動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

Learn How to Extract Audio from Video

If you need to extract audio from a video, the process is simpler than it might seem. In this detailed guide, we'll show you how to do it step-by-step, using various tools available for this purpose.

To help you navigate easily, we've included a menu so you can jump straight to the section you need.

Key Takeaways:

Arrow Steps for Extracting Audio from Video

Arrow Best Tools for Audio Extraction

  • VSDC Free Video Editor
  • Adobe Audition
  • Audacity
  • FFmpeg
  • CapCut
  • VLC Media Player
  • QuickTime

Arrow Online Tools for Audio Extraction

  • Clideo
  • Audio Extractor
  • Kapwing

Arrow Conclusion >

Arrow FAQ

  • What types of video files can I use for audio extraction?
  • Will I lose audio quality when extracting it?
  • Can I extract only a portion of the audio from a video?

Steps for Extracting Audio From Video

To begin, download and install VSDC Free Video Editor. This application is an excellent choice for Windows users of any version. It not only makes it easy to extract audio from video but also provides additional features like separating tracks if the audio contains multiple streams, allowing you to isolate music from dialogue. Additionally, you can create audio visualizations, extract audio from multiple files simultaneously, and convert the audio into a single track or multiple tracks. The exported audio can be saved in formats such as WAV, M4A, OGG, MP3, AAC, and AMR, with options to customize the output parameters, including bitrate, frequency, and channels.

After you’ve installed VSDC Free Video Editor, open the program and start a new project by selecting Blank Project. In the new scene, there are several ways to add and extract audio from video.

  • Using the Left Vertical Toolbar: On the left side of the scene, locate the Add Sound option. In the pop-up window, choose your video or multiple videos and click Open. The editor will automatically extract the audio and add it to the scene.
  • Using the Ribbon Menu: On the top Ribbon menu, go to Add Object and select Audio. In the opened window, select your video or multiple videos, and the editor will immediately extract the audio and add it to the scene.
  • Drag and Drop Method: Drag and drop your video onto the scene. Right-click on it, choose Cutting and Splitting, and select Export Audio. This method is useful if you don’t need to edit the file and want to add multiple videos to the scene, converting each into a separate track.

In the properties window on the right side of the scene, you can adjust various settings for the selected audio on the timeline, such as speed, volume, playback direction, and you can stretch the file to the desired length with the Loop mode. If the file contains multiple tracks, you can select the desired one in the properties window.

VSDC Editor also offers separate audio effects that you can apply to modify the sound in the left and right channels. Additionally, there is an audio visualizer tool that helps display the audio beat in various forms on the scene. If there are any unnecessary parts in the file, you can cut or split them.

Once you are satisfied with the result, go to the Export tab at the top. In the Source Files field, right-click on the Audio Track and select Export Audio. Choose your settings, and you’re done.

Note: if there are multiple files on the scene, the export will combine them into a single file. If you need them separated, refer to the third method of adding files to the scene described above.

Best Tools for Audio Extraction

VSDC Free Video Editor

As previously mentioned, VSDC is an excellent tool for Windows users who need to separate audio from video in one or multiple files. The advantages of this software include its free availability, support for almost all known formats for both import and export (WAV, M4A, OGG, MP3, AAC, and AMR), and the ability to edit files, apply audio effects, or create standalone music videos. All these features are available in one place. The only downside is that it is not available for macOS.

Adobe Audition

Adobe Audition is another great tool, compatible with both macOS and Windows. It allows for audio extraction from single or multiple video files, supports numerous formats for import, and converts them to WAV, MP3, AIFF, AAC, FLAC, OGG, WMA, with adjustable settings such as bitrate, sample rate, and the number of channels. The main disadvantage is that it is a paid tool, requiring either a subscription to Adobe Audition or the entire Adobe Creative Cloud suite.

Audacity

The third useful tool is Audacity, which works on macOS, Linux, and Windows. It is free and open-source. However, it has a drawback: to convert video files to audio, you need to first convert the video file to an audio format using third-party tools like FFmpeg. Here's a quick guide: Go to "File" > "Import" > "Audio." Select your video file, and Audacity will automatically use FFmpeg to extract the audio. To save the audio file, go to "File" > "Export" and choose your desired format (WAV, MP3, AIFF, OGG Vorbis, FLAC, MP2, WMA) and settings.

FFmpeg

Next, we have FFmpeg, which, like the previous tool, is free and open-source and works on macOS, Linux, and Windows. To extract audio from video using this tool, you need to use the command line: ffmpeg -i input_video.mp4 -q:a 0 -map a output_audio.mp3, where -input_video.mp4 is the input video file, -q:a 0 indicates high quality for the audio, -map a selects only the audio track, and output_audio.mp3 is the name of the output audio file. This method may deter some users who prefer a graphical interface where options can be selected easily, but for others, it might be seen as an advantage. It supports various export formats including MP4, AVI, MKV, MOV, FLV, WMV, WebM, and MPEG.

CapCut

CapCut is another software worth mentioning. It is free and available on Windows, macOS, iOS, and Android, making it convenient for editing on both PC and mobile devices. Like VSDC, you create a project, upload the video file to the timeline, click on the file, and select the "Extract Audio" option. Then, delete the video part and export the project as an MP3 file. The main drawback is that it supports only one export format.

VLC Media Player

VLC Media Player is free, open-source, and available on all devices including macOS, Linux, Windows, iOS, and Android. To separate audio from video in VLC, go to the "Media" menu and select "Convert/Save." In the window that opens, click "Add" and select your video file. Click "Convert/Save" again and choose the conversion settings (MP3, FLAC, OGG, WAV, AAC). While easy to use, the main drawbacks are the limited options for conversion settings and the inability to edit files.

QuickTime

The last tool is QuickTime, which is ideal for macOS users. To separate audio from video, open the video file in QuickTime, go to the "File" menu, and select "Export As," then choose "Audio Only." Save the audio file. The drawbacks are that only the M4A format is available for export, and additional formats are available only in QuickTime Pro, which is no longer supported. Additionally, the Windows version of QuickTime is also no longer supported.

Online Tools for Audio Extraction

Clideo

When it comes to extracting audio from video online, the first tool we'll discuss is Clideo. The process is straightforward: open the Clideo website in your web browser, select the "Extract Audio" tool, upload your video file, click "Extract," and wait for the process to complete. You can then download the result in formats like MP3, WAV, M4A, FLAC, and OGG. However, as with all online tools, performance depends on your internet speed. Additionally, the free version of Clideo adds a watermark to the file, has a file size limit, and you may need the Pro version for more extensive features.

Audio Extractor

The second tool is Audio Extractor, which is a completely free online service. To separate audio from video, upload your video file to the Audio Extractor website, choose your export format (MP3, WAV, M4A, FLAC, OGG, MP2, AMR, WMA), click "Extract Audio," and wait for the process to finish. The only downside is the file size limit for uploads, and since the files are processed on servers, there may be concerns about data privacy.

Kapwing

The last online tool we'll cover is Kapwing. Kapwing offers both a free version and paid subscriptions. The free version has limited features and adds a watermark to exported videos. To extract audio from video, upload your video file from your device or add it via URL, proceed to the editor, select the video on the timeline, click "Audio," and choose the "Detach Audio" option. The audio track will appear as a separate element on the timeline. You can then export the audio file in your desired format, although only MP3 and WAV are available. Additionally, in the free version, the file duration cannot exceed 7 minutes.

Conclusion

After considering various tools and methods for extracting audio from video, and evaluating the drawbacks of each application, we have chosen VSDC Free Video Editor as the most convenient tool with numerous additional features. However, the best choice depends on your specific needs and whether you prefer to work online or offline.

If you have any further questions, please feel free to contact us at このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 or through our social media channels on Facebook and X.

FAQ

What types of video files can I use for audio extraction?

It depends on the application you are using to extract audio from video. For example, VSDC Free Video Editor supports almost all known video formats for import.

Will I lose audio quality when extracting it?

VSDC Free Video Editor does not affect the file quality when extracting audio from video. Quality loss can occur only if you set the bitrate lower than the original.

Can I extract only a portion of the audio from a video?

Yes, you can extract only a portion of the audio from a video using VSDC Free Video Editor. You can use the Cutting and Splitting tool or work directly on the timeline to achieve this.

VSDCでのAIビデオセグメンテーションの使い方

How to Use AI Video Segmentation in Free Video Editor

ビデオセグメンテーションとは何ですか?

AIビデオセグメンテーションは、ビデオコンテンツを小さなセグメントやショットに分割し、意味のある情報や特徴を抽出する革新的な方法です。VSDCは、AIモデルに基づく無料のビデオセグメンテーションツールを提供しています。AIを使用することで、一つまたは複数のオブジェクトの境界を正確に特定し、静止または動いている要素を分離または強調して捉えることができます。この方法では、オブジェクトを切り取って別のビデオに挿入したり、色補正を行ったり、キャラクターの周りに輪郭を描いたり、マスクを作成したり、独自の視覚効果を作り出すために他の編集オプションを適用したりすることができます。

今日はこのツールの使用方法と例を紹介しますので、VSDCビデオエディタをダウンロードして、始めましょう!

セグメンテーション を追加する

  1. セグメンテーションを使用するには、まずメディアファイルをシーンに追加します。タイムライン上でファイルをクリックして選択し、以下の方法のいずれかで セグメンテーション を追加します:
    • 選択したオブジェクトを右クリックして、動画工フェクト >> スペシャルFX >> セグメンテーション を選択します。
    • 工デイタ タブに移動し、動画工フェクト >> スペシャルFX >> セグメンテーション へと進みます。
  2. すると、オプラエクトの位置設定 ウィンドウが表示されます。必要に応じてパラメータを調整し、OKを押します。
  3. 次に、プロパティウィンドウ に移動し、以下に説明するパラメータを調整します。

Adding the Segmentation effect.

セグメンテーション のパラメータ

プロパティウィンドウ には、以下の三つの主要なパラメータグループがあります:

  1. 共通設定: 追加されたオブジェクトの名前、オブジェクトの作成時間、オブジェクトの描画期間、および親オブジェクトにバインドされているかどうかを指定できます。これらは、任意のオブジェクトやエフェクトに適用できる基本的な設定です。
  2. 調整効果の設定: セグメンテーションツールでは機能しません。
  3. セグメンテーション・パラメーター: このセクションでは、セグメンテーションのユニークなパラメータを設定できます。この記事の下の部分でそれらを詳細に検討します。

How to find the segmentation parameters.

セグメンテーション の始め方

  1. セグメンテーションツールの使用が初めての場合、セグメンテーション・パラメーター セクションでは最初に二つのオプションのみが表示されます:データモデルをダウンロードする および データモデルをインポートする。データモデルをダウンロードする オプションをクリックして、ダウンロード可能な4つのモデルから選択できるウェブページに進みます:
    • FB-SAM: これは静的なオブジェクトを写真で高精度に認識する基本的なモデルです。他のAIオプションと比較してPCメモリの要求が高いかもしれませんが、動作は比較的遅いです。
    • SAM-HQ: これは小さい要素の精密な認識を提供する高度なモデルで、動くオブジェクトに対してはより良いパフォーマンスを提供しますが、動作は遅くメモリの要求も高いです。
    • EdgeSAM: これはRAM要求が低く、パフォーマンスが速い強化モードで、パワーが低いPCで長いビデオファイルを処理するのに適しています。ほとんどのプロジェクトで良好なセグメンテーション精度を提供します。
    • MobileSAM: これも高速なパフォーマンスと低いPCメモリ使用で、EdgeSAMの良い代替品となる強化モデルです。
  2. 希望のAIモデルをダウンロードした後、データモデルをインポートする ボタンを使用してプログラムにインポートします。この操作により、リストの最初のオプションにモデルフィールドが含まれるようになり、セグメンテーション・パラメーター メニューが更新されます。このフィールドでは、右側のアイコンをクリックして新しいAIモデルを選択、ダウンロード、またはインポートすることができます。
  3. 次のステップは、処理モードを選択することです。これは、セグメンテーションツールを使用する際にグラフィックカード(ハードウェア)またはPCのリソース(ソフトウェア)のどちらを利用するかを決定します。最適なパフォーマンスのために、PCの負荷を軽減するためにハードウェアの設定をお勧めします。詳細については、トラブルシューティングガイドを参照してください。

Reducing PC load when working with the segmentation effect.

セグメンテーションのパラメータの操作を続けるには、セグメンテーション領域を設定する必要があります。以下の方法で行います:

セグメンテーション領域を追加する

  1. プロパティウィンドウで領域を追加ボタンを選択し、セグメンテーション対象のオブジェクトを含むシーン上のエリアをマークするために領域を含むオプションを選択します。
  2. 次に、プレビューウィンドウでセグメンテーション領域を定義するエリアが表示されます。必要に応じて、このエリアのサイズをマーカーを引き伸ばして変更するか、マウスでドラッグして移動します。必要に応じてこれらの二つのステップを繰り返し、複数のセグメンテーション領域を作成します。

    Adjusting the segmentation region.

  3. 追加された領域が除外すべきエリアを示している場合、プロパティウィンドウで再度領域を追加ボタンをクリックし、領域を除外を選択します。この新しいエリアを望ましくないオブジェクト上に配置して削除します。注意: この除外ゾーンは常に領域を含む内にあり、それより小さくなければなりません

領域を追加 >> 領域を含む 領域を追加 >> 領域を除外 Fine-tuning segmentation results.

セグメンテーション結果の微調整

  • 出力: セグメンテーション結果の表示方法を定義します:
    Arrow複合: セグメント化されたオブジェクトの背後のすべてを隠し、オブジェクト自体は変更しません。さらに、マスクの反転オプションを有効にし、背景を表示しながらセグメント化されたオブジェクトを見えなくします。
    Arrowアルファチャンネル: セグメント化されたオブジェクトを白で強調表示し、オブジェクトの外側のすべてのエリアを黒で表示します。また、マスクの反転オプションを備え、この効果を逆にしてオブジェクトを黒く、周囲のエリアを白く着色します。マスクの色は、マスクの色および背景色フィールドを使用してカスタマイズできます。

    Switching between segmentation view modes.

    Applying a mask on the segmentation result.

  • アスペクト補正: モデルパラメータで見つかります。より正確な結果のためにセグメント化されたオブジェクトの輪郭を洗練します。

    Unadjusted segmentation edges.

    Aspect correction. Improving segmentation edges.

    上記の例からわかるように、アスペクト補正パラメータが真に設定されていると、プログラムはセグメンテーションエリア内のオブジェクト自体の輪郭をより正確に特定します。結果が変わらない場合や悪化した場合は、偽に設定し、以下に説明されているツールを使用してセグメント化されたオブジェクトの輪郭を洗練します。
  • 縁取りのスタイル: セグメンテーションの輪郭をカスタマイズします。ここで利用可能なオプションは以下のとおりです:
    Arrow無し: 輪郭は表示されません

    Cutting out the source object.

    Cutting out objects in a black and white mask.

    Arrow輪郭とオブジェクト (出力 = 複合で利用可能): セグメンテーション結果とその輪郭の両方を表示します。
    Arrow輪郭のみ: 輪郭のみを表示します。

    Viewing only the contour of the segmentation object.

    Setting contour on the alpha channel.

    Arrow輪郭のオーバーレイ (出力 = 複合で利用可能): プレビューウィンドウの元のオブジェクト上にセグメンテーションの輪郭を表示します。

    Adding a contour to the segmentation object.

  • コンホジションモ ー ド (縁取りのスタイル = 輪郭のオーバーレイ, 輪郭とオブジェクトで利用可能): 輪郭の表示にさまざまなスタイルを提供します。たとえば、「Destination over」は、オブジェクトの境界を超えずにセグメンテーションのエッジに輪郭を構築します。「Source atop」では、輪郭がセグメンテーションに直接オーバーレイされます。「Darken」は、エッジに沿って輪郭を作成し、その内側に微妙な重複を作り出します。他にもいろいろなスタイルがあります。これらのスタイルを試して、あなたのお好みのルックを見つけてください!
    Destination over

    Applying composition mode on the contour.

    Source atop and Darken:

    Working with source atop and darken composition modes on the contour.

  • 色 (縁取りのスタイル = 輪郭のオーバーレイ, 輪郭とオブジェクトで利用可能): シーン上のすべてのセグメンテーション領域の輪郭色を設定し、追加の二つのパラメータを含みます:

    ArrowRGB 値: 正確な色コードを識別したり、新しいものに変更するのに役立ちます。
    Arrow不透明: 輪郭の透明度を調整します。255に設定されている場合は完全に不透明な輪郭を意味し、0に設定されている場合は完全に透明を意味します。ここでは、表示の始め/終わりでの輪郭の透明度の初期値/最終値も設定できます。

    Changing the opacity of the contour.

  • シクネス (縁取りのスタイル = 輪郭のオーバーレイ, 輪郭とオブジェクト, 輪郭のみで利用可能): 編集されたオブジェクトの長さの%で計算される輪郭の厚みを設定します(範囲は0%から10%)。ここでは、表示の始め/終わりでの輪郭の厚みの初期値/最終値も設定できます。

    Adjusting contour thickness.

  • 背景の塗りつぶし (縁取りのスタイル = 輪郭のみ, 輪郭のオーバーレイで利用可能): 輪郭の色で輪郭内のエリアを塗りつぶします。

    Filling an object inside the contour with color.

  • 領域の輪郭: 各領域ごとに個別に輪郭の厚さを調整します。真に設定されると、個々の領域設定に輪郭の太さオプションが追加されます。

    Activating the Contour thickness option.

    注意: 以前にシクネスオプションを使用して輪郭の厚みを調整した場合、個々の領域設定を変更する際には、その値が二倍になることがあります。そのため、ゼロに設定することをお勧めします

    Showing the contour for each region separately.

  • すべての輪郭を表示: 見つかったすべての領域に対して輪郭を描画します。それ以外の場合は最大の領域のみに対して描画されます。このパラメータを使用するには、より正確なセグメンテーションのためにアルファチャンネルに切り替えることを推奨します。
    このツールは正確なセグメンテーションを保証します:すべての輪郭を表示 = 真の場合、プログラムはセグメンテーションプロセス中に削除されなかったセグメンテーション領域の元の編集オブジェクトの最小の点を全て強調表示/オーバーレイします。これらの詳細を特定した後、特別なポイントを使用してそれらを除外することにより、セグメンテーションを洗練することができます。これらのポイントについての詳細は、セグメンテーション領域を洗練するためのポイント設定セクションを参照してください。

    Enabling drawing of contours for all areas found.

  • : すべての領域にわたってセグメンテーションの輪郭を微調整します。真に設定されると、以下のツールが利用可能になります: Arrow中央値フィルタ ー: ノイズを除去することで輪郭を滑らかにします。ここでは、表示の開始/終了時に輪郭フィルタの初期値/最終値も設定できます。このパラメータの値が高いほど、輪郭は滑らかになります。

    Smoothing the contour by removing noise.

    Arrowミンマックスフィルタ ー: ピクセル単位でセグメンテーション領域のサイズを調整します。正の値はセグメント化された領域の周囲のエリアを増加させ、負の値はそれを減少させます。輪郭の初期値/最終値は表示の開始と終了で調整できます。

    Adjusts the size of the segmentation area in pixels.

    Arrowぽかしフィルタ ー (縁取りのスタイル = 無し/輪郭とオブジェクトで利用可能): セグメント化された領域の端をぼかします。ここでは、表示の開始/終了時に輪郭フィルタの初期値/最終値も設定できます。このパラメータの値が高いほど、ぼかしの輪郭は広がります。

    Blurring edges of the segmented region.

    Arrow輪郭のぼかしレベル (縁取りのスタイル = 輪郭とオブジェクトで利用可能): セグメント化された領域の輪郭のみをぼかし、端には影響を与えません。表示の開始と終了でぼかしレベルの初期値/最終値を調整できます。

    Blurring only the contour of the segmented area without the edges.

セグメンテーション領域の調整

このセクションでは、以下のアイコンを使用してセグメンテーション領域を正確に管理できます。これらは領域を追加ボタンの下にあります。主なオプションは領域で、複数のセグメンテーション設定を一度に変更できます:

  • : 領域の中心に表示される、特定のセグメンテーション領域の色値を設定するカラフルな正方形のアイコン。

    Setting a region color.

  • 地域レベル: セグメンテーションの順序を変更し、領域をリストの上下に移動するための上下の矢印。

    Changing the region level.

  • 地域モードの変更: 各セグメンテーション領域で領域を除外と領域を含むモードを切り替える二つの四角形のアイコン。

    Switching between region modes.

  • 領域を削除: 不要なセグメンテーション領域を削除する十字のアイコン。

    Option for removing a region.

領域メニューを展開すると、以下に詳述された追加のオプションが表示されます:

  • 有効: 特定のセグメンテーション領域を有効または無効にします。
  • 輪郭の太さ (領域の輪郭 = 真で利用可能): 選択された領域の輪郭の厚みを調整します。また、初期値/最終値を個別に変更するための隠されたメニューも特徴です。
  • ポストフィルタリング: 特定の領域のセグメンテーション結果の輪郭を洗練します。オプションには中央値フィルター、ミンマックスフィルター、ぽかしフィルターが含まれ、さらに二つの追加オプションがあります:
    Arrow輪郭のぼかしレベル: 輪郭にぼかし効果を適用し、初期値/最終値を設定するオプション。
    A full list of region settings. Arrowしさい値: 特定のセグメンテーション領域のピクセルのしきい値を設定します。選択されたモードでこのしきい値よりも低い値を持つピクセルは、プログラムによって特定の領域のセグメンテーション結果から「除外」されます。

    モードは以下の通りです:

    • 無し: しさい値パラメータが無効です。
    • : 正確なしさい値を設定し、必要に応じて初期値/最終値を調整します。
    • 範囲: 開始の値オプションを使用して、セグメント化されたオブジェクトの各ピクセルを制限する、より洗練されたモード。開始の値が低いほど、オブジェクトの検出が向上します。これは、オブジェクトが見つかる色を基本的に示します。デルタ値パラメータは、開始の値によって設定された厳格な限界がある場合に、ピクセル間の遷移を滑らかにします。 Value and Range threshold modes.
  • 座標タイプ:
    • 相対座標: 特定のセグメンテーション領域の座標がどのように設定されるかを定義します:
      • 左/右 : オブジェクトの長さのパーセンテージとして縦の側面を設定します。
      • 上/ボトム: オブジェクトの幅のパーセンテージとして横の側面を設定します。 ここでは、表示の始め/終わりで縦/横の値の初期値/最終値も設定できます。
    • 全画像: 座標の調整なしでオブジェクト全体にセグメンテーションを適用し、点を追加ボタンを通じて追加されたポイントを使用してセグメンテーションのためのオブジェクトを見つけます。このモードでのポイントの扱いは下記で説明されたものと同じで、オブジェクトの検索は点を含む周辺で行われ、点を除外を使用して不要な/不良の領域を「切り取る」ことができます。 Setting relative coordinates.

セグメンテーション領域を洗練するためのポイントの設定

特定のセグメンテーション領域を洗練するための別のツールは、洗練ポイントです。これらを使用するには、洗練を実装したいセグメンテーション領域のプロパティウィンドウに移動し、点を追加ボタンをクリックします。ドロップダウンメニューから位置の一つを選択します:

Arrow点を含む: 追加されたポイントの周囲のエリアがこの領域のセグメンテーション結果に含まれます。
Arrow点を除外: プログラムは追加されたポイント(含む)の周囲のエリアを領域のセグメンテーション結果から切り取ります。

Adding refinement points. Include and exclude segmentation points.

表示されるメニューでは、ポイントの色を変更する、そのモードを変更する、または削除するなどの設定を調整できる点フィールドも見ることができます。点メニューを展開すると、次のような追加設定にアクセスできます:

  • 有効: 特定の洗練ポイントを有効(=真)または無効(=偽)にします。
  • ● 座標タイプ:

    Arrow相対座標: X軸とY軸にわたって特定の洗練ポイントの座標を手動で調整することができ、初期値/最終値 X / Y は表示の始め/終わりの座標値です。
    Arrow追跡ポイント: あるビデオクリップ中でオブジェクトをセグメント化します。以下でこのオプションについて詳しく考えます:

セグメンテーションにおける追跡ポイントの使用方法

  1. まず、タイムライン上のセグメンテーションオブジェクトを見つけ、左側にある目のアイコンを使用して隠し、何の変更もなくオブジェクトを表示します。
  2. シーンの左側の縦ツールバーメニューからトラッキングボイントを追加するオプションを選択し、追跡したいオブジェクトにこのポイントを設定します。 Creating a tracking point for adjustments.
  3. プレビュー画面を右クリックしてドロップダウンメニューを開き、移動マップを作成するを選択します。表示されるウィンドウで、将来のモーションマップに名前を付けて保存します。 Tracking object motions.
  4. 新しいトラッキングウィンドウで、追跡したいオブジェクトが位置する領域を選択します。次に、分析を開始するボタンをクリックすると、プログラムが選択したオブジェクトのモーションマップを作成します。結果に満足したら、編集を適用するをクリックします。 Starting motion tracking.
  5. タイムライン上の追跡ポイントオブジェクトをダブルクリックし、エディタタブに行ってオブジェクトを追加 >> 移動 >> 移動マップをクリックします。これにより、作成した移動マップがポイントに適用されます。 Linking the movement map to the tracking point.
  6. タイムライン上でセグメンテーションオブジェクトを再表示するには、レイヤーの左側にある目のアイコンを元に戻します。次に、セグメンテーションプロパティウィンドウに行き、追跡ポイントを適用したいポイントを見つけ、座標タイプで追跡ポイントを設定します。 Making segmentation points follow the motion of the tracking point.

プロジェクトのエクスポート

セグメンテーションの結果に満足したら、プロジェクトのエクスポートタブに行き、リボンで希望の形式を選択します。プロフィールを選択し、必要に応じてエクスポート設定を調整し、シーン上のプロジェクトのエクスポートアイコンをクリックします。ファイルのエクスポートについてもっと学ぶには、私たちのビデオガイドをチェックしてください

注意: セグメンテーション機能はかなりリソースを消費するため、エクスポート段階でハードウェアアクセラレーションを使用することをお勧めします。これには、VSDC Proにアップグレードする必要があります

結論

AIセグメンテーションは、ビデオプロジェクトを強化するために設計された革新的なツールです。VSDCビデオエディタのバージョン9.2にアップグレードして、その体験をしてみてください。FacebookXでの最新ニュースをフォローし、私たちのYoutubeチャンネルを購読してください。サポートが必要な場合は、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までお問い合わせください。いつでもお手伝いいたします!

VSDC

Store
Templates / Wedding Pack #1

Wedding pack #1

20 intro templates

Description

Access 20 unique wedding video templates that will help you combine your magical day's memorable moments into one masterpiece, preserving the day forever. Customize each template by adjusting colors, sizes, and animations, and incorporate your favorite elements into the main video.

Design details

Resolution: 3840x2160
File Size: 10.3MB
Text Placeholders: 74
100% Fully Customizable
Colors: Full-Colored
Duration: Up to 15 seconds

ai models segmentation

VSDC Segmentation AI Models

The segmentation feature in VSDC is a free tool designed to cut out or highlight static and moving objects in video. By using AI models, it accurately defines the boundaries of one or multiple objects. As a result, you can cut out an object and insert it into another video, perform color correction within its area, draw contours around characters in a Hollywood style, create individual masks, or apply them simultaneously with other editor options to create unique visual effects.

You can choose from 4 AI models:

  • FB-SAM: The standard model, characterized by high accuracy in recognizing objects in static images. However, it is more demanding on PC memory compared to other models and has lower performance.
  • SAM-HQ: The advanced model, which offers more precise recognition of small details. Compared to the first model, it works better with moving objects but also has low performance speed and high memory demands.
  • EdgeSAM: The enhanced model, which requires less RAM and has faster performance, making it suitable for working with long video files on PCs with limited resources. It provides good segmentation accuracy in most projects.
  • MobileSAM: Another enhanced model characterized by fast performance and low PC memory usage. It is a good alternative if EdgeSAM does not meet your needs.
    • Watch the tutorial below to learn how to use Segmentation AI models. Then, download one of them and try it for yourself.

1 / 31 ページ

News

VSDC 9.2: AIセグメンテーションモデル、300以上の新しいトランジション、VSDCクラウド、新しいテンプレートコレクション

VSDC 9.2が登場し、画期的な機能を提供します。たとえば、新しいAIによるセグメンテーションツールは、正確なオブジェクト除去を可能にし、色補正を強化し、ビデオを向上させるための多くの効果を提供します。さらに、VSDCクラウドサービスを紹介します。これはメディアファイルとプロジェクトを保存および共有するためのサービスです。...

白黒映画はどのようにカラー化されたか

古典的な白黒映画のファンですか?もしカラー化されたらどのように見えるのか、気になったことはありませんか?多くの映画人が同じことを考え、数々の名作映画がカラー化された。何年もの間、モノクロ映画に色をつける技術は格段に進歩し、手作業で各フレームを塗りつぶす方法から、各ピクセルに自動的に色をつける最先端のソフトウェアを使用するようになり、プロセスは大幅にスピードアップしました。今日は、カラー化がどのように行われるかを見て、私たちがとても楽しんでいる昨日の白黒映画が、どのように完全で鮮やかなカラーに生まれ変わるかを探求し、

トランジションの新しい追加方法、RAWおよびBRAWファイルのサポート、無料のオーディオビジュアライゼーション

時が来ました: VSDC 9.1の待望のアップデートをご紹介できることを嬉しく思います!新バージョンの改善された機能は、ビデオ編集を加速し、編集プロセスをさらに快適にします。...

VSDC 8.3 - 100以上の新しいテンプレート、キーエディタウィンドウ、AV1および強化されたグラフィカルユーザインタフェース

VSDC最新バージョン8.3へようこそ!100種類以上の新鮮な無料ビデオテンプレート、待望のキーフレーム編集用のキーエディタウィンドウ、AV1エンコーディング、より良いナビゲーションと編集の旅をアップグレードするための強化されたグラフィカルユーザインターフェイスなど、エキサイティングな機能を発見していただけるよう、私たちは懸命に働いてきました。 VSDC...

2024 年の無料ビデオ編集: お金をかけずに 創造性を解き放つ

今日のデジタル世界では、 創造性が最高の地位を占めています。 個人やブランドが視聴者を魅了し、 永続的な印象を残す無限の可能性を提供します。...

2023年のベストオンラインビデオエディター:利点と欠点

現在、ビデオコンテンツの人気は高まっており、多くのユーザーが個人的およびプロの目的でビデオクリップを作成する必要に直面しています。市場が提供する多くの選択肢から適切なビデオエディターを選ぶ際、多くのユーザーは無料のオンラインビデオエディターに優先を与えています。これらのエディターはリアルタイムでメディアファイルを操作でき、デスクトップの代替とは異なり、PCの内部リソースを必要とせず、ほとんどのデバイスで利用できます。 しかし、オンラインビデオエディタには世界中で隠された落とし穴があるのでしょうか? 私たちのチームは、3つのベストオンラインビデオエディタを集め、その機能をテストし、データの転送と保存の条件を調査し、今ではその経験を共有する用意ができています。 Clipchamp Clipchampは、ビデオ編集のためのウェブプラットフォームで、ユーザーが編集の経験がなくてもビデオを作成および処理できるものです。Clipchampは、ソーシャルメディア向けに調整された多くのプリセットテンプレートを提供し、ゲームコンテンツや広告素材の作成に優れています。このオンラインエディターは、プロフェッショナルからビデオ編集の手法を探している初心者まで、シンプルで使いやすいツールとして適しています。 Clipchampの基本的な編集ツールは、シーンの隣に便利に配置されており、ビデオフレームのトリミング、シーンのパラメータに合わせたサイズの調整、画像の断片化、またはクリック一つで回転などができます。シーンのサイズはリストから選択できますが、デフォルトではプログラムはアップロードされたビデオに基づいてシーンのパラメータを設定します。 さらに、Clipchampには、基本的なカラーコレクションのツールセットがあり、露出、コントラスト、彩度、温度のパラメータを含んでいます。このプログラムは透明度と重ね合わせモードにも対応し、さまざまなアニメーションテンプレート、多数のフォント、ストックビデオ、オーディオファイルを提供し、フレーム間のトランジションの作成やブランドロゴの追加など、プロフェッショナルなビデオを作成するのに役立ちます。 すべてのテンプレートはすでに使用準備が整っており、ダイナミックな開始画面、スムーズなトランジション、または単純なフェードが必要な場合、該当するテンプレートを選んでタイムラインに追加し、カスタマイズを行うだけです。ただし、魅力的なオプションの多くはプレミアムアイコンで表示され、料金が必要です。 С...

フリー3Dアニメーションソフト6選

く、ショットの構成、ゲームエンジン、レンダラー、アニメーションソフトウェアに関する深い理解も必要とする、現代アートにおいて最も要求の高いスキルの1つです。 この記事では、Windowsと互換性のある、初心者からプロまで使える無料の3Dアニメーション・ソフトウェアを6つ紹介します。これらのプログラムは、高品質な機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えており、これからアニメーションを始める方にとって理想的です。もちろん、...

VSDC 8.2 - プロキシファイルのサポート、カラーキーフレーム、ベクタースコープ

VSDC 8.2 ビデオエディタの待望のアップデ ー トをご紹介します。 過去数ヶ月間、 私たちのチ ー ムはエディタの機能と使いやすさの拡大に積極的に取り組んできました。 Meet...

VSDC 8.1版はマルチカム、 曲線オブジェクト、 スクロール文字効果などをもたらします

VSDC 8.1 版を紹介できることを嬉しく思います。 新しいバージョンは、 主にプロのビデオグラファー、 グラフィックデザイナー、 アーティストを対象としていますが、...

VSDC 7.2版はその色補正ツ ールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDC チームにとってまたし ても生産的な数か月でした。 動画編集スイートの新バージョンである VSDC 7.2 版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends