動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

学校用のVSDC動画編集のライセンスを無料で取得します

VSDCでは、創造的思考が開発の重要な部分であると信じています。だからこそ、誰もが動画編集にアクセスできるようにしたかったのです。これがまさに、学校がコンピュータの必要な数に対してVSDCプロの無料ライセンスを取得できるようにする特別プログラムを開始した理由です。

ビデオとオーディオファイルを処理するためのフル機能の無料マルチメディアスイートを提供することで、世界中の学習者が目標を達成し、アイデアを視覚化できるようになることを期待しています。

プログラムへの参加についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。小規模な学校でも大規模な大学でも、VSDCファミリーにぜひ参加していただければ幸いです。

VSDCを学校の教育プロセスでどのように使用できますか?

あなたの学校・大学のプロジェクトを

スライドショーウィザードで学校・大学のプロジェクトを簡単にします

あなたの大学のテレビを作成します

高度なクロマキーとナレーションツールを使用して、大学のテレビ番組を作成します

すべてのスポーツを強調表示

タイマー、ズーム、スローモーションですべてのスポーツイベントに興味を集中させます

動画編集を教える(学ぶ!)

プロの色補正ツールとモーショントラッキングツールを使用して、高度な動画編集技術を教えます(そして学びます!)

ビデオレッスンの作成

スクリーングラバー、ピクチャーインピクチャーエフェクト、テキストキャプションを内蔵した魅力的なビデオレッスンを作成します。

 

教育ライセンスを取得する方法

  1. www.videosoftdev.com/jp/free-video-editor
    というランディングページへのリンクを使用して、VSDC動画編集の言及をウェブサイトで公開します。(学生のリソースページがある場合は、言及するのに最適な場所になります)
  2. 以下の申し込みフォームに記入してください

Compare VSDC Free and Pro video editing software

 

VSDC Video Editor Help User Manual

VSDC無料動画編集
ヘルプとは何ですか

ユーザーマニュアルは、インターフェイスとすべての機能に焦点を当てたプログラムの詳細な説明を提供することを目的としています。

現在、VSDC無料動画編集ヘルプのパート1はプロ版の登録ユーザーだけにPDF形式でダウンロードすることができます。

すべての新しいプロの加入者は、アクティベーションキーを使用して電子メールでこのリンクを受け取ります。

プロユーザーになった場合には、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へメッセージでヘルプリンクをリクエストしてください。

あなたはまだプロの加入者ではない場合は、プロの編集の世界を楽しむために、以下のボタンをクリックしてください。

 
VSDCプロ動画編集を今すぐ購入する
何が含まれています
マニュアルのこの部分では、次のインターフェイスカテゴリに関する詳細な情報を見つけます:
  • リボンコマンドバー
  • プロジェクト/オブジェクト エクスプローラー
  • プロパティ/リソースウィンドウ
  • シーンの領域
  • タイムラインの領域
  • さまざまなツールバー
  • 追加のウィンドウ
各カテゴリには、そのすべての要素の構造的で詳細な説明があります。例えば、対応する画像およびスクリーンショットを含んでいるウィンドウやタブやボタンです。
 
その他の技術
サポート情報
ステップバイステップの説明のほうがいい場合は、テキストガイドを参照してください。
チュートリアルの動画を観るために、YouTubeのチャンネルを利用してください。
 
VSDC無料動画編集
について

UHD品質のドローンやアクションカメラクリップからチャートや図表の広い配列を持つビジネスプレゼンテーションまで、任意の複雑さの映画を作成するためのプロのノンリニアビデオ編集スイートです。これは、DVD、HDとGoProの動画を含む、最も一般的なビデオ/オーディオフォーマットやコーデックをサポートしています。事前設定済みのプロファイルは、様々なマルチメディアおよびモバイルデバイス用の動画の作成を絶対に手間のかからないようにします。

 

VSDCと一緒にプロのビデオ編集の世界を探究します。

2倍速

2倍速

もっと安定したし、ハードウエアアクセラレーティド版を使って速く編集を管理します。

高めた解決

高めた解決

正確な結果出るためにがサブピクセル解決とビデオや画像変換を処理します。

マスクツール

マスクツール

10種類以上のマスクタイプを使用してビデオ内の必要な要素を非表示したり、ぼかししたり、ハイライトしたりする

多色クロマキー

多色クロマキー

本当のTVスタジオ見えるように、ビデオの背景に適当な色を選びます。

プロのビデオ編集のために詳細設定

プロのビデオ編集のために詳細設定

調整可能なパラメーターの設定にを利用してビデオオブジェクトとかアニメーションカーブモーション パスを作成します。

 

VSDC Freeおよびプロのビデオ編集のソフトウェア

  FREE PRO
ビデオ編集のフルスイート
プロのビデオ編集のために詳細設定
動画の安定化
ハードウェアアクセラレーション
オーディオの波形
サブピクセル解決 標準 アドバンスド
ボイスオーバー 標準 アドバンスド
マスクツール 標準 アドバンスド
クロマキー 標準 アドバンスド
テクニカルサポート 標準 アドバンスド

VSDC Free Video Editor :: video files editing

VSDC Free Video Editor :: video cropping

VSDC Free Video Editor :: slideshow creating

VSDC Free Video Editor :: animation creating

 

discount

VSDC Video Editor Proの申込みについて詳細情報を得るためにはFAQを調べてください、またはこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。に書いてください。

現版はWindows XP SP3の先の版で実行されない注意してください。Windowsの旧バージョンが使用したら、VSDC Video Editor version 3.3.5のバージョンを使ってください。

プログラムをインストールする ために、「Download Video Editor」 というボタンを押して、インストレーションが始まった後で、画面で案内に従ってください。

 

変更の一覧

変更の一覧

7.1版

  1. エディターのインターフェースが改善されました
  2. LUT編集ツールセットが拡張されました:
    • ユーザーは、同じLUTに対して複数の構成ステージを作成できるようになりました
    • フェードトランジションと色調整効果が利用可能になりました
    • ユーザーは、シーンとオブジェクトのカラースコープとヒストグラムを表示できるようになりました
  3. 動画エフェクトメニューの「色調補正」セクションにカラーツイストエフェクトが追加されました
  4. 動画エフェクトメニューの「スペシャルFX」セクションにマトリックスエフェクトが追加されました
  5. ユーザーはカスタムキーボードショートカット(ホットキー)を追加できるようになりました
  6. 動画に字幕を追加するプロセスが最適化されました:
    • 字幕の長さは字幕ファイルの長さに対応するようになりました
    • 自動字幕マークダウンが利用可能になりました
  7. シーンプレビューをより便利にするために、3つのタイムラインスクロールモードが追加されました:
    • 固定したスムーズなスクロール
    • アダプティブスムーズスクロール
    • タイムラインの中心からスクロール
  8. その他の改善とバグ修正:
    • RAWファイルを開こうとしたときに発生するエラーが修正されました
    • fpsレートの高い動画の再生が最適化されました
    • OpenGLバッファの問題が修正されました
    • すべてのモードがAACコーデックでサポートされるようになりました
    • 逆再生効果のパフォーマンスは、すべてのファイルタイプで安定しています
    • Instagramの動画が部分に分割されるエラーが修正されました
    • 切り取りと分割のウィンドウに、ストーリーボードと簡略化されたオーディオ波形が含まれるようになりました
    • タイムライン上でオブジェクトをすばやくトリミングできるようになりました

6.9版

  1. LUTエディターがプログラムに組み込まれており、ユーザーは次のことを実行できます:
    • 新しいLUTを作成し、それらをテンプレートとして保存します。
    • プログラム内で既存や第三者のLUTを直接編集します。
    • カスタムLUTをエクスポートして、他の写真またはビデオエディターで使用します。
  2. さらに、クリップボードを介してLUTをシーンまたはリソースウィンドウに追加できるようになりました。
  3. 時間の再マッピングツールがオブジェクトアニメーションで利用できるようになりました。これにより、移動しているオブジェクトの速度を簡単に変更したり、移動パスの選択したセクションでオブジェクトを逆方向に送信したりできます。この機能は、ビデオに追加された画像、タイトル、シェイプ、またはその他の第三者のオブジェクトに適用されます。
  4. 動画エフェクトの自然カテゴリに「ゴッドレイ」効果が追加されました。これは、大気または追加されたオブジェクトのギャップを通過する3次元の光線の錯覚を作成します。
  5. モーショントラッキングモジュールでは、移動マップを曲線(破線またはベジェ曲線)に変換し、追跡精度を微調整できるようになりました。
  6. VSDC動画編集のインターフェースは、ヒンディー語、トルコ語、ウルドゥー語、ペルシア語にローカライズされています。
  7. Shiftキーを押しながら再生ヘッドの上部を押し続けることで、タイムラインワークスペースを調整できるようになりました。
  8. セグメント化マーカーという新しいマーカーの種類が追加され、ビデオファイルをパーツに分割してエクスポートできるようになりました。
  9. テンプレートウィンドウで、名前とタイプでテンプレートをフィルタリングできるようになりました。テンプレートの期間を設定する機能がサポートされるようになりました。
  10. マイナーな改善とバグ修正:
    • Windows8.1でハードウェアベースのエフェクトを使用しているときにクラッシュするのを防ぎました。
    • フランジャーとコーラスエフェクトのサウンドの歪みが修正されました。
    • 低fpsレートのMP4ファイルの継続時間認識が改善されました。
    • サブピクセルレンダリングオプションが強化されました。
    • モノラル信号を含むファイルのオーディオ抽象化効果アルゴリズムが修正されました。
    • 基本効果ウィンドウに補間の画質管理が追加されました。

6.8版

  1. 動画エフェクトのトランジションカテゴリに「粉々になったガラス」効果が追加されました。 それは割れたガラスのような錯覚を作り出し、強力な劇的な効果を達成するのに役に立ちます。
  2. 動画エフェクトのトランジションカテゴリに「ペイントブラシ」効果が追加されました。運筆ごとで動画をカバーしたり、上塗りから次の画像を表示したりします。
  3. テンプレートライブラリが追加され、既存のエフェクト間を簡単に移動したり、新しいカスタムテンプレートを作成したりできるようになりました。
  4. オブジェクトのほとんどのパラメータと基本的な効果を一括で変更するオプションを使用して、グループ編集を利用できるようになりました。
  5. 選択した任意の時間に移動速度を変更し、より調整可能なカスタムシェイプを作成できるベジェ曲線が追加されました。
  6. テキスト効果の新しい処理モードには、「グリフにより」、「言葉により」、「行により」、「段落により」が含まれます。
  7. マイナーな改良や主要なバグ修正:
    • 動画エフェクトの変換カテゴリにハードウェアアクセラレーションオプションが追加されました。
    • 複数の自動保存ファイルを作成するオプションで拡張された自動保存機能。
    • 復元されたスナップショットに一意の名前を設定するオプション。
    • 追加された「Ctrl」キーを使用して、選択したオブジェクトをシーン全体にすばやくドラッグします。
    • 強制インターレース解除の新しいモードが追加されました。
    • リソースをドラッグするときのメモリリークが修正されました。
    • 波形表示でアプリがクラッシュし、移動効果のコピーペが防止されました。
    • ディストーションとレンズのディストーションエフェクトの正しい表示が復元されました。

6.7版

  1. 動画エフェクトの「トランジション」カテゴリに「燃えた紙」効果が追加されました。 それは次のシーンを明らかにする燃える一枚の紙を模倣します。
  2. 動画エフェクトの「トランジション」カテゴリに「フロー変換」効果が追加されました。 トランジションは、フラクタル駆動の画像の歪みを表します。
  3. 3つの文字のアニメーション効果が追加されました:
    • 「色を変更」は、文字の色または不透明度が変更されます。
    • 「文字シフト」は、文字が画面上のある場所から別の場所に移動します。
    • グリフFXは、サイズ、スキュー角、回転など、シンボルの外観属性を変更します。
  4. タイムラインでの処理をより便利にするためにマーカーが追加されました。
  5. 多数のプロジェクトファイルを処理するためにワークスペース構成マネージャーが追加されました。
  6. オブジェクトエクスプローラーに含まれる検索フィールド。
  7. マイナーな改善とメジャーなバグ修正:
    • 複数のファイルを同時に選択し、グループでファイルをエクスポートし、ファイルを削除するオプションで再設計されたリソースウィンドウ。
    • ビデオオブジェクトに追加された強制インターレース解除パラメータ。
    • 最適化されたNvidiaハードウェアコーデックを使用します。
    • 影、ページめくり効果に加速オプションが追加されました。
    • スキンが有効になっているときにVistaでクラッシュする問題が修正されました。
    • モーショントラッキングモジュールの使用中にプロジェクトリソースを削除できないようにしました。
    • 特定の形式のファイルのオーディオとビデオの同期が復元されました。
    • 「壊れたTV」エフェクトを使用している時、シーンスケールが適用されます。
    • ランダムドットステレオを使用している時、アプリのフリーズが修正されました。
    • 8の文字サイズを選択すると、アプリがクラッシュするのを防ぎます。

6.6版

  1. 背景除去効果がアップグレードされ、次の3つのモードが含まれるようになりました:
    • HSLクロマキー色(プロ版)
    • YUVクロマキー色(無料版)
    • クロマキーマスク(無料版)
  2. 「スペシャルFX」メニューに「顔のランドマーク」効果が追加されました。 顔の動きを追跡した画像やマスクをすばやく追加できます。
  3. 粒子効果とそのテンプレートが、「動画エフェクト」メニューの「自然」カテゴリに追加されました。
  4. よりスムーズなスローモーション効果のために追加された「オプティカルフロー」と「ブレンディング」リフレーミングモード。
  5. トランジションの標準セットは、トランジションをスムーズにするアルファチャンネルによって強化されています。
  6. フリーシェイプツールが改善され、より速く、より便利なシェイプ描画が実現しました。
  7. 動画エフェクトのレンダリングは、速度を上げてメモリ使用量を減らすように最適化されています。
  8. マイナーな改善とメジャーなバグ修正:
    • AV1動画形式がサポートされるようになりました
    • 動画の再生速度を変更するたびに、オーディオのテンポも変更できるようになります
    • サブピクセル解像度がVSDCの無料バージョンで利用可能になりました
    • 「Ctrl」キーを押しながらマウスホイールを上にスクロールすると、シーンを拡大できるようになりました。
    • グリッチプリセットが修正されました
    • 報告されたチャート編集の問題が修正されました
    • 火の効果のスケーリングが改善されました
    • オーディオレコーダーのプロファイルが復活しました

6.5.1版

  1. 強力な光源を模倣したレンズフレア効果が、「動画エフェクト」メニューの「Open GL」カテゴリに追加されました。
  2. 「動画エフェクト」メニューの「Open GL」カテゴリに追加されたボケグレア効果。 丸いエッジやエッジのきいた光が透けて柔らかくぼやけた背景を作成します。
  3. 雨滴エフェクトが、「動画エフェクト」メニューの「Open GL」カテゴリに追加されました。 「雨滴」と「霧のガラス」の2つのモードが利用可能で、フッテージの対応する雰囲気を作成します。
  4. モザイク、羽毛、フレア、火、星空の夜など、ニューラルネットワークのペインティング用の20以上のプリセットを備えた「動画エフェクト」メニューの「スペシャルFX」カテゴリで導入されたAIアートジェネレーター。
  5. 「動画エフェクト」メニューの「変換」カテゴリに、歪み効果の種類として極座標が追加されました。 シーンの中心(ポール)に周りでオブジェクトを回転させることにより、ユニークな円形の画像を作成できます。
  6. AMD及びIntelビデオカードのサポートが動画エクスポートのハードウェアアクセラレーションに追加されました。
  7. インドの言語のテキストの特殊文字が追加されました。
  8. マイナーな改善とバグ修正:
    • MP3やAACオーディオコーデックの微調整が追加されました。
    • 選択した複数のオブジェクトで使用できるオーディオノーマライズ。
    • 動画・オーディオ同期の強化。
    • 間違ったデバイスを選択してボイスオーバーを適用するクラッシュが修正されました。
    • 16を超えるコアのHEVCコーディングが利用可能になりました。
    • タイムラインに追加された「スペシャルFX」エフェクトが復元されました。

6.4.5版

  1. 「ビートを編集する」ツールが追加され、ユーザーは動画エフェクトを拝啓のオーディオに同期させることができます。
  2. 動画エフェクトメニューの「スペシャルFX」カテゴリに「ドロップシャドウ」エフェクトが追加されました。 ビデオに追加されたオブジェクトにリアルな影を描くのに役立ちます。
  3. 角度、カール、影などの新しいパラメーターで更新されたページめくりのトランジション。
  4. VSDCアプリのコアが更新され、ソフトウェアのパフォーマンスが最適化されました。エンコード/デコードの速度が30%向上し、HDRビデオを含む新しいコーデックと形式でフォーマットの互換性が拡張されました。
  5. 動画のプレビューを高速化するために追加されたプロキシモードは、全体的な処理時間を短縮します。
  6. 最後のフレームから最初のフレームまで段階的にビデオを分析することを可能にするリバースモーショントラッキングのアルゴリズムが追加されました。
  7. 2つ塗りつぶしのマスクモードマスクモードが追加されました:TeleaとNavier-Stokes。 画像や動画の破損した部分を修復し、視覚的に魅力的に見えるようにすることを目的としています。
  8. マイナーな改善とバグ修正:
    • テキストエディタ用に追加されたスマートな元に戻す/やり直しバッファ。
    • 追加されたすべてのオブジェクトのシーンのスクロールバーのモード。
    • 復元されたウィザードでのファイルの選択。
    • オーディオプロファイルエラーが削除されました。
    • モーショントラッキング用の新しい領域の作成に関するエラーが修正されました。

6.4.2版

  1. 移動マップを作成し、オブジェクトをビデオ内の移動要素にアタッチする機能が追加されたモーショントラッキングツール。
  2. 動画エフェクトの「変換」カテゴリに追加された「レンズ歪み」というエフェクト。 レンズの光学設計に起因する画像の変形を模倣します。
  3. 動画エフェクトの「変換」カテゴリに追加された「歪める」というエフェクト。一連の一般的なビジュアルプリセットが付属しています:ファセットガラス、魚の目、渦巻き、ワールプール、回転、分極、爆発、波などです。
  4. Instagramのエクスポートプロファイルは、IGTVに最適な設定を選択するオプションで更新されました。
  5. 64,000、88,200 及び96,000 Hzの周波数がオーディオ処理に使用できるようになりました。
  6. JFIFは、サポートされている画像形式のリストに追加されました。
  7. オブジェクトの背景は、スライドショーメーカーで変更できます。
  8. 最適化された多くのエフェクト:ガウスぼかし、モーションぼかし、遠近感、スキュー、プッシュ、ワイプ、拡散。
  9. プレビューを高速化するために、サブピクセル解像度を無効にすることができます。
  10. マイナーな改善とバグ修正:
    • コピーアンドペーストが防止された曲線パラメーターでアプリがクラッシュします。
    • 元に戻す/やり直しを適用する際のシーンプロパティの保存が修正されました。
    • 最後の数ミリ秒でのオーディオトラックの再現が復元されました。
    • x64版のDVD記録のエラーが修正されました。
    • VP9ビデオコーデックのマルチスレッド化が復元されました。

6.4版

  1. フッテージを処理するストーリーボードモードが追加されました。 デフォルトでは、ファイルはストーリーボードの形式でタイムラインに追加されます。
  2. ビデオ効果の特殊FXカテゴリに追加されたカスタマイズ可能なグリッチエフェクト。
  3. PCメモリの使用量を節約し、より正確な結果を提供するために最適化されたブレンドモード。
  4. 波形が更新され、タイムラインに作業の進行状況が表示されるため、サウンドトラックでの作業が簡単になりました。
  5. サポートされている形式の選択肢はMXF形式で拡張されました。MXF形式は、デジタル形式の実際のビデオテープの代替となるプロフェッショナルなビデオやオーディオコンテンツ用のビデオコンテナ形式です。
  6. ビデオキャプチャと画面レコーダーが大幅に改善され、ソフトウェアパフォーマンスが向上しました。
  7. マイナーな改善とバグ修正:
    • 4k映像ビットレートの正しい表示が復元されました。
    • 波形作成時のメモリリークが修正されました。
    • マルチスレッドの画像デコードのクラッシュが防止されました。
    • ノイズと境界線効果を適用する際のシーンスケールが修正されました。
    • WebMファイルのIフレーム間隔が改善されました。

6.3.8版

  1. デバイスの選択オプションは、プロジェクトの設定ウィンドウに追加しました。
  2. クロップ設定が大幅に拡張され、別の効果として「変換」カテゴリに含まれています。
  3. プレビューを高速化するためにどの特定のフレームを省略するかを選択できる「フレームをスキップする」オプションがプレーヤーに追加されました。
  4. アプリのプロパティをファイルとして保存し、必要に応じて将来使用するためにインポート/エクスポートできるようになりました。
  5. ドラッグアンドドロップのオプションが強化及び拡張され、インターフェイス、シーン、タイムライン、またはリソースウィンドウの任意の部分に適用できます。
  6. マイナーな改善とバグ修正:
    • ズームや回転効果でより正確なサブピクセルに達しました。
    • 移動ツールの適用時の回転角度エラーが修正されました。
    • 特定の操作が妨げられた後のタイムライン上のオブジェクトの重複。
    • 透明なビデオのGIFへの変換が改善されました。
    • フォントのデフォルトパラメータの保存が復元されました。

6.3.5版

  1. 色相・彩度曲線が、高度な色補正のためのもう1つのツールとして追加されました。
  2. タイムラインの強化:オブジェクトを1つのレイヤーにまとめて、オブジェクトのグループを一度にカット、分割、ドラッグしたり、オブジェクトをスナップしたり、オーディオと動画を同期したりすることができます。
  3. VirtualDubプラグインのサポートが有効になりました。ユーザーは、一般的なオープンソースライブラリから200以上のフィルタを追加できます。
  4. iOS及びAndroidスマートフォン用の新しいエクスポートプロファイルが追加されました。iPhone、Samsung、Xiaomi、Sony、Huaweiなどのユーザーは、自分のブランド用の特別なプリセットを選択できます。
  5. タイムラインスケールの新しいホットキー:
    • スラッシュ= 100%スケールに戻す
    • ダブルクリック=前のスケールに戻す
    • +/- =スケールを変更する
  6. マイナーな改良とバグの修正:
    • 2ピクセル未満のオブジェクトを回転させる際のエラーが修正されました。
    • エクスポート段階で誤ったプロジェクト名が表示される問題を解決しました。
    • HLS、HLV、Equalize Histogram効果の赤と青のチャンネルの位置ずれが修正されました。
    • 「基本効果」で「ぼかし」と「シャープ」を適用した後の編集及びエクスポート時の出力イメージの違いが削除されました。

6.3.2版

  1. 基本効果ウィンドウは1つのパネルから使用できる主な色調整効果、RGB及びYUV曲線、クイック回転ツールを導入しました。
  2. 高度な色補正に欠かせないツールとして、RGB曲線が追加されました。
  3. 回転オプションが強化されました:
    • オブジェクトはマウスだけでシーン上で回転させることができます。
    • 移動効果に追加された動きベクトルに従って回転します。
    • 回転中心は、絶対座標系と増分座標系の両方で設定できます。
  4. サポートされている新しい画像フォーマット:SVGとwebP。
  5. タイムライン上でオブジェクトを半透明にできます。
  6. タイムライン上のレイヤーの順序の選択が追加されました。
  7. 回転と反転エフェクトのグループ操作が追加されました。
  8. マイナーな改良とバグ修正:
    • オブジェクトからの効果を追加しながら処理領域を無効にすることです。
    • エージングTVという効果がクラッシュするのを防ぎます。
    • 2 GBを超えるプロジェクトの保存に関する問題が解決しました
    • 復元されたオーディオ抽象化におけるRおよびBチャンネルの正しい位置です。

6.3.1版

  1. プログラムインターフェースは、黒、白、その他のテーマスキンとボタンで再設計されました。
  2. タイムラインは、シーンを最小限して、シーンからデタッチするためのオプションを取り入れました。
  3. カラーグレーディングのツールにLUTという効果が追加されました。
  4. シーン上で動画のプレビューが可能になりました。
  5. 120 fpsのフッテージをインポートして処理する機能が追加されました。
  6. シーン上のオブジェクトをドラッグしながら、他のシーンオブジェクトに関連して自動的に配置します。
  7. マイナーな改善及びバグ修正:
    • シーングリッドを半透明にすることができます。
    • アラビア字との互換性が向上しました。
    • デフォルトでは、回転の効果に表示される回転中心です。
    • 「ビデオと音声は同期して記録されていない」というエラーが修正されました。

6.1.0版

  1. ユーザーが360度動画をプレビューしたり編集したりできる「ビデオエフェクト」の「360度から2Dへ」というオプションを追加しました
  2. ユーザーが3D動画をプレビューしたり編集したりできる「ビデオエフェクト」の「3Dから2Dへ」というオプションを追加しました
  3. 編集可能な「トランジションエフェクト」テンプレート。
  4. ハロウィーン、クリスマス、その他の特別な背景テンプレートは、VSDC ストアからダウンロードできます。
  5. タイムライン設定のフォーマットは、スケールを保存する3つのモードで変更できます。
  6. オブジェクトを同じ幅と高さにする新しいグループ操作
  7. 出力リソースとともにシーンを保存するオプション。
  8. オーディオスペクトラムに作られた新しいパラメータやマイナーな機能強化を追加されました。
  9. マイナーバグが修正されました:
    • MKVファイルを処理する際のエラーが取り除かれました。
    • MP3コーデックが更新されました。
    • 多数のテキストオブジェクトを処理している間にクラッシュ。
    • ボイスレコーダーで修正されたdpiエラー。
    • 移動の除去後、間違っていたオブジェクトの位置が修正されました。

5.8.9版

  1. サウンドトラックをビジュアルにする400以上のプリセットでオーディオスペクトラムエフェクトを追加しました。
  2. 透過性ロゴは、ぼかしおよびピクセル化プリセットを使用して「フィルタ」セクションに追加されました。
  3. 「クイックフィルタ」のテンプレートは編集可能になりました。
  4. 「プロジェクトをパックする」機能には、プロジェクトファイルとそのすべての入力リソースを保存して別のコンピュータに転送するオプションが追加されました。
  5. 設定でタイムラインスタイルを変更できます.
  6. いくつかのエラーが修正されまし:
    • オブジェクトがロックされている間にファイルをビデオやオーディオに分割するとか、リバースのオーディオ効果のプレビューするとか、Shiftという変換効果を使用するとか、アプリケーションがクラッシュしました。
    • AACコーデックを使用したファイルのサウンドに関する問題です。
    • ビデオファイルをカットした後に更新されないオブジェクトの新しい持続時間です。
    • 大きな画面でカーソル位置が正しく表示されなかったです。
    • 複数のHEVCファイルを開くことができなかったです。
    • リソースファイルを置き換える際のマイナーなバグです。

5.8.7版

  1. 2つのノイズリダクションフィルタが追加されました:
    • メディアン
    • オーディオゲート
  2. チャートとダイアグラムを使った作業が強化されました:
    • 2つの3Dチャートが追加されました:ステップエリアとスプラインの領域
    • ガントチャートとレンジバーに「並べて」というパラメータを追加しました
    • 光と材料の設定で拡張された3D円グラフと3Dトーラスチャーのオプション
  3. 動画やサウンドからあらゆる種類のオブジェクトをラインやシェイプに追加するための新しいホットキー。
  4. アラビア合字のサポートが利用可能になりました。
  5. インターフェースは4Kディスプレイに適応しています。
  6. 新しいマイナーオプションが追加されました:
    • プロジェクトリソースからの動画/オーディオのエクスポート/インポート
    • カーソル位置に応じてオブジェクトをカットするためのトリムの開始とトリムの終了
    • リボンのアニメーションを有効にする/ツールバーのアニメーションを有効にする
    • 高速なファイルを開くのを可能にするメタデータキャッシング
    • 壊れたTVの効果でノイズの高さのパラメータ
  7. 修正されたバグやエラー:
    • プレーヤーが閉じたファイルを読み込むとクラッシュする。
    • プログラムがクラッシュした場合、opusコーデックを使用するし、タイムライン上をドラッグしてオブジェクトをコピーし、リソースからイメージを削除し、壊れたTVの効果を使用してコピーします。
    • オーディオフィルタのメモリリーク
    • 波形を表示する失敗
    • すべてのガントチャートのパラメータを利用できませんでした

5.8.5版

  1. 自由形状ツールは、線形およびスプラインパスを使用してオブジェクトを描画するオプションが追加されました。
  2. オーディオイコライザーは、オーディオエフェクトを扱うために追加されました。
  3. 新しいインターレース解除の方法が追加されました:トップ、ボトム、トップリニア、ボトムリニア、ブレンド最優先、ブレンド底優先。 先のメソッドが最適化されました。
  4. オーディオミックスのオプションが最適化されました。
  5. 新しいマイナーオプションが追加されました:
    • ホットキー - スクリーンショットするにはCtrl + F12、オブジェクトを回転するにはCtrl + R
    • ウィザードボタンで 「選択したスプライトを編集する」というオプション
    • ループ内の移動を追加する、つまり、閉曲線を作成する
    • タイムライン上にカーソルを設定する(特定のフレームまたは時間を示すために)。
  6. 修正されたバグ
    • WMV形式のファイル - 壊れたファイルでのイメージとサウンドの損失
    • 複数のシーンでのサウンド欠陥
    • YouTubeカテゴリがサポートされていない場合の通知の不在。
    • DPI対応のサポートの問題
    • インタレースビデオの誤ったデコード

5.8版

  1. 64ビット版はコーディング/デコードの速度の高速化をリリースした:H265コーデックの場合、エクスポート速度が2倍になって、他のコーデックの場合、20%高くなる。
  2. 中国語(簡体字)がインターフェース言語に追加された。
  3. 新しいテキストの輪郭設定が追加された:縁取りと鎖線の種類
  4. バグとエラーが修正された:
    • サブピクセル解像度性能が向上した。
    • スピードアップモードがクラッシュし、オーディオフィルタの障害がなくなった。
    • 「ボイスオーバー」を適用している間に間違ったオブジェクトの期間が修正された。
    • 新しいライブラリーアプリケーションのためにスクリーンレコーダーとビデオキャプチャーのパフォーマンスが向上した。
    • アニメーションのためにファイルをドラッグ/削除するのを修正した。

5.7.8版

  1. 音声録音機能が追加されました:
    • ボイスオーバーはVSDCプロジェクトの動画の必要な部分に音声コメントを追加できる新しいオーディオレコーディングのオプション。
    • ボイスレコーダーはオーディオを録音できて、「ツール」タブに追加されている別のユーティリティです。
  2. テキスト処理の強化:
    • 不透明度を柔軟に調整できるさまざまなプリセットを提供するテキストの縁取りツールです。
    • アラビア語、アラム語、ヘブライ語を話すユーザーのための右から左へ書くオプションです。
    • 擬似ボールドと擬似斜体の文字設定のメニューが大幅に増加されています。
  3. 最適化機能を強化することで、アプリのパフォーマンスの安定性が向上したし、大容量の動画ファイルを操作してもクラッシュするを防ぎます。

5.7.7版

  1. 操作の最適化:
    • 合成操作の速度が約20倍向上し、マスクツールを適用する速度が2倍になりました。
    • プロジェクトが複数のファイルに分割されている場合、複数の動画をYouTubeにアップロードすることも可能になりました。
    • 動画のスピードアップの機能は、動画を100хまで高速化できるようになりました。
    • 60fpsで画面を記録するオプションです。
  2. 新しい視覚効果と特殊効果が追加されました。
    • 煙 - 様々な強度レベルのスモーキーな外観を作成することに役に立つ特殊効果です。
    • オイルペイント - この画像フィルタは、プリズマというアプリに似ている油絵の傑作をつけるのに役立ちます。
    • カラーツイスト - 3つの基本色を調色に基づく自動色補正フィルタです。
    • セピアおよび白黒 - 動画を古典的なレトロ映画に変えようにする効果です。
    • ヒストグラムエフェクト - 画像のコントラストを向上させる簡単な方法です。
    • ソラリゼーションおよびパラボリック効果 - この効果はビデオ画像の色調を逆にします。暗い部分は明るく表示され、明るい部分は暗く表示されます。
  3. 新機能とツール:
    • 動画の安定化 - 不安定な映像をより安定した映像に自動的に変換するユーティリティです。
    • カウンタ - 数日から数秒までの期間、またはフレームを設定できるタイマーを挿入するためにオブジェクトです。
    • Instagramへのエクスポート - Instagramにアップロードするのに適したもう1つのエクスポートプロファイルです。
  4. 軽微なバグ修正を追加しました。
    • 逆効果という効果を「負」に変更し、「逆効果」を別の効果に変更しました。
    • カラー化、しきい値、グレースケールの各エフェクトに新しい操作モードが追加されました。
    • Instagramのようなスタイルが強化されました。
    • グループ操作のエラーが修正されました。
    • レイヤ上/下ボタンが修正されました。

5.7.5バーション

  1. 「プロジェクトのエクスポート」 -「ウェブ」タブで3つの新しいオプションを使用してソーシャルネットワークに簡単なエクスポート:
    • YouTube用の3つの特殊なプロファイルとYoutube.comへのファイルの直接アップロード。
    • Facebook用の1つの推奨エクスポートプロファイル。
    • 「ソーシャルネット」オプションでTwitter用の2つのプロファイルと、Vimeo用の4つのプロファイル。
  2. 合成操作の新しい描画モードが追加された:グレインマージ 、グレイン除去 、覆い焼き、焼き込み、排他。
  3. フリップ効果を強化されて、クイックアクセスパネルの別のツールを作ってきた。
  4. プログラムメモリは最適化された。
  5. そのバグの修正:クリッピング、登録、背景除去

5.7.0バーション

  1. 視覚効果やぼかしフィルタの数を高めました:
    • ぼかしフィルタの範囲はぼかし(ボックス) とスタックぼかしで拡張されました。
    • モーションブラーオプションはモーションタイプを導入することで拡張しました:線形、放射状およびズーム。
    • 透明化効果に「不透明にする」と「透明にする」を追加しました。
    • クリッピングマスクの効果は、数回のクリックで適用される別々の効果になりました。
  2. グラディエントとパターンのパラメータは高度な複数の色補正を可能にするシェイプオブジェクトのブラシツールに追加されました。
  3. WebMはサポートされている入力/出力フォーマットに加えます。
  4. 中間や ブレンドのインターレース解除オプションが追加されました。
  5. アプリのパフォーマンスはAVX2プロセッサのサポートを追加することで、最適化されています。
  6. マイナーなバグの数が修正されました
    • DivXファイルでプログラムがクラッシュした
    • 有効なファイアウォール設定でプログラムがクラッシュした
    • ネットワークドライブに変換
    • オブジェクトの中央揃え

5.5.0バーション

  • マスクツールが追加されました。必須の領域でイメージの半透明を変化させるし、ビデオの一定のパートに効果を追加させます。
  • ブレンドモードが追加されました。
  • クイックスタイルにInstagramのようなフィルターが追加されました。
  • テキストオブジェクトを更新しました:上付き文字と下付き文字のスタイル、カーニング、ベースラインのシフトを追加した、下線および取り消し線のオプションを高めた、ウムラウト、数個の言語で強勢符が追加されました。
  • シーンのコンセプトを変更しました:今全ての視覚のオブジェクトは前にスプライトだけ使えた他の視覚のオブジェクトを含むことができます。
  • システムのクリップボードの処理が追加されました - クリップボードからイメージを挿入するだけではなくオプションはクリップボードにコピーしたリンクからビデオ/オーディオ/イメージファイルを挿入できます。

5.1.2バーション

  • 高めたテキストの編集:
    • 全ての共通の字体や、フォントや、色んな文字符号化のサポート
    • もっと柔軟なテキストの序文 - 自動的に調整可能なブロックにエディターのステージでテキストを入力できる
    • 別々に各自の文字にプロパティを設定する可能性
  • H265/HEVCハードウェアアクセラレーション
  • スペイン語でインターフェース

5.0.1バーション

  • プログラムのインターフェースのリスタイルを完了 - モダンラットデザインに転換
  • H264のコーデックのハードウェアアクセラレーション
  • プロの編集のために調整可能なパラメーターの設定 - ビデオオブジェクトとかアニメーションにカーブモーションパスの作成
  • 最適化したアドバンスドの多色クロマキー
  • インポートのフォーマットとしてH265/HEVCのコーデックの追加

4.0.1バーション

  • フィルターや、デコーダーや、コーダが最適化されました。多数のコーデックのパフォーマンスは、例えばH264、50パーセントの増加されました。イメージを操作するときにズーミング品質を設定の新しい機会を追加しました。また速くパフォーマンスのために多重処理を起動するし、コードや、デコードや、レコーディングや、読込みの処理を分離しました。
  • APNGとGIFフォーマットが追加されました。両方のフォーマットは半透明の効果とビデオの作成を有効にするので、一つがウェブサイトでアニメーションの効果をインプリメントできます。コードしたイメージの品質はディザリング効果のためかなり高めました。
  • SWFとGIFファイルにサイズをかなり減らすことを有効にする圧縮のオプションを追加しました。
  • FLACというオーディオフォーマットは品質の損失なしオーディオを操作するために追加されました。
  • H265/HEVCのコーデックおよびIphone Live Photosのファイルを開く可能性だけではなく2Kと4Kビデオのサポートを追加しました。
  • 作成者、発行者、著作権の情報、他のデータは今結果 ファイルに記録されます。
  • 高めたエディタの有用性:
    • エクスポートの間にプログラムは現在のフォームとプロファイルを保存します。
    • 引数値だけでなくパラメーターが値をとる時限を設定可能性を追加しました。
    • 新しい付加の設定がインプリメントされました。
  • 次のエラーが訂正されました:
    • 数個の言語で字幕をサポートしなかった
    • アニメーションオブジェクトを改良した:同時に開けられるイメージの数はもう限られない
    • 自動のタイトルのエラーが訂正された:結果 ファイルは不正確なシンボルを使って自動的にタイトルを付けたから、プロジェクトのエクスポートが不可能になった
    • 複写のエラーが訂正された:スレッドの使用はアプリケーションの操作を不正確に完了された
    • 局所的なバーションでウェルカムページのエラー:全ての最近の更新があるウェルカムページを含めた
    • イタリア語の通訳が改良しました。

3.3.5バーション

  • 新しいオブジェクトが追加されました:ダイヤグラムをビルドさせるチャートです。さまざまな種類の多数を3Dダイヤグラムを含めてサポートします: 横棒グラフ、積み上げ横棒グラフー、ポイントグラフ、バブルダイアグラム、折れ線グラフ、散布図、高速折れ線グラフ、階段状グラフ、曲線グラフ、面グラフ、曲線面グラフ、積上げ面グラフ、スプライン積み上げ面グラフ、範囲の横棒グラフ、ガントグラフ、円グラフ、3D円グラフ、3Dトーラスチャート、レーダーポイントチャート、トーラスグラフ、折れ線レーダーチャート、レーダー面チャート、レーダースプラインチャート、レーダースプライン面チャート、じょうごグラフ、ピラミッドグラフ、3Dピラミッドグラフ、ハイローグラフ、ローソク足グラフ。
    ダイヤグラムの基本的な機能:
    • オーバタイムで変更する動的のダイヤグラムを作成させる表示したデータセットとデータの値を変更できます
    • 一つのダイヤグラムまたはいろんなダイヤグラムで数個のグラフを作成する(コンテキストで結合した)
    • エクセルファイルから/にエクスポートとインポート
    • 図表の外見はカスタマイズ可能 - チャート、座標軸(ユーザー定義の軸を含めて)、凡例、チャートと軸の名前、レイアウトの線、軸でマーカ、他のエレメント
    • チャートの作成のために使用した配色を完全に微調整する、またはプリセット配色を使用します
  • テンポや、速度や、ピッチを変更させるし、逆に再生させる効果が追加されました。結果としてビデオを逆にするまたは巻き戻すときに、オーディオを再生できます。
  • グループの操作が改良された - 今グループの操作の間にアセットを選択した順序が追跡されます。
  • 今すべてのアプリケーション設定は 同じ場所でグループを作るので、簡単にアプリケーションを管理し、付加機能を、例えば自動保存とバックアップ、追加することを可能になりました。
  • インターフェースが改良された:メニューは拡張されたし、統一されたし、新しいメニューが追加されました。

3.3.0バーション

  • スプライトを描く方法が改良されました。スプライトに適用した効果とスプライトでオブジェクトを描くのを結合できます。
  • エディターは今使いやすい:
    • オブジェクトはスプライトになる機能が追加された
    • メニューが改良されたし、今多く機能性がある
    • 今2つのオブジェクトにビデオを分割できる:オーディオとビデオ
    • パラメーターに視覚のエディターが改良された:
      • エディタは背景でオブジェクトのパラメーターを表示するだけでなく編集したいパラメーターを切り替えることができます相互に依存パラメーターを編集しやすい
      • パラメーター値のバーでもっと正確でパラメーターの値を設定させるパラメーターのスケールを調整できる
  • 最大の潜在的なボリュームのパーセントを入力して、ボリュームを制御できます。出力のコンテンツもオーディオフィルターを適用したコンテンツも制御の効果を適用できます。
  • しきい値という効果が改良されました。今効果はさまざまなモードがあってアルファチャンネルと作業します。
  • 表示したオブジェクトで色の数を減らせるビットの減殺の効果が追加された
  • 今特殊効果のグループはTV効果の下位群があります
    • エージングTV:色は色のあせたように見えるし、スクラッチや、ほこりや、ひびがあります。「古い映画」というグループからデフォルト効果も改良された
    • 壊れたTV:この効果は不安定な画像をエミュレートする
    • ランダムな点ステレオTV:この効果はステレオ干渉をエミュレートする
    • ノイズTV:この効果は干渉を(ノイズ) エミュレートする
  • イタリア語と日本語が追加された

3.2.0バーション

  • ビデオとオーディオに波形のディスプレーを追加された、これはオーディオデータの基礎でビデオを編集させるようになりました (例えば無音の時期を切り取る)。
  • 効果音に波形が表示されることができます。ビデオとかオーディオオブジェクトの必要なフラグメントに正確で効果を適用することが可能になりました。
  • ユーザーに変更しやすくなって、視覚エディターで効果音の全てのパラメーターを編集されることができます。
  • ボリュームの変更の効果を改良しました。今ボリュームは直線や、曲線や、直線のパーツと曲線のパーツの結合に沿って恣意的で変更できます。

3.1.0バーション

  • 使用許諾契約の変更 - 今製品は商業目的で使用できます。
  • ノンリニアオブジェクトのパラメーターの編集は主なタイムラインに移動されるので、インターフェースを統一するし、簡単にしました。
  • その上、ノンリニアパラメーターの軌道の変更は直線も曲線もある数個のパスをもっています。
  • 手で値を入力よりもっと簡単で直感的な視覚エディターでをすべての静的オブジェクトのプロパティが編集されることができます。
  • ビデオやオーディオの編集はもっと柔軟で便利になりました。削除した領域の削除と復旧はアシスタントの助力によってだけでなく編集処理の速度を増している主なタイムラインも可能になりました。
  • プログラム終了に結果になったバグを修理しました。ビデオから一定のフラグメントが削除されたときに問題の原因となるバグを修理しました。

Version 3.0.0

All parameters that used to be changed linearly can now change their values along a curve:

  • Added a parameter modification editor.
  • Added curve templates to the parameter modification editor.

The new version features an all-new principle of managing object/effect parameters. These parameters could previously have a constant value only or change linearly from the start of an effect till its completion. From now on, they can change randomly in the course of an effect.In many cases, it helps remove unnecessary objects from the timeline, increase the usability and reduce the time needed for creating a project.

Besides, parameters can now change their values not just linearly, but along a curve as well, which will help create more complex and beautiful effects.

This means that starting from this version, the editor became completely non-linear.


Version 2.3.1

  • Fixed a bug that could result in the duration of a video or audio object being set incorrectly after removing certain fragments from them.

Version 2.3.0

  • The editor now features 3 new tools:
    - a video converter that has its own set of profiles (conversion settings) that is different from those of the editor and is optimized for converting files from one format to another;
    - a disc burning tool. You can now not only burn projects created in the editor, but use the tool for general purposes;
    - a video download tool – allows you to grab videos from various video services.
  • Improved wizard:
    - added the support of batch file processing;
    - improved thumbnail visualization (thumbnails now show the effects applied to images);
    - added a possibility to apply effect templates to files (so-called “quick styles”)
  • Improved the work of color correction filters by 40% thanks to optimization for new processors, and the work of the image resize function: the speed of the cubic and supersampling methods for resize effect has been increased by 300-400% using new algorithms; also added a resize method based on Lanczos resampling;
  • Optimized memory management;
  • Added multi-threading support to the scene creation process – the preview of complex scenes is now smoother on CPU’s with 2 and more cores, and conversion speed can be up to 50-100% higher on CPU’s with 4+ cores;
  • Added the following filters: AutoGamma (automatic gamma correction), AutoGammaInv (restores the original gamma values after the use of the AutoGamma filter), Median (median filter), DeNoise (noise reduction based on the Wiener filter – applies adaptive filtering to images containing uniform noise).

Version 2.2.2

  • You can now create videos with semitransparency. Codecs have been added that support semitransparency (PNG, lossless JPEG) and the GIF format;
  • An internet profile category has been added with the MP4, FLV, SWF, and GIF formats;
  • "Quick Styles" have been added. Quick Styles allow you to apply the most frequently used effects to the videos you have created;
  • Support has been added for SRT subtitles, which allows you to enter textual messages using a special scripting language;
  • The speed of the algorithms for rendering translucent objects has been doubled thanks to support for SSE2 technology;
  • It is now easier to work with a timeline -- you can copy objects within the timeline itself, and support for a drag-and-drop interface has been added.

Version 2.2.0

  • The ability to create an animation out of a number of images has been added;
  • Video playback during previews and conversion speed have been increased;
  • Minor bugs have been fixed.

Version 2.1.9

  • Changed object rendering on a scene. Objects are now rendered with sub-pixel accuracy, which makes it possible to create smooth object animations;
  • Completely reworked the motion configuration principle, which now uses trajectories, not intervals. Added different types of motion, including accelerated motion;
  • Reworked profiles for exporting projects to video formats. Added the support of profiles for HD and high frame rate videos.

Version 2.1.8

  • Added a possibility to apply filters in the Wizard;
  • Added a possibility to edit objects in the Wizard;
  • Improved the usability of the Wizard;
  • Increased the speed of export for some project configurations;
  • Lowered memory requirements for very large projects;
  • Reworked the timeline – added more control elements;
  • Added animated GIF support;
  • Added a possibility to associate project files with an application;
  • Fixed minor bugs.

Version 2.1.5

  • The timeline has been reworked and updated with additional control elements;
  • Video processing and project conversion speed has been increased; the preview function now works smoother;
  • Fixed a number of minor bugs.

Version 2.1.1

  • Added the support of animated semi-transparent GIF images;
  • Added the support of video files with semi-transparency (Photo PNG and JPEG2000 with Alpha);
  • Memory requirements have been considerably lowered;
  • Video capturing and recording utilities have been updated;
  • It is now possible to use looped videos for video objects;
  • Minor bugs fixed.

Version 2.0.1

The update features a number of filters and sound effects. Added 4 groups of sound effects:

  • Amplitude correction: Fade-In, Fade-Out, Volume;
  • Sound delay effects: Flanger, Chorus, Delay, Phaser, Vibrato, Reverberation;
  • Various audio filters: LowPass, HiPass, Notch, BandPass, LowShelf, HiShelf, Peaking EQ, Wah-Wah;
  • Special effects: Silence, Invert.

This version supports automatic creation of a project backup after every recording and monitoring of the integrity of the most recently saved project copy, allowing the user to roll back to it when necessary.

 

end faq

1 / 3 ページ

News

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends