動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

動画にモーション ブラーを追加する方法

モーションブラーエフェクトは、写真と動画の両方で、オブジェクトがカメラでキャプチャできる速度よりも速く動いている場合に自然に発生することがよくあります。低フレームレートで撮影している場合は特に一般的です。ただし、動画に故意にモーション ブラーを追加することもできます。ポストプロダクション中にそれを行う方法はいくつかあります。

このチュートリアルでは、VSDCというWindows用の無料動画編集ソフトを使用して、モーションブラー動画エフェクトを作成する方法を紹介します。

VSDC無料動画編集をダウンロード

この簡単な効果を数分で必要に応じて調整できます。たとえば、モーション種類を変更したり、ぼかしレベルを微調整したりできます。さらに、動画全体、選択したフレームまたは文字、シェイプまたは画像などに効果を適用できます

しかし、先に進む前に、1つの重要な質問に答えましょう。

結果はどのようになりますか?

モーションブラー効果は広義の用語であるため、異なる方法で認識される可能性があります。一部のクリエイターは、背景がぼやけていて、オブジェクトに焦点が合っている動画を期待しています。他の人は、オブジェクトの動きによって作成される目に見えるモーショントレイルを期待します。この効果は、ビジュアルエコー効果としても知られています。

このチュートリアルでは、モーションブラーの最初の例を取り上げます。ビジュアルエコー効果を作成する方法を学びたい場合は、代わりにこのガイドをお読みください。

それを整理したので、始めましょう!

ステップ1。VSDCに動画をアップロードします

まず、コンピューターでVSDCを起動し、プログラムに動画をインポートします。スタート画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用するか、空のプロジェクトを作成してフッテージをシーンにドラッグすることができます。

VSDC Free Video Editor, start screen

ここで、動画全体にエフェクトを適用したい場合は、ステップ2に進みます。部分に適用したい場合は、上部のカミソリのアイコンを使用して(またはCtrl + Kキーを押して)、動画を分割し、目的の部分を分離します。

ステップ2。モーションブラー効果を適用します

タイムラインで動画を選択し、「動画エフェクト」メニューを開き、「フィルター」に進み、「モーションブラー」を選択します。

How to find the Motion blur effect in VSDC

次のセクションでは、3つのモーションブラーのプリセットの違いを示し、それらの外観を調整する方法を説明します。

動画のモーションブラーのプリセットを選択します

効果を適用すると、タイムラインの2番目のタブで開きます。そこから、プロパティウィンドウを使用してモーショ ブラーの外観を調整できます。プロパティウィンドウが見つからない場合は、効果をマウスで右クリックして「プロパティ」を選択します。対応するウィンドウが右からスライドインします。

Motion blur effect settings in VSDC

設定では、利用可能な3つのモーションのタイプのいずれかを選択できます。

  • 直線モーション
  • ラジアルモーション
  • ズームモーション

プリセットの名前に基づいて、おそらくそれらがどのように見えるかを推測できるかもしれません。直線モーションは直線の移動です。ラジアルモーションは、効果の中心の周りの円運動です。 ズームモーションは、ズームインされ、焦点がわずかに合っているように見えるオブジェクトの背景のモーションです。

百聞は一見にしかずので、簡単なデモを次に示します:

設定を調整します

各モーションタイプの設定がわずかに異なりますが、基本的には、距離と角度の2つを変更できます。前者はぼかしの筋の長さを定義し、後者は角度を定義します。たとえば、直線モーションを選択すると、ぼかし距離とぼかし角度の両方を調整できます。ズームモーションを選択した場合はぼかし距離のみを調整でき、ラジアルモーションを選択した場合はぼかし角度のみを調整できます。

シーン内で十字線をドラッグして効果の中心を移動し、焦点が合っている領域を制御できることに注意してください。

プロのヒント:時間の経過とともに効果を増減させることもできます。ぼかし角度またはぼかし距離メニューを展開すると、これらのコントロールの初期値最終値を設定できます。たとえば、最終値を初期値より高く設定すると、時間の経過とともに動画がぼやけていきます。このアプローチは、トランジション、イントロ、アウトロに適していることが多いです。

ステップ3。動画をエクスポートします

完了したら、「プロジェクトのエクスポート」タブを開き、ビデオを使用するプラットフォームを選択します。 次に、「エクスポート」をクリックします。たとえば、YouTubeで公開する予定がある場合は、「Web」—>「YouTube用」を選択します。動画の画質やその他のパラメータを変更するには、プレビュー ウィンドウの下にある「プロファイルを編集」メニューを使用します。

おまけ: 動画内の文字にモーションブラーを追加する方法

このチュートリアルをまとめる前に、ビデオ内の文字に適用されたモーションブラーの例を見てみましょう。この効果を使用して、スタイリッシュなタイトルのイントロや芸術的なキャプションを作成できます。

動画に文字を追加したら、タイムラインで文字を選択し、前述のステップに従ってモーションブラー エフェクトを適用します。追加された文字オブジェクトはそれ自体が静的であるため、以下に示すように、文字に移動を追加するか、効果に異なる初期値と最終値を設定することをお勧めします:

同様に、画像、シェイプ、アイコンなどの他のオブジェクトにモーション ブラーを適用できます。

まとめ

動画でモーションブラー効果を使用してみたい理由はいくつかあります。まず、モーションブラーは、動画内のオブジェクトの動きであろうと背景であろうと、アクションの感覚を生み出し、素早い動きを強調するのに役立ちます。次に、ズームモーションは、視聴者の注意を焦点の合ったオブジェクトに向ける優れた方法です。最後に、ビデオをぼかすことは、特にシーン間のトランジションときに、ドラマや興奮の感覚を伝えるために使用される一般的な芸術的アプローチです。

VSDCを使用すると、動画に数分でモーションブラーを追加できます。それを試してみて、このソフトウェアが無料で提供する他のツールや効果を調べてください。

VSDC無料動画編集をダウンロード

トラッキングポイントのアニメーションの使用方法

トラッキングポイントは、レンズ フレア、ゴッドレイ、粉々になったガラス、文字のアニメーションなど、VSDCの座標ベースのエフェクトに移動を適用できるツールです。このチュートリアルの最後に、完全なアニメーション化できるエフェクトのリストが表示されます。トラッキングポイントを使用すると、カスタムの移動軌跡を簡単に作成し、目的の効果をそれに固定できます。その結果、エフェクトは選択した速度で軌道に沿って移動します。

以下では、トラッキングポイントを設定する手順を説明し、追跡ポイントで達成できることの例を示します。以下の動画を見て、トラッキングポイントでバインドしたときにさまざまな効果がどのように見えるかを確認してください。

VSDCの最新版をダウンロード

ステップ1。コンテンツをインポートします

開始するには、スタート画面の「コンテンツのインポート」オプションを使用して、フッテージをエディターにインポートします。次に、アニメーションを開始するタイムラインに再生ヘッドを配置します。

ステップ2。シーンにトラッキングポイントを追加します

左側のツールバーに移動し、「トラッキングポイント」を選択します。次に、シーンをクリックして、移動軌跡の開始点を示します。

ステップ3。移動の軌跡を作成します

タイムライン上のトラッキングポイントのブロックをダブルクリックし、左側のツールバーに戻って移動ツールを選択します。次に、ベクトルを使用して移動軌跡を作成します。

VSDCで移動ツールを使用したことがなく、より詳細なチュートリアルが必要な場合は、このチュートリアルをお読みください。モーショントラッキングモジュールを介して作成された既成の移動軌跡を適用することもできることに注意してください。

ステップ4。トラッキングポイントにバインドするエフェクトを選択します

トラッキングポイントのパスの準備ができたので、バインドするエフェクトを選択します。タイムラインの主なタブに戻り、フッテージを選択してから、「動画エフェクト」メニューを開き、バインドに適したエフェクトの1つを選択します。

  1. モーションブラー (フィルター)
  2. 粉々になったガラス (トランジション)
  3. レンズフレア (自然)
  4. ボケグレア (自然)
  5. ゴッドレイ (自然)
  6. (自然)
  7. 歪み(変形)

この例では、レンズフレアを使用します。

ステップ5。エフェクト座標をトラッキング ポイントにバインドします

フッテージに効果を適用したら、それを右クリックして「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウで、次の設定を見つけます:

  1. 中央座標タイプ -> トラッキングポイント
  2. トラッキングポイントのバインド ->先ほど作成したトラッキングポイントを選択する

次に、プレビュー モードをアクティブにして、結果がどのように見えるかを確認します。エフェクトは、作成した軌道に沿って移動するはずです。

エフェクトを適用した後でも、「トラッキングポイント」タブに戻って移動ベクトルを調整することで、移動軌道を変更できることに注意してください。タイムライン上の黄色のコントロールポイントを移動することで、移動を加速または減速することもできます。

複数のエフェクトを同じトラッキング ポイントにバインドします

トラッキングポイントがどのように機能するかがわかったので、いくつかの効果を結合して独自のアニメーションを作成できます。どの効果を組み合わせるかについてのルールはありませんので、記事の最後に記載されているオプションを自由に試してみてください。

追加のエフェクトをトラッキングポイントにバインドするには、最初にメインのフッテージに適用します。次に、プロパティウィンドウを開き、座標のタイプを定義するパラメーターを見つけます(効果によって名前が少し異なります)。トラッキングポイントを選択し、前述したのと同じアプローチを使用して「バインド」を適用します。

レンズフレアと魚眼エフェクトを組み合わせた例を次に示します:

動画にタイトルなどのテキストオブジェクトがある場合は、トラッキングポイントまたは別の効果とそれをバインドすることもできます。テキストシフト位置効果を文字に適用し、プロパティウィンドウに進み、「グリフの初期位置」を見つけ、「トラッキングポイント」を選択するだけです。 次に「バインド」を適用します。

その結果、以下に示すように、文字がトラッキングポイントから文字ずつ画面に表示されます:

トラッキングポイントで アニメーション化できる座標ベースの効果のリスト

トラッキングポイントでバインドできるVSDCのエフェクトはほとんどありません。これらの効果とバインド設定を識別できるように、表をまとめました。このアニメーションのタイプを適用する前に、確認することを検討してください。

エフェクト名
プロパティウィンドウのパラメータ
文字シフト(文字効果)
グリフの初期位置
モーションブラー (フィルター)
粉々になったガラス(トランジション)
レンズフレア(自然)
ボケグレア(自然)
ゴッドレイ(自然)
中央座標タイプ
影(自然)
影座標タイプ
歪み(変形):
- 極性
- 魚の目
- レンズ
- Zドロップ
- 極座標
中央座標タイプ、 内外座標

 

ご質問はありますか?このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールを送信するか、FlashintegroのDMでお問い合わせください。

VSDCの最新版をダウンロード

VSDCのリフト、ガンマ、ゲイン カラー ホイールのガイド

リフト・ガンマ・ゲインカラー ホイールは、ビデオクリエーターがプロレベルの色補正を実行できるように設計されています。7.2版から、リフト・ガンマ・ゲインがVSDC動画編集で使用できるようになったため、このチュートリアルでは、それらの目的について説明し、使用方法を段階的に示します。

リフト、ガンマ、ゲインとは何ですか?

リフト、ガンマ、ゲインは、プライマリカラーコレクションに設計されたカラー ホイールのセットです。分離された色を使用するセカンダリカラー コレクションとは異なり、プライマリカラーコレクションは、動画の色調構成全体を変更するのに役立ちます。これは、ダークトーン(リフト)、中間色(ガンマ)、ブライトトーン(ゲイン)または画像全体(オフセット)を微調整することを意味します。

注意が必要なのは、これらのコントロールのいずれかを使用すると、シャドウ、ハイライトまたは中間色を修正するだけでなく、リフト・ガンマ・ゲインホイールで行われた変更がトーンのスペクトル全体に影響することです。続行する前に、このビデオの説明をご覧ください。

VSDC無料動画編集をダウンロード

VSDCでリフト、ガンマ、ゲインホイールにアクセスする方法

色補正について話すとき、百聞は一見にしかずので、以下に新しいツールの詳細な視覚的なウォークスルーを示します.

まず、左下隅にあるカラー グレーディングパネルに切り替えて、リフト、ガンマ、ゲインカラー ホイールにアクセスします。

Lift, Gamma, Gain color wheels in VSDC

各ホイールはトーンの範囲をコントロールします。リフトは主にダークトーンを調整します。 ガンマは主に中間調を調整します。 ゲインは主にブライトトーンを調整し、オフセットは画像全体を調整します。

ダークトーン、ブライトトーン、中間色のカラー値の変更

選択したトーン範囲の色を修正するには、ホイールの中央にあるコントロール ポイントを使用します。スペクトルの特定の色範囲に向かってドラッグすると、動画の温度または全体的な美学を変更できます。

たとえば、リフトのカラー ホイールで変更を加えると、次のようになります。最も明るい領域はほとんど変化しませんが、コントロールを動かしているカラー スペクトルの場所に応じて暗い領域が変化します。

選択したホイールのコントロール ポイントを移動すると、そのホイールの下のRGB色の値も自動的に変化することに注意してください。色の値を手動で変更したい場合は、値を入力するか、キーボードの上下矢印キーを使用して自由に変更してください。

では、ダークトーン、ブライトトーン、中間色への変更の適用の違いは何でしょう?この質問に答えるために、視覚的な比較を用意しました。ダークトーン、中間色、ブライトトーン、トーンの全範囲での青色の増加は次のようになります:

同じ色成分ですが、異なる範囲の色調に変更が適用されるため、結果は大きく異なります。繰り返しになりますが、リフトを使用している場合、ブライトトーンはほとんど影響を受けていないことに気付くはずです。 ゲインを使用している場合、ダークトーンはほとんど影響を受けず、ガンマを使用している場合、ダークトーンとブライトトーンの両方がほとんど影響を受けません。

プロのヒント: 左下隅にある小さなタンブラーは「輝度レベルを維持する」と呼ばれ、変更に関係なく、全体的な輝度のレベルを維持します。このモードをオンにしておくことをお勧めします。これにより、色の調整がよりスムーズで段階的になります。

ダークトーンのピボット、ブライトトーンのピボット、白黒のしきい値

色の値に加えて、次のスライダーを使用して、動画の輝度とコントラストの値を変更できます:

  • ダークトーン
  • ブライトトーン
  • 白黒のしきい値

これがその仕組みです。 ダーク トーンのスライダーを切り替えると、選択した値よりも低いすべてのダークトーンが暗くなります。当然、このコントロールを最大にすると、ビデオの最も明るい部分を除くすべてが暗くなります。

同様に、ブライトトーンのピボットは、画像が完全に暗くなるまで、すべての色調を暗くし、動画内のブライトトーンの数を減らします。

最後に、白黒のしきい値スライダーは、動画のコントラストと彩度のレベルを下げます。左側のスライダーは画像が白くなるまでダークトーンを暗くし、右側のスライダーは画像が黒くなるまでコントラストを下げます。

各ホイールの上にある「リセット」ボタンを使用すると、いつでも変更を元に戻すことができることに注意してください。

ブラックポイント・ホワイトポイント

ツールセットの次の重要な部分は、ブラックポイントホワイトポイントです。これらのコントロールは、露出過多や露出不足のビデオをすばやく修正するのに役立ちます。

たとえば、露出オーバーの画像がある場合は、通常、すべての色が明るすぎて、コントラストが不足していることを意味します。これを修正するには、パネルから「ブラックポイント」を選択し、黒いはずのオブジェクトまたは領域をクリックします。プログラムは選択した領域に黒色を適用し、それに応じて残りの色調を再計算します:

同様に、動画が暗すぎる場合は、「ホワイトポイント」を選択し、白であるべき領域をクリックして、すべての値を再配置します。

分離した領域の修正

動画または画像の分離した領域の色補正を実行する必要がある場合は、「色範囲」メニューの右下隅にあるスポイト ツールを使用できます。

スポイトアイコンをクリックして、作業したい領域を選択します。プログラムが正しい領域を選択したことを確認するには、下部にある「修正された領域を表示する」ボックスにチェックマークを付けます。

元の選択が少し間違っていた場合は、すぐに変更の適用し始めるか、追加のツールを使用してトーンの選択を拡大または縮小することができます。

デフォルトでは、スポイトは正確な色ではなく、トーンの範囲を選択することに注意してください。色相グラフの長い白い拡張機能は、正確にそれを視覚化します。反対に範囲を指定せずに特定の色を選択するには、Ctrlキーを押しながらスポイトを使用します。その場合、色相グラフには白い拡張機能がありません。

必要な値を手動で入力するか、上の図のようにハンドルを使用して、選択した色の範囲を増減またはシフトできます。

色補正の練習時間

色補正の技術を習得したい場合は、適当なツールを使用して練習することが重要です。リフト、ガンマ、ゲインカラー ホイールがVSDCに追加されたことで、プライマリカラーコレクションとセカンダリカラー コレクションの両方を実行するために必要なものがすべて揃っています。しかし、最も重要なのは、このツールセットがVSDCの無料版で利用可能であり、処理能力が制限されたコンピューターでも機能することです。私たちのチームは、動画編集を誰もが手頃な価格で利用できるようにすることを決意しています。

ご質問はありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールを送信するか、メタページでダイレクトメッセージを送信してください。

VSDC無料動画編集をダウンロード

ビジュアルエコー効果の作り方

エコー 動画効果を使用すると、ビデオ内で元々存在しなかった動きの軌跡を視覚化できます。長時間露光効果や不自然に速い物体の動きを模倣したものと考えることができます。

VSDC動画編集を使用して数分でこの効果を作成する方法を知りたいですか? 次に、以下のチュートリアルを確認してください。

VSDC無料動画編集をダウンロード

ステップ 1。エディターに動画をアップロードします

コンピューターでVSDCを起動し、スタート画面の「コンテンツのインポート」オプションを使用するか、ファイルをシーンに直接ドラッグして、ビデオをアップロードします。

ステップ 2。動画をスプライトに変換し、エコー フィルターをアクティブにします

VSDCでは、エコー フィルタはスプライトのプロパティメニューでのみ使用できるため、最初に動画をスプライトに変換する必要があります。Ctrl + Pホットキーの組み合わせを使用するか、ファイルを右クリックして、「スプライトに変換」を選択します。

How to convert a video file into a sprite in VSDC Free Video Editor

準備ができたら、右側のプロパティウィンドウに移動し、次のオプションを選択します:

  • コンテナとして使用 – いいえ
  • 効果を表示する – はい
  • 背景を塗りつぶす – いいえ
  • エコー フィルタを使用する – 真

動画のプレビューをアクティブにして、デフォルトのビジュアルエコー フィルタがどのように見えるかを確認します。

次のセクションでは、フィルター設定について説明し、それらを使用して効果を調整する方法を示します。

ステップ 3。ビジュアルエコー効果を調整します

エコーエフェクトを生成するために、ソフトウェアは異なる時間のフレームを1つのレイヤーにスタックし、新しいフレームが表示されるたびにトレイルを徐々にフェードします。クリエーターは、残りの可視フレーム数と画面上でのブレンド方法を変更できます。

エコー強度

エコー強度はトレイルのフェード速度に影響します。この値が高ければ高いほど、エコー効果が強く表示されます。たとえば、100である場合、フェードはなく、移動しているオブジェクトが画面端まで到達するまで各フレームが表示されます。

エコー強度パラメータを拡張し、初期値と最終値を異なる値に設定できることに注意してください。これにより、時間の経過とともに効果が増減します。

ブレンドモード

ブレンドモードは、フレームのブレンド方法を定義するため、効果の見え方を定義します。

エコーフィルタには、次の3つのブレンドモードを使用できます:

  • 「オーバーレイ」は新しいフレームがそれぞれの前のフレームに重ねられます。 最も穏やかな視覚効果を生成します。
  • 「光線」は現在のフレームと前のフレームの値が最大化されます。 最も強い視覚効果を生み出します。
  • 「ぼかし」は現在のフレームと前のフレームがアルファチャネルに基づいて混合されます。 にじみエコー効果を生成します。

以下は、同じエコーフィルター強度で、同じ動画に対して異なるブレンド モードがどのように機能するかを示しています:

最初の2つのモードは、動画エフェクトや背景が透明なビデオに最適です。3番目のモードは、動いているオブジェクトが含まれる不透明なビデオに最適です。

プロのヒント: エコーフィルターは、動いているオブジェクトを含むVSDCエフェクトのいずれにも適用できます。そのような効果は、粒子、雨滴または移動するオブジェクトに固定されている場合の影の効果です。

ただし、フィルタが機能するには、エフェクトもスプライトの一部である必要があります。

エコーフィルターは、VSDCの7.2版以降で使用できます

ビジュアルエコーはシンプルで美しいエフェクトで、ミュージックビデオやSF短編映画に最適です。そして最高の部分は? VSDC動画編集の無料版で利用できます。PCにダウンロードして、自分で試してみてください! ご不明な点がございましたら、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールでお問い合わせいただくか、@Flashintegroにツイートしてください。

VSDC無料動画編集をダウンロード

マルチレイヤー編集を使用して動画グリッドを作成する方法

ノンリニア動画編集ソフトを使用する利点については、ガイドで何度も説明しました。クリエイターにとっての最大の利点の1つは、複数のフッテージを同じシーンに配置して同時に編集できることです。動画グリッド効果はその好例です。

VSDCのタイムラインはビデオトラックの無制限の数を提供するため、4、9、16またはその他のセクションの数で構成される動画グリッドを簡単に作成できます。このチュートリアルでは、プロジェクトの動画グリッドを作成する方法を段階的に説明します。

VSDC無料動画編集をダウンロード

ステップ1。必要なサイズのプロジェクトを作成します

パソコンでVSDC動画編集を起動し、「空のプロジェクト」オプションを使用して新しいプロジェクトを作成します。2x2または3x3動画グリッドの場合、次のプロジェクト設定を使用することをお勧めします: フルHD 1080pまたはUHD 4K解像度及び16:9アスペクト比。

次のステップでインポートするフッテージは、設定した縦横比に自動的に引き伸ばされますが、同じ設定で録画された動画が理想的です。ほとんどのフッテージの縦横比が異なる場合 (縦向きのビデオなど)、プロジェクトに別の設定を自由に使用してください。グリッドサイズの計算は、この例とは異なることに注意してください。

ステップ2。タイムラインにすべての映像を配置します

次のステップは、すべての映像(理想的には4つまたは9つのファイル)をエディターにインポートすることです。最初にリソース ウィンドウに追加するか、すべてを直接タイムラインにドラッグすることができます。準備ができたら、ビデオファイルを別のトラックに次々と配置し、それらを左側に揃えます。

ステップ3。動画の長さを調整します (オプション)

グリッド内のすべての動画に同じ長さを設定するには、タイムライン上ですべてを選択し、プロパティウィンドウで目的の長さを手動で入力するか、再生ヘッドを適切なタイミングで配置し、上部のかみそりツールを使用してカットを作成し、不要な部分を削除します。

クイックヒント:使用できるもう 1 つの一括調整は、カラー フィルターです。たとえば、グリッド内のすべてのビデオを白黒にしたい場合は、タイムラインでそれらを選択し、マウスを右クリックして、「クイックスタイル」→「グレースケール」を選択します。

ステップ4。必要なサイズを動画に適用します

グリッドの形成する始める時が来ました。

タイムライン上のすべての動画を選択し、プロパティウィンドウに移動します。「座標」→「幅」を探します。2x2の動画グリッドの場合は、「960」と入力します。 3x3の動画グリッドの場合は、「640」と入力します。次に、タイムラインのビデオスタックを右クリックし、「サイズを設定」→「画像の縦横比に応じて高さを設定」を選択します。最後に、マウスまたはキーボードの矢印キーを使用して、各動画をシーン上のその位置にドラッグします。

グリッドのビデオの幅をどのように計算したか疑問に思われるかもしれません。それは簡単です! 横に並べるビデオの数にシーンの幅を分割するだけです。たとえば、4本の動画がある場合は2つになります。9本の動画がある場合は3つになります。 16本の動画がある場合は4つになります。

シーンの幅は1920ピクセルなので、1920/2 = 960ピクセルです。シーンの幅が異なる場合は、それに応じて再計算する必要があります。

クイックヒント。一部の動画の解像度や縦横比が元々異なっていても、タイムラインに追加すると、シーンのデフォルトサイズに引き伸ばされます。ただし、一部のビデオの側面に黒帯があることに気付いた場合は、それらのファイルをマウスで右クリックし、「クロップツール」→「自動クロッピング」を選択して修正します。

ステップ5。アウトライン効果を追加します(オプション)

グリッド内のビデオを目立たせるには、対照的な境界線のアウトラインを追加することを検討してください。境界線を作成するには、任意の動画をクリックしてから、「動画エフェクト」メニューを開き、「透明度」→「境界線」に進みます。次に、プロパティウィンドウに移動し、次の設定を選択します:

  • モード→ソリッド
  • 位置 → 全ての矩形
  • 境界線のサイズ → 3px (輪郭の太さに応じて、小さい値または大きい値を選択できます)
  • 色→ホワイト

輪郭の外観に問題がなければ、境界線エフェクトのレイヤーをコピーし、グリッド内の次の動画をダブルクリックして、エフェクトを貼り付けます。グリッド内のすべてのビデオに対してこれらの手順を繰り返します。

ステップ6。プロジェクトをエクスポートします

編集が終了したら、「プロジェクトのエクスポート」タブに移動します。動画をPCで視聴するつもりである場合は、「PC」と目的の形式を選択します。 オンラインで公開したい場合は「Web」とソーシャルメディアのプラットフォームを選択します。

コーデック、解像度、フレームレートまたはその他のパラメータを変更する必要がある場合は、プレビュー ウィンドウの下にある「プロファイルを編集」メニューを使用します。それ以外の場合は、設定を変更せずに「プロジェクトのエクスポート」をクリックします。

まとめ

動画グリッドは、音楽動画、テレビ番組、コマーシャル、ブログでよく使用される効果です。少し想像力を働かせて、カラーフィルターや歪み効果を適用したり、動画の一部の表示または非表示を遅らせたりして、さらに面白く見せることができます。

ご質問はありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールを送信するか、FacebookでDMを送信するか、YouTubeにコメントを残してください。

1 / 22 ページ

News

動画の色補正のに5つの無料ソフトウェア

yeビデオクリエーターである場合、色補正を習得することが重要な理由は3つあります。まず、動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。次に、複数のクリップの色を一致させて、見た目の一貫性を高めることです。最後に、色補正は、露出過度、露出不足、色あせた映像を修正するのに役立ちます。この3つすべては、不十分な照明条件または不適切なカメラ設定の結果です。 ただし、始めたばかりの場合は、高価なプログラムを購入する準備ができていない可能性があります。ありがたいことに、練習に使用できる無料ソフトウェアがあります。 この記事では、色補正用の5つの動画編集ソフトを確認しました。これらのエディタには、プライマリカラーコレクションとセカンダリカラーコレクションの両方に必要なすべてのツールと、美しいムービーの作成に役立つその他の機能が含まれています。 始めましょう。 VSDC無料動画編集 VSDCは、Windows...

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends