動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

顔のランドマークを使用してモーショントラッキングのフェイスマスクを作成する方法

6.6版以降、VSDCには顔のランドマークと呼ばれる新機能が含まれています。顔のランドマークを使用すると、動画内の人物の顔に定型化されたマスクをすばやく配置できます。VSDCコレクションからマスクテンプレートを選択するか、独自の画像をアップロードしてマスクとして使用できます。はい、InstagramやSnapchatと同じように、マスクは顔に残り、動きます。

このクイックチュートリアルでは、顔のランドマークの使用方法を紹介します。 テキスト版を読む前に、ビデオを見てください。

 

顔のランドマーク効果を適用する方法

新機能は「スペシャルFX」メニューから利用できるため、適用するには、「動画エフェクト」を開き、「スペシャルFX」に進み、「顔のランドマーク」を選択する必要があります。デフォルトでは、エフェクトは現在のカーソル位置から適用されます。シーンの最初から適用する場合は、ポップアップの「オブジェクト位置設定」ウィンドウで対応するオプションを選択します。

エフェクトを適用すると、タイムラインの新しいタブに表示されます。 その設定は、右側の「プロパティ」ウィンドウで確認できます。「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、エフェクトレイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

マスクテンプレートはVSDCギャラリーから直接ダウンロードできます。または、「ダウンロード」をクリックしてプログラムからギャラリーにアクセスし、目的のテンプレートのコレクションを取得します。

How to download mask templates to use with Face Landmarks in VSDC

顔のランドマーク効果はニューラルネットワークを利用しているため、カスタマイズできるものはほとんどないことに注意してください。基本的に、できることはAIの顔検出、サイズ、マスクの位置をわずかに調整することだけです。

 

顔のランドマーク:効果設定の概要

「プロパティ」ウィンドウで、「顔のランドマーク設定」を見つけます。そこから、テンプレートを選択し、検出された顔の楕円形のスケールを調整し、マスク位置の各コントロールポイントを修正できます。 これらのパラメータを1つずつ概説してみましょう。

テンプレートグループ。 テンプレートコレクションをすでにPCにダウンロードしている場合は、「参照」アイコンを使用してエディターにアップロードします。次に、ドロップダウンメニューを使用して目的のテンプレートグループを選択します。

「テンプレートを適用する」。 各テンプレートグループには、いくつかのテンプレートが含まれています。このドロップダウンメニューを使用して、動画で使用するテンプレートを選択します。

顔幅スケール」と「顔高さスケール」を使用すると、元の寸法に基づいて検出された顔の楕円形を修正できます。

最後の2つのパラメーターを使用すると、初期値最終値を設定できることに注意してください。これは、時間の経過とともに顔の楕円形の幅または高さのスケールを変更でき、それに応じてマスクが調整されることを意味します。これは、再生中に動画の顔のサイズが変更された場合に役立つことがあります。

アプリで検出された顔の楕円形を表示するには、「境界楕円を表示する」ボタンをクリックします。

次のパラメータセットは、コントロールポイント、つまり顔のランドマーク専用です。 デフォルトでは、次のポイントを設定できます:

  • 左の耳
  • 右の耳
  • 鼻先
  • 左目
  • 右目

場合によっては、マスクをより正確に配置するために追加のポイントが必要になることがあります。 このような追加のポイントは次のとおりです:

  • 目の間
  • 頭頂部
  • 鼻の下
  • 顔の下部
  • 左目の下
  • 右目の下

デフォルトのポイント検出は、ほとんどの場合うまく機能します。ただし、特定の場所でマスクを調整する必要がある場合は、それもできます。ポイント名の横にある小さな三角形をクリックするだけで、使用可能なパラメータのセットを展開できます。

これらのパラメータを詳しく見て、設定を微調整したときに結果にどのように影響するかを確認しましょう。

 

ポイント設定

マスクを選択したポイントを中心に時計回りまたは反時計回りに回転させる必要がある場合は、「回転角」を使用します。

位置角」は、楕円の境界にあるポイントの位置を変更するのに役立ちます。

距離スケール」は、ポイントと楕円の境界線の間の距離を定義します。このパラメータ値は、顔の中心と選択したポイントの間の距離に基づいて計算されます。

」はマスクの幅を意味します。

スケールの高さ」を使用すると、マスクの高さを修正できます。

透明度」パラメータを使用すると、マスクを目立たなくすることができます。

画像を反射する」オプションは、選択したポイントを中心にマスクを反転します。

顔の動きを補正する」は、顔の動きに基づいてマスクの位置を調整する必要がある場合に適用するモードです。

同様に、顔が揺れている場合は、「ジッター補正」を使用する必要があります。

 

さあ、新機能をテストしてください

説明が長いにもかかわらず、顔のランドマークの使用は簡単です。VSDCの新しいバージョンをコンピューターにダウンロードして、自分で試してみてください。アップデートに注目し、新しい動画編集のコツを学びたい場合は、VSDCのYouTubeチャンネルに登録することを忘れないでください。

VSDC無料動画編集で粒子効果を使用する方法

粒子は、ミュージックビデオ、SF映画、ロマンチックなクリップでよく見られる美しい効果です。これは、動画で奥行きを生み出し、目的の雰囲気を実現するための確実な方法です。この効果に使用される最も一般的な粒子の種類は、雪片、葉、雨滴、ほこりです。ただし、独自のロゴを含め、任意の画像を粒子として使用できます。

このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集で粒子効果を適用する方法を紹介します。6.6版から利用できるため、公式ウェブサイトからダウンロードしてください。

チュートリアルのテキストバージョンに移行する前に、次の動画をご覧ください。

準備ができたら、粒子テンプレートのギャラリーにアクセスして、好きなコレクションをダウンロードしてください。これらのテンプレートは無料ですが、VSDCでのみ開くことができます。

VSDCで粒子エフェクトを適用する方法

開始するには、VSDCに動画をインポートし、エフェクトの表示を開始するタイムラインの右側にカーソルを置きます。次に、「動画エフェクト」メニューを開き、「自然」に進み、「粒子」を選択します。エフェクトレイヤーが新しいタイムラインタブに追加されます。

共通設定」という1番目のグループでは、タイムライン上のエフェクトレイヤーに名前を付け、動画にエフェクトが表示される瞬間とエフェクトの持続時間をフレームまたは秒単位で手動で設定できます。

2番目のグループである「調整効果設定」には、「透明度」という1つのパラメーターが含まれています。透明度は、効果の可視性レベルを定義し、一定または動的のいずれかになります。後者は、粒子の可視性を透明から不透明、またはその逆に徐々に変更できることを意味します。

段階的な変更を適用するには、初期値と最終値と呼ばれるパラメータを使用する必要があります。「100」は粒子が完全に不透明であることを意味し、「0」は粒子が完全に透明であることを意味することに注意してください。たとえば、これは、初期値を10に設定し、最終値を100に設定すると、効果がこのようになります。

3番目の設定グループは「粒子効果の設定」と呼ばれ、ここで粒子の外観とその移動スタイルを変更できます。以下の設定のこのグループを詳しく見ていきましょう。

粒子のテンプレートを選択する方法

粒子という動画エフェクトを適用すると、サイズ、移動速度と方向、量、さらにはビデオ内の位置を変更できるようになります。ただし、最初に、使用する粒子の種類を選択する必要があります。これをやるには、「テンプレートグループ」と「テンプレート」ドロップダウンメニューを使用します。

ギャラリーからテンプレートを既にダウンロードしている場合は、「参照」アイコンを使用して、PCからテンプレートコレクションをアップロードします。複数のコレクションをアップロードしている場合は、ドロップダウンメニューを使用して必要なコレクションを選択します。

How to download particle effect templates for your video

各コレクションにはいくつかのテンプレートがあります。この例では、「季節」というコレクションには、雪片、緑葉、紅葉、水滴が含まれています。「テンプレート」ドロップダウンメニューを使用して、コレクションで使用可能な粒子をプレビューします。

自分の画像をアップロードして、粒子として使用することもできます。 これをやるには、「画像」の前にある「参照」アイコンをクリックします。

「画像」パラメーターでは、オブジェクトの最大数を設定することもできます。ただし、これは動画に表示される粒子数ではありません。オブジェクトの最大数は、元の粒子画像が分割される部分数を定義するパラメータです。オブジェクトの最大数が1にすると、画像全体が表示されます。値を2に増やすと、元の画像は2つの部分に分割されます。

The maximum number of objects parameter in the Particle effect

風の角度」を使用すると、粒子の移動方向を定義する風向を変更できます。

風の強さ」は粒子の移動速度に影響します。 その値が高ければ高いほど、粒子の移動が速くなります。

設定リストの次のパラメータは「直線移動」と呼ばれ、「」と「」の2つのモードがあります。前者は、粒子の動きが線形であり、前に設定した風の角度によって定義されることを意味します。後者は、粒子の動きがより混沌としていることを意味します。

粒子のサイズ%」と「粒子の最大数」は自明であるはずです。これらのパラメータを使用して、単一のフレームに表示される粒子のサイズと量を変更します。

次のパラメーターは、「レイヤーを使用する」と呼ばれます。 ビデオの3つのレイヤー(前景、中景、背景)を異なる方法で処理することにより、奥行きと遠近感を作成できます。「真」モードをアクティブにすると、粒子は各レイヤーで異なるサイズになります。 さらに、選択したレイヤーでそれらをぼかしたり回転させたりすることもできます。

ぼかしレベル」は、ぼやけたレイヤーにある粒子に適用され、それらを目立たなくするのに役立ちます。

最後に、「オブジェクトを回転する」オプションを使用すると、粒子に回転を適用できます。このパラメータを「偽」に切り替えると、回転はありません。 「真」に切り替えて回転をアクティブにすると、各レイヤーで回転を設定できるようになります。

次の動画で新しい粒子効果を試してみてください

新しい効果はたくさん柔軟性を与え、映画製作へのさらに別の創造的なアプローチを提供します。VSDCの最新版をダウンロードして、自分で試してみてください。

VSDCで利用可能なエフェクトについて詳しく知りたいですか?YouTubeチャンネルに登録してください。

リフレーミングを使用して完璧なスローモーションビデオ効果を実現する方法

アマチュアクリエイターにとって、スローモーション効果を実現する最も明白な方法は、再生速度を下げることです。ただし、このアプローチには注意が必要です。フッテージの速度を大幅に下げると、ビデオが途切れになり始めます。それは非常に残念です。

このクイックチュートリアルでは、単に再生速度を下げることがスローモーション効果を実現する最善の方法ではない理由と、代わりにリフレーミングと呼ばれる新機能を使用してそれを実行する方法について説明します。

幸いなことに、VSDC無料動画編集の新しいバージョンには、「ブレンディング」と「オプティカルフロー」の2つの強力なリフレーミングモードが含まれています。そのため、始める前に、公式ウェブサイトからダウンロードすることをお勧めします。

ビデオチュートリアルを見て、リフレーミングがどのように機能するか、以下で詳細を確認してください。

スローモーションビデオが時々途切れ途切れに見えるのはなぜですか?

動画再生の速度を元の速度の100%から10%に下げたいとします。それをやると、技術的に1秒あたりのフレーム数またはfpsレートが減少します。また、1秒あたりのフレーム数を減らすと、動画がストップモーションアニメーションに変わります。不足しているフレームは、吃音を作成するものです。

視覚化するために、例としてグラデーション画像を見てみましょう。平均的な動画は、問題なく一貫して再生されます。 動画内のオブジェクトは、グラデーション画像の色の変化と同じようにスムーズに移動します。

 

Average video plays smoothly and objects’ movements are seamless - just like colors in gradient

再生速度を10%(元の動画の10分の1)に下げると、1秒あたりに表示されるフレーム数が10分の1になります。それは劇的です。 その結果、ビデオが途切れます。グラデーション画像のメタファーに戻ると、次のようになります:

When you reduce playback speed, you reduce the number of frames per second

これを修正して完全にスムーズなスローモーションを実現するには、リフレーミングに頼る必要があります。それが何であるか、そしてそれがどのように機能するかを知るために読み続けてください。

 

リフレーミングとは何ですか?どのように機能しますか?

リフレーミングは、追加のフレームを作成することにより、低いfpsレートでスローモーションビデオを改善できるようにするアルゴリズムです。

VSDC動画編集で利用できる3つのオプションがあります:

  • 単純なリフレーミング
  • ブレンディング
  • オプティカルフロー

各モードを詳しく見ていきましょう。

単純なリフレーミング」は、フレーム補間なしでスローモーションフッテージが元々どのように見えるかです。 これがデフォルトのモードです。

ブレンディング」は、フレーム間のスペースを複製で埋め、アルゴリズムで定義された比率でそれらをオーバーラップさせることにより、スムーズなスローモーション効果を実現するのに役立ちます。

 

Blending reframing mode creates frame duplicates and overlaps them

技術オタクのために、これがどのように機能するかです。フレームの複製がオーバーラップする割合は、ビデオの各瞬間で異なります(上の図を参照)。カーソルがフレーム1からフレーム2に移動しているとします。30%を通過した場合、重複する割合は次のようになります:フレーム1の70%とフレーム2の30%

 

Visualization of the blending reframing algorithm

カーソルはまだフレーム1に近いため、アルゴリズムはそのフレームから画像の大部分を取ります。カーソルがフレーム2に近づくと、比率が変化します。このアプローチは、動画のすべてのピクセルに適用されます。

 

オプティカルフロー」は、人工知能を利用した最も効率的なリフレーミングモードです。このモードでは、ソフトウェアは隣接するフレームを分析し、それらを複製する代わりに、新しい一意のフレームを作成します。

 

繰り返しますが、技術オタクである場合、プロセスは次のようになります:

  1. まず、ソフトウェアは、フレーム1とカーソルの間のフレームが存在する場合にどのように見えるかを予測します。
  2. 次に、ソフトウェアはフレーム2とカーソルの間のスペースに対して同様の分析を実行します。
  3. プレビューに表示される結果は、これら2つの予測のブレンドです。

 

それで、非の打ちどころのないスローモーションを作成するための最良の方法は何ですか?

動画で速度低下がどのように機能するか、リフレーミングとは何かについて十分に理解したので、この質問に簡単に答えることができます。

再生速度を下げるだけでは、見栄えの良いスローモーション効果を実現することが十分ではありません。ほとんどの場合、リフレーミングを適用する必要があります。選択する必要のあるリフレーミングモードとその結果は、常に元のフッテージによって異なります。画質が高ければ高いほど、リフレーミングの結果は良くなります。

プレビューの画質は、PCの電源にも依存することに注意してください。低スペックのパソコンを使用している場合、プレビューが途切れる場合もあります。その場合は、結果を判断するのに、動画をエクスポートするまで待つことをお勧めします。

VSDCの新しいクロマキーツールセット:無料及びプロ機能の概要

VSDCの新しいバージョンは、かなりの数の驚きをもたらします。更新されたクロマキーツールセットはその1つです。私たちはそれが出てきた方法に満足しています。そしてあなたもそれを気に入るはずです。クロマキーの精度と結果質は非常に優れているため、以前に背景を削除することに熱心でなかったとしても、それがどのように機能するかを確認した後になるでしょう。

クロマキーツールセットの最もエキサイティングな新機能であるHSLカラースペースについてのビデオチュートリアルから始めることをお勧めします。次に、残りの背景除去プロパティについて説明している手順を読むことができます。

VSDCの6.6版をまだダウンロードしていない場合は、ここでダウンロードできます

VSDCでクロマキーを適用する方法

開始するには、フッテージをVSDCにインポートし、「動画エフェクト」メニューを開いて「透明度」-「背景除去」を選択します。オブジェクトの位置設定ウィンドウがポップアップ表示され、クロマキー効果をフッテージに適用する時点が示されます。デフォルトでは、効果はカーソル位置からファイルの残りの部分まで適用されます。 これを変更したい場合は、目的のオプションを選択して「OK」をクリックします。

How to apply Chroma Key in the new version of VSDC

エフェクトを適用すると、エフェクトレイヤーが配置されているタイムラインの別のタブに進むことに注意してください。「プロパティ」ウィンドウは右側からスライドインします。ここにクロマキーの設定があります。「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、エフェクトレイヤーを右クリックして、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。

「プロパティ」ウィンドウには、次の3つの設定グループが含まれています:

  1. 共通設定
  2. 調整効果の設定
  3. 背景除去設定

VSDC Chroma Key effect settings

共通設定では、エフェクトレイヤーにタイトルを追加したり、エフェクトが動画に表示される瞬間(秒単位またはフレーム単位)やエフェクトの期間(秒単位またはフレーム単位)を変更したりできます。

調整効果の設定では、エフェクトの開始と終了の透明度レベルを設定できます。つまり、クロマキー効果に一定の透明度の値を設定するか、時間の経過とともに徐々に増減させることができます。透明度レベルの段階的な変更を設定するには、初期値最終値を使用します。100%は完全な透明度を意味し、0%は非透明度を意味することに注意してください。

たとえば、初期値を100%に設定し、最終値を10%に設定した場合、クロマキー効果は次のようになります:

さらに、初期値と最終値を設定できるクロマキーパラメータが多いです。 つまり、動的な背景除去効果を設定したい場合は、それも実行できます。この機能は、再生中に背景の色調や色が変化する場合に特に便利です。

この設定グループの2行目は、「ソースに適用する」というタイトルであることに注意してください。「ソースに適用する」とは、アップロードした元のファイル(ソース)に変更が直接適用されることを意味します。デフォルトでは、このオプションはレンダリングを高速化するために無効になっています。無効になっている場合、ソフトウェアは動画の縮小されたコピーにクロマキー効果を適用します。ただし、スケーリングによって画像がわずかに破損することがあるのを理解しなければなりません。特に、元のファイルの画質が最高でない場合はそうです。そのため、常に高画質のフッテージを使用することをお勧めします。強力なパソコンを使用していたら、このパラメーターを「真」に切り替えて、スケーリングを忘れられます。

最後の設定グループは「背景除去設定」と呼ばれ、クロマキー効果設定を微調整できます。以下で詳しく見てましょう:

VSDCでクロマキー効果を微調整する方法

チュートリアルのこの部分では、主要なパラメータを1つずつ確認し、それぞれが動画にどのような違いをもたらすかを示します

確認したい最初のパラメーターは「モード」と呼ばれます。 「モード」では、作業する色空間を選択できます。

VSDCには、次の3つのオプションがあります:

  • 「YUVクロマキー色による」はVSDCの無料版で利用可能です
  • 「HSLクロマキー色による」はVSDCのプロ版で利用可能です
  • 「クロマキーマスクによる」はVSDCの無料版で利用可能です

最初の2つのモードでは、YUVとHSLの2つの異なる色空間で作業できます。「クロマキーマスクによる」と呼ばれる3番目のモードは異なります。これにより、画像をVSDCにアップロードし、それをマスクとして使用して、画像に表示されているすべての色を動画から削除できます。各モードについては、後ほど詳しく説明します。

HSLモードを選択した場合は、「出力」を変更することもできます。クロマキーを使用してマスクを作成する場合を除き、常に「複合」出力モードを使用する必要があります。 その場合は「アルファチャンネル」に切り替えてください。

次は「クロマキー色」で、削除する色を選択できます。 デフォルトの明るいグリーンは背景の色と一致しないことがあるため、スポイトツールを使用して手動で色調を選択することを常にお勧めします。

YUVモードでは、動画から複数の色を削除する必要がある場合に、色を追加できることに注意してください。

残りの背景除去設定は、選択したモード(YUV、HSL、または「クロマキーマスクによる」)に基づいて表示されます。以下の各モードを詳しく見ていきましょう。

YUV色空間

RGB色空間またはエンコーディングシステムについて聞いたことがあると思います。YUVは、1つの輝度(Y)と2つの色度(UとV)の3つのコンポーネントで色空間を定義する別のエンコーディングシステムの種類です。

YUV色空間モードを選択すると、次のパラメータを使用してこれらのコンポーネントの値を変更できます:

  • 最小・最大輝度Yしきい値
  • 最小・最大色度Uしきい値
  • 最小・最大色度Vしきい値

これらのパラメータは非常に自明であり、動画から残りのグリーンの色合いがあればそれを削除するのに役立ちます。それぞれが独自のコンポーネントのしきい値を定義します。たとえば、最小輝度しきい値よりも明るい色調はビデオから削除されます。同様に、最小・最大色度Uしきい値は、青い色調のしきい値を定義します。 最小・最大色度Vしきい値は、赤い色調のしきい値を定義します。

この文脈でYUV色空間を視覚化するために、最小値のある最も深い層、つまり最小の赤い立方体を形成する3層の立方体を想像してください。赤い立方体の空間に入る色は、動画から削除されます。最大値は外層を形成し、この空間に入る色の値は変更されません。最後に、最小値と最大値の間の色値が、前に設定したエフェクトの透明度レベルに基づいた色調のスペクトルとして表示されます。

YUV color space visualization

3つのコンポーネント(Y、U、V)がすべて0である場合、クロマキー効果は動画に適用されません。3つのコンポーネントが最大に設定されている場合、すべての色値が削除されるため、黒い画面が表示されます。

アダプティブアルファ」を「偽」から「真」に切り替えると、より良い結果を達成するのに役立つ追加のパラメータがアクティブになることに注意してください。

  • 相似値 – このパラメーターは、可能な色調の偏差を設定します。 0である場合、ソフトウェアはスポイトで選択した色調のみを削除します。 値を大きくすると、ソフトウェアは選択した色調に近いトーンを削除します。
  • ブレンド値 – このパラメーターは、背景が削除された後、オブジェクトの境界線を滑らかにするのに役立ちます。 値が大きければ大きいほど、境界線は滑らかになります。
  • カーネルサイズ – このパラメーターは、オブジェクトの境界線をより滑らかに見せるためにも役立ちます。 値が大きければ大きいほど、編集される境界領域が大きくなります。

HSL色空間

HSLは、色相、彩度、輝度(または明度)の略です。この色空間はプロレベルの機能であり、動画背景を削除するのにはるかに効率的です。スポイトを使用して背景色を削除すると、HSLパラメーターはさらに良い結果を達成するのに役立ちます。そのパラメータがYUVモードとどのように異なるかを見てみましょう。

「色相デルタ」/「最大色相デルタ」  は、色相値に基づいてクロマキーの色調改変の範囲を設定するパラメーターのペアです。これらのパラメータを操作する正しい方法は、色相デルタを0に設定し、背景の大部分が削除されていることがわかるまでゆっくりと増やし始めることです。次に、最大色相デルタを色相デルタの値の約2倍に増やして、必要な色だけを削除するようにします。

「明度デルタ/最大明度デルタ」 – 同様に、このパラメーターは、明度値に基づいてクロマキーの色調改変の範囲を設定します。

「彩度デルタ/最大彩度デルタ」は、彩度値に基づいてクロマキーの色調改変の範囲を設定します。

コントラストを減らすと、クロマキーの色(削除された背景の色)のコントラストレベルを変更できます。エフェクトによって作成された違いを確認したい場合は便利ですが、このパラメータの値は結果のビデオには影響しません。

クロマキーがHSL色空間で機能する方法は、YUVで機能する方法とは異なります。基本的に、HSLを適用するときは、選択した背景色をキーアウトし、動画内のそのスペースを透明にすることでマスクを作成します。「マスク」を表示するには、出力を「アルファチャンネル」に切り替えます。マスクは、黒い空間が削除された背景である白黒画像のように見えます。

How to view chromakey mask using the Alpha channel

マスクの境界線をよく見てください。通常、マスクは粗く、平らでないです。このため、背景を別の画像やフッテージに置き換えると、動画がプロに見えない場合があります。これを修正するには、境界線を滑らかにするように設計された最大6つのクロマキー後処理フィルターを適用できます。

Post-processing filters allow you to make chromakey mask borders smoother

フィルタはカスタマイズ可能です。つまり、達成しようとしていることに基づいて、手動でモードを選択できます。各フィルターで使用できるモードは次のとおりです:

  • 「フィルタを最大化する」ー このフィルターは、各ピクセルの周囲の領域を分析し、最大値を適用します。
  • 「フィルタを最小化する」ー このフィルターは、各ピクセルの周囲の領域を分析し、最小値を適用します。
  • 「中央値フィルター」ー このフィルターは、各ピクセルの周囲の領域を分析し、メディアン値を適用します。
  • 「ぼかしフィルター」ー このフィルターは、マスクの境界を形成するピクセルに中央値を適用します。

各フィルターには、さらに2つのパラメーターがあります。「レベル」(分析された領域のサイズ)と「ステージの順序」(フィルターが適用される順序)です。

すべてのフィルターの値が同じであっても、順序を変更するだけで、大幅に異なる結果を得ることができます。

クロマキーマスクによる

VSDCの3番目のクロマキーモードは「クロマキーマスクによる」と呼ばれ、前の2つのモードとは大きく異なります。このモードでは、ビデオから削除する色を含む画像を手動でアップロードします。 ソフトウェアは画像の色を検出し、キーアウトします。

仕組みは次のとおりです:

  1. 「クロマキーマスクモードによる」に切り替えます。
  2. 動画から削除する必要のある色を含む画像である「クロマキーマスク」をアップロードします。
  3. これで、ソフトウェアは画像と動画を比較し、ビデオから一致するすべての色を削除します。

これをやったら、先に進んでパラメータを微調整し、より良い結果を得ることができます。パラメーターの一部は、YUVモードのパラメーターと類似しています。 したがって、固有のパラメータのみを見ていきます。

マスクサイズ変更係数」というパラメーターを使用すると、アップロードされた画像のサイズを縮小して分析を高速化できます。その値が高ければ高いほど、画像サイズは小さくなります(つまり、分析するピクセルが少なくなります)。ただし、画像が小さければ小さいほど分析の精度が低くなり、色の除去質に影響を与える可能性があることを理解しなければなりません。

サイズ変更モード」というパラメーターを使用すると、5つの画像サイズ変更モードのいずれかを選択できます:

  1. 最近傍点による補間
  2. 線形補間
  3. 立方補間
  4. スーパーサンプリング補間
  5. Lanczos補間

新しい背景を追加する時間

動画から背景を削除するためにどのアプローチでも選択した場合、最も既存の部分は、おそらくビデオまたは画像の両方である新しい背景を追加することです。主なタイムラインタブに戻り、インターフェイスの上部にある「オブジェクトを追加」メニューを使用して、コンピューターから目的のファイルを選択します。次に、以下に示すように、新しい背景をクロマキーマスクの1レイヤー下に手動で配置します。

How to add a new background to a video

プレビュー機能を使用して、すべてが良好に見えることを確認します。調整が必要な場合は、いつでもクロマキーの設定に戻ることができます。グリーンスクリーンの動画をダブルクリックして、背景除去エフェクトレイヤーにアクセスし、「プロパティ」ウィンドウを使用します。

さあ、自分で試してみてください! 新しいビデオチュートリアルを公開するたびに通知を受け取るには、YouTubeチャンネルに登録することを忘れないでください。

粒子という動画エフェクト

「粒子」はカスタマイズ可能な動画エフェクトで、葉、雪片、その他の浮かんでいる粒子をフッテージに追加するのに役立ちます。このページの下部に粒子テンプレートを備えた無料のギャラリーがありますが、任意の画像をVSDCにアップロードして、ビデオの粒子に変換することもできます。テンプレートを使用している場合でも、独自の創造性を使用している場合でも、粒子のサイズ、速度、量、回転、さらには風向を調整できます。

粒子は、動画編集の経験が不要な初心者向けのエフェクトです。以下のチュートリアルを見て、数分以内にそれを適用することを学びます。 次に、テンプレートコレクションをダウンロードして、自分で試してみてください。

News

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends