動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

リフレーミングを使用して完璧なスローモーションビデオ効果を実現する方法

アマチュアクリエイターにとって、スローモーション効果を実現する最も明白な方法は、再生速度を下げることです。ただし、このアプローチには注意が必要です。フッテージの速度を大幅に下げると、ビデオが途切れになり始めます。それは非常に残念です。

このクイックチュートリアルでは、単に再生速度を下げることがスローモーション効果を実現する最善の方法ではない理由と、代わりにリフレーミングと呼ばれる新機能を使用してそれを実行する方法について説明します。

幸いなことに、VSDC無料動画編集の新しいバージョンには、「ブレンディング」と「オプティカルフロー」の2つの強力なリフレーミングモードが含まれています。そのため、始める前に、公式ウェブサイトからダウンロードすることをお勧めします。

ビデオチュートリアルを見て、リフレーミングがどのように機能するか、以下で詳細を確認してください。

スローモーションビデオが時々途切れ途切れに見えるのはなぜですか?

動画再生の速度を元の速度の100%から10%に下げたいとします。それをやると、技術的に1秒あたりのフレーム数またはfpsレートが減少します。また、1秒あたりのフレーム数を減らすと、動画がストップモーションアニメーションに変わります。不足しているフレームは、吃音を作成するものです。

視覚化するために、例としてグラデーション画像を見てみましょう。平均的な動画は、問題なく一貫して再生されます。 動画内のオブジェクトは、グラデーション画像の色の変化と同じようにスムーズに移動します。

 

Average video plays smoothly and objects’ movements are seamless - just like colors in gradient

再生速度を10%(元の動画の10分の1)に下げると、1秒あたりに表示されるフレーム数が10分の1になります。それは劇的です。 その結果、ビデオが途切れます。グラデーション画像のメタファーに戻ると、次のようになります:

When you reduce playback speed, you reduce the number of frames per second

これを修正して完全にスムーズなスローモーションを実現するには、リフレーミングに頼る必要があります。それが何であるか、そしてそれがどのように機能するかを知るために読み続けてください。

 

リフレーミングとは何ですか?どのように機能しますか?

リフレーミングは、追加のフレームを作成することにより、低いfpsレートでスローモーションビデオを改善できるようにするアルゴリズムです。

VSDC動画編集で利用できる3つのオプションがあります:

  • 単純なリフレーミング
  • ブレンディング
  • オプティカルフロー

各モードを詳しく見ていきましょう。

単純なリフレーミング」は、フレーム補間なしでスローモーションフッテージが元々どのように見えるかです。 これがデフォルトのモードです。

ブレンディング」は、フレーム間のスペースを複製で埋め、アルゴリズムで定義された比率でそれらをオーバーラップさせることにより、スムーズなスローモーション効果を実現するのに役立ちます。

 

Blending reframing mode creates frame duplicates and overlaps them

技術オタクのために、これがどのように機能するかです。フレームの複製がオーバーラップする割合は、ビデオの各瞬間で異なります(上の図を参照)。カーソルがフレーム1からフレーム2に移動しているとします。30%を通過した場合、重複する割合は次のようになります:フレーム1の70%とフレーム2の30%

 

Visualization of the blending reframing algorithm

カーソルはまだフレーム1に近いため、アルゴリズムはそのフレームから画像の大部分を取ります。カーソルがフレーム2に近づくと、比率が変化します。このアプローチは、動画のすべてのピクセルに適用されます。

 

オプティカルフロー」は、人工知能を利用した最も効率的なリフレーミングモードです。このモードでは、ソフトウェアは隣接するフレームを分析し、それらを複製する代わりに、新しい一意のフレームを作成します。

 

繰り返しますが、技術オタクである場合、プロセスは次のようになります:

  1. まず、ソフトウェアは、フレーム1とカーソルの間のフレームが存在する場合にどのように見えるかを予測します。
  2. 次に、ソフトウェアはフレーム2とカーソルの間のスペースに対して同様の分析を実行します。
  3. プレビューに表示される結果は、これら2つの予測のブレンドです。

 

それで、非の打ちどころのないスローモーションを作成するための最良の方法は何ですか?

動画で速度低下がどのように機能するか、リフレーミングとは何かについて十分に理解したので、この質問に簡単に答えることができます。

再生速度を下げるだけでは、見栄えの良いスローモーション効果を実現することが十分ではありません。ほとんどの場合、リフレーミングを適用する必要があります。選択する必要のあるリフレーミングモードとその結果は、常に元のフッテージによって異なります。画質が高ければ高いほど、リフレーミングの結果は良くなります。

プレビューの画質は、PCの電源にも依存することに注意してください。低スペックのパソコンを使用している場合、プレビューが途切れる場合もあります。その場合は、結果を判断するのに、動画をエクスポートするまで待つことをお勧めします。

粒子という動画エフェクト

「粒子」はカスタマイズ可能な動画エフェクトで、葉、雪片、その他の浮かんでいる粒子をフッテージに追加するのに役立ちます。このページの下部に粒子テンプレートを備えた無料のギャラリーがありますが、任意の画像をVSDCにアップロードして、ビデオの粒子に変換することもできます。テンプレートを使用している場合でも、独自の創造性を使用している場合でも、粒子のサイズ、速度、量、回転、さらには風向を調整できます。

粒子は、動画編集の経験が不要な初心者向けのエフェクトです。以下のチュートリアルを見て、数分以内にそれを適用することを学びます。 次に、テンプレートコレクションをダウンロードして、自分で試してみてください。

顔のランドマーク

VSDCの顔のランドマーク機能は、モーショントラッキングされたフェイスマスクを動画にすばやく追加するように設計されています。顔検出及び追跡アルゴリズムにより、顔が動いてもマスクで覆われたままになります。以下のギャラリーには、無料で使用できるマスクテンプレートのコレクションが含まれています。 ただし、カスタム画像をアップロードして、動画のマスクとして使用することもできます。

以下のチュートリアルを見て、顔のランドマークの使用方法を学びます。 次に、テンプレートコレクションの1つをダウンロードして、自分で試してください。

数回のクリックで動画にカウントダウンタイマーを追加します

動画の特定の瞬間の長さを強調したい場合は、タイマーを追加すると便利です。 それらは、タイムラプス、進行状況ビデオ、チュートリアル、スポーツのハイライトに広く使用されています。カウントダウンタイマーは、動画や新しいシーンの初めでティーザーとしても機能します。

動画にカウントダウンタイマーを追加する方法を探している場合、それをやる簡単な方法は2つあります:

  1. VSDC無料動画編集で簡単なタイマーをすばやく追加できます
  2. 無料のマーケットプレイスからカウントダウンタイマー付きのビデオをダウンロードして、クリップに追加できます

 

目標に応じて、これらの方法の1つは確かにあなたを助けます。以下では、両方を次々に確認します。

VSDCで動画にカウントダウンタイマーを追加する方法

VSDCを使用すると、ビデオの汎用タイマーをすばやく作成できます。動画全体でオンにすることも、短期間表示することもできます。

自分で試すには、以下の手順に従ってください:

  1. パソコンにVSDCをインストールして起動し、フッテージをインポートします。
  2. 左側にある「T」アイコンを見つけて、「カウンタ」を選択します。
  3. 動画全体でカウントを継続する場合は、ポップアップウィンドウで「親全体の期間」を選択します。 それ以外の場合は、「カーソル位置から」を選択して「OK」をクリックします。
  4. タイマーを手動でシーンに配置します。

タイマーを追加したら、数字のデザインとカウント方法の2つをカスタマイズできるようになります。数字のデザインを微調整するには、上部のテキスト編集メニューを使用します。サイズ、フォント、色、アウトライン、不透明度など、実質的に何でも変更できます。

How to add a simple timer in VSDC Free Video Editor

カウント方法を変更するには、右側の「プロパティ」ウィンドウに移動し、次のパラメータを使用します:

「逆方向に再生」– カウントダウンタイマーが必要な場合は「真」を選択し、直接時間カウントが必要な場合は「偽」を選択します。

「逆方向に再生」– タイマーを動画に短時間表示する場合は、このオプションを使用して、カウント期間を秒単位またはフレーム単位で手動で設定します。

「パターン」– ドロップダウンメニューから目的の表示オプションを選択します。 たとえば、合計日数、時間、分、秒、ミリ秒またはフレームを表示できます。

そして、これが最初の方法です! 質問が残っている場合は、このビデオチュートリアルでわかりやすくなります:

カウントダウン素材を動画に追加する方法

動画でより定型化されたカウントダウンタイマーを使用したい場合は、ライフハックがあります。既製のストック映像を使用してください。

  1. VideezyPixabayPexelsVidevoなどのマーケットプレイスでカウントダウンタイマー素材を検索します。
  2. 利用規約を注意深く読み、好きな映像をダウンロードします。
  3. サスペンスを作成したいシーンの前に配置します。
  4. 「動画エフェクト」メニューで利用可能なトランジションの1つを使用してファイルをマージします。

このチュートリアルの初めの例では、時計の動きを模倣する「ワイプ」トランジションを使用しました。

VSDCプロのユーザー? このビデオチュートリアルを確認してください

VSDCプロのユーザーの場合は、独自の円形プログレスバーを最初から作成し、必要に応じてカスタマイズできます。方法については、以下のチュートリアルをご覧ください:

YouTubeチャンネルに登録して、毎週の動画編集のインスピレーションを得てください。

Windowsのパソコンで動画にロゴを追加する方法

自分の動画を使用してビジネスを宣伝している場合は、ロゴをスタンプすることをお勧めします。 ブランドの認知度を高めるだけでなく、コンテンツが他の人に使用されないように保護する確実な方法でもあります。

このチュートリアルでは、Windows用の無料の動画編集ソフトウェアであるVSDCでビデオにロゴをすばやく追加する方法を紹介します。VSDCはノンリニアエディタです。つまり、複数の動画や画像をブレンドしてオーバーレイすることで、同じシーンに表示できます。

始める前に、手元に高画質のロゴがあることを確認してください。最初にビデオファイルにオーバーレイする方法を学び、次にモノクロで半透明にする方法を説明します。

VSDCで動画にロゴを追加する方法は次のとおりです

ロゴがプロのデザイナーによって作成された場合は、AI、EPS、PDF、SVG、PNGまたはJPGのいずれかの形式でロゴが配信された可能性があります。私たちの目的では、背景が透明な.PNGロゴが最適なオプションです。このようなロゴは、最初に動画に埋め込まれたかのように、より自然に見えます。ただし、.PNGファイルがない場合は、問題ありません。 VSDCで動画の上に任意の画像を配置できます。

ステップ 1。VSDCを起動し、スタート画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用してフッテージをアップロードします。

ステップ 2。 「オブジェクトを追加」メニューを使用して、「画像」を選択します。 次に、パソコンでロゴを見つけます。

コンピュータからロゴを選択すると、オブジェクトの位置設定ウィンドウがポップアップし、タイムライン上の画像の位置を調整するように求められます。必ず「新しいレイヤーを追加」を選択してください。このように、画像はタイムライン上のフッテージの1レイヤー上に配置され、微調整が簡単になります。

How to overlay a logo on footage in VSDC video editor for Windows

ステップ 3。ロゴのサイズを変更して、好きな場所に配置します。たとえば、コーナーに配置したり、シーンのサイズに拡大したり、透かしのように見えるようにほぼ透明にしたりできます。

動画にロゴを追加したら、必要なのは、クリップ全体にロゴが表示されることを確認することだけです。これを実現するには、シーン内のファイルの長さを一致させるだけです。最も簡単な方法は、タイムライン上のロゴファイルを手動で拡大することです。ロゴを動画に短時間表示する場合も、手動でロゴの長さを短くし、必要に応じてタイムライン上でファイルを再配置します。たとえば、ロゴをノンストップで表示する代わりに、クリエイターが動画中にロゴを複数回表示することがあります。

ロゴを半透明またはモノクロにする方法

動画のロゴを半透明にするには、不透明度を下げる必要があります。それは非常に簡単です。 タイムラインでロゴを選択し、上部のクイックツールメニューに移動します。次に、レンチアイコンを選択し、不透明度コントロールを切り替えて、目的の効果を実現します。

カラーフィルターを使用してロゴを調整したり、メニューのクイックスタイルの1つを適用してロゴをモノクロにすることもできます。

ロゴがありませんか? 数秒以内に透かし文字を作成します

ロゴの代わりに、動画に透かし文字を追加できます。このオプションを使用して、ブランド前、ソーシャルメディアのハンドルまたはウェブサイトのアドレスを表示します。

ロゴ付きの動画をエクスポートします

準備ができたら、「プロジェクトをエクスポート」タブを開き、動画をエクスポートするための目的の形式を選択します。ファイルを保存する前に、ビデオコーデック、画質、解像度、サイズ、その他のパラメータを変更できることを忘れないでください。「ウェブ」-「YouTube用」オプションを選択して、YouTubeに直接アップロードすることもできます。

さあ、自分で試してみてください! VSDCの最新バージョンをパソコンにダウンロードし、動画にロゴを追加します。VSDCは完全に無料で、すべてのマルチメディア形式を読み取り、エクスポート後に動画に不要な透かしを入れません。

動画のイントロまたはアウトロで自分のブランドを紹介することを計画していますか?ロゴにさまざまな効果を適用して、クリエイティブな方法で表示することができます! 例として、このグリッチロゴのチュートリアルを確認してください:

News

動画の色補正のに5つの無料ソフトウェア

yeビデオクリエーターである場合、色補正を習得することが重要な理由は3つあります。まず、動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。次に、複数のクリップの色を一致させて、見た目の一貫性を高めることです。最後に、色補正は、露出過度、露出不足、色あせた映像を修正するのに役立ちます。この3つすべては、不十分な照明条件または不適切なカメラ設定の結果です。 ただし、始めたばかりの場合は、高価なプログラムを購入する準備ができていない可能性があります。ありがたいことに、練習に使用できる無料ソフトウェアがあります。 この記事では、色補正用の5つの動画編集ソフトを確認しました。これらのエディタには、プライマリカラーコレクションとセカンダリカラーコレクションの両方に必要なすべてのツールと、美しいムービーの作成に役立つその他の機能が含まれています。 始めましょう。 VSDC無料動画編集 VSDCは、Windows...

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends