、多くの歪みのバリエーションがあり、それぞれが独自の効果を生み出します。次に、グリッチの種類を切り替えて集中度を調整することにより、エフェクトをカスタマイズしたい場合もあります。

デジタルディストーションの技術を真剣に学習する場合、VSDCはその目的に最適な無料動画編集です。動画にグリッチエフェクトをすばやく追加できるだけでなく、歪みを手動で調整することもできます。以下のチュートリアルでは、その方法を正確に示します。

VSDC無料動画編集をダウンロードする

グリッチエフェクトは通常、ソフトウェアエラーまたは悪い信号を模倣し、画像の破れ、静的ノイズなどをもたらします。通常、次のようになります:

  • 波状の画像の歪み
  • フリーズフレーム
  • 反転色。

VSDCでグリッチがどのように機能するかを詳しく見てみましょう。

VSDCで動画にグリッチエフェクトを適用する方法

ソフトウェアをダウンロードして起動したら、歪みたい動画をインポートします。グリッチエフェクトを適用するには、3つの簡単な手順を実行します。

  1. 「動画エフェクト」メニューを開きます。
  2. 「スペシャルFX」セクションに移動し、「グリッチ」を選択します。
  3. 「オブジェクトの位置設定」ポップアップウィンドウで、「OK」を押します。

How to quickly create a video glitch effect for free

このようにして、デフォルトのグリッチプリセットの1つを動画に適用しました。VSDCには8つの異なるプリセットがあり、それぞれが独自の効果を生み出します。別のものを選択するには、右側の「プロパティ」ウィンドウに移動し、「グリッチ効果設定」ウィンドウを見つけます。プリセットを選択し、プレビューウィンドウでリアルタイムの結果を確認します。 いつでもパラメーターを微調整して、自分のカスタムプリセットを作成できます。

たとえば、これは異なるデフォルトプリセットを適用すると同じ動画がどのように見えるかを示しています。

結果に満足している場合は、「プロジェクトのエクスポート」タブを使用して動画を保存します。

ただし、効果を正確に調整する場合は、その方法を以下に示します。すべてのグリッチエフェクトのパラメーターの役割と、タイプと強度を変更して歪みを調整する方法を学習します。

VSDCのグリッチエフェクト設定:はじめに

開始するには、タイムラインのグリッチエフェクトのレイヤーを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

右側の「プロパティ」ウィンドウに移動し、「グリッチ効果設定」メニューを見つけます。上記のプリセットの他には、6つのパラメーターが表示されます。

  • グリッチ移動パワー(%)
  • グリッチパワー(%)
  • グリッチ強度(%)
  • ステージ1を使用
  • ステージ2を使用
  • ステージ3を使用

VSDC glitch effect settings menu

この文脈では、「ステージ」は処理ステージを意味し、すべての処理ステージには1つの歪み効果タイプが含まれます。歪みタイプには、RGBオフセット、モーションブロック、ピクセルのシフトなどが含まれます。すべてのオプションは、「効果タイプ」というドロップダウンメニューにあります。ステージに含めることができる歪み効果が1つだけの場合、グリッチは実際にステージの組み合わせです。

つまり、VSDCのグリッチは、歪みのさまざまな種類のユニークな組み合わせです。

グリッチには、1〜3つの処理段階が含まれ、それぞれに固有の歪みが含まれます。これらの歪みのエフェクトは、動画に同時に適用することも、次々に適用することもできます。グリッチの設定(グリッチ移動パワー、グリッチパワー、グリッチ強度)を変更すると、結果としてすべてのステージに調整が適用されることに注意してください。

エフェクトの共通設定

あなたが熱心なクリエイターなら、VSDCは多くの理由で素晴らしい選択です。その1つは、ほぼすべてのパラメーターを手動で微調整する機能です。たとえば、VSDCでは、エフェクトが動画に表示される瞬間とエフェクトの継続時間を設定できます。

これをやるには、「プロパティ」ウィンドウの「共通設定」を使用します。「オブジェクトの作成時間」パラメーターを使用すると、フレームまたはミリ秒単位で正確にエフェクトの表示を定義できます。また、「オブジェクトの描画時間」パラメータは、効果の継続時間を選択するのに役立ちます。

グリッチエフェクトのパラメータの詳細

グリッチエフェクトに戻る時間です。前に述べたように、すぐに使用できる8つのプリセットと、自分のプリセットを作成する機能があります。デフォルトのパラメーターを変更すると、すぐに「グリッチ9」、「グリッチ10」などのような順序番号で名前が付けられる新しいプリセットを作成します。その後、保存して名前を変更できます。

パラメータを確認し始める前に、VSDCでの動画の歪みプロセスを分析し、どのように機能するかを見てみましょう。

VSDCでグリッチエフェクトを動画に適用すると、ソフトウェアはすべてのビデオフレームをセグメントまたはブロックに分割します。すべてのブロックは、ビデオフレーム内のいくつかの要素を反映しているため、反射ブロックと考えます。ブロック間の距離を変更し、ブロックの数と不透明度を変更することにより、歪みがどのように見えるかを制御できます。

グリッチのパラメータに戻ると、メインメニューには3つのパラメータがあります。

  1. グリッチ移動パワー(%)は、ブロックを反射する要素に近づけるか、ブロックを互いに遠くに移動します。値が高ければ高いほど、ブロックと要素の間の距離は遠くなります。このパラメーターの値が100%の場合、ブロックと要素の間の距離は最大で、フレーム幅の1/4です。360 video export settings in VSDC
  2. グリッチパワー(%)は、反射ブロックに適用される不透明度のレベルを定義します。値が0%の場合、ブロックは完全に透明です。値が100%の場合、ブロックは完全に不透明です。
  3. グリッチ強度(%)は、フレームに表示されるブロックの数を設定します。強度が100%の場合、ブロックの最大可能数が表示されます。強度値が0%の場合、ブロックは表示されません。

これらのパラメーターを使用して、反射ブロックの数、不透明度、反射要素からの距離を完全に制御できます。

さらに、これらのパラメーターのいずれかに動的な変更を適用できます。これは、動画の再生中に値が徐々に変化することを意味します。たとえば、ブロックは、ビデオの先頭では少し透明になり、ビデオの最後では不透明になります。動的な変更を実現するには、メニューの「初期値」パラメーターと「最終値」パラメーターが異なる必要があります。

グリッチエフェクトの処理ステージの使用方法

設定の次のレベルは「ステージ」です。メニューには3つの処理段階があり、各段階には、RGBオフセット、ランダムな色を塗りつぶし、ピクセルのシフトなどの歪みエフェクトが含まれています。1つのグリッチエフェクトで最大3つの異なるステージを使用し、カスタムプリセットとして使用できる自分のコンポジションを作成できます。

デフォルトでは、「ステージ2を使用」や「ステージ3を使用」パラメーターは「偽」としてチェックされます。つまり、エフェクトは現在1つの処理ステージのみを使用しています。ステージを追加したい場合は、「偽」を「真」に切り替えるだけです。

ステージレベルでは、次のパラメーターを使用できます:

  • ステージ順
  • ステージ強度(%)
  • ステージ移動パワー(%)
  • ステージパワー(%)
  • 効果タイプ
  • 移動タイプ
  • 頻度
  • フェードイン期間
  • フェードアウト期間

Glitch processing stage settings in VSDC

各パラメーターを詳しく見てみましょう。

ステージ順を使用すると、順序番号を適用して処理ステージの順序を変更できます。この設定は、複数のステージを使用している場合にのみです。ステージの順序値が「0」の場合、ステージはデフォルトの順序で次々に進みます:「ステージ1」、「ステージ2」、「ステージ3」。

ステージ強度(%)は、フレーム内の反射ブロックの数を定義します。ステージ強度はグリッチ強度の割合として計算されます。つまり、グリッチの強度が50%で、ステージの強度が50%の場合、ブロック数は最大値から25%になります。これは、「50%х0.5 = 25%」であるためです。

ここでのデルタ値は、ブロックの可能な最小数と最大数の間の間隔です。このパラメーターは、再生中のさまざまな瞬間にランダムに選択されるステージ強度を定義します。デルタ値がゼロの場合、最小ステージ強度値と最大ステージ強度値は等しくなります。

最小値と最大値の計算は次のとおりです:

最大値 = ステージ強度値

最小値 = ステージ強度  - (ステージ強度 x デルタ値)

たとえば、グリッチ強度が50%、ステージ強度が50%、デルタ値が20%の場合、再生中に最大数から20%〜25%の反射ブロックが表示されます。

この例の計算は次のとおりです:

最大ステージ強度 = 50%

最小ステージ強度 = 50% - (50%* 0.2) = 40%

最大グリッチ強度 = 50% * 0.5 = 25%

最小グリッチ強度 = 50% * 0.4 = 20%

ステージ移動パワー(%)は、ブロックが反射する要素からブロックがどれくらい遠くシフトするかを定義します。

ステージ移動パワーは、グリッチ移動パワーの割合として計算されます。たとえば、グリッチ移動パワーが50%、ステージ移動パワーが50%の場合、反射ブロックと反射ブロック間の距離は最大値から25%になります(最大値はフレーム幅の1/4です)。

ステージ移動パワーには、3つの追加パラメーターがあります:

  • 初期値
  • 最終値
  • デルタ値

初期値は、再生の開始時の反射ブロックと反射要素間の距離を定義します。名前が示すように、最終値は再生の終了までの距離を定義します。デルタ値は、再生中にランダムに発生する最大可能及び最小可能のブロックシフト間の間隔を設定します。

ここでの最大値は、「ステージ移動パワー」パラメーターに設定した値と等しくなります。 最小値は、次の式で計算できます:

ステージ移動値 -(ステージ移動値 x デルタ値)

ステージパワー(%)を使用すると、反射ブロックの不透明度のレベルを設定できます。

ステージ効果電力は、グリッチパワーの割合として計算されます。たとえば、グリッチエフェクトのパワーが50%で、ステージエフェクトのパワーが50%の場合、不透明度のレベルは25%になります(50%の50%は25%であるため)。0%はブロックが完全に透明であることを意味し、100%はブロックが完全に不透明であることを意味します。

ステージ転送の電力設定と同様に、VSDCでは、再生の開始時と終了時で反射ブロックの不透明度を別々に設定できます。

効果タイプは、選択可能な12種類のディストーションエフェクトのドロップダウンメニューです。

移動タイプは、反射ブロックをフレームに配置する方法を定義します。次の4つのオプションが含まれます。

  • 順次交換はブロックがサイズとブロック間の距離に基づいて、次々に単純な順序で表示されます。
  • 対称交換はブロックがパラメーターに基づいて対称的に表示されます。
  • ミラーエッジでコピーはブロックが映されます。ブロックの一部がフレームの外側にある場合、その部分はコピーされ、フレームの反対側に表示されます。How to achieve mirrored reflection blocks in video distortion
  • 透明なエッジでコピーはフレームの外側にあるブロックの一部が反対側で映されませんが、完全に不透明になります。

Transparent video distortion blocks

転送タイプをさらに正確に調整するには、メニューで使用可能な次のパラメーターを使用できます:

  • ブロック幅(%)。フレーム幅の割合として計算されます。
  • ブロックの高さ(%)。フレームの高さの割合として計算されます。
  • ブロックX距離(%)。最初のブロックの始まりと次のブロックの始まりの間の水平距離。100%はフレーム幅です。
  • ブロックY距離(%)。最初のブロックの始まりと次のブロックの始まりの間の垂直距離。100%はフレームの高さです。How to measure distortion block parameters in VSDC
  • 開始オフセット(%)。最初のブロックとフレームの左上隅の間の水平距離です。

頻度(ms)– このパラメーターは、1ミリ秒でブロックが変化する頻度を定義します。つまり、周波数値が0の場合、ブロックは再生全体を通して静止します。頻度の値は10である場合、1ミリ秒で10個のブロックの組み合わせが変化します。

フェードイン期間(ミリ秒)– ビデオ内の効果の段階的な表示です。値が0の場合、ブロックの位置と強度はグリッチエフェクトパワーとステージエフェクトパワーによって定義されます。

ゼロ以外の場合、ブロックの段階的な表示はミリ秒単位で定義された期間に引き伸ばされます。たとえば、フェードインの継続時間の値が100の場合、最初のフレームに元のビデオが表示され、次の100ミリ秒で歪みエフェクトが徐々に表示されます。

Video Glitch effect - distortion fade-in appearance - first stage

 

Video Glitch effect - distortion fade-in appearance - second stage

 

Video Glitch effect - distortion fade-in appearance - third stage

フェードアウト期間(ミリ秒)– 同様に、これは、再生の終了時にエフェクトの段階的な消失を設定するパラメーターです。

 

フェードアウトの継続時間の値がゼロの場合、エフェクトの再生の終了時に、ブロックの位置と強度は「グリッチパワー」と「ステージパワー」によって定義されます。たとえば、フェードアウト継続時間の値が100の場合、再生の最後の100ミリ秒でエフェクトが徐々に消えることを意味します。

Video Glitch effect - distortion fade-out disappearance - first stage

 

Video Glitch effect – distortion fade-out disappearance - second stage

 

Video Glitch effect – distortion fade-out disappearance - third stage

 

これでチュートリアルは終わりです。動画でグリッチエフェクトを使用する準備はできていますか?

次に、VSDCをパソコンにダウンロードし、このガイドで説明されているトリックを試してみてください。

また、ビデオの編集に興味があったら、YouTubeチャンネルに登録してください。わかりやすいビデオチュートリアルを毎週公開しています。

VSDCでモーショントラッキングを使用するための初心者向けガイド

2020年2月にVSDCチームは、モーショントラッキングのリリースを発表しました。 これは、動画でオブジェクトの移動を登録し、同じ軌跡を他の要素(文字、画像、フィルター)に割り当てることができる待望のツールです。おそらく思い浮かぶ一般的な例は、動いているオブジェクトの上に配置されたピクセル化された検閲マスクです。しかし、モーショントラッキングの可能性はそれをはるかに超えています。たとえば、タイトルを、それが属するオブジェクトとともに移動させることができます。 または、ビデオ内の割り当てられたオブジェクトに追従する画像を作成できます。

VSDCでのモーショントラッキングを迅速に利用できるように、詳細なチュートリアルを用意しました。ツールの仕組み、移動マップとは何か、軌跡を作成してオブジェクトに割り当てる方法を学びます。また、追跡対象のオブジェクトのサイズや形状が変化し、ソフトウェアによって「失われた」場合の対処方法についても説明します。

始める前に、VSDCの最新バージョンをダウンロードすることを強くお勧めします。

1. VSDCでモーショントラッキングを有効にする方法

モーショントラッキングは、VSDCプロの一部として利用可能な有料機能です。そのため、既にVSDCプロのライセンスを持っている場合は、ソフトウェアの最新バージョンをダウンロードするだけで、組み込みツール中でモーショントラッキングにアクセスできます。

VSDCプロにアップグレードせずにモーショントラッキングを使用する場合は、別のオプションを使用できます。そのためには、公式ウェブサイトからモーショントラッキングのプラグインをダウンロードし、パソコンにインストールする必要があります。プラグインは有料であり、VSDC動画編集の無料版でモーショントラッキングツールを有効にすることができます。

2. VSDCでのモーショントラッキングの開始:移動マップの作成方法

開始するには、プログラムを起動し、動いているオブジェクトを含むビデオファイルをインポートします。次に、このオブジェクトの移動軌跡に基づいてマップを作成する必要があります。移動マップと呼ばれます。

方法は次のとおりです:

  1. マウスの右ボタンを使用して動画をクリックします。
  2. コンテキストメニューから「移動マップを作成する」を選択します。
  3. 次に、PC上のフォルダーを選択(または確認)して、マップを保存します。 「保存」をクリックします。 Adjustable frame to define the area where the tracked object is located in VSDC
  4. プレビューウィンドウに、追跡対象オブジェクトを定義するフレームが表示されます。 サイズを変更して移動し、追跡対象オブジェクトがフレームに収まり、スペースの大部分を占めるようにします。
  5. 上部の「モーショントラッカー」メニューの「分析を開始する」ボタンを使用して、トラッカープロセスを開始します。

  6. 再生が進むと、移動マップがプレビューウィンドウに徐々に表示され、緑色で描画されます。 動画の最後で、軌跡を確認し、正確であれば、「編集を適用」ボタンをクリックします。 これにより、移動マップがパソコンに保存され、VSDCが自動的に通常の動画編集モードに切り替わります。

3. 移動マップを別のオブジェクトに割り当てる方法

移動マップの準備ができたら、任意のオブジェクト(画像、アイコン、タイトル、またはマスク)に割り当てることができます。例として、動画内のオブジェクトに続くテキストを作成する方法を示します。

開始方法は次のとおりです:

  1. まず、左側のメニューを使用して、テキストオブジェクトをシーンに追加します。
  2. テキストレイヤーをダブルクリックします。
  3. 上部の「オブジェクトを加」メニューを開き、「移動」->>「移動マップ」を選択します。
  4. オブジェクトの位置設定ウィンドウで、以前にパソコンに保存した移動マップを選択し、「OK」を押します。
  5. 設定ウィンドウでは、マップの開始点を変更することもできます。 これは、シーンの最初から、カーソル位置から、または手動でオブジェクトへの軌跡の適用を開始できることを意味します。

4. トラッキングを失う領域とは

ソフトウェアがプロセス内で追跡対象オブジェクトを「失う」ことがあります。通常、オブジェクトが周囲と重なり、シーンで表示されなくなると発生します。他のシナリオには、オブジェクトのサイズ、色、形状、または外観を完全に変更することが含まれます(たとえば、トランスフォーマーのように人が車になります)。

その結果、いわゆる「トラッキングを失う領域」、つまりプログラムがオブジェクトを「失って」再登録する瞬間のギャップが生じます。

このような場合、モーショントラッカーは、トラッキングを失う領域を通って移動するときに予想される軌道を構築します。必要な領域にキーフレームを追加することにより、この軌道をいつでも手動で調整できます。

方法は次のとおりです:

  1. タイムライン上で、プログラムがオブジェクトを失った瞬間にカーソルを置きます。 新しいオブジェクトの位置に応じてトラッキングフレームを調整して再配置します。
  2. 次に、「分析を続ける」ボタンをクリックして、その瞬間から追跡を開始します。
  3. 再生中にオブジェクトが複数回「失われた」場合、毎回これらの手順を繰り返します。

What to do when a tracked object disappears from sight - tracking loss area in VSDC

移動マップで軌跡の一部を選択して削除する必要がある場合は、手動で行うこともできます。切り取りたい部分の最初と最後にキーフレームを配置し、それを選択して「削除」を押します。

トラッキングを失う領域は、オブジェクトが実際に見えなくなるよりも早く表示される場合があることに注意してください。この場合、トラッキングを失う領域を拡張してより正確に調整する必要がある場合もあります。

次の手順に従って、トラッキングを失う領域を変更します:

  1. 最初に、追加のキーフレームを配置して、タイムライン上の追跡損失領域を指定します。
  2. 結果のマップの一部をダブルクリックします。
  3. 「地域を無効にする」というアイコンを使用して、オブジェクトの移動が誤って追跡された領域として部分を定義します。
  4. 最後に、キーフレームを使用して手動で調整します。

マップが予想どおりに表示されたら、「編集を適用」ボタンを押してマップを保存し、VSDCを動画編集モードに切り替えます。

モーショントラッカーモードでキーフレームをすばやく切り替えるには、キーボードの「右」及び「左」矢印キーを使用します。

5. 移動マップの設定:概要

移動マップをオブジェクトに割り当てたら、移動精度を高めるために利用可能な設定を微調整できます。設定にアクセスするには、オブジェクトをダブルクリックします。これにより、「移動マップ」と呼ばれるレイヤーを含む新しいタブが開きます。移動マップのすべての調整は、右側の「プロパティ」ウィンドウで実行できます。「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、マウスの右ボタンでレイヤーをクリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

Movement map settings window in VSDC

以下に、各プロパティウィンドウパラメータの意味を説明します。

座標 (X/Y) はプレビューウィンドウ内のオブジェクトの初期座標です。

オブジェクト作成時間(ミリ秒/フレーム) は追加したオブジェクトに移動マップを割り当てたい瞬間です。

オブジェクトの継続時間(ミリ秒/フレーム) というパラメーターは、オブジェクトに移動マップを適用する期間を定義します。 前のパラメーターと同様に、このパラメーターはミリ秒またはフレームで定義できます。

移動マップ設定メニューには、次のパラメーターが含まれています:

  • 移動マップはプロジェクトで使用されるマップです。
  • マップされた動画は移動マップの描画に使用されるビデオです。 ここでビデオファイルを指定すると、そのパラメーターとマップのパラメーターが自動的に調整されます。 このフィールドを空白のままにすると、移動マップは動画のパラメーターに調整されません。
  • 失われたプロセスはトラッキングを失う領域でのオブジェクトの移動モードです。 このパラメーターを使用すると、トラッキングを失う領域内でのオブジェクトの移動方法を決定できます。 次の3つのオプションから選択できます。
    1. 「おおよその軌跡」はプログラムが推定運動軌道を描く間、オブジェクトは表示されたままです。
    2. 「オブジェクトを非表示する」は、オブジェクトが追跡損失領域に到達すると、オブジェクトは消えます。
    3. 「マップを処理しない」は、オブジェクトが描いた軌跡に従って移動します。欠ける軌跡の一部を描くには、「移動」ツールを使用する必要があります。

トラッキングを失う領域の軌道を描画しない場合、オブジェクトが「おおよその軌跡」に従って移動することに注意してください。

複雑に見えるかもしれませんが、VSDCのモーショントラッキングのツールは実際に非常に使いやすく、特別な知識や経験は必要ありません。指示に従ってプレビューウィンドウを使用する限り、目的の結果を得ることができます。

 

ご質問がございましたら、 Facebookにご連絡ください。

より多くのアイデアが必要になりましたら、 YouTubeチャンネルを購読してください

Instagramの動画コンテンツに適切なサイズを適用する方法

Instagramコンテンツの大部分はスマートフォン経由で作成されますが、オンラインでアップロードする前にデスクトップで動画を編集する必要がある場合もあります。これは、高画質の動画を撮影している場合や、異なる種類のInstagram動画に同じ映像の一部を使用する場合に特に重要です。後者は、多くの手動のサイズ変更を意味します。

この問題を解決するには、Instagramの最適な動画サイズに映像をすばやく適応させる方法を示すガイドを作成しました。

動画のサイズを調整するには、VSDCを使用します。それは、Windows用の無料動画編集ソフトウェアであり、小さな変更や、ピクチャインピクチャという効果、色補正、サウンド編集などを備えた高度なレベルのモンタージュに最適です。

便利なPC動画編集ソフトウェアをお探しですか?

今すぐVSDCをダウンロード

VSDCがInstagramのサイズ要件に合わせて動画を調整するのに優れている理由は、その便利なエクスポートプロファイルのためです。編集が完了したら、ソフトウェアを使用して、Instagram用の事前設定された出力設定をすばやく選択できます。さらに、必要に応じて、これらのパラメータを変更し、将来の使用に備えてカスタムエクスポートプロファイルを保存できます。

探しているもののように聞こえますか? 次に、それがどのように機能するかを見てみましょう。

まず、Instagramの推奨の動画サイズは何ですか?

その質問に対する答えは、公開する予定の動画の種類によって異なります。 今日の時点で、Instagramは次の投稿を許可しています:

  • フィードの動画(最小 – 3秒、最大 – 1分)
  • Instagramストーリー(最小 – 1秒、最大 – 15秒)
  • IGTV(最小 – 15秒、最大 – 10分)

Recommended Instagram video size for feed posts

すべてのInstagram動画の一般的な要件は次のとおりです:

  • MP4形式(MPEG-4とも呼ばれる)
  • H.264コーデック
  • 30 fps(1秒あたりのフレーム数)
  • 1080pxの最大幅

600px幅より低い解像度でも問題がありませんが、視聴者にとって最高のユーザーエクスペリエンスではないかもしれないということを覚えておいてください。Instagramは最も視覚的なソーシャルメディアのプラットフォームであり、画質にの努力が報われます。

現在、Instagram動画の最適な解像度とアスペクト比に関しては、いくつかのオプションがあります。

通常のフィード投稿では、1.91:1(ランドスケープモード)から4:5(ポートレートモード)までの任意のアスペクト比を使用できます。明らかに、フォロワーの注意を引きたい場合、後者はスマートフォンの画面でより多くのスペースを必要とするため、より効率的です。ここでのInstagram動画の最適なサイズは、1080 x 1350と864 x 1080ピクセルです。ただし、垂直モードを使用して動画を撮影しなかった場合は、古き良き正方形のアスペクト比(1:1)を使用することをお勧めします。その場合、1080 x 1080が最適です。

ストーリーの場合、Instagramの動画サイズは1080 x 1920ピクセルである必要があります。これは垂直方向のみのスペースであり、動画を本物のように見せるためにポートレートモードで撮影する必要があります。

最後に、IGTVの場合、縦横比が9:16の垂直動画、または縦横比が16:9の水平動画をアップロードできます。ただし、フィードでIGTV動画を見るすると、ポートレートモードで読み込まれるため、垂直方向が再び優先されることに注意してください。

VSDCで正しいInstagramの動画サイズを適用する方法

ビデオの編集が完了したと仮定すると、適切なエクスポートプロファイルを見つける方法は次のとおりです:

  1. 「プロジェクトのエクスポート」タブに移動します。
  2. 左上のメニューで「Web」を選択し、「Instagram用」に進みます。
  3. 次に、「プロファイル」ドロップダウンメニューから動画の幅を選択します:600px、1080px、または1080px(Full HD)。
  4. 右側のドロップダウンメニューから、正方形、横向き、縦向きの中から選択します。
  5. プレビューウィンドウの左上隅で、必要に応じて「画像の再確認」オプションを使用します。
  6. 最後に、「プロジェクトのエクスポート」ボタンを使用してビデオをPCに保存します。

How to apply Instagram video size in VSDC

出力ビデオの幅、高さ、またはフレームレートを変更する必要がある場合は、プレビューウィンドウのすぐ下にある「プロファイルを編集」ボタンをクリックして変更できます。カスタムのエクスポートプロファイルを作成する必要がある場合は、この短いチュートリアルをご覧ください。

Instagram動画をすばやく分割する方法

動画が許可されている最大長よりも長い場合、ビデオファイルを部分に分割してから、Instagramストーリーまたはカルーセルのシーケンスを公開する必要があります。これをやる最も簡単な方法は、マーカーを使用することです。

  1. 同じ「プロジェクトのエクスポート」タブで、右上隅に移動して「マーカーを設定」ボタンをクリックします。 新しい「切り取りと分割」ウィンドウが表示されます。
  2. ハンドラーを移動して、動画をカットする場所に正確にマーカーを追加します。
  3. 「変更を適用」ボタンを使用します。
  4. 次に、「プロファイル」メニューの下にある「追加設定」タブを開きます。
  5. 「シーンを1つに結合」ボックスのチェックを外し、「マーカーでファイルを分割」ボックスをチェックします。
  6. プロジェクトをエクスポートします。 動画は、マーカーで示されるように複数のファイルに保存されます。

How to split Instagram video into parts before publishing

Instagram動画の投稿に関する最後のヒント

すべてのパラメーターを自動的に適用するソフトウェアがあれば、正しいInstagramの動画サイズを適用するのはそれほど難しくありません。ただし、画質と投稿を最適化するのは難しいところもあります。したがって、コンテンツの操作にジャンプする前の最終的な推奨事項は次のとおりです:

  • 動画がMP4形式であることを確認してください。 そうでない場合は、ビデオコンバーターを使用します。
  • Instagramが圧縮する可能性があるため、動画の高画質を維持します。 これには、適切なカメラ設定、デスクトップからモバイルへのロスレスファイル転送、正しい解像度が含まれます。
  • 必要に応じて字幕を使用します。 ほとんどの人は音声をオフにしてフィードをスクロールするので、ミュート時にメッセージの明瞭さが失われる場合はテキストを挿入してください。
  • ● 最後に、ソーシャルメディア管理ソフトウェアを使用してInstagramの投稿をスケジュールすることを検討してください。時間を節約できるだけでなく、デスクトップから簡単に直接投稿することもできます。ソーシャルメディア管理ツールについて聞いたことがない場合は、BufferHootsuiteをご覧ください。

動画のサイズの調整に関する質問がありますか?Facebookページ経由でメッセージを送信するか、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。に連絡してください。


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

News

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...

2021年に試すべきWindows用の6つのiMovieの代替品

Mac用のすべての動画編集ツールの中で、iMovieは私たちのお気に入りのツールであり、このブログで何度もおすすめしています。 iMovieはほとんどのAppleデバイスにプリインストールされています。...

無料クロマキーソフトウェアトップ: 試してテスト済み

動画からグリーンの背景を削除する必要がある場合、 いわゆる「クロマキーソフトウェア」なしで簡単 に削除する方法はありません。 これは、色(彩度)を分離(キーイング)し、フッテージから完全に削除できる動画編集ツールです。...

VSDCの 6.5.1 版は、新しいエフェクトとAIアートジェネレーターでInstagramのような動画を制作するのに役立ちます

2020 年9 月14 日 急速に変化するソーシャルメディアの時代では、 クリエイターは日常の映像をスタイリッシュな動画に簡単に変えるための高速なソリューションを必要としています。...

VSDCが「ビートを編集する」という動画エフェクトを音楽に同期させる革新的なツールのリリースを発表

今年、私たちは皆、いつもよりずっと多くの #stayhome をしなければなりません。 そして何人かはその余暇を創造性に費やすために捧げることに決めました。VSDC...

VSDCのビッグリリースが来ました:モーショントラッキングツールと新しい視覚効果

コミュニティとこのビッグニュースを共有できることを楽しみにしています。 VSDC動画編集の新しいバージョンがここにあり、動画編集体験を新しいレベルに引き上げます。 VSDCのプロユーザーは、モーショントラッキングから利益を得ることができるようになりました。これは、ビデオ内のオブジェクトの移動を追跡し、同じモーションパスをフィルター、マスク、タイトル、または画像に割り当てることができる最も予想される機能です。無料版のユーザーには、Instagram用の一連の新しい視覚変換効果と新しいエクスポートプロファイルが提供されます。 動画編集プロ向けの待望のツールであるモーショントラッキング モーショントラッキングをこのような特別な機能にしているのはなぜですか?簡単に言えば、モーショントラッキングを使用すると、文字やマスクなどのオブジェクトをビデオ内の移動要素に付けることができます。 このツールは、次を実行する必要がある場合に便利です。 ビデオ内で移動するオブジェクトに検閲を適用する、 静止画像をアニメーション化して、アクション映像の動きと一致させる、 キャプションが属するオブジェクトの後に続くスタイリッシュなイントロを作成します。 モーショントラッキングの背後にある技術は独特で、VSDC開発チームによって排他的に設計されています。オブジェクト認識の精度は、同様の目的でコンピュータービジョンで広く使用されている頑健な特徴量の高速化(SURF)アルゴリズムによって保証されています。 VSDCの新しいバージョンが市場で最も強力な競合他社のいくつかを上回ることができるのは、SURFアルゴリズムによるものです。他の動画編集ソフトウェアのモーショントラッキング機能の最も弱い点をターゲットにすることにより、この独自の技術は2つの主要な目標を達成するのに役立ちます。まず、トラッキング対象オブジェクトを失うリスクを大幅に削減します。これは、他のビデオエディターで頻繁に発生する問題です。次に、SURFアルゴリズムは、VSDCの処理速度が現在の同様のソリューションのパフォーマンスと比較して少なくとも30%速いことを保証します。 新しい動画変換エフェクトが利用可能 一連のスタイリッシュなディストーションエフェクトを継続するために、動画エフェクトメニューの「変換」という]カテゴリにある「レンズ歪み」と「歪める」の2つの新しいオプションが利用可能になりました。 レンズ歪みは、レンズの光学設計によって生じる画像の変形を模倣する強力な効果です。新しい効果には、希望する結果に到達するための微調整オプションのセットが付属しています。 「歪める」エフェクトは、再マッピングのテクノロジーの助けを借りて作成され、一連の一般的なビジュアルプリセットが付属しています:ファセットガラス、魚の目、渦巻き、ワールプール、回転、分極、爆発、波などです。 その他の機能強化 主要な更新に加えて、VSDCはいくつかのマイナーの待望の機能強化を受け取りました。 Instagramのエクスポートプロファイルは、IGTVに最適な設定を選択するオプションで更新されました。 64,000、88,200...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends