動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDC無料動画編集で動画を切り取ります

動画から不要な断片を切り取り削除するのはとても簡単です。この目的のためには、タイムライン上の四角形を移動不要なフラグメントを選択します。より正確には、「拡大・縮小」ボタンまたは対応するスライダーを使用してタイムスケールを変更できます。

フラグメントを選択すると後、キーボードの「シフト」+「削除」というホットキーをを使用するか、「編集」タブの 「ツール」セクションにある「フラグメントの切り取り」というボタンをクリックします。選択したフラグメントはすぐに動画から削除されます。

VSDC無料動画編集を使って動画を切り取る方法がもう1つあります。これを使用するには、オブジェクトのプロパティまたはオブジェクトメニューで「切り取りと分割」をクリックします。

オブジェクトからフラグメントを削除するためのウィンドウが表示されます。それをするには、除去に必要な領域をマークして、そして「領域の切り取り」ボタンをクリックします。マークされたフラグメントは削除され、「領域の切り取り」というタブで削除されたフラグメントのリストに追加されます。削除されたフラグメントを後で復元できます。単にリストからフラグメントを選択して、そして「切り取り領域を削除する」ボタンをクリックします。

動画を編集した後は、右下にある「変更の適用…」ボタンをクリックしてオブジェクトに変更を適用します。ビデオまたはオーディオ素材の長さは編集後に変更され、シーン内のオブジェクトの長さとは一致しないため、ソフトウェアはそれについて通知し、新しい長さを設定するように提案します。

動画またはオーディオの長さはオブジェクトの長さと一致しない場合もあります。 この場合、選択した設定に応じて、動画またはオーディオは次のものは可能です:

  • オブジェクトの長さに合わせてカットする
  • 設定した時間内に最初のフレームを表示してから動画の再生を開始する
  • 設定した時間内に動画を再生して最後のフレームを表示する。

You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.

VSDC 無料動画編集でビデオファイルを分割する方法

動画編集はワクワクできます!しかし、ビデオを複数のファイルにすばやく分割したり、シーンを短い部分に分割したりして、より動的なストーリーを作成するだけでよい場合もあります。

目標に応じて、このタスクは異なる方法で実行できます。映像の特定の瞬間を捉えようとしているため、さらに高い精度が必要ですか。フラグメントを別々のファイルとしてエクスポートする予定ですか?それとも、その部分に異なる効果を適用するためにフッテージを分割していますか?

このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用して目的に応じて動画を分割する方法について説明します。

Windows用のVSDC無料動画編集のダウンロード

How to split a video file into two parts quickly

方法1:ワンクリックでビデオファイルを2つの部分に分割する

高精度を探していない場合に最適な一番簡単な方法は次のとおりです。分割したいファイルをクリックして選択します。次に、1番目のフラグメントが終了し、2番目のフラグメントが始まる位置にカーソルを置きます。一番上の「切り取りと分割」のメニューにある「部分に分割」というボタンをクリックすると、ビデオファイルがタイムライン上に次々に配置された2つの別々の断片に変わる様子がすぐにわかります。

方法2: ビデオファイルのエクスポート中にマーカーで分割する

すべての効果がファイル全体に適用された後で、ビデオを複数の部分に分割する必要がある場合があります。この場合、エクスポートレベルで分割ツールを使用することをお勧めします。

ビデオファイルをシーンに追加して、予定していたすべての編集を実行したら、リボンコマンドバーの「プロジェクトのエクスポート」タブを選択します。プログラムのトップメニューで、「マーカーの追加」ボタンをクリックします。下の図のように別ウィンドウがポップアップします。ファイルを分割したい場所にマーカーを配置します。準備ができたら、「変更の適用」をクリックします。

Splitting a video into multiple parts

「エクスポート」のタブを開いたまま、「追加設定」タブ(下部のメニュー)に移動して「マーカーで分割」というボックスをオンにします。動画形式を選択して、「プロジェクトのエクスポート」というボタンをクリックします。その結果、マーカーを使用したのと同じ数のビデオフラグメントをパソコンに保存します。

方法3: 1つのビデオファイルを複数のシーンに分割してそれぞれに異なる効果を適用する

映像の別々の部分に異なる効果を適用したい場合は、ビデオファイルを分割して各フラグメントを個々のシーンに配置したほうがいいです。そのためには、タイムラインにファイルを追加して、マウスの右ボタンでクリックします。ドロップダウンメニューから「プロパティ」を選択します。プログラムウィンドウの右側から「プロパティ」ウィンドウが表示されます。下にスクロールして、薄緑色の「切り取りと分割」ボタンをクリックします。

How to split footage in VSDC

同じ「切り取りと分割」ウィンドウがポップアップされ、ファイルを分割したい位置にマーカーを配置することができます。完了したら、「変更の適用」ボタンをクリックします。プログラムは自動的にマーカーでビデオファイルを分割します。そして、すべての部分は次々にタイムラインに配置されます。

VSDC video editor timeline

これで、ファイルの各部分に異なるビデオ効果及びオーディオエフェクトを適用できます。最後に、ムービーを単一のファイルとしてエクスポートするか、各シーンを別々のファイルとして保存することができます。

やり方は次のとおりです。「プロジェクトのエクスポート」タブに移動してビデオを保存するときに、下部のメニューの「追加設定」タブを開き、シーンを個別にエクスポートする場合は「シーンに結合」を選択解除します。 ムービー全体を1つのファイルとして保存する場合は、チェックボックスをオンにします。

うまくいけば、今VSDC無料動画編集でビデオを分割する方法についてより良いアイデアを持っています。Facebookで遠慮なくメッセージを送ってください。驚くほどのビデオプロジェクトを作成するための多くの編集のトリックを学ぶために私たちのYouTubeチャンネルにサブスクライブしてください。

ここには、興味を持っているかもしれないあと3つのチュートリアルがあります:


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.

VSDCで動画や画像に様々な効果を適用します

シーンに画像または動画を追加します。

Adding image to scene

効果を追加するには、タイムライン上の画像をダブルクリックする必要があります。 オブジェクト名の付いた新しいタブが表示されます。

Effects editing mode for image object

リボンコマンドバーの「編集」タブを開き、「ビデオ効果」(または「オーディオ効果」)のボタンをクリックして、使用可能な効果の一覧を表示します。

例として、「フィルタ」の「ぼかしボックス」を選択しましょう。新しいウィンドウが開き、時間内にオブジェクトの位置を設定できます。親オブジェクトの長さに応じて、効果を開始するポイント、長さ、強弱を選択できます。選択した効果がタイムラインに表示されます。

Editing blur properties for image object

効果はすぐに画像に適用されます。

Blur effect for image object

「プロパティ」ウィンドウで他のパラメータを設定できます。タイムライン上の効果をクリックし、シーンのエリアの右にある「プロパティウィンドウ」というタブを開きます。ぼかし効果の場合、ぼかし強度、元のぼかしレベルなどのパラメータは使用可能です。

 


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

VSDC無料動画編集からプロジェクトをエクスポートし、必要な形式で保存します

プロジェクトの作業が終わったら、標準のファイル形式で保存する必要があります。リボン コマンド バーの「プロジェクトのエクスポート」タブを開き、使用可能な形式のいずれかを選択して、必要なパラメーターを設定します。

ここでは、動画を再生する予定のデバイスと、選択したデバイスでサポートされている形式を選択できます。

サポートされているデバイスの全リストを見るには、上の画像で指定されている矢印をクリックします。

動画形式を選択したら、結果のビデオの品質を設定するプロファイルを選択する必要があります。「プロファイル」というフィールドの横にある矢印をクリックして、ドロップダウンリストから使用可能なプロファイルの1つを選択します。

自分のプロファイルを設定するには、「プロファイルの編集…」というボタンをクリックし、ビデオコーデックとオーディオコーデックのプロパティを設定します。変更を保存するには、「プロファイルの適用」ボタンを使用します。

コンピュータ上の結果のビデオへのパスを示すことができます。

最後に、「ファイル変換」ボタンをクリックしてエクスポート処理を開始します。

変換が完了すると、選択した形式のビデオファイルが手に入り、それをCDまたはDVDに保存できます。「ツール」タブを開き、「ディスク書き込み」ボタンをクリックします。新しいウィンドウが開き、データをコンパクトディスクに書き込み、マルチセッションディスクを作成し、コンテンツを編集し、DVDビデオを作成できます(この目的のためには、ビデオをDVDフォーマットでエクスポートする必要があります)。

 



VSDC無料動画編集をダウンロードするには、ここをクリックしてください - free-video-editor/download

YouTubeチャンネルで素晴らしいチュートリアルを探します - YouTubeチャンネル

時間内及びシーン上のオブジェクト位置の設定

VSDC Free Video Editorでは、様々なオブジェクト、つまり「スプライト」、「複製」、「線」、「長方形」、「楕円」、「ツールチップ」、「画像」、「音声」、「動画」、「移動」を操作できます。 また、大量のビデオ及びオーディオ効果もあります。

オブジェクトの選択、時間内及びシーン上での位置の設定という3つの段階に分けられる同じ方法を使用して、オブジェクトを追加することができます。第1段階と第3段階の詳細については、「編集のためにビデオファイルや画像を開く方法」というセクションの例を参照してください。このセクションでは、オブジェクトがシーンに追加されたときにオブジェクトを設定する方法について説明します。

オブジェクトをシーンに追加したり、オブジェクトにエフェクトを適用したりすると、次のウィンドウが表示されます。

オブジェクトの位置のプロパティ

このウィンドウでは、親オブジェクトの長さを変更したときのダイナミクスだけでなく、オブジェクトの表示時間(効果の開始時間)、表示の長さ(効果の長さ)も設定できます。各パラメーターの詳細を見てみましょう。

  • 作業領域によるタイムライン上のマークされた作業領域に従って表示時間と期間を設定設定します。(ビデオ及びオーディオのオブジェクトの継続時間は、作業領域の継続時間に従ってではなく、ファイル内のビデオおよびオーディオ素材の継続時間に従って設定されます)。タイムライン作業エリア
  • カーソル位置から。タイムライン上のカーソル位置から始まる表示時間を設定し、継続時間をシーンの終わりまで自動的に設定します(ビデオおよびオーディオオブジェクトの継続時間は、シーンの終わりではなくファイル内のビデオおよびオーディオ素材に従って設定されます)。
  • カーソル位置まで親オブジェクト(シーンまたはスプライト)の先頭からタイムライン上のカーソル位置までの表示時間を設定します(ビデオおよびオーディオオブジェクトの継続時間はカーソル位置ではなく、ファイル内のビデオおよびオーディオ素材に従って設定されます)。
  • 親の時間全体。オブジェクトの表示時間とその継続時間を親オブジェクトの継続時間と同じに設定します。 オブジェクト期間と親オブジェクト期間との関連付けも設定されます(「終了位置をロック」)。
  • シーン開始から。親オブジェクトから始まる表示時間を設定します。 オブジェクトの継続時間は手動で設定されます(素材の継続時間に従って時間が設定されているビデオおよびオーディオオブジェクトは除きます)。
  • シーン終了まで。オブジェクトの消失時間を、親オブジェクトの消失時間と同じに設定します。 期間は手動で設定されます。 オブジェクト表示時間やその継続時間と親オブジェクトの継続時間との関係も設定されます(「開始位置をロック」及び「終了位置をロック」)。
  • 手動位置から。オブジェクトの表示時間とその期間は手動で設定されます。
  • 手動位置まで。オブジェクトの消失時間とその期間は手動で設定されます。
  • 開始位置をロック。オブジェクトの表示時間と親オブジェクトの継続時間の関係を設定します。つまり、親オブジェクトの継続時間が変更された場合、オブジェクトの表示時間は自動的に再計算されます。
  • 終了位置をロック。オブジェクト期間と親オブジェクト期間の関係を設定します。つまり、親オブジェクト期間が変更された場合、オブジェクト期間は自動的に再計算されます。

この場合、「終了位置をロック」オプションが設定され、オブジェクトの長さが変更されると効果の長さが自動的に変更されるため、フィルタ及びその他の効果には「親の時間全体」オプションを選択することをお勧めします。

トランジションと同時に、「シーン開始から」または「シーン終了まで」を選択することをお勧めします。そのような場合、オプション「開始位置をロック」と「終了位置をロック」は、オブジェクトの継続時間が変更されても効果の継続時間は変更されず 、「シーン終了まで」を選択した場合、効果終了時間は常にオブジェクトが消滅した時間と一致します。

 


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

News

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends