ワイドスクリーンの映画のような効果を達成するために動画にバーを追加します

正しいトリックを知っていれば、映画のようなバーを追加することは信じられないほど簡単です。VSDC無料動画編集を使用すると、1分以内にできます。テクニックは簡単です。文字通り動画に黒いバー2本を追加してシーンの上下に配置します。マスキング、サイズ変更、ビデオ編集の経験は不要です。 下記の動画で自分でそれを見てください:

はい、技術的には「ワイドスクリーンの黒いバー」効果を作り出すためには、理想的にはプロのカメラを使用し、21:9というワイドスクリーンのアスペクト比で撮影するべきです。これはまさにハリウッド映画がレターボックス化されている方法です。これらは元々広い映画館のスクリーンを目指しているため、標準の16:9の比率でテレビで見ると、画面の上部と下部に黒いスペースが残ります 。

あなたがここにいるので、とにかく、おそらくビデオ正しい方法を撮影する機会を持っていなかったので、我々は、迅速かつ簡単に映画の黒いバーを追加する方法をお見せしようとしています。

しかし、まず、VSDC動画編集をパソコンにダウンロードしてください(それはWindows用のみです)。

VSDCでワイドスクリーンの黒いバーを作成する方法:ステップバイステップガイド

  1. プログラムを起動し、スタート画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用してハリウッドスタイルの映画をインポートします。
  2. 左側のメニューを使用して、下の図のようにシーンに長方形のオブジェクトを追加します。
  3. 上部のメニューまたは「プロパティ」ウィンドウで「ブラシ」というメニューの「色」アイコンを使用して、長方形を黒く塗りつぶします。
  4. シーンの幅に合わせてバーを正確に引き伸ばすには、「プロパティ」ウィンドウで、「親のサイズと同じサイズに設定」という緑色のボタンをクリックします(これも下図を参照)。長方形はシーン全体のスペースを占めるため、必要に応じて手動で高さを調整するだけです。

    Create cinematic bars

  5. シネマティックバーが適切に表示されたら、マウスの右ボタンでクリックし、「複製」を選択して同じバーを作成します。
  6. 意図したとおりに、ワイドスクリーンバーをシーンの上下に配置します。

動画の一部が映画の黒いバーのオーバーレイによってカバーされることに注意してください。これは方法の必然的な結果です。良いニュースは、バーの高さをいつでも調整できるので、エクスポートする前にムービーをプレビューして、フッテージの重要な要素が長方形の後ろに隠れないように確認することをお勧めします。

動画をプレビューするには、タイムラインの真上にある赤い三角形のアイコンを使用します。動画が途切れに見えるか、遅れている場合は、単にプレビューの解像度を変更します。それは、プレビューアイコンから左にあるドロップダウンメニューです。

準備が整ったら、「プロジェクトのエクスポート」タブに移動して、必要な形式で保存します。「プロファイルの編集」ボタンを使用して、フォーマット、コーデック、品質、フレームレート、幅、高さなど、ビデオのすべてのパラメータを変更できます。

映画のような黒いバー以外にも、「文字の中に動画」効果、ピクチャーインピクチャー効果「画面分割」など、本物の映画のように見せるために適用できるトリックがたくさんあります。

Facebookでメッセージを送ったり、新しいチュートリアルのためにYouTubeチャンネルを登録したりして、乞うご期待!