動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDC Free Video Editorのキーボードショートカット

hotkey for vsdc

キーボードショートカットは、VSDC Free Video Editorにおける生産性を向上させ、ビデオ編集プロセスを迅速化する効果的な方法です。これにより、マウスを頻繁に使用する必要がなく、メニュー内の特定のコマンドを探す手間を省くことができます。便利さのために、エディター内のすべてのショートカットキーを一覧できるPDFファイルを用意しました。

download windows versionVSDCホットキーリストのダウンロード

さらに、VSDC Free Video Editorでは、希望するキーボードショートカットをカスタマイズすることができます。これを行うには、単に「オプション」メニューにアクセスして、「キーボードショートカット」タブに移動してください。

このセクションでは、エディターで利用可能なキーボードショートカットを見つけ、それらを再割り当てしたり、独自の組み合わせを作成したりする方法を学びます。「キーボードスキーム」は、さまざまなビデオ編集ソフトウェアから移行してきたユーザーを対象として設計されています。ここでは、Default、Adobe Premiere、Filmora、およびHitFilmの4つの事前定義されたキーボードショートカットスキームが見つかります。

すべての利用可能なキーボードショートカットの完全なリストは、このウィンドウの中央にあるテーブルに表示されます。目的のキーボードショートカットを迅速に見つけるためには、「フィルター」オプションを使用してください。

テーブルから任意のコマンドを選択すると、「選択したコマンドのショートカット」フィールドにそのコマンドに割り当てられたショートカットキーが表示されます。必要な場合は、同じ名前のオプションを使用して割り当てられたショートカットキーを削除するか、「ショートカットキーを押してください」フィールドで再割り当てることができます。

新しい組み合わせが他のアクションで既に使用されている場合は注意してください。その場合、「現在ショートカットが使用されている」フィールドに警告が表示されます。

コマンドのショートカットをデフォルト設定にリセットしたい場合は、「キーボードスキーム」横の「リセット」ボタンをクリックしてください。

このプロセスをよりアクセス可能にするため、下記の便利なビデオを提供しており、全体のカスタマイズプロセスを説明しています。

VSDCのスコープウインドウの操作方法

露出の精度はどのように評価しますか?色補正が必要かどうか、どのように判断しますか?露出オーバーや露出アンダーの部分をどのように特定するのか?単なる目視評価では、これらの疑問やその他の疑問に答えるには不十分な場合があります。

この記事では、VSDC Video Editorの無料版で利用できる強力なカラー分析ツール、ヒストグラムについて掘り下げていきます。これにより、フレーム内の色分布を客観的に評価し、色補正が必要かどうかを判断することができます。

私たちは、この分析ツールを使って、あなたの望む結果を達成するためのプロセスをご案内します。

download windows versionフリー動画編集ソフトをダウンロード

ビデオ・ヒストグラムとは何ですか?

ヒストグラムは、フレームのピクセル値を表示する視覚的なグラフであり、画像の明るさ、コントラスト レベル、カラー バランスを分析できます。 これらは画像の特性と欠点に関する客観的な情報を提供し、色補正が必要かどうかを判断するのに役立ちます。

VSDC ビデオ エディタでは、通常はソフトウェアの右下隅にあるスコープ ウィンドウでヒストグラムにアクセスできます。 ウィンドウが表示されない場合は、プログラムの上部にある [表示] タブに移動し、対応するオプションを有効にします。

スコープ ウィンドウの左上隅には、分析するオブジェクト (選択したメディア ファイルまたはシーン全体) を選択できるドロップダウン メニューがあります。 選択を修正するには、選択フィールドをマウスの左ボタンでクリックし、マウスの右ボタンで確認します。

右上隅には、ウェーブパレードRGBベクトルスコープの 4 つのスコープ モードを提供する別のドロップダウン メニューがあります。 >。 各モードは、フレーム内のピクセルの明るさと彩度に関する情報を提供しますが、表現や詳細には若干の違いがあります。

各モードをさらに詳しく見てみましょう。

デフォルトでは、スコープ ウィンドウにはウェーブモードが表示され、シーンまたは選択したオブジェクトの明るさと色の値を分析できます。 タイムライン内のフレームにカーソルを置くと、グラフ上の波形のピクセルとして表されるそのフレームの特性を観察できます。 グラフ上の各列がオブジェクト内のピクセルの列に対応していることに注意することが重要です。

グラフの横軸 (X 軸) は、オブジェクトの色調の分布を左から右に表します。 これは、オブジェクトの左側がグラフの左側に対応し、オブジェクトの右側がグラフの右側に対応することを意味します。

グラフの縦軸 (Y 軸) は色の明るさを表し、黒のトーン (シャドウ) の 0% から白のトーン (ハイライト) の 100% までの範囲です。

このモードの使用例をいくつか確認してみましょう。

  1. 明るさが不均一: グラフの左側と右側の高さに大きな不均衡が見られる場合は、明るさの分布が不均一であることを示している可能性があります。 このような場合、スコープの上にある [基本効果] ウィンドウの対応するツールを使用して、明るさまたはコントラストのレベルを調整し、よりバランスのとれた配分を実現できます。
  2. Scopes Window

  3. 高コントラストまたは低コントラスト: グラフが狭くて高い波形を示している場合は、オブジェクトのコントラストが高く、明るい部分と暗い部分が互いに強く対照的であることを示している可能性があります。 この状況では、必要なレベルを達成するためにコントラストを下げるか調整する必要がある場合があります。
  4. Scopes Window

  5. シャドウまたはハイライトの詳細の欠如: グラフにクリップされたピークが表示される場合は、画像のシャドウまたはハイライトの詳細が失われている可能性があります。 この場合、明るさとコントラストを調整して細部を復元し、よりバランスのとれた画像を作成できます。
  6. Scopes Window

デフォルトでは、波形には各ピクセルの RGB 値 (赤、緑、青) が表示されます。 明るさとコントラストのレベルを評価するだけでなく、各領域でどの色成分が優勢かを判断する必要がある場合は、RGB チャネルを個別にアクティブ化できます。

Scopes Window

ただし、オブジェクトの色成分に気を取られることなく、明るさのレベルのみに焦点を当てたい場合は、Luma モードに切り替えることができます。 このモードではヒストグラムが白黒で表示され、関連する輝度特性のみが表示されます。

Scopes Window

パレード

パレード モードは、シーンまたはオブジェクトの主要な色 (赤、緑、または青) を決定する場合に便利です。 このモードでは、カラー チャネルが交差することなく近くに表示されます。 横軸 (X 軸) は、選択したフレームをピクセル単位で表し、それぞれ赤、緑、青の 3 つのミニチュア グラフが方向を維持しています。 縦軸 (Y 軸) は、暗い色から明るい色までの色の明るさを表します。

各カラー チャネルのグラフを分析することで、それぞれの優位性を判断できます。 1 つのカラー チャネルのグラフのピークが高い場合、または波形がグラフ上でより高い位置にある場合は、シーンまたはオブジェクト内にその色のピクセルがより多く存在することを示します。

パレード モードでは、色の分布を詳細に検査できます。 特定のカラー チャネルを修正する必要がある場合は、カラー グレーディング パネルで利用できる RGB カーブ ツールを使用することをお勧めします。 さらに、グラフ上の対応するボタンを使用して他のチャンネルの表示を無効にすることで、特定の色に焦点を当てることができます。 これにより、必要に応じて個々のカラー チャネルを分離し、調整することができます。

RGB

RGB モードでは、グラフに赤、緑、青の 3 つのカラー チャネルの曲線が表示されます。 フレームのピクセル列にリンクされている他のモードとは異なり、RGB モードはオブジェクト全体に関する色調情報を提供します。

各カラー曲線は個別の線で表され、カラー チャネル内の輝度値の分布を示します。 横軸はさまざまな明るさのレベルを表し、縦軸は各レベルのピクセル数を表示します。 曲線の高さと形状から、主なカラー チャネルとそれらの間の明るさの分布に関する情報が得られます。

考慮すべき例をいくつか示します。

  1. 1 つのカラー チャネルのカーブが他のカラー チャネルよりも高い場合、オブジェクトにはその特定のカラーでより多くの明るさが含まれていることを示します。
  2. Scopes Window

  3. 1 つまたは複数のカラー チャネルのグラフ上の値が X 軸に触れている場合は、色の色合いが失われていることが示唆されます。 これは、対応する色成分が存在しないか、不十分であることを意味します。
  4. Scopes Window

  5. グラフが左にシフトすると、露出不足の画像を示し、暗い領域の明るさと詳細が十分に目立たなくなります。
  6. Scopes Window

  7. グラフが右にシフトすると、露出過度の画像を示し、明るい部分の明るさとディテールが失われます。
  8. Scopes Window

RGB 曲線を分析することで、全体的な色調分布に関する貴重な洞察が得られ、ビデオで望ましいカラー バランスと露出を達成するために調整を行うことができます。

ベクトルスコープ

ベクトルスコープは、オブジェクトの色成分を視覚化して分析するための強力なツールです。 セグメントに分割された円形の図を使用して、選択したフレーム内の色の色相と彩度のレベルが表示されます。 各セグメントは、黄色、赤、マゼンタ、青などの特定の色を表し、対応する角括弧で示されます。

ベクトルスコープの各カラーセグメントには半径があり、図の中心から端までの距離を表します。 半径の長さは、カラー値の彩度または強度を示します。 半径が長いほど彩度が高く、半径が短いほど彩度が低いことを示します。 たとえば、色の値がダイアグラムの半径を超えて広がっている場合、それはフレームが過飽和であることを意味します。

ベクトルスコープの上には、追加機能を備えた 4 つのオプションがあります。

  1. ベクトルスコープ モード: 左から最初のアイコンを使用すると、使用可能な 3 つの表示モードから選択できます。 クラシック モードでは、ベクトルスコープ グラフがインジケーター付きの従来の円図として表示され、フレーム内の色の分布の一般的なアイデアが得られます。 ベクター モードでは、図をさまざまな色のセクターに分割し、色の分布と特定の色相をより詳細に調べることができます。 経緯線/ ベクトルを非表示 モードでは、ベクトルスコープ上のオブジェクトのカラー値のみが表示され、セクター、円、インジケーターが非表示になります。 このモードは、オブジェクトの色だけに焦点を当てたい場合に便利です。
  2. Scopes Window

  3. 色の境界線: 2 番目のアイコンは、正方形のボックスとして表される色の境界線の表示を制御します。 これらのボックスは 6 つあり、オブジェクトの過度の彩度を示します。
  4. カラー モード: 3 番目のアイコンを使用すると、グラフ内の色の表示を切り替えることができます。 アクティブにすると、図に色相の分布を示すカラー パレットが表示されます。 無効にすると、グラフには黒、グレー、白の色合いが表示されます。
  5. 肌のトーンの半径ライン: 最後のアイコンは、より正確な肌のトーン調整のための最適なカラー値を示すラインをアクティブにします。 人物が写っているフレームを分析すると、グラフ上のピクセルがどのようにこの線と一致するかを観察できます。 ピクセルがラインと一致する場合、フレーム内の色の値が最適な肌の色に対応していることを示します。 ピクセルがラインから大きく外れている場合は、ピクセルを揃えるために色補正が必要になる場合があります。

モードを選択すると、ベクトルスコープ上で色と彩度レベルがどのように分布しているかを分析できます。 グラフの不均一性や問題に気付いた場合は、VSDC のリフト、ガンマ、ゲイン ツールの対応する色補正効果やツールを使用できます。 これらのツールを使用すると、色の値、彩度、その他のパラメーターを調整して、目的の結果を達成できます。

まとめ

VSDC の [スコープ] ウィンドウは、画像の品質を向上させるための信頼できるツールを提供します。 基本的なスキルがあれば、細部の損失や露出ミスの危険を冒すことなく、プロジェクトのコントラスト レベル、彩度、カラー バランスを効果的に制御できます。 これらのツールを探索および実験し、その成功を私たちと共有することをお勧めします。

グラフ内のピクセル分布には普遍的なルールや万能のアプローチはないことに注意することが重要です。 好み、目的、または伝えたい雰囲気に基づいて、古典的なグラフ表現から自由に逸脱することができます。 創造的なビジョンに応じてグラフを自由にカスタマイズおよび調整してください。

ご質問がございましたら、Facebook または Twitter を通じて、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお気軽にお問い合わせください。

VSDC でマルチカム編集モードを使用する方法

マルチカメラ編集は、マルチカムとも呼ばれ、ビデオ編集者が複数のカメラやオーディオソースの映像を組み合わせて、1つのまとまったビデオクリップにするための技術です。この技術はもともとテレビ用に開発されたものですが、プロの映像クリエイターの間で人気が高まっています

多くのご要望にお応えして、VSDC ビデオ編集スイートのバージョン 8.1 からマルチカムが追加されました。 これは、VSDC ユーザーが複数のカメラで撮影したフッテージをアップロードし、タイムラインでオーディオとビデオの同期を維持しながらアングルを簡単に切り替えることができることを意味します

マルチカム機能の使い方を学ぶには、以下のビデオチュートリアルを見たり、記事に記載された3つの簡単な手順に従うことができます。

VSDC Free Video Editorのダウンロード

ステップ1. ファイルをアップロードする

まず、右側にある「リソースウィンドウ」を開きます。見つからない場合は、上部の「表示」タブを選択し、「リソース」を選択し、「ウィンドウを表示/非表示」をクリックします。準備ができたら、デスクトップからファイルをリソースセクションにドラッグします。次に、マルチカムクリップに含めるファイルを選択し、右クリックして、「マルチカムクリップを作成」を選択します。

ステップ2. マルチカムクリップの設定を調整する

マルチカムクリップを作成した後、その設定を調整することができます。ポップアップウィンドウが表示され、同期モード、カメラ名、デフォルトトラックなど、複数のオプションが提供されます。以下でこれらのオプションを詳しく説明していきましょう。

同期モード

同期モードアルゴリズムは、ビデオクリップを同期させる方法を定義するのに役立ちます。

メニューには、次の4つの同期オプションがあります。

  • イン - 始まりに基づいてビデオを同期するためのオプション
  • アウト - 終わりに基づいてビデオを同期するためのオプション
  • タイムコード - タイムコードに基づいてビデオを同期するためのオプション
  • - オーディオトラックに基づいてビデオを同期するためのオプション

私たちは、メディアの全てのソースを整列させるプロセスを簡素化するため、音モードを使用することをお勧めします。この方法により、正確なマッチングのためにオーディオトラックを使用し、より正確な同期を提供することができます。

カメラ名

[カメラ名] メニューには、シーケンシャル、アングル、カメラ メタデータ、またはその他の方法を使用して、ソース ウィンドウでビデオ ファイルに名前を付けるためのオプションが用意されています。 現在使用しているフッテージをすばやく理解できるようにすることが唯一の目的であるため、好みのオプションを自由に選択してください。

デフォルトトラック

デフォルトトラックメニューでは、使用可能なファイルからマルチカムクリップのデフォルトオーディオトラックを選択できます。

設定が完了したら、OKをクリックして変更を適用し、新しく作成したマルチカムクリップで作業を開始するために次のステップに進んでください。

ステップ 3. マルチカム クリップを編集する

設定を適用した後、リソースウィンドウに戻ります。リソースの中から新しいマルチカムクリップを見つけ、タイムラインにドラッグします。

タイムライン上では、マルチカムクリップは通常のビデオと同じように表示されますが、1つの違いがあります。各ファイルの開始と終了を示す緑色のマーカーが表示されます。

重要なことは、マルチカムクリップに追加したすべてのビデオとオーディオファイルが、1つのトラックに結合されることです。VSDC 8.1では、まだマルチカムクリップをダブルクリックして内部のトラックを手動で編集することはできません。ただし、この機能は次の更新で利用可能になる予定ですので、お待ちください。

マルチカムクリップのビデオアングルを切り替えたり、トラックを編集する必要がある場合は、[表示]タブで[ソース]を開いてください。このパネルには、マルチカムクリップに追加したすべてのカメラアングルとオーディオファイルが表示されます。

もしマルチカムクリップ内でビデオのアングルを切り替えたり、トラックを編集する必要がある場合は、「表示」タブに移動して「ソース」を開いてください。このパネルには、マルチカムクリップに追加したすべてのカメラアングルとオーディオファイルが含まれています。

クリップ内のトラックを編集するには、3つのオプションがあります:

  • 両方のビデオとオーディオトラックを同時に編集するには、「オーディオとビデオを分割」を選択します。
  • ビデオトラックをオーディオトラックから独立して編集するには、「ビデオを分割」を選択します。
  • オーディオトラックをビデオトラックから独立して編集するには、「オーディオを分割」を選択します。

同じ一連のツールは、マルチカムタブにあるマルチカムツールバーでも使用できますので、より便利な方を選択してください。

まとめ

VSDCでマルチカム編集モードを使う方法を学びました。これで、よりダイナミックなビデオを作成し、観客を感動させることができます。

無料版の VSDC を使用している場合は、最大 2 つのカメラ アングルでマルチカム クリップを作成できます。 3 つ以上のアングルを使用するには、VSDC Pro にアップグレードしてください。

質問やご不明な点がある場合は、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールでお問い合わせいただくか、FacebookTwitterでメッセージを送信してください。私たちのチームは常にあなたの編集体験を最大限に活用できるようお手伝いいたします。

エフェクトでカラーキーフレームを操作する方法

色はビデオの雰囲気やムードを確立する上で重要な役割を果たします。 さまざまなカラーパレットは、鮮やかで明るいものから暗くて地味なものまで、見る人にさまざまな感情を呼び起こします。 古典的な色補正は望ましい雰囲気を作り出すのに役立ちますが、エフェクトを使用するとインパクトをさらに高めることができます。

VSDC でカラー キーフレームをマスターする: 見事なアニメーションを作成する

最新のアップデート 8.2 では、VSDC チームはカラー キーフレームを導入することでエフェクトの機能を拡張しました。 この新機能を使用すると、キーフレームを作成し、エフェクト内のカラーを変更できます。 これにより、好みに応じて色を柔軟に試し、視聴者に望ましい感情を呼び起こすことができます。

この新機能について詳しく説明し、ビデオにユニークで記憶に残るスタイルを追加するのにどのように役立つかを見てみましょう。

download windows version無料のビデオエディターをダウンロード

ステップ 1 – 追加のキーフレームを作成する

まず、プロジェクトを作成し、目的のメディア ファイルをデスクトップからタイムラインにドラッグします。 または、プレビュー ウィンドウの左側にあるオブジェクトの追加オプションを使用することもできます。 次に、タイムライン上でメディア ファイルを選択し、カラー パラメーターを使用してエフェクトを適用します。 たとえば、レンズフレアエフェクトを選択してみましょう(エディタ - ビデオエフェクト - 自然)。

エフェクトをクリックして選択すると、右側にプロパティ ウィンドウが表示されます。 プロパティ ウィンドウが表示されない場合は、エフェクトを右クリックしてプロパティを選択します。 プロパティ ウィンドウ内でカラー トーン プロパティを探します。 ここでキーフレームを作成して調整します。 キーフレーム ウィンドウにアクセスするには、このパラメータの横にある 3 つの点をクリックします。

Color Tone

デフォルトでは、エフェクトには最初と最後の 2 つのキーフレームが含まれています。 タイムライン上では、これらのキーフレームは、均一な薄茶色の正方形として表されます。 プロパティ ウィンドウのカラー トーンパラメータ内に、キーフレームがひし形のアイコンとして表示されます。 ひし形のアイコンが色で塗りつぶされている場合は、キーフレームが作成されたことを意味します。 ひし形アイコンの輪郭のみが表示されている場合は、キーフレームが存在しないことを示しており、キーフレームを作成できます。

Color Tone parameter

キーフレームを作成するには:

  • キーフレームを作成するタイムライン上にカーソルを置きます
  • プロパティ ウィンドウに戻り、カラー トーンパラメータを表示し、ひし形のアイコンを見つけます
  • アイコンをクリックして新しいキーフレームを作成します

目的の効果を得るために、必要な数のキーフレームを追加します。

フレーム間を移動するには、キーフレーム アイコンの左右にある矢印を使用します。 これにより、作成されたキーフレーム間を行き来できるようになります。

キーフレームを削除したい場合は、キーフレーム上にカーソルを置き、塗りつぶされたひし形のアイコンをクリックするだけです。 これにより、選択したキーフレームがシーケンスから削除されます。

ステップ 2 – キーフレームに色を割り当てる

キーフレームを作成した後、キーフレームに異なる色を割り当てることで、鮮やかさと表現力を加えることができます。 希望の色を選択するには、次のいずれかの操作に従います。

  • タイムライン上のキーフレームをダブルクリックして、カラー パレットを開きます。
  • プロパティ ウィンドウに移動し、キーフレームの現在のトーンを表す小さな色の四角形をクリックします。 これにより、カラーパレットが開きます。

パレットから色をクリックするか、RGB または HEX 値を指定して色を選択できます。 また、Shift キーを押しながらタイムライン上でキーフレームを上下に移動して色を変更することもできます。 これにより、希望の位置を選択できます。

シーン自体から色を選択するには、プロパティ ウィンドウにあるスポイトツールを使用します。 ツールをクリックして、シーンから色を選択します。 スポイト ツールは、タイムライン カーソルがキーフレームと並んでいる場合にのみ表示されることに注意してください。

各キーフレームは異なる色を持つことができ、アルゴリズムによりキーフレーム間のスムーズな移行が保証されます。 タイムライン上のキーフレームの下のグラデーション ラインが自動的に更新され、再生中にエフェクトの色がどのように変化するかを示します。

ビデオ内でキーフレームが表示または非表示になるタイミングを調整したい場合は、Shift キーを押しながらタイムライン上でキーフレームを右または左に移動します。

キーフレーム ウィンドウのタイムラインの上に、主要なキーフレーム機能へのクイック アクセス パネルがあります。 ここでは、ひし形のアイコンとビンのアイコンを使用してキーフレームを作成および削除し、その他のキーフレーム パラメーターを構成できます。 それらをさらに詳しく調べてみましょう。

Configure other keyframe parameters

すべてのキーフレームに 1 つの色を割り当てる場合は、[定数パラメータ値] オプションを選択します。 最初と最後のキーフレームを除く、以前に作成されたすべてのキーフレームが削除されます。 最後のキーフレームの色は、最初のキーフレームの色に適応します。

最初と最後のキーフレームのカラー間のスムーズな移行を作成したい場合は、リニアパラメータ変更オプションを選択します。 最初と最後のキーフレームに異なる色を割り当てることができ、アルゴリズムによりキーフレーム間のスムーズな移行が保証されます。

異なる色の複数のキーフレームを使用するモードに戻りたい場合は、軌道に沿った線形パラメータ変更機能を選択します。 最後のキーフレームを除く、作成されたすべてのキーフレームが復元されます。

すでに望ましい結果が得られている場合は、このステップでレッスンを終了できます。 ただし、色の重みを変更したり、別の効果を追加したりする場合は、引き続き指示に従ってください。

ステップ 3 – 色の重みを試してみる

キーフレーム間の移行中にカラーを長く持続させたい場合は、そのウェイトを調整できます。 次の手順に従います。

  • タイムライン上の延長したいキーフレームにカーソルを置きます。
  • ベジェ曲線に沿ったパラメータ変更をクリックします。
  • Ctrl ボタンを押したままにすると、キーフレームからベクトルを左右に水平に拡張できます。 ベクトルの垂直位置を変更しても色の重みには影響しないことに注意することが重要です。

これらのベクトルは、キーフレームの色の拡張を表します。 ベクトルが長いほど、色は別の色に移行せずに一定のままになります。 ベクトルが表示されない場合は、両方の色の重みが同様であるため、キーフレーム間の移行がスムーズであることを示します。

色の重みを調整することで、特定の色の重要性を強調し、ビデオに望ましい効果を生み出すことができます。

ステップ 4 – エフェクトを追加し、パラメーターを同期する

オブジェクトに複数の同一のエフェクトを適用している場合、キーフレーム内のカラーを同期できます。 たとえば、オブジェクトに 1 つ以上の追加の LensFlare エフェクトを追加できます。

キーフレームの色を同期するには、次の手順に従います。

  • タイムライン上で同じエフェクトを 2 つ以上選択します。
  • プロパティ ウィンドウで、[カラー トーン] パラメータを見つけて、同期アイコンを見つけます。 それをクリックしてください。

これで、2 番目のエフェクトのすべてのキーフレームが最初のエフェクトと同じ色になります。 したがって、最初に選択したエフェクトが、他のエフェクトにカラーをコピーする元のエフェクトであることを確認することが重要です。

まとめ

このレッスンが VSDC の新しい機能を理解し、キーフレームを試してみるきっかけになったことを願っています。 ビデオに動的なカラー パレットを作成すると、視覚的なエクスペリエンスが大幅に向上し、プロジェクトに独自性が追加されます。

自分の芸術的ビジョンを探求し、プロジェクトに実装することをお勧めします。 新しいツールを使用して、色で遊び、見事なトランジションを作成し、表現力豊かなビジュアルを作成します。 可能性は無限大です。

問題が発生した場合、またはサポートが必要な場合は、お気軽にサポート チーム(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までご連絡ください。または、 Facebook または ツイッター。 私たちがお手伝いいたします。

芸術的なプロジェクトの成功を祈ってください!

VSDCで曲線を操作する方法

VSDC 8.1版ではグラフィックオブジェクトのツールバーに曲線が追加され、ビデオクリエーターに多くの新しい可能性が開かれました。

動画で曲線を使用して、オブジェクトの輪郭を描いたり、文字に下線を引いたり、美しいアニメーションを作成したりできます。 このチュートリアルでは、以下について説明します:

  • 曲線の作り方
  • 曲線をグラデーションで塗りつぶす方法
  • 曲線を移動軌跡として利用する方法
  • 曲線で文字を折り返す方法
  • 動いている曲線の効果の作り方

これらを学ぶことで、他のエフェクトと組み合わせたり、これらの線を重ねたりすることで、驚くべき結果を創出することができます。例えば、下記のビデオで「光の流れのエフェクト」を作る方法をご覧いただくか、このプロジェクトのファイルをダウンロードして実験してみてください。無限の可能性が広がります。

さっそく始めましょう。

シーンに曲線を追加する方法

開始するには、新しいプロジェクトを作成し、左側のツールバーから「曲線」を選択します。次に、ポップアップウィンドウで「OK」をクリックして、デフォルト設定を確認します。

Adding a curve line to a video in VSDC

カスタムシェイプと同様に、曲線はコントロールポイントとスプラインで構成されます。線を描き始めるには、マウスクリックで2つ以上のコントロールポイントをシーンに配置します。

Drawing a curve line using control points in VSDC

直線を滑らかなスプラインに変えるには、任意のコントロールポイントを選択し、Ctrlキーを押したまま、ポイントを横にドラッグし始めます。コントロールポイントから赤と緑の2つのベクトルが表示されます。これらを使用して、希望の外観になるまで曲線の形状を微調整します。

Turning straight lines into smooth splines

次のセクションでは、曲線の設定について説明し、曲線を美しいグラフィックオブジェクトやアニメーションに変換する方法を示します。

設定メニューにアクセスするには、曲線レイヤーをダブルクリックして、プロパティウィンドウに移動します。使用可能な設定には、共通設定と曲線設定の2つのグループがあります。

Curve line settings menu

共通設定では、タイムライン上のオブジェクト名を変更したり、曲線が画面に表示される正確な時間を設定したり、動画に残す時間を定義したりできます。この設定グループを使用して、画面上の曲線の位置座標を調整することもできます。

曲線設定では、線の太さと色を設定し、塗りつぶしの種類を選択し、アニメーションを作成し、さらにオブジェクトをカスタマイズできます。

このグループのパラメーターを1つずつ確認します。

曲線設定

パラメータの最初のグループでは、曲線の基本的な特性(色、太さ、塗りつぶしの種類)を調整できます。

ぺん

ペンメニューには5つの塗りつぶしタイプがあります:

  • ソリッド
  • グラデーション
  • ポイントグラデーション
  • 画像パターン
  • パスモード

Curve line fill types in VSDC

選択したモードに応じて、追加のパラメーターを設定できます。各モードの設定について説明します。

ソリッド

ソリッドは曲線の塗りつぶしを意味します。このモードでは、塗りつぶしの色と線の太さを選択できます。初期値と最終値を設定できることに注意してください。これは、再生中に線が太くなったり細くなったりすることを意味します。

Solid fill settings for curve line

グラデーション

グラデーションモードでは、最初のポイントと最後のポイントの間に単純な2色のグラデーション塗りつぶしが作成されます。このモードでは、2つの色を選択し、「グラデーション設定」メニューのパターンを使用してグラデーションの塗りつぶしの種類を調整できます。

Gradient fill type for curve lines type 1

Gradient fill type for curve lines type 2

ポイントグラデーション

次のモードはポイントグラデーションと呼ばれ、各コントロールポイントに個別の色を割り当てることで、多色グラデーションの塗りつぶしを作成します。

このモードでは、目的のコントロールポイントを選択し、「パラメーターを追加する」をクリックして、ペングラデーションの設定に進む必要があります。

Point gradient fill for curve lines

そこから、コントロールポイントの色を選択し、その重さ(ポイントに割り当てられた色の拡散)と隣接領域の不透明度を調整できます。

Multicolor gradient for curve lines in VSDC

画像パターン

画像パターンモードでは、画像をプログラムにインポートし、それをパターンとして使用して曲線を塗りつぶすことができます。背景が透明な小さなPNG画像を使用することをお勧めしますが、必須ではありません。結果は次のようになります:

Image pattern fill mode for curve lines

このモードでは、パターンの開始位置と表示される長さを調整することもできます。これらのパラメータを変更し始めると、それに応じて曲線の始点または終点から画像パターンが消えます。

パスモード

最後に、パスモードは曲線を移動パスに変えるように設計されています。このモードを選択すると、曲線はシーン上で非表示になり、移動しているオブジェクトの軌跡として機能します。

このモードの使用方法は次のとおりです。

タイムラインのメインタブに戻り、曲線を右クリックして「移動パスに変換する」を選択します。デフォルト設定を確認するには、変換ポップアップ ウィンドウで「OK」をクリックします。

Converting a curve line into a movement path in VSDC

曲線を移動パスに変換したら、タイムラインで移動レイヤーを選択してコピーします。

Selecting a layer on the timeline in VSDC

次に、タイムラインのメインタブに戻り、アニメーション化するオブジェクトをインポートまたは作成します。この例では、小さな画像を使用します。そのオブジェクトをダブルクリックして、移動レイヤーをタイムラインに貼り付けます。結果は次のようになります。このモードでは曲線が見えないことに注意してください。

曲線の設定に戻ると、「開始位置」「表示する長さ」というパラメーターを調整できることに注意してください。これらは、オブジェクトが移動し始める線の始点からのポイントと、オブジェクトが停止するラインの終点の前のポイントを定義します。たとえば、開始点を25%に設定すると、オブジェクトは線の25%から移動し始めます。 表示する長さを25%に設定すると、オブジェクトは線の終点の25%手前で移動し終わります。

曲線で文字を折り返す方法

パスモードでは、線を非表示に保ちながら、曲線の周囲で文字を折り返すこともできます。これがどのように機能するかです。

最初にドロップダウンメニューで「パスモード」を選択したことを確認してから、タイムラインのメインタブに戻り、テキストオブジェクトを追加します。

Adding a text object to the scene in VSDC

テキストオブジェクトをダブルクリックして、プロパティウィンドウに移動します。 「パスへのバインド」オプションを開き、前に作成した曲線を選択します。それに応じて文字が調整されます:

Wrapping text around a curve line in VSDC

元のテキストオブジェクトは、編集モードでのみ表示されることに注意してください。再生を有効にするとすぐに消えます。

折り返された文字の外観を調整するために使用できるパラメーターがいくつかあります:

モードでは、文字を曲線の上、中央または下に配置できます。

「長さに伸ばす」を使用すると、文字を線の長さに伸ばすか、元の長さを維持できます。

クリッピングでは、元のテキストオブジェクトのフレームを使用してクリッピングマスクを作成できます。

近似により、文字の曲線を滑らかにすることができます。

曲線をアニメーション化する方法

このチュートリアルの最後のセクションでは、グラデーション塗りつぶしで曲線をアニメーション化する方法を紹介します。それをするには、次の3つのパラメーターを使用します:

  • 方向(時計回りまたは反時計回り)
  • 開始位置
  • 表示する長さ

基本的な概念から始めましょう。

開始位置は、塗りつぶしが表示され始める線のポイントを定義します。表示する長さは、表示される線のパーセンテージを定義します。たとえば、前者に20%を設定し、後者に70%を設定した場合、グラデーションの塗りつぶしは線の最初の20%と最後の30%をカバーしません。

Starting position and Visible length settings for curve lines in VSDC

これらの設定をそのままにしておくと、曲線が静止したままになります。ただし、メニューを展開して初期値と最終値を設定すると、アニメーションを作成できます。たとえば、開始位置の初期値を0%に設定し、開始位置の最終値を50%に設定すると、再生中に塗りつぶしがゆっくりと消えていきます:

表示する長さに次のパラメーターを設定すると、同様の結果が得られます:

  • 初期値: 100%
  • 最終値: 0%

唯一の違いは、曲線の端から塗りつぶしが消えることです。

最後に、設定を変化してみて両方のパラメーターに必要な値を選択できます。たとえば、表示する長さを10%に設定し、開始位置を0;100%に設定することで、移動する線の効果を作成できます。

曲線が閉じている場合、曲線オブジェクトが画面に表示されている限り、移動は続くことに注意してください。

曲線はVSDCの無料版で既に利用可能です

これで、曲線の作成し始めるのにすべてがわかりました。さあ、自分の動画にそれらを追加してみてください!初期値と最終値の変更に非線形パラメーター変更モードを使用することを選択しない限り、曲線はVSDC の無料版で使用できます。

ご質問はありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールでお問い合わせいただくか、FacebookのDMでお問い合わせください。

VSDC無料動画編集ソフトをダウンロード

News

トランジションの新しい追加方法、RAWおよびBRAWファイルのサポート、無料のオーディオビジュアライゼーション

時が来ました: VSDC 9.1の待望のアップデートをご紹介できることを嬉しく思います!新バージョンの改善された機能は、ビデオ編集を加速し、編集プロセスをさらに快適にします。...

白黒映画はどのようにカラー化されたか

古典的な白黒映画のファンですか?もしカラー化されたらどのように見えるのか、気になったことはありませんか?多くの映画人が同じことを考え、数々の名作映画がカラー化された。何年もの間、モノクロ映画に色をつける技術は格段に進歩し、手作業で各フレームを塗りつぶす方法から、各ピクセルに自動的に色をつける最先端のソフトウェアを使用するようになり、プロセスは大幅にスピードアップしました。今日は、カラー化がどのように行われるかを見て、私たちがとても楽しんでいる昨日の白黒映画が、どのように完全で鮮やかなカラーに生まれ変わるかを探求し、

VSDC 8.3 - 100以上の新しいテンプレート、キーエディタウィンドウ、AV1および強化されたグラフィカルユーザインタフェース

VSDC最新バージョン8.3へようこそ!100種類以上の新鮮な無料ビデオテンプレート、待望のキーフレーム編集用のキーエディタウィンドウ、AV1エンコーディング、より良いナビゲーションと編集の旅をアップグレードするための強化されたグラフィカルユーザインターフェイスなど、エキサイティングな機能を発見していただけるよう、私たちは懸命に働いてきました。 VSDC...

2023 年の無料ビデオ編集: お金をかけずに 創造性を解き放つ

今日のデジタル世界では、 創造性が最高の地位を占めています。 個人やブランドが視聴者を魅了し、 永続的な印象を残す無限の可能性を提供します。...

2023年のベストオンラインビデオエディター:利点と欠点

現在、ビデオコンテンツの人気は高まっており、多くのユーザーが個人的およびプロの目的でビデオクリップを作成する必要に直面しています。市場が提供する多くの選択肢から適切なビデオエディターを選ぶ際、多くのユーザーは無料のオンラインビデオエディターに優先を与えています。これらのエディターはリアルタイムでメディアファイルを操作でき、デスクトップの代替とは異なり、PCの内部リソースを必要とせず、ほとんどのデバイスで利用できます。 しかし、オンラインビデオエディタには世界中で隠された落とし穴があるのでしょうか? 私たちのチームは、3つのベストオンラインビデオエディタを集め、その機能をテストし、データの転送と保存の条件を調査し、今ではその経験を共有する用意ができています。 Clipchamp Clipchampは、ビデオ編集のためのウェブプラットフォームで、ユーザーが編集の経験がなくてもビデオを作成および処理できるものです。Clipchampは、ソーシャルメディア向けに調整された多くのプリセットテンプレートを提供し、ゲームコンテンツや広告素材の作成に優れています。このオンラインエディターは、プロフェッショナルからビデオ編集の手法を探している初心者まで、シンプルで使いやすいツールとして適しています。 Clipchampの基本的な編集ツールは、シーンの隣に便利に配置されており、ビデオフレームのトリミング、シーンのパラメータに合わせたサイズの調整、画像の断片化、またはクリック一つで回転などができます。シーンのサイズはリストから選択できますが、デフォルトではプログラムはアップロードされたビデオに基づいてシーンのパラメータを設定します。 さらに、Clipchampには、基本的なカラーコレクションのツールセットがあり、露出、コントラスト、彩度、温度のパラメータを含んでいます。このプログラムは透明度と重ね合わせモードにも対応し、さまざまなアニメーションテンプレート、多数のフォント、ストックビデオ、オーディオファイルを提供し、フレーム間のトランジションの作成やブランドロゴの追加など、プロフェッショナルなビデオを作成するのに役立ちます。 すべてのテンプレートはすでに使用準備が整っており、ダイナミックな開始画面、スムーズなトランジション、または単純なフェードが必要な場合、該当するテンプレートを選んでタイムラインに追加し、カスタマイズを行うだけです。ただし、魅力的なオプションの多くはプレミアムアイコンで表示され、料金が必要です。 С...

VSDC 8.2 - プロキシファイルのサポート、カラーキーフレーム、ベクタースコープ

VSDC 8.2 ビデオエディタの待望のアップデ ー トをご紹介します。 過去数ヶ月間、 私たちのチ ー ムはエディタの機能と使いやすさの拡大に積極的に取り組んできました。 Meet...

VSDC 8.1版はマルチカム、 曲線オブジェクト、 スクロール文字効果などをもたらします

VSDC 8.1 版を紹介できることを嬉しく思います。 新しいバージョンは、 主にプロのビデオグラファー、 グラフィックデザイナー、 アーティストを対象としていますが、...

VSDC 7.2版はその色補正ツ ールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDC チームにとってまたし ても生産的な数か月でした。 動画編集スイートの新バージョンである VSDC 7.2 版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、...

動画の色補正のに5 つの無料ソフトウェア

yeビデオクリエーターである場合、 色補正を習得することが重要な理由は3つあります。 まず、 動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。 次に、...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディタ ーをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDC の新しいバージョンには、 2つの新しいビデオ効果が含まれ、 LUT エディターの機能が拡張され、 改善されたインターフェイス、 最適化されたタイムライン及びカスタムショ...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends