VSDCが「ビートを編集する」という動画エフェクトを音楽に同期させる革新的なツールのリリースを発表

今年、私たちは皆、いつもよりずっと多くの#stayhomeをしなければなりません。 そして何人かはその余暇を創造性に費やすために捧げることに決めました。VSDCでは、私たちが貢献し、ビデオプロジェクトにさらに多くのツールを提供させていただきます!新しいバージョンでは、トランジションの拡張セット、強化されたモーショントラッキング機能、映像を音楽に同期するためのまったく新しいツールを利用できます。「ビートを編集する」と呼ばれます。

「ビートを編集する」は動画エフェクトとオーディオの同期

「ビートを編集する」は、VSDCエンジニアによって開発され、プロのユーザーが利用できるユニークなツールです。動画エフェクトを背景のオーディオに同期させることができます。つまり、選択したエフェクトの値は、サウンドトラックのリズムと周波数に基づいて、再生中に自動的に変化します。

同様の同期の可能性を提供する他のオーディオ編集アプリが市場にありますが、ユーザーは手動で適用する必要があります。一方、「ビートを編集する」では、プロセス全体が完全に自動化されているため、このツールを比類のないものと呼ぶことはできません(たとえ私たちがマーケティングの決まり文句を好まなくても)。

新しい動画エフェクト:ドロップシャドウとページめくり

VSDCの新しいバージョンでは、プロのレベルの微調整ツールを追加することで、「ドロップシャドウ」と「ページめくり」の効果を一新しています。両方の効果は無料版で利用できます。

ドロップシャドウ

このすばやく簡単な効果は、文字、画像、アイコンなど、動画に追加されたオブジェクトにリアルな影を付けるのに役立ちます。モーショントラッキングのモジュールと組み合わせることで、3D効果のように見えるボリュームの錯覚を追加するため、移動するタイトルを作成するのに最適です。

The “Shadow” effect has been added to the video effects menu in VSDC

自分で試してみませんか? 動画エフェクトメニューの「スペシャルFX」カテゴリで「ドロップシャドウ」を見つけます。

ページめくり

基本バージョンのページめくりのトランジションは、VSDCでしばらく使用できます。しかし、手元に適切なツールがあれば、このような簡単な効果でもまったく新しいレベルに到達できます。

VSDCの6.4.5版では、角度、カール、影、その他のページめくりプロセスの詳細を微調整できます。

パフォーマンスの高速化

待望のVSDCコアの更新により、ソフトウェアのパフォーマンスを最適化できるようになりました。具体的には、エンコード/デコードの速度が30%向上し、HDR動画を含む新しいコーデックと形式でフォーマットの互換性が拡張されました。

それに加えて、新しく実装されたプロキシモードは、動画のプレビューを高速化するための別のオプションを提供し、全体的な処理時間を短縮します。

その他の機能強化

  • 新しいモーショントラッキングのアルゴリズムにより、動画を最後のフレームから最初のフレームまで段階的に分析できます。これは、潜在的なトラッキングの領域が拡大し、モーション検出がより正確になったことを意味します。
  • 2つ塗りつぶしのマスクモードは、画像または動画の破損部分を修復し、視覚的に魅力的な外観にするのに役立ちます。これらのテクニックは、動画の赤目、不要なオブジェクト、またはスタンプされた日付を削除する必要がある場合に役立ちます。

質問は残っていますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にお気軽にご連絡ください。

VSDC無料動画編集の新版をダウンロードするには、www.videosoftdev.com/jp/free-video-editorに進んでください。