動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

動画でポイントAからポイントBへ画像を移動させる方法

文字や画像をビデオ内で動かしたい場合は、VSDC動画編集を使用して無料でやることができます。適切な名前の「移動」機能を使用すると、オブジェクトをポイントAからポイントBに移動し、移動速度を調整し、移動するオブジェクトにさまざまな効果を適用して、オブジェクトを変形または非表示にすることができます。

動画で文字や画像の動きをクリエイティブに使用する方法はたくさんあります。たとえば、シンプルでスタイリッシュなイントロのアニメーションを組み合わせたり、いくつかの特殊効果を模倣したりできます。

以下に、.PNG画像に移動を適用する方法を示します。このチュートリアルは、シーン、シェイプ、アイコン、マスクに追加された任意の画像に再現できます。始める前に、VSDC動画編集の無料バージョンをダウンロードすることを忘れないでください。

 

ビデオで画像を移動させる方法:チュートリアル

VSDCを起動し、「コンテンツのインポート」ボタンを使用して、プロジェクトの背景(動画または画像)をアップロードします。次に、上部にある「オブジェクトを追加」メニューを開き、「画像」を選択して(またはCtrl + Iを使用して)、移動を適用する画像をアップロードします。この場合、背景が透明な.PNG画像です。 他の形式のファイルを自由に使用してください!

画像を開始点(ポイントA)に配置し、次の手順に従います:

  1. 画像をダブルクリックします
  2. 左側のメニューで「移動」アイコンを見つけます
  3. ポップアップウィンドウで、デフォルト設定のままにして「OK」をクリックします
  4. 再生中に画像を移動するところをポイントし、クリックします

How to use the Movement feature in VSDC Free Video Editor

おめでとうございます! 軌跡を作成しました!プレビューボタンを使用すると、ビデオが進むにつれて、画像がポイントAからポイントBに徐々に移動するのを見ます。

 

ビデオでオブジェクトの動きの効果を高める方法

基本を学んだので、オブジェクト移動効果をより印象的に見せるために調整できることがいくつかあります。

まず、移動が始まる瞬間と止まる瞬間を指定できます。デフォルトでは、画像がシーンに表示されている限り、移動効果が続きます。ただし、タイムライン上の移動制御ポイントをドラッグすることでタイミングを変更できます。つまり、特定の時間に画像の移動を停止する場合は、タイムライン上のその瞬間の2番目(黄色)のポイントを配置してください。当然、速度に影響します。移動効果の持続時間が短ければ短いほど、ビデオ内での画像の移動が速くなります。

How to make an image move in a video faster by shortening the duration of the Movement effect

次に、画像の移動というにさまざまな効果を適用できます。例として、フェードインとフェードアウトの効果を考えてみましょう。それらを適用すると、画像は軌道の最初に徐々に現れ、軌道の終わりに徐々に消えます。

または、パスの途中で画像を短時間回転させたいとします。次に、「動画エフェクト」メニューに移動し、「変換」 —> 「回転」を選択します。タイムラインで効果の持続時間を調整し、結果をプレビューしてどのように見えるかを確認します。 以下の例では、「回転」効果と「」の効果の両方を動画に適用しています。

 

VSDCで動いているオブジェクトの効果をマスターする

VSDCの無料バージョンでは、ポイントAからポイントBへの移動のみを適用できます。それが一つの移動経路です。3つ以上のポイントで構成されるより複雑な軌道を構築する場合は、ビデオ内でオブジェクトを移動させるためのガイドを確認してください。この機能は、VSDC プロ(年間19.99ドル)でより高度で利用できると考えられています。

ただし、動画内の移動しているオブジェクトを追跡する画像が必要な場合は、モーショントラッキングを使用するのが最善の方法です。これは強力なプロレベルのツールであり、ビデオ内のオブジェクトの軌跡をテキスト、画像またはアイコンにすばやく適用するのに役立ちます。

自分で試してみたいですか? 次に、VSDC無料動画編集をダウンロードして、最初のアニメーションビデオを開始しましょう!

VSDCのレンズフレアの動画エフェクト:設定の概要

レンズフレアの動画エフェクトは、太陽光を模倣し、動画に夢のような雰囲気を作り出し、シーン内の特定の領域やオブジェクトを強調するために不可欠です。正しく使用すると、完璧なフィルムの外観を実現できます。

このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用してレンズフレア効果を適用する方法を示します。

開始する前に、Windows用のVSDCの最新版をダウンロードしてください。

VSDCでフッテージにレンズフレア効果を追加する方法

VSDCは、レンズフレア効果をニーズに合わせて正確に調整できる非常に用途の広い機能セットを備えています。現実的に見えるように、開発者は2つのレベルの設定を組み込んでいます。1つは目的の光源を模倣するもので、もう1つは生成するフレアをカスタマイズするものです。

さらに苦労せずに、フッテージに適用したときの効果を見てみましょう。

開始するには、次の簡単な手順に従います:

  1. コンピューターでVSDCを起動し、スタート画面の[「コンテンツのインポート」ボタンを使用してフッテージをインポートします。
  2. エフェクトを動画に表示したい瞬間にカーソルを置きます。
  3. 動画を左クリックして、「動画エフェクト」に進みます。 次に「OpenGL」-「レンズフレア」を選択します。
  4. オブジェクトの位置設定ウィンドウで、「OK」をクリックします。

これは、レンズフレア効果のデフォルトバージョンです。適用すると、効果の中央に小さな十字が表示されます。フレアを「つかむ」ために使用し、シーンの周囲またはフレームの外に移動して、目的の効果を実現します。

動画の外観に満足している場合は、エフェクトをそのままにすることをお勧めします。

ただし、カスタマイズの可能性を探りたい場合は、このチュートリアルを読み続けてください。以下に、フレアのサイズ、その強度、光源の角度、色調などを変更する方法を示します。

レンズフレア効果設定の概要

まず、フッテージをダブルクリックし、フレア効果レイヤーを左クリックします。コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。「プロパティ」ウィンドウが右側からスライドインします。

このウィンドウでは、効果設定は4つのグループに分類されています:

  • 共通設定
  • 調整効果の設定
  • 光源設定
  • エフェクト設定

各グループを詳しく見てみましょう。

レンズフレア効果:共通設定

共通設定では、エフェクトレイヤーにタイトルを追加し、エフェクトが動画に表示される瞬間(秒またはフレーム)及びエフェクトの持続時間(秒またはフレーム)を設定できます。

How to apply page turn effect in VSDC

レンズフレア効果:調整効果の設定

調整効果の設定では、レンズフレア効果の透明度レベルを選択できます。エフェクト期間全体で同じレベルの透明度を設定することも、目的のレベルまで徐々に透明度を上げたり下げたりすることもできます。

後者の場合、透明度パラメーターの初期値最終値は異なる必要があります。たとえば、初期値を100%(完全に不透明)に設定し、最終値を10%に設定すると、次のようになります。

レンズフレア効果:光源設定

光源設定は、動画に表示されるフレアを生成する人工的に追加された光源に適用されます。 このグループの主要なパラメーターは「極座標」と呼ばれます。

このパラメーターにより、極座標系を使用して光源をより正確に配置できます。極座標をアクティブにする(パラメーターを「真」に切り替える)と、極(座標0; 0の点)がプレビューウィンドウの中央に配置され、光源の角度光源の距離を設定できるようになります。

光源の角度を変更すると、生成されたフレアは、光源の場所に基づいて新しい場所に表示されます。

このパラメーターの初期値は動画の始まりの角度を定義し、最終値は動画の終わりの角度を定義します。つまり、初期値と最終値が異なる場合、光源の角度は時間とともに徐々に変化します。

光源の距離は、光源の中央がシーンの中央からどれだけ離れるかを定義します。光源は、前のパラメータで設定した角度に向かってシフトすることに注意してください。 例えば:

  • 光源角度が90度である場合、光源は下に移動します。
  • 光源角度が180度である場合、光源は左に移動します。
  • 光源角度が270度である場合、光源は上に移動します。
  • 光源角度が360度である場合、光源は右に移動します。

光源距離パラメータが0である場合、光源は常にシーンの中央に配置されます。

極座標を「」に切り替える(パラメータを無効にする)と、0; 0点は左上隅に配置されます。その場合、X軸とY軸を使用して光源の位置を設定できます。ここでも、初期値と最終値を調整することで、動画の始まりと終わりに異なる光源の位置を設定できます。

次のパラメータは、「主な光を有効にする」をと呼ばれます。動画の主な光源をアクティブまたは非アクティブにします。パラメータが有効な場合(「」に設定し)、主な光源が表示されます。 これを無効にすると、フレアのみがシーンに表示されます。

さらに、主な光源が有効になると、次のパラメーターがアクティブになります:

  • 動的光線のオフセット
  • 光線のオフセット
  • 光線の密度
  • 光線強度
  • 光源のサイズ

動的光線のオフセット」と「光線のオフセット」により、光源の周りの光線の回転を制御できます。前者のパラメータを有効にすると、光線は自動的に回転します。後者のパラメータを有効にすると、回転を手動で設定できるようになります。 光線のオフセットは、動的光線のオフセットが「偽」に切り替えられている場合にのみ有効にできます。

光線のオフセットの最大値は100で、これは360度の回転、つまり完全な円に相当します。

光線の密度は、その名前が示すように、光源の周りに光線が広がる密度を定義します。値が高ければ高いほど、光線は薄く、密度が高くなります。 密度を徐々に変化させたい場合は、初期値と最終値を使用します。

光線強度は、光線の鋭さを定義します。 このパラメータの値が高ければ高いほど、光線はよりシャープになります。

光源のサイズにより、光源のサイズを制御できます。

レンズフレア効果:エフェクト設定

目的の光源の外観と光線の動きを実現する方法を理解したので、次に、フレアを調整する方法を確認しましょう。設定の4番目のグループはエフェクト設定です。これは、まさにそれを行うのに役立ちます。 以下は、使用して確認できるパラメーターです。

フレアの強度は、フレアの可視性を変更するために使用できるパラメーターです。時間の経過とともにフレアを徐々に表示または非表示にしたい場合は、初期値と最終値を使用します。

たとえば、初期値を100に設定し、最終値を300に設定して、再生中にフレアがよりはっきりと見えるようにします。

光源パワーは、光源がどれほど強力かを定義します。たとえば、これは動画の終わりに光源が動画の始まりに比べて5倍強力になるときに起こります。

これで、ノイズレベルは一目瞭然に聞こえるはずで、エフェクトの外観と可視性の両方に影響します。ノイズレベルが高ければ高いほど、光源が見えにくくなり、効果が粗くなります。ノイズレベルは100である場合、光源とフレアは完全に見えません。

動的光線のオフセットと同様に動的ノイズのパターンを使用すると、ビデオの進行に応じてノイズレベルを動的に変化させる自動パターンを設定できます。

可視な領域は、フッテージの可視性を変更するのに役立つ非常に便利な機能です。たとえば、光源のサイズが大きくなるにつれて、シーンの可視性を徐々に増やしたいことがあります。基本的に、これは夜間に動画を撮影する錯覚を作成するのに最適な方法です。

以下の例では、初期値は10に設定され、最終値は100に設定されています。シーンの可視性が徐々に増加していることに注目してください。

フレアの色調に関連するパラメーターセットに進みましょう。時々、動画の作成者は特に黄色、青、緑、赤のレンズフレア効果またはオーバーレイを探します。 VSDCでは、これらのバリエーションを手動で作成できます。

それをやるには、「エフェクト設定」グループで「色調」パラメーターを見つけ、フレア色を目的のカラーに変更します。選択した色調は、フレアと元のフッテージの両方に適用されることに注意してください。

レンズフレアの数を制御するには、色調の下にある「有効なフレア」というパラメーターを使用します。シーンに含めることができるフレアの最大数は4で、デフォルトですべて表示されます。「フレア1」、「フレア2」、「フレア3」または「フレア4」を選択して、パラメーターを個別に調整するか、いずれかを無効にすることができます。

現在、各フレアには、赤、緑、青の3つの色コンポーネントが含まれています。各色コンポーネントを個別に設定し、次のパラメータを調整できます:

  • コンポーネント強度
  • コンポーネント距離
  • コンポーネントのサイズ

コンポーネント強度は、選択した色コンポーネントの明るさを制御するパラメーターです。たとえば、選択したフレアの赤のトーンを減らすことができます。これにより、青と緑のトーンが自動的に増加します。

コンポーネント距離を使用すると、シーンの中央から選択したレンズフレアまで色コンポーネントをシフトする距離を決定できます。たとえば、このパラメーターの値を0に設定すると、色コンポーネントはシーンの中央に残ります。値は100である場合、色コンポーネントはフレアの中央の真上に配置されます。

以下の例では、フレア1の色コンポーネントをシーンの中央からフレアの位置に徐々に再配置しています。つまり、コンポーネント距離の初期値は0で、最終値は100です。

最後に、「コンポーネントのサイズ」というパラメーターを使用すると、特定のフレアの選択した色コンポーネントのサイズを変更できます。

レンズフレア効果をどのように使用しますか?

レンズフレア効果を使用するためのアイデアはたくさんあります。 注意を払うと、宇宙のビデオ、自然の映像、さらにはミームにさえ気付くでしょう。

アイデアが必要ですか? その後、Facebookに参加し、YouTubeチャンネルに登録して、毎週のインスピレーションを得てください。

VSDC無料動画編集ーで雨滴の効果を作成する方法

動画編集技術は非常に進歩しました。 これで、動画の天候を制御できるようになりました!カメラのレンズが高温多湿に見えるように、雨滴や激しい霧のような錯覚を作りたいとしましょう。VSDC無料動画編集では、そのすべてを実行できます。

How to create an effect of raindrops or a foggy glass in a video

Windows用のVSDC無料動画編集をダウンロード

新機能を使用すると、落ちる雨滴の効果を動画に追加し、曇りガラスの外観を実現し、これらの効果を非常に正確にカスタマイズできます。 つまり、VSDCはすべてのサイズに適合するフィルターを提供するだけでなく、水滴のサイズや数、落ちる速度などのパラメーターを制御できます。 カメラのレンズで氷結する雨滴もまねできます。

ビデオマスキングを使用して、この効果をシーン全体または特定の領域に適用できることに注意してください。たとえば、フッテージ全体を変更せずにこのエフェクトを使用したいウィンドウまたはガラスがある場合、それをやることができます。

以下のチュートリアルでは、VSDCで雨滴の動画効果がどのように機能するか、プロジェクトでどのように使用できるかを示します。

VSDCで動画に雨滴効果を追加する方法

まず、VSDCの最新バージョンをダウンロードすることをお勧めします。パソコンにこのソフトウェアがすでにインストールされている場合でも、新版がリリースされたときはいつでもアップグレードすることをお勧めします。

準備ができたら、VSDCを起動して次の手順に従います。

  • 開始画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用して、フッテージをシーンにインポートします。
  • フッテージを左クリックして、「動画エフェクト」を選択します。「「OpenGL」→「雨滴」に進みます。
  • ポップアップしたオブジェクトの位置設定ウィンドウで、「OK」をクリックします。

How to apply a raindrop video effect in VSDC

これで、雨滴のエフェクトのデフォルト版が動画に適用されます。

次に、ニーズに合わせて微調整するための一連のツールがあります。まず、フッテージをダブルクリックし、エフェクトレイヤーを左クリックして、「プロパティ」ウィンドウを開きます。

これは次のようになります:

Raindrop effect settings available in VSDC Free Video Editor

「プロパティ」ウィンドウの雨滴効果には、3つのグループの設定があります:

  1. 共通設定
  2. 効果の調整設定
  3. エフェクト設定

共通設定では、エフェクトレイヤーにタイトルを追加し、エフェクトが動画に表示される瞬間(秒またはフレーム)、エフェクトの持続時間(秒またはフレーム)を設定できます。

効果の調整設定では、効果の透明度を選択できます。エフェクトの持続時間全体で同じレベルの透明度を設定することも、目的のレベルまで徐々に増減させることもできます。

後者の場合、透明度パラメーターの初期値最終値は異なる必要があります。たとえば、初期値を100%(完全に不透明)に設定し、最終値を10%に設定すると、次のようになります:

エフェクト設定には、次のようなさまざまなパラメーターを変更するのに複数のオプションが含まれています:

  • ガラスの霧の強度
  • 雨滴のサイズと数
  • 窓に滴が走る痕跡

明らかにすることがたくさんあるので、この設定のグループはそれ自体でレビューに値します。以下では、各パラメータを詳しく見ていき、それらの値を増減したときの結果を示します。

雨滴の動画エフェクト:高度な設定の概要

最初のパラメーターは「エフェクト種類」と呼ばれ、「」と「霧のガラス」の2つのオプションが開きます。「雨」はガラス(またはカメラのレンズ)に降る雨滴の模倣を作成し、「霧のガラス」はあちこちに水滴と痕跡がある蒸気の多いガラスの外観を作成します。

The difference between the raindrop effect and the effect of a foggy glass in VSDC

次のパラメーターは、「ぼかし種類」と呼ばれます。ぼかしのレベルを調整して、霧の強度を制御できます。 使用できるぼかし種類は3つあります。

  • なし–霧がない
  • 種類1 – ガラスがわずかに曇っている
  • 種類2 – ガラスは霧で覆われています

種類1または種類2を選択した場合は、ぼかし質ぼかし半径を設定することもできます。後者は、表面に存在する霧の量を定義します。初期値と最終値を使用して、このパラメーターの動的な変更を設定することができます。

たとえば、ここでは、ぼかし半径の最終値を初期値よりも大きく設定した場合に、時間の経過とともに窓が曇っているのを示します。

Increasing blur radius for the raindrop video effect in VSDC

次は、液滴の可視性というパラメーターです。変更することで、液滴をより明確にすることができます。繰り返しますが、再生中にダイナミクスを表示し、雨滴の可視性を増加(または減少)したい場合、このパラメーターの初期値と最終値は異なる必要があります。

初期値は1、最終値は10である場合、効果は次のようになります。

When you increase the drop visibility parameter for the raindrop video effect, the droplets become sharper

液滴の可視性の値は0である場合、液滴は表示されないことに注意してください。

トレイルの強度は、水滴のトレイルの強度を制御するのに役立つパラメータです。ここでも、エフェクトの進行状況を表示したい場合は、初期値と最終値を使用します。

たとえば、以下の動画では、トレイルの強度のパラメータは0から200までとなっています。

Increasing the intensity of raindrop trails in a video

値は0である場合、軌跡は表示されません。

継続的なトレイルという次のパラメーター名は、霧のガラスのエフェクト種類を選択し、液滴の可視性の値を0より大きい値に設定した場合にのみ使用できます。このオプションを「真」に切り替えると、スムーズで中断のない痕跡を模倣できます。

What does the continuous trails parameter mean in VSDC when you work with the raindrops effect

雨滴が表面に落ちるときに凍結するような錯覚を作りたい場合は、凍った雨滴というパラメーターを使用します。値は0である場合、効果が適用されませんが、値が高ければ高いほど、水はより深く凍結します。

This is what frozen raindrops effect looks like in VSDC Free Video Editor

滴の密度により、エフェクトによってランダムなサイズの液滴をいくつ追加するかを制御できます。値が高ければ高いほど、雨滴で覆われる表面が多くなります。 次の例では、滴の密度のパラメーター値が0から100に増加します。

The density of raindrops allows you to decide how many raindrops should appear on the surface

一部のサイズとともに、動画内の液滴の数がどのように増加するかに注意してください。

滴のスケールは、トレイルを離れる水滴を拡大するだけです。 以下の例では、滴のスケール値が20から200に徐々に増加しています。

Increasing drop scale from 20 to 200 when using the raindrop effect in VSDC

落ちる水滴の速度を変更する場合は、滴の落ちる速度を使用します。 このオプションは、痕跡のある液滴にのみ影響することに注意してください。

痕跡のない水滴の外観を調整するには、小滴のメニューを使用します。これには、上記で確認したものと同様のパラメーターが含まれています。滴の密度、滴のスケール、滴の落ちる速度です。

最後に、最後の設定グループは「画像の調整」と呼ばれ、雨滴効果の色を修正できます。具体的には、エフェクトを適用するフッテージの色と水滴の色も修正できます。

利用できる編集モードは3つあります。

  • 調整を使用しない(色補正は適用されません)
  • 画像調整(フッテージのみに適用される色補正)
  • 効果調整(水滴に適用される色補正)

画像やエフェクト調整のモードでは、赤・緑・青の値スケールであり、フッテージで選択したトーンの値に入力した数値を掛けます。

たとえば、これは、青いトーンを徐々に増やした場合の画像の調整の結果です。

Raindrop effect settings: gradual increase the blue tones of the footage

そして、これはエフェクトの調整モードで青いトーンが増加した結果です。

Gradually increasing the blue tones of the raindrop effect in the video

色調整のメニューには、赤・緑・青の値のオフセットのパラメータも含まれていることに注意してください。選択したトーンの値を増やすと、入力した値だけ強度が増します。

これは、フッテージの青の値オフセットが徐々に増加する様子を示しています。

Raindrop effect settings: gradual blue value offset increase for the footage

また、エフェクトに対して同様のパラメーター調整を実行すると、違いに気づきます。

Gradual blue value offset increase for the raindrop effect in the video

VSDCで利用可能な新しい効果を試してみてください

新しい効果は、動画へのスタイリッシュな追加であり、雨滴、曇った窓、またはあらゆる表面の単なる凝縮のリアルな外観を作成するのに役立ちます。試してみたいと思われる場合は、VSDCの最新バージョンをダウンロードして、お試しください。

Facebookのコミュニティに参加し、毎週編集チュートリアルのあるYouTubeチャンネルに登録してください。

VSDCで写真や動画にボケ効果を適用する方法

ボケは、特別な撮影テクニックを必要とする見事な視覚効果です。有名なソフトなぼかしの背景を取得するには、特定のレンズを使用し、カメラの設定を変更して、撮影しているオブジェクトの背後の光のピントがはずれることを確認する必要があります。

簡単に聞こえますか? まあ、ある程度の経験(優れたカメラも)をお持ちの方は、それが可能です。ただし、撮影セッションの終了後に、ボケ効果を適用する必要がある場合が多いです。たとえば、背景でフラッシュの適切な量がある適切な場所が見つからないことがあります。または、適切なカメラレンズを見つけるのに苦労するかもしれません。 または、動画が既に記録されている場合に、エフェクトを使用することを決定することもできます。

理由がどんなものであれ、VSDCは助けます! それは無料であらゆる動画や画像にボケグレア効果を素早く適用することを可能にします。さらに、エフェクトをカスタマイズして、フレアの形状、サイズ、色、密度、移動を変更することができます。自分で見てください:

以下のチュートリアルでは、目的の外観を実現するためにVSDCでボケ効果を操作する方法を示します。

さっそく、先に進みましょう。

Windows用VSDC無料動画編集をダウンロードする

VSDCで動画にボケ効果を適用する方法

開始するには、VSDCを起動し、スタート画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用してフッテージをインポートします。後で、次の手順に従います:

  1. 動画の始まりからエフェクトを表示したい場合は、タイムラインの最初点にカーソルを置いていることを確認してください。
  2. ビデオファイルを左クリックして、「動画エフェクト」メニューを開きます。
  3. OpenGL」カテゴリに進み、「ボケグレア」を選択します。
  4. オブジェクトの位置設定ウィンドウで、「OK」をクリックします。

How to apply the Bokeh glare effect in VSDC Free Video Editor

シーンの側面に明るいフレアが表示されます。これがデフォルトのボケ効果です(下の画像を参照)。思ったほど濃くも明るくも見えないかもしれませんが、これは単なる出発点です。

次に、エフェクトを変更してフレアの望ましい外観を実現する方法を見てみましょう。

プロパティウィンドウの概要

設定にアクセスするには、エフェクトレイヤーを左クリックして「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドインします。

この効果に使用できる設定のグループは4つあります。

  1. 共通設定
  2. 調整効果の設定
  3. エフェクト設定
  4. フレア設定

Bokeh glare effect settings window

最初の2つのパラメーターグループは、VSDCのすべてのエフェクトに共通です。

共通設定では、エフェクトレイヤーにタイトルを追加し、エフェクトが動画に表示される瞬間(秒またはフレーム)及びエフェクトの持続時間(秒またはフレーム)を設定できます。

調整効果の設定では、ボケ効果の透明度レベルを選択できます。効果全体の持続時間に同じレベルの透明度を設定することも、目的のレベルを徐々に増加/減少させることもできます。

2番目のルートに進むことにした場合、透明度パラメーターの初期値最終値は異なる必要があります。フェードインとフェードアウトの効果と考えてください。 たとえば、初期値を100%(完全に不透明)に設定し、最終値を10%に設定すると、次のようになります:

プロパティウィンドウの最後の2つの設定グループでは、ボケの要素を直接操作できます。 それらを詳しく見ていきます。

エフェクト設定の概要

エフェクトを適用すると、フリーゾーンの中央(フレアのないエフェクトの中央の領域)に十字が表示されます。この十字をマウスでつかみ、それを使用して手動でエフェクトの位置を変更します。ただし、より正確に検索する場合は、次のパラメーターを使用して検索できます。

極座標は、このグループの最初のパラメーターです。極座標系を使用して、シーン内のボケ効果の位置を調整できます。設定を変更する前に、「真」に切り替えていることを確認してください。極(座標点0; 0)はシーンの中央に配置されることに注意してください。極座標を無効にする(モードを「偽」に切り替える)と、極は左上隅に配置されます。

極座標を使用すると、「角度」と「距離」というパラメータを調整できます。つまり、角度はフリーゾーンをシフトする方向を定義し、距離はシフトする距離を定義します。

距離がゼロである場合、角度に関係なく、フリーゾーンはシーンの中央に留まることに注意してください。距離のパラメータがゼロより大きい場合、角度の変更を開始すると、フリーゾーンは時計回りに移動します。

例えば:

  • 角度が90である場合、フリーゾーンは下にシフトします
  • 角度が180である場合、フリーゾーンは左にシフトします
  • 角度が270である場合、フリーゾーンは上にシフトします
  • 角度が360である場合、フリーゾーンは右にシフトします

X軸とY軸を使用して、シーン内のエフェクトの位置を変更できます。その場合は、極座標を「偽」に切り替えて、「中心X」及び「中心Y」というパラメーターを使用します。

次のパラメーターは、「オーラにエフェクトを適用する」というタイトルです。まず、知らなかったかもしれませんが、「オーラ」はフレアの円で始まり、シーンの端まで広がる領域です。

どこにでもフレアが含まれているとは限りませんが、エフェクトの一部であり、外観を制御できます。具体的には、VSDCでオーラの半径と外観を変更できます。たとえば、「オーラにエフェクトを適用する」ドロップダウンメニューから次のオプションのいずれかを選択できます:

  • 「コピー」は「オーラ」ゾーンに該当するフッテージ内のすべてのオブジェクトが複製されます
  • 「ぼかし」は「オーラ」ゾーンのすべてがぼやけます
  • 「放射状ぼかし」は「オーラ」ゾーンのフッテージに適用される放射状のぼかし効果
  • 「なし」はオーラがありません

オーラ半径」と「オーラの強度」を変更することもできます。オーラ半径は、エフェクト内の領域の半径を制御します。サイズを変更すると、オーラの半径が自動的に変更されます。

オーラの強度は、1ステップ前に選択した効果を高めます。たとえば、「ぼかし」を選択した場合、オーラの強度の値が高ければ高いほど、ぼかしが強くなります。

暗くしたオーラ」は、オーラの暗さを定義するパラメータで、最大値は100です。

オーラを暗くすることを選択した場合、「滑らかに暗くする」オプションを使用すると、フリーゾーンからオーラの終わりまで続くグラデーション効果を実現できます。値が高ければ高いほど、グラデーションは滑らかになります。

フレアの数」は、動画内のボケフレアの数を制御する適切に名前をつけたパラメーターです。 これは通常、「最小スプレッド」と「スプレッドデルタ」と共に使用されます。

最小スプレッド」というパラメータは、フリーゾーンとグレアの間の最小距離を設定します。この値を大きくすると、フレアがフリーゾーンからさらに移動することに注目してください。

一方、「スプレッドデルタ」パラメーターは、「最小スプレッド」値の可能な範囲を設定します。スプレッドデルタは0である場合、すべてのフレアがフリーゾーンからの最小拡散距離に配置されます。 以下の例では、スプレッドデルタの値を徐々に増やします。以下の例では、スプレッドデルタの値を徐々に増やしています。シーン内のフレアの密度が減少することに注目してください。

フレアの広がり方を変更したい場合は、「別のマップを生成」という緑色のボタンをクリックして変更することもできます。

フレアの回転種類」パラメータは、フリーゾーンの周りのフレアの回転を設定します。 選択できる回転種類は4つあります。

  • 回転なし
  • 時計回りに回転する
  • 反時計回りに回転する
  • ランダムな方向

回転種類を選択した場合、「最高の回転速度」と「最低の回転速度」も設定できることに注意してください。

ボケ効果:フレア設定

最後の設定グループは、フレアの外観をカスタマイズするのに役立ちます。サイズ、形状、色、輝度、フレアの移動に関連するいくつかのパラメータが含まれています。それらのほとんどでは、初期値と最終値の差を使用して、値の動的な変更を設定できます。

また、最小値と最大値が含まれていいるパラメータが多いです。効果である理由は、任意の瞬間に表示されるフレアが同じに見えるべきではないことを示唆しています。その結果、最小値と最大値がフレアにランダムに割り当てられ、背景に輝く光のように見えます。

それでは、オプションを1つずつ確認していきましょう。

フレアの最小・最大サイズ」というパラメーターは一目瞭然です。最小と最大のフレアサイズを設定できます。つまり、ボケ効果にはさまざまなフレアが含まれますが、いずれのフレアも前者より小さくなったり後者より大きくなったりすることはありません。

エフェクトの各フレアの寿命は限られています。最小TTL・最大TTLというパラメータを使用すると、各フレアのその寿命の可能な最小期間と最大期間を定義できます。フレアが制限時間に達すると、フレアはシーンから消え、新しいフレアに置き換えられます。

フレアの最小・最大輝度というパラメーターも一目瞭然です。 設定した値に加えて、前の設定グループで選択した透明度のレベルによって制限されます。

すべてのフレアを最小レベルの明るさ(ランダムな明るさレベルではなく)で表示し始めたい場合は、「最小値から開始」というパラメーターに「真」を設定します。

同様に、フレアを表示し始めるときに同じ色にするか、ランダムな色にするかを決定できます。「<strongランダムな色を使用するフレア色」を選択し、「色偏差」を設定できます。後者のパラメータは、色が元のトーンからどれだけ離れるかを定義します。

How to change the flare color for the Bokeh glare effect

デフォルトの六角形フレアが気に入らない場合は、さらに3つのフレア形状のオプションがあります。円、ハート、スターです。 スターの形状は最もカスタマイズ可能なものです。 この形状を選択した場合、次のパラメーターも設定できます:

  • スターポイントの数
  • スターの内半径
  • スターの外半径

色と形に加えて、さまざまな方法でフレアを塗りつぶすことができます。「塗りつぶし種類」には、ソリッド、スムーズ、中央、ポイントの4種類があります。 利用可能な塗りつぶし種類を切り替えて、プレビューウィンドウで結果を確認するだけです。

フェードアウトの強度は、フレアにスムーズなフェードアウト効果を適用できるようにする0〜100のスケールです。0の場合、フェードアウト効果はありません。 値を大きくすると、フレア内の光源が中央から移動し、フェード効果が生まれます。

最後に、最後のパラメータは「フレアシャープネス」と呼ばれます。変更することで、フレア内部の光源のシャープネスの強さを変更できます。その結果、値が大きければ大きいほど、光の半径が大きくなります。

ボケグレア効果はロマンチックな動画だけのものではありません

動画にボケ効果を適用する方法の詳細を理解したところで、想像以上に用途が広いことに注意してください。ロマンチックなジャンルに限定しないでください。

たとえば、これは伝統的に夜間の撮影セッションへの効果と考えられていましたが、昼間のビデオや写真に美しい追加をすることができます。また、背景だけではありません。 フレアの明るさを下げて、効果を前景として使用してみてください。

あなたの創造性を引き継ぎ、新しいツールで実験してみましょう。インスピレーションが必要ですか? YouTubeチャンネルをご覧ください。 私たちはすべてのレベルの経験のために毎週チュートリアルを公開しており、あなたはきっとたくさんのアイデアを見つけるでしょう。

人工知能アートジェネレーター

VSDCでは、人工知能が創造的なツールの未来であると信じており、AIアートジェネレーターはそれを説明するための優れた例です。ニューラルネットワークの力を利用して、画像や動画をユニークでスタイリッシュな傑作に変えることができます。

以下のコレクションのプリセットを使用すると、編集を行うことなく、ワンクリックでフッテージを編集できます。コレクションをチェックして、好みに合わせてプリセットをダウンロードし、下にスクロールして動画に適用する方法を確認してください。

 

Movie Artificial Intelligence Art Generator

News

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...

2021年に試すべきWindows用の6つのiMovieの代替品

Mac用のすべての動画編集ツールの中で、iMovieは私たちのお気に入りのツールであり、このブログで何度もおすすめしています。 iMovieはほとんどのAppleデバイスにプリインストールされています。...

無料クロマキーソフトウェアトップ: 試してテスト済み

動画からグリーンの背景を削除する必要がある場合、 いわゆる「クロマキーソフトウェア」なしで簡単 に削除する方法はありません。 これは、色(彩度)を分離(キーイング)し、フッテージから完全に削除できる動画編集ツールです。...

VSDCの 6.5.1 版は、新しいエフェクトとAIアートジェネレーターでInstagramのような動画を制作するのに役立ちます

2020 年9 月14 日 急速に変化するソーシャルメディアの時代では、 クリエイターは日常の映像をスタイリッシュな動画に簡単に変えるための高速なソリューションを必要としています。...

VSDCが「ビートを編集する」という動画エフェクトを音楽に同期させる革新的なツールのリリースを発表

今年、私たちは皆、いつもよりずっと多くの #stayhome をしなければなりません。 そして何人かはその余暇を創造性に費やすために捧げることに決めました。VSDC...

VSDCのビッグリリースが来ました:モーショントラッキングツールと新しい視覚効果

コミュニティとこのビッグニュースを共有できることを楽しみにしています。 VSDC動画編集の新しいバージョンがここにあり、動画編集体験を新しいレベルに引き上げます。 VSDCのプロユーザーは、モーショントラッキングから利益を得ることができるようになりました。これは、ビデオ内のオブジェクトの移動を追跡し、同じモーションパスをフィルター、マスク、タイトル、または画像に割り当てることができる最も予想される機能です。無料版のユーザーには、Instagram用の一連の新しい視覚変換効果と新しいエクスポートプロファイルが提供されます。 動画編集プロ向けの待望のツールであるモーショントラッキング モーショントラッキングをこのような特別な機能にしているのはなぜですか?簡単に言えば、モーショントラッキングを使用すると、文字やマスクなどのオブジェクトをビデオ内の移動要素に付けることができます。 このツールは、次を実行する必要がある場合に便利です。 ビデオ内で移動するオブジェクトに検閲を適用する、 静止画像をアニメーション化して、アクション映像の動きと一致させる、 キャプションが属するオブジェクトの後に続くスタイリッシュなイントロを作成します。 モーショントラッキングの背後にある技術は独特で、VSDC開発チームによって排他的に設計されています。オブジェクト認識の精度は、同様の目的でコンピュータービジョンで広く使用されている頑健な特徴量の高速化(SURF)アルゴリズムによって保証されています。 VSDCの新しいバージョンが市場で最も強力な競合他社のいくつかを上回ることができるのは、SURFアルゴリズムによるものです。他の動画編集ソフトウェアのモーショントラッキング機能の最も弱い点をターゲットにすることにより、この独自の技術は2つの主要な目標を達成するのに役立ちます。まず、トラッキング対象オブジェクトを失うリスクを大幅に削減します。これは、他のビデオエディターで頻繁に発生する問題です。次に、SURFアルゴリズムは、VSDCの処理速度が現在の同様のソリューションのパフォーマンスと比較して少なくとも30%速いことを保証します。 新しい動画変換エフェクトが利用可能 一連のスタイリッシュなディストーションエフェクトを継続するために、動画エフェクトメニューの「変換」という]カテゴリにある「レンズ歪み」と「歪める」の2つの新しいオプションが利用可能になりました。 レンズ歪みは、レンズの光学設計によって生じる画像の変形を模倣する強力な効果です。新しい効果には、希望する結果に到達するための微調整オプションのセットが付属しています。 「歪める」エフェクトは、再マッピングのテクノロジーの助けを借りて作成され、一連の一般的なビジュアルプリセットが付属しています:ファセットガラス、魚の目、渦巻き、ワールプール、回転、分極、爆発、波などです。 その他の機能強化 主要な更新に加えて、VSDCはいくつかのマイナーの待望の機能強化を受け取りました。 Instagramのエクスポートプロファイルは、IGTVに最適な設定を選択するオプションで更新されました。 64,000、88,200...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends