VSDC Free Video Editor を使うと、どうやってビデオとイメージに効果を適用できるか。

シーンにビデオとイメージを追加する

シーンにイメージを追加する。

効果を追加するには、タイムライン上の画像を ダブルクリックする必要がある。オブジェクトの名前が付いた新しいタブが表示される。

エフェクトを編集する画像オブジェクトのモード

リボン コマンド バーで「エディター」タブを開き、利用可能なエフェクトの一覧をみるために「ビデオエフェクト」(または「オーディオエフェクト」) をクリック] ボタンをクリックして。

たとえば、ぼかし効果を選ぼう「フィルター=>ぼかし」。新しいウィンドウが開いて時間でオブジェクトの位置を設定できる。効果が開始する必要があるポイントを選択することができて、その期間とダイナミクスは親オブジェクトの期間に応じる。選択したエフェクトはタイムラインに表示される。

ぼかし画像オブジェクトのプロパティを編集する

効果は画像にすぐに適用される。

ぼかし画像オブジェクトの効果

[プロパティ] ウィンドウで、他のエフェクトのパラメーターを構成できる。タイムライン上の効果をクリックし、シーンのエリアの右にある「プロパティ ウィンドウ」タブを開いて。ぼかし効果は、使用可能なパラメーターは次: ぼかしの強度やオリジナルのと最終ぼかしレベルである。

 


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.