動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

Making MP4 Files

MP4, or MPEG-4, is a digital multimedia container format utilized for storing audio, video, subtitles, and images. Unlike other formats such as AVI, MOV, FLV, WEBM, and others, MP4 provides efficient compression and broad compatibility, making it a preferred choice for content creators who want to ensure their files are playable on virtually any device or website. For beginners in content creation looking to ensure their files display across various platforms, MP4 is a perfect choice for sharing and streaming. For advanced users, this format can be particularly beneficial as it is compatible with most codecs, including H.264 and H.265.

How to export video in VSDC to mp4

In this article, we explore the complexities of creating MP4 files, examining the process of making MP4s from the ground up with VSDC Free Video Editor and VSDC Video Converter.

How to Make a MP4 File In a Video Editor

For an easy video conversion, VSDC Free Video Editor is at your disposal. This process of is rather simple:

  1. Variant 1: Making MP4 From a Ready-Made Video

    In case you have a ready-made video and simply need to convert it to MP4 format while retaining all the original video parameters such as frame rate, resolution, etc. start VSDC Free Video Editor and select the Import Content option. Navigate through the file explorer to choose your video. Upon selection, the editor automatically generates a project template based on the video's parameters. Verify these parameters and confirm by clicking Finish and proceed to Step 2.

    Variant 2: Making MP4 Video From Scratch

    In case you need to create a MP4 file from scratch aiming to craft an elaborate video with multiple media files featuring cinematic effects, transitions, animations, or you need to merge files, reduce video size, or adjust resolution, start with the following:

  2. Navigate to the Export Project tab located at the top of the interface. Here, you'll choose your desired format from the Ribbon.
  3. MP4 format options are available under PC and Web media devices, with specific presets for platforms like YouTube, Instagram, Facebook, Twitter, and Vimeo, as well as iPhone/iPad and Android devices.
  4. Сheck the Input and Output parameters at the bottom to ensure they align with your project's needs. Choose where to save your video in the Output file(s) field. If you wish to change this location, opt for the Change Name… function. When your video is ready and doesn't require further adjustments, hit the Export Project button on the Ribbon.

Advanced Settings (Optional): If you need to make more detailed adjustments regarding size, codec, or video quality, refer to the How to Change MP4 Export Settings section below in this article.

Making a MP4 Video in a Video Converter

Alternatively, using VSDC Free Video Converter offers the advantage of converting multiple files to MP4 simultaneously. Here's how to do it:

  1. Launch VSDC Video Converter.
  2. Drag your media file to the Source files area or use the Open files and Add files functions to select it.
  3. On the Ribbon select the preferred media device (PC or Web) and choose the MP4 format.
  4. Open the Show Information menu in the bottom right corner to review and adjust the Input and Output settings. If modifications are needed, click Edit Profile… for further options.
  5. Check the Output file(s) field to see where your video will be saved. To alter this, use the Change Name… function to manually select a destination. Finally, click Export Project on the Ribbon to complete the process.

This method is particularly efficient if you're not planning to alter video settings beyond the format. For those needing to modify video size, resolution, or quality, refer to the How to Change MP4 Export Settings section. This part will delve into the nuances of adjusting settings via the Edit Profile feature, ensuring your video meets your exact specifications.

How to Change MP4 Export Settings

Adjusting the MP4 export settings in VSDC to match your specific needs for video size, resolution, frame rate, and codec is straightforward. Follow this easy step-by-step guide to ensure your video looks exactly how you envisioned it, whether you're aiming for a specific quality, size, or compatibility with various devices and platforms.

  1. Step 1: Navigate to Export Settings
    • After finalizing your video, click on the Export Project tab.
    • Go down to the Profile section at the bottom of the window.
  2. Step 2: Select Your Codec and Quality
    • Different presets will appear in the drop-down menu depending on the device you select and the MP4 format for different platforms.
    • Choose from available codecs (e.g., MPEG4, H.264, H.265) and quality settings (from 360p to 4K).
    • Pro users with compatible graphics cards can enable hardware acceleration here to speed up the video export.
  3. Step 3: Fine-Tune Your Export Profile
    • Then explore the drop-down menu on the right for detailed profile settings.
    • Adjust according to your preferences. Changes will reflect in the Output file settings below.
  4. Step 4: Confirm Output File Settings
    • Check the Output file(s) field for where the video will be saved. Change it if needed by using the Change name option.
    • When you are satisfied with the result, click Export project on the Ribbon.

For Advanced Customization: Edit Profile

  1. If the preset options don’t fit your needs, select Edit profile for more detailed settings.
  2. At the top of the pop-up window, you'll see the name of the profile you are about to export your video to. Below that, in the Profile field, you'll find pre-set configurations for various codecs and video qualities from which you can choose. If these do not meet your needs, proceed to the Video settings field for custom profile options.
    • In the Video settings field, select a codec for the output video depending on its playback destination. For more experienced users, detailed codec customization is available via the Configure… option.
    • The Preset field impacts compression efficiency, affecting encoding speed.
    • The Resolution, Width and Height parameters allow you to set the desired project resolution upon export. Be aware that setting different values from the original project creation might result in black borders or reduced quality due to video resizing. To prevent black edges, use the Aspect correction >> Reaspect image option, although this may stretch the image if the resolution difference is substantial.
    • The Encoder mode adjusts how video compression occurs during export. The parameters Constant rate factor (CRF) and Constant quantizer (QP) influence quality, which is indicated next to the Quality field. Higher quality settings will reduce the encoder's compression, preserving more of the original video quality at the cost of larger file sizes, a principle known as "lossless" compression.
    • Another parameter, Average bitrate (ABR), governs the output video's bitrate. The export process typically increases the bitrate compared to the input file, but you can limit it in the Bitrate field. Higher bitrates maintain good quality but result in larger file sizes.
    • The Target file size encoder mode allows specifying the desired output file size, which may impact quality if it is too small.
    • The final parameter to consider in Video settings is Framerate. You can set a specific value, but if it significantly differs from the project's original setting, video and audio may become desynchronized.
  3. Move to the Audio settings section to adjust the Audio codec, its bitrate, frequency, and audio channels. Use the Configure option for more detailed codec settings.
  4. Once adjustments are complete, click Apply profile.
  5. To save the video to your PC, go to the Ribbon and select the Export project.

A quick tip: If you manually adjust the codec settings, you can save them for use in future projects during export.

Conclusion

This guide simplifies the process of adjusting your MP4 export settings in VSDC, ensuring your video meets your exact specifications for quality, size, and platform compatibility. Whether you're creating a video from scratch with complex effects or simply need a conversion, either in a video editor or in a video converter, we hope we've helped you navigate the settings. If you still have questions, please write to us at このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 or reach us through our social media profiles on YouTube, Facebook and Twitter.

Best Free Snipping Tools

Free snipping tools

We've all been there: needing to take a screenshot, make it better, and share it smoothly, only to find the basic Windows Snipping Tool falling short. While it's okay for simple tasks, it lacks the features and efficiency we often need. It's time to ditch the old ways and explore better options.

Finding the right snipping tool is crucial. You want something that captures fast, lets you edit, add stickers, crop, and share easily. Plus, in today's collaborative world, it should make teamwork seamless, especially when you need to explain complex ideas through screenshots. A good screenshot can boost productivity, whether you're in customer service or managing projects.

But with so many choices out there, it's hard to know which one to pick. That's why we've put together a list of the top 10 Windows Snipping Tool alternatives. Let's find the perfect one for you!

Best Choices

When it comes to free snipping tools, several options are available, each with its own features and capabilities. Among these choices, VSDC features a free Screen Recorder that also stands out as a versatile and powerful tool for capturing and editing screen content.

What is Snippet

Free powerful tool for capturing

A snippet refers to a small piece or fragment of something larger, typically a portion of text, code, or image extracted for reference or sharing purposes.

What's the Purpose of Snippet

In the realm of digital tools, snippets refer to segments of your screen that you capture using snipping tools or screenshot applications. These tools are designed to quickly and efficiently capture a portion of your display—be it an error message, a graph, a chat conversation, or any other on-screen element—so you can easily share it with others. For instance, a snippet could be used by a customer service representative to capture and illustrate a step in a troubleshooting guide, or by a project manager to grab a chart from a business dashboard to include in a report. The main advantage of snippets is their ability to communicate a visual point clearly and without ambiguity, making them essential in professional communication and problem-solving.

Best Snippet Tools

  • VSDC Free Screen Recorder

    Free Screen Recorder

    VSDC Free Screen Recorder offers a comprehensive set of features for capturing and editing screen content. With its intuitive interface and powerful editing tools, VSDC allows users to capture screenshots, record video, and annotate content with ease and then continue working on it in VSDC Video Editor. Whether creating tutorials, capturing gameplay, or simply sharing screenshots, VSDC Free Screen Recorder is a top choice for both beginners and advanced users alike.

    With VSDC Free Screen Recorder you can:

    1. Record the entire screen;
    2. Record a part of your desktop screen;
    3. Record the area around your cursor;
    4. Use the highlighter while recording your computer screen.

    To learn how to use this tool in detail, reach out to our comprehensive tutorial.

  • Screen-capture.com

    Screen-capture.com is a straightforward yet effective snipping tool that allows users to capture screenshots and annotate them with text, shapes, and arrows. With its simple interface and easy-to-use features, Screen-capture.com is an excellent option for those seeking a basic snipping tool without unnecessary frills.

  • Screenpresso

    Screenpresso is a feature-rich snipping tool that offers advanced features such as scrolling capture, video recording, and a built-in image editor. With its sleek interface and robust set of tools, Screenpresso is ideal for users requiring more advanced snipping capabilities.

  • ScreenRec

    ScreenRec is a lightweight and user-friendly snipping tool that allows users to capture screenshots and record videos with just a few clicks. With its cloud storage integration and sharing capabilities, ScreenRec is perfect for collaboration and remote work scenarios.

  • Lightshot

    Lightshot is a popular snipping tool known for its simplicity and speed. With its lightweight and intuitive interface, Lightshot enables users to capture screenshots, annotate them, and share them online effortlessly.

  • Greenshot

    Greenshot is a powerful snipping tool offering a wide range of features, including screenshot capture, annotation, and sharing. With its customizable settings and extensive plugin support, Greenshot is a favorite among power users and professionals.

  • Aiseesoft Screen Recorder

    Aiseesoft Screen Recorder is a versatile snipping tool that allows users to capture screenshots, record video, and audio with ease. With its user-friendly interface and customizable settings, Aiseesoft Screen Recorder is suitable for a wide range of use cases.

  • Action!

    Action! is a premium snipping tool offering advanced features such as live streaming, gameplay recording, and GPU acceleration. While not free, Action! is worth considering for users requiring professional-grade snipping capabilities

Conclusion

Finding the best free snipping tool can be a daunting task, but with options like VSDC Free Screen Recorder, users can capture and edit screen content with ease. Whether you're a casual user or a professional, having the right snipping tool can streamline your workflow and enhance productivity.

FAQ

What is a snipping tool?

What is a snipping tool and why do I need one?

A snipping tool is a software application that allows users to capture and annotate screenshots or snippets of content from their computer screens. Whether you need to share information, illustrate a point, or create tutorials, a snipping tool can help you capture and convey information quickly and efficiently.

How do I choose the right free snipping tool?

When choosing a free snipping tool, consider factors such as ease of use, features, and compatibility with your operating system. Additionally, read reviews and try out different tools to find the one that best suits your needs and workflow.

ビデオからGIFを作成する方法

サイト用の GIF を作成

ビデオを GIF に変換することは、静止画像と本格的なビデオの間の橋渡しとして機能するだけでなく、人気の高いミーム文化の領域にも参入します。 これらのアニメーション ループは、インターネットの共通語となり、参加し、楽しませ、さらにはバイラルになる革新的な方法を提供しています。このガイドでは、VSDC Free Video Editor に特に焦点を当て、さまざまなデバイスでの GIF 作成の技術を紹介します。 GIF を簡単かつ迅速に作成できる、堅牢かつ直感的なツールです。

GIF とは何ですか?

ループを作成するためのサイレント ビデオ クリップ アニメーション

瞬間のエッセンスを捉えて、それを際限なく再生することを想像してみてください。 それがGIFの役割です。 1987 年に最初に開発された Graphics Interchange Format (GIF) は、画像またはサイレント ビデオ クリップを組み合わせてループ アニメーションを作成します。 これは、感情、反応、ユーモアを、すぐに認識でき、広くアクセスできる形式でカプセル化するデジタルの驚異です。

GIF を使用する必要がある理由

GIF には、ビデオのインパクトと画像のシンプルさが融合した独特の魅力があります。 デジタル コミュニケーションに個性を加えたり、共有可能なミーム コンテンツを作成したりするのに最適です。 軽量で広くサポートされている GIF は、ブログ、ソーシャル メディア、さらにはプロのプレゼンテーションでメッセージを増幅させることができるため、デジタル アーセナルの多用途なツールになります。 複雑なアイデアや感情を素早くユーモラスに表現できるのは、GIF を使用する主な利点です。

iPhone でビデオから GIF を作成する方法

iPhone でビデオから GIF を作成する

さまざまなユーザーフレンドリーなアプリのおかげで、iPhone での GIF の作成はシームレスに行えます。 これらのツールを使用すると、ビデオ セグメントの選択、編集、GIF へのエクスポートが簡単になり、視聴者を魅了して引き付ける準備が整います。 iPhone ユーザーにおすすめの製品は次のとおりです。

  • GIPHY Cam: GIF をカスタマイズするためのステッカーとテキスト オプションの広範なライブラリを提供します。
  • ImgPlay: 直感的な編集ツールを使用して、写真、ビデオ、バースト、ライブ写真から GIF を作成できます。
  • GIF トースター: フレーム レートやサイズのカスタマイズなど、さまざまなメディア形式を GIF に変換するためのオプションを提供します。

Android でビデオから GIF を作成する方法

Android のアプリ エコシステムは、ビデオ クリップを魅力的なミーム対応アニメーションに変換するように設計された GIF 作成ツールを備えて充実しています。 これらのアプリはプロセス全体を合理化し、作品をゴールデンタイムに確実に準備できるようにします。 Android の必須アプリには次のものがあります。

  • GIF メーカー: このアプリを使用すると、テキスト、フィルタ、フレームを使用して GIF を編集してカスタマイズできます。
  • GIPHY Cam: iOS 版と同様に、Android ユーザーは GIF を簡単に作成およびカスタマイズできます。
  • ImgPlay: 強力な編集機能を備え、ビデオや写真などから GIF を作成できる多機能アプリです。

Mac でビデオから GIF を作成する方法

Mac ユーザーは、GIF の作成を簡単な作業にする強力なアプリケーションの恩恵を受けます。 クリップの選択からテキストの追加に至るまで、これらのアプリを使用すると、GIF が目立つようになります。 ぜひ試してほしい Mac アプリ:

  • Gfycat の Gif Brewery: テキストの追加やフレーム レートの調整など、GIF を作成および編集するための包括的なツールを提供します。
  • PicGIF: 基本的な編集オプションを備えた、ビデオ (および画像) を GIF に変換するためのシンプルかつ効果的なツールです。
  • スマート GIF メーカー: GIF 作成に対するより実践的なアプローチを提供し、フレームごとの詳細な編集が可能になります。

Windows でビデオから GIF を作成する方法

Windows での GIF の作成は、ビデオ編集および GIF 作成用の多用途ツールである VSDC Free Video Editor を使用して簡単に行うことができます。 その方法は次のとおりです。

<オル>
  • VSDC を起動し、[コンテンツのインポート] ボタンを使用してメディア ファイルをインポートして新しいプロジェクトを開始します。
  • VSDC の編集ツールを利用して、タイムライン上でメディアのカット、分割、トリミング、エフェクトの追加、配置を行います。
  • ビデオを微調整した後、リボンにある [プロジェクトのエクスポート] タブに移動し、[メディア デバイス] セクションで [Web] を選択し、出力形式として GIF を選択します。 動画を完成させる前に、ニーズに合わせてエクスポート設定を調整することもできます。下の [プロファイル] フィールドで目的のコーデックを選択し、右側の [プロファイルを編集] ボタンをクリックして出力設定を調整します。
  • 赤い [プロジェクトをエクスポート] ボタンをクリックして GIF を生成します。 VSDC はビデオ セグメントを処理し、GIF ファイルとして保存します。
  • オンラインで GIF を作成する方法

    ソフトウェアをダウンロードせずに即座に GIF を作成するには、オンライン GIF メーカーが最適です。 これらの Web ベースのツールは直感的に操作でき、ドラッグ アンド ドロップ機能を提供します。 性とシンプルなカスタマイズオプション。 主要なオンライン オプション:

    • Ezgif: 包括的なオンライン GIF メーカーおよびエディタである Ezgif を使用すると、ビデオを GIF に変換し、アニメーション GIF のサイズ変更、トリミング、最適化を簡単に行うことができます。 分かりやすいインターフェースにより、GIF 作成に対する飾り気のないアプローチを好むユーザーの間で人気があります。
    • Imgflip: この多用途ツールでは、ビデオから GIF を作成できるだけでなく、ミーム生成機能も提供します。 Imgflip は、テキスト注釈、画像のトリミング、フレーム レートの調整など、さまざまなカスタマイズ オプションをサポートしています。
    • GIFMaker.me: GIF、スライドショー、ビデオ アニメーションを作成するためのシンプルで効果的なツール。 GIFMaker.me は、アカウントやログインを必要とせずに、動画や画像から直接 GIF を作成することをサポートしています。

    よくある質問

    mp4 から高品質 GIF を作成する

    どのようなビデオ形式でも高品質の GIF を作成できますか?

    もちろん、有能なツールを使用すれば、ほとんどのビデオ形式を高品質の GIF にシームレスに変換できます。 重要なのは、ファイル サイズを大きくせずに明瞭さを維持するために、適切なセグメントを選択し、設定を調整することです。

    YouTube 動画の一部を GIF に変換するにはどうすればよいですか?

    YouTube URL を受け入れるオンライン ツールを使用すると、ビデオ セクションを GIF に変換するプロセスが簡素化されます。 動画のリンクを入力し、目的のセグメントを選択し、変換設定を調整することで、YouTube コンテンツから直接 GIF を作成できます。

    GIF のファイル サイズ制限は何ですか? 必要に応じてサイズを減らすにはどうすればよいですか?

    GIF ファイルのサイズ制限は、使用しているプラットフォームまたはサービスによって異なります。 GIF のサイズを小さくするには、解像度を下げる、フレーム数を減らす、またはカラー パレットを最適化することを検討してください。 これらの調整は、互換性と迅速な読み込み時間を確保しながら、視覚的な品質を維持するのに役立ちます。

    ソーシャル メディア プラットフォームで使用するために GIF を最適化するにはどうすればよいですか?

    ソーシャル メディア用に GIF を最適化するには、品質とファイル サイズのバランスをとる必要があります。 圧縮ツールを利用し、特定のプラットフォームの要件に合わせた寸法を選択します。 さらに、ファイル サイズを不必要に大きくすることなくスムーズに再生できるフレーム レートを選択すると、ソーシャル メディア チャネル全体のパフォーマンスを向上させることができます。

    スムーズなアニメーションを実現するには、GIF に最適なフレーム レートを選択するにはどうすればよいですか?

    GIF の理想的なフレーム レートは、コンテンツとその用途によって異なります。 フレーム レートが高いほどアニメーションはスムーズになりますが、ファイル サイズが大きくなる可能性があります。 ほとんどのアプリケーションでは、1 秒あたり 10 ~ 15 フレームのフレーム レートが、滑らかさとファイル効率のバランスを適切に保ちます。

    まとめ

    GIF 作成

    GIF 作成の芸術は、ユーモア、情報、感情をコンパクトで共有可能な瞬間に融合する、無限のデジタル表現への入り口です。 私たちはスマートフォンからデスクトップ、さらにはオンライン プラットフォームに至るまで、さまざまな道を模索してきましたが、ビデオを GIF に変換するプロセスは、かつてないほど簡単になりました。 利用可能な多数のツールの中でも、VSDC Free Video Editor は Windows ユーザーにとって特に強力な味方として際立っています。 その包括的な機能は、ミームにふさわしい GIF の作成を容易にするだけでなく、幅広いクリエイティブなニーズにも応えます。 VSDC を使用すると、プロセスは単なる変換を超えて、創造性とストーリーテリングをより深く掘り下げることができます。 目的が娯楽であれ、教育であれ、参加することであれ、GIF の世界を取り入れることで、イノベーションとつながりの可能性が満ちたダイナミックなコミュニケーション メディアが開かれます。

    How to Make Green Screen Videos

    Green screen TV studio

    Green screen magic isn't just for big-budget movies or TV studios anymore. Believe it or not, creating cool effects with green screen, or chroma key, is something you can do too. And it doesn't require a lot of money or fancy equipment. All you need is a smartphone or webcam, some green cloth, the right editing software, and a little bit of know-how.

    Before we dive into making your own green screen videos, let's cover the basics. What is a green screen, and why would you want to use one? This technique, once limited to those with deep pockets, is now within reach for creators of all levels, allowing you to add amazing backgrounds and effects to your videos. Our guide is here to show you how, from start to finish, making it easy to bring your creative ideas to life, even from your own home.

    Key Takeaways

    • Understanding the basics of chromakey technology.
    • Learning how to set up a green screen for optimal results.
    • Mastering the use of green screen in video production.
    • Editing green screen footage to create seamless video content.
    • Software recommendations.
    • FAQ Insights.

    What is Chromakey?

    Chromakey is a cool trick that lets you add any background you want to your videos. The most common color used is green, but blue screens are also popular, depending on the subject's color and the specific requirements of the shoot. This technique makes it possible to create scenes that would be otherwise impossible or expensive to film in real life.

    How Does Chromakey Work?

    How chromakey work

    Chromakey makes the green or blue background disappear, letting you put in whatever background you like. It works great because the green color doesn’t match skin tones, making it easy to separate people from the background. The most important things are to have even lighting and a solid-colored background so everything looks smooth in the final video.

    How to Make Green Screen

    Green backdrop

    To set up your own green screen, you need:

    • Green Backdrop: Anything works—cloth, paint, or paper—as long as it's bright and solid green.
    • Lighting: Make sure the green screen is evenly lit to avoid shadows.
    • Space: Keep some distance between the subject and the green screen to prevent the green color from bouncing back onto the subject.

    How to Use Green Screen

    Using a green screen is simple:

    1. Set it up in a well-lit area without wrinkles or shadows.
    2. Place the person or object a few feet away from the screen to avoid color spill.
    3. Light the subject well but separately from the green screen.
    4. Think about what the final background will look like when you’re setting up your shot.

    How to Edit Green Screen Videos

    Editing green screen footage is where you truly bring your creative vision to life. The process generally involves a few key steps:

    1. Import your video into an editing software that supports the chromakey feature.
    2. Apply the chromakey effect to remove the green background, making it transparent.
    3. Insert the new background you desire behind your subject.
    4. Adjust the edges around your subject to ensure a seamless blend with the new background.

    While there are numerous software options available for this, ranging from professional tools like Adobe Premiere Pro to more user-friendly applications like iMovie, we particularly recommend VSDC Free Video Editor as the best choice among them. VSDC stands out for its balance of being both feature-rich and accessible, making it our top pick for green screen editing. VSDC provides a comprehensive text guide and a video guide on how to make a green screen video.

    VSDC not only simplifies the chromakey process but also provides tools for further enhancing your video, such as color correction, filters and special effects. This makes it an all-in-one solution for creating professional-looking green screen videos with minimal effort.

    Conclusion

    Green screen conclusion

    Creating green screen videos can elevate your content and open up a world of creative possibilities. By understanding the basics of chromakey, setting up your green screen correctly, and mastering the editing process, you can produce professional-looking videos without a fancy studio. VSDC Free Video Editor emerges as a standout choice in this process, offering a perfect blend of advanced features and user-friendly functionality. Its comprehensive editing tools, including a precise chromakey function, enable creators to seamlessly integrate diverse backgrounds, ensuring your projects not only look polished but truly captivate your audience. With practice and creativity, the only limit is your imagination.

    FAQ

    Do I need a fancy studio to make green screen videos?

    No, you don't need a fancy studio. With some basic equipment and knowledge, you can set up a green screen in almost any space. Proper lighting and a uniform green background are the most important factors.

    What's the best software for green screen editing?

    VSDC Free Video Editor emerges as the top choice for green screen editing, thanks to its straightforward interface and comprehensive features. Without the complexity or expense of software like Adobe Premiere Pro or Final Cut Pro, VSDC simplifies creating professional-looking videos with its precise chromakey tool and support for various video formats, making it accessible and highly versatile for all creators.

    Can I use a green screen without any editing experience?

    Yes, you can start using a green screen without prior editing experience. Many editing programs offer straightforward, user-friendly chromakey features, making it accessible for beginners to create compelling green screen videos. Online tutorials and practice will help you improve your skills over time.

    MP4ファイルの作成方法

    MP4 イントロを作成する

    MP4 ファイル形式は、その互換性と効率性により、デジタル メディア スペースの定番となっています。 ビデオ編集者やコンテンツ作成者にとって、MP4 ファイルの作成や既存のメディアのこの形式への変換は、多くの場合必要になります。 この記事では、VSDC という無料のビデオ編集ソフトウェアを使用して MP4 ファイルを作成および変換するプロセスについて説明します。 あらゆる範囲のフォーマットとコーデック

    MP4 形式とは何ですか?

    MP4 ビデオ形式または h264

    MP4 は、ビデオ、オーディオ、および字幕や画像などのその他のデータを保存するために使用されるデジタル ファイルの一種です。 多くのデバイスで動作し、品質をあまり落とさずにファイル サイズを小さく保ち、インターネット上でビデオをストリーミングするのに最適なため、人気があります。

    MP4 ファイルの作成方法

    MP4 ビデオを最初から作成する

    VSDC で MP4 ビデオを最初から作成するには、いくつかの手順が必要です。

    <オル>
  • コンテンツのインポートを使用してメディア ファイルをインポートし、VSDC を起動し、新しいプロジェクトを開始します ボタン。
  • より正確な編集を行うためにビデオをインポートする前に、フレームレートや解像度などのパラメータを設定することをお勧めします。 これにより、動画が編集用に最適化されます。
  • VSDC の編集ツールを利用して、カット、分割、トリミングエフェクトを追加し、タイムライン上でメディアを配置します。
  • ビデオを微調整した後、プロジェクトのエクスポートタブに移動します。 リボンで、左上隅でメディア デバイスを選択し、右側で出力形式として MP4 を選択します。
  • 4K などの高解像度ビデオを扱う場合、適切なコーデックを選択することが重要です。 下のプロファイル フィールドでは、4K 動画編集に特に推奨される H.264 や H.265 などの最も一般的なコーデックを含む、任意のコーデックを選択するオプションがあります。
  • ビデオを完成させる前に、ニーズに合わせてエクスポート設定を調整することもできます。 これを行うには、下のプロファイル ボタンをクリックして、目的のコーデックを選択します。
  • 右下隅にある [プロフィールを編集] ボタンをクリックして設定を微調整します。 それに応じてビットレートを設定します。解像度が高いほど、より良い結果を得るためにビデオ品質とエンコーダ モード フィールドの品質を維持するにはビットレートも高くする必要があります。 エンコーダ モードの品質を調整すると、品質とファイル サイズのバランスを最適化できます。
  • プレビュー ウィンドウのすぐ近くにある赤い [プロジェクトをエクスポート] ボタンからエクスポート プロセスを開始すると、MP4 ビデオの準備が完了しました。
  • ビデオを MP4 に変換する

    VSDC 内でビデオを MP4 形式に変換するには、次の手順を実行します。

    <オル>
  • VSDC ビデオ エディタを起動し、[ツール] タブに移動して [ビデオ コンバータ] を選択します。
  • リボンの [ファイルを追加] セクションをクリックして、変換するビデオをインポートします。
  • メディア デバイスを選択し、リボンの [MP4 形式] をクリックし、右下隅の [プロファイルの編集] セクションで、解像度、コーデック、ビットレートなどの要素を考慮して、必要に応じて変換パラメータを調整します。< /li>
  • リボンの [プロジェクトをエクスポート] ボタンをクリックして変換プロセスを開始し、新しい MP4 ファイルをオブジェクト エクスプローラー内の任意の場所に保存します。
  • MP4 と他の形式の違いは何ですか?

    MP4 と他の形式の違い

    MP4 ファイルは、品質とファイル サイズのバランスが優れていることで知られており、ウェブでの使用に最適です。 AVI や MOV などの形式とは異なり、MP4 ファイルはほとんどのデバイスやプラットフォームで普遍的に再生できます。 また、最初にファイル全体をダウンロードする必要がなく、オンラインでストリーミングすることもできます。 MP4 ファイルは通常、圧縮せずにデータを保存できる AVI ファイルよりも圧縮率が高く、サイズが小さいため、ファイル サイズが大きくなり、互換性とストレージ容量を犠牲にして高品質になる可能性があります。

    よくある質問

    MP4 は良い形式ですか?

    MP4 は、その多用途性と広く受け入れられている点で優れた形式であると考えられています。 高品質のビデオ コンテンツを配信し、ほぼすべてのビデオ プレーヤーおよび編集ソフトウェアでサポートされています。 効率的な圧縮により、ビデオ品質を大幅に損なうことなくファイル サイズを削減できるため、プロとカジュアルの両方の用途に最適です。

    MP4 を変換するのと最初から作成するのはどちらの方が良いでしょうか?

    最適なアプローチは、特定の要件によって異なります。 MP4 ファイルを最初から作成すると、創造的な自由がさらに広がり、最終製品を微調整する機会が得られます。 逆に、さまざまなデバイス間でビデオをすぐに共有または再生することが目的の場合は、速度と利便性の観点から MP4 に変換することが最善の策となる可能性があります。 VSDC を使用すると、どちらのプロセスも簡単で、選択した方法に関係なく、高品質の MP4 ファイルを確実に取得できます。

    結論

    ビデオを MP4 形式に変換する

    VSDC を使用してビデオを作成し、MP4 形式に変換できるということは、プロフェッショナルなプレゼンテーションからソーシャル メディアでの共有、大切な思い出のアーカイブに至るまで、コンテンツをあらゆる用途に使用できることを意味します。 デジタル メディアが進化し続ける中、MP4 形式は不変であり、視覚的なストーリーを保存および送信するための信頼性が高く効率的な手段を提供します。 VSDC の助けを借りて、デジタル環境をナビゲートするための十分な準備が整っており、ビデオを確実に保存できます。 どこで閲覧してもアクセス可能で高品質です。

    1 / 26 ページ

    News

    トランジションの新しい追加方法、RAWおよびBRAWファイルのサポート、無料のオーディオビジュアライゼーション

    時が来ました: VSDC 9.1の待望のアップデートをご紹介できることを嬉しく思います!新バージョンの改善された機能は、ビデオ編集を加速し、編集プロセスをさらに快適にします。...

    VSDC 8.3 - 100以上の新しいテンプレート、キーエディタウィンドウ、AV1および強化されたグラフィカルユーザインタフェース

    VSDC最新バージョン8.3へようこそ!100種類以上の新鮮な無料ビデオテンプレート、待望のキーフレーム編集用のキーエディタウィンドウ、AV1エンコーディング、より良いナビゲーションと編集の旅をアップグレードするための強化されたグラフィカルユーザインターフェイスなど、エキサイティングな機能を発見していただけるよう、私たちは懸命に働いてきました。 VSDC...

    2023 年の無料ビデオ編集: お金をかけずに 創造性を解き放つ

    今日のデジタル世界では、 創造性が最高の地位を占めています。 個人やブランドが視聴者を魅了し、 永続的な印象を残す無限の可能性を提供します。...

    2023年のベストオンラインビデオエディター:利点と欠点

    現在、ビデオコンテンツの人気は高まっており、多くのユーザーが個人的およびプロの目的でビデオクリップを作成する必要に直面しています。市場が提供する多くの選択肢から適切なビデオエディターを選ぶ際、多くのユーザーは無料のオンラインビデオエディターに優先を与えています。これらのエディターはリアルタイムでメディアファイルを操作でき、デスクトップの代替とは異なり、PCの内部リソースを必要とせず、ほとんどのデバイスで利用できます。 しかし、オンラインビデオエディタには世界中で隠された落とし穴があるのでしょうか? 私たちのチームは、3つのベストオンラインビデオエディタを集め、その機能をテストし、データの転送と保存の条件を調査し、今ではその経験を共有する用意ができています。 Clipchamp Clipchampは、ビデオ編集のためのウェブプラットフォームで、ユーザーが編集の経験がなくてもビデオを作成および処理できるものです。Clipchampは、ソーシャルメディア向けに調整された多くのプリセットテンプレートを提供し、ゲームコンテンツや広告素材の作成に優れています。このオンラインエディターは、プロフェッショナルからビデオ編集の手法を探している初心者まで、シンプルで使いやすいツールとして適しています。 Clipchampの基本的な編集ツールは、シーンの隣に便利に配置されており、ビデオフレームのトリミング、シーンのパラメータに合わせたサイズの調整、画像の断片化、またはクリック一つで回転などができます。シーンのサイズはリストから選択できますが、デフォルトではプログラムはアップロードされたビデオに基づいてシーンのパラメータを設定します。 さらに、Clipchampには、基本的なカラーコレクションのツールセットがあり、露出、コントラスト、彩度、温度のパラメータを含んでいます。このプログラムは透明度と重ね合わせモードにも対応し、さまざまなアニメーションテンプレート、多数のフォント、ストックビデオ、オーディオファイルを提供し、フレーム間のトランジションの作成やブランドロゴの追加など、プロフェッショナルなビデオを作成するのに役立ちます。 すべてのテンプレートはすでに使用準備が整っており、ダイナミックな開始画面、スムーズなトランジション、または単純なフェードが必要な場合、該当するテンプレートを選んでタイムラインに追加し、カスタマイズを行うだけです。ただし、魅力的なオプションの多くはプレミアムアイコンで表示され、料金が必要です。 С...

    VSDC 8.2 - プロキシファイルのサポート、カラーキーフレーム、ベクタースコープ

    VSDC 8.2 ビデオエディタの待望のアップデ ー トをご紹介します。 過去数ヶ月間、 私たちのチ ー ムはエディタの機能と使いやすさの拡大に積極的に取り組んできました。 Meet...

    VSDC 8.1版はマルチカム、 曲線オブジェクト、 スクロール文字効果などをもたらします

    VSDC 8.1 版を紹介できることを嬉しく思います。 新しいバージョンは、 主にプロのビデオグラファー、 グラフィックデザイナー、 アーティストを対象としていますが、...

    VSDC 7.2版はその色補正ツ ールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

    VSDC チームにとってまたし ても生産的な数か月でした。 動画編集スイートの新バージョンである VSDC 7.2 版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、...

    動画の色補正のに5 つの無料ソフトウェア

    yeビデオクリエーターである場合、 色補正を習得することが重要な理由は3つあります。 まず、 動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。 次に、...

    VSDC 7.1版はGUIとLUTエディタ ーをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

    VSDC の新しいバージョンには、 2つの新しいビデオ効果が含まれ、 LUT エディターの機能が拡張され、 改善されたインターフェイス、 最適化されたタイムライン及びカスタムショ...

    本当に無料動画編集ソ フトウェア10選

    編集に何時間も費やした後、 動画に透かしを見ると、 いらだたしくなるかもしれません。 それでも、 動画編集ソフトウェア開発者の数人は、 製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。...
     

    Screen Recorder Box

    このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

    スクリーンキャプチャについて...

     

    Video Capture Box

    このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

    ビデオキャプチャーについて...


    Reviewed by


    "VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

    - PC Advisor


    "This video editor gives you tons of control and editing power"

    - CNet


    "The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

    - Digital Trends