動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDC 6.7でビデオテキスト効果を使用するための究極のガイド

VSDCの新しいバージョンは、スタイリッシュなイントロ、ユニークなキャプション、シーンのオープニングを作成できる3つの美しい文字のアニメーション効果を提供します。彼らの助けを借りて、人気のタイプライター効果を模倣し、いくつかの伝説的なビデオゲームのイントロアニメーション(Call of Dutyのイントロなど)を複製することができます。

この詳細なチュートリアルでは、各テキスト効果を詳しく見て、コントロールを切り替えたときに何が起こるかを示します。VSDC 6.7をまだダウンロードしていない場合は、そろそろ時間です。

 

VSDCでテキスト効果を適用する方法

テキスト効果は、編集メニューの新しいセクションにあります。アクセスするには、シーンにテキストオブジェクトを追加し、マウスを右クリックして「テキスト効果」に進みます。

How to apply text effects in VSDC

ドロップダウンメニューには、次の3つの効果があります:

  • 色の変更
  • シ文字シフト
  • グリフFX

目的の効果を選択すると、オブジェクトの位置設定ウィンドウがポップアップ表示されます。これは、現在のカーソル位置からテキストオブジェクト全体に効果が適用されることの確認です。効果のデフォルトの位置について変更したいものがない場合は、「OK」をクリックするだけです。

次のセクションでは、各効果がどのように機能するか、設定をカスタマイズすることで何が達成できるかを示します。

 

色の変更の効果

リストの最初の効果は「色の変更」と呼ばれます。色と不透明度によって文字をアニメーション化するように設計されています。デフォルトでは、この効果を適用すると、文字が1つずつ画面に表示されます(完全に透明から完全に表示されます)。

Recoloring symbols

タイムラインでは、エフェクトレイヤーのタイトルは「TextRecoloring」になります。文字のレイヤーをダブルクリックすると、いつでもアクセスできます。効果設定を開くには、「TextRecoloring」を右クリックして、「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドインします。

「プロパティ」ウィンドウで使用できる設定には、「共通設定」「文字の色変更設定」の2つのグループがあります。前者の設定グループでは、エフェクトのレイヤー名を変更し、その出現の瞬間とエフェクトの持続時間を秒単位またはフレーム単位で設定できます。後者の設定グループにはエフェクトコントロールが含まれ、カスタマイズすることができます。

2番目のグループのほとんどのコントロールは、すべてのエフェクトで使用できます。これらのコントロールの意味を見てみましょう。

効果の方向

このコントロールには、「フェードイン」「フェードアウト」の2つのオプションがあります。フェードインを選択すると、テキストが1文字ずつ画面に表示されます。フェードアウトを選択すると、最初はテキスト全体が表示されます。 その後、文字ごとに消え始めます。

処理順序

このパラメーターは、文字が表示または非表示を開始する順序を定義します。

次の3つのオプションから選択できます。

  • 「最初のグリフから最後まで」は文字が直接の順序で表示または非表示になります
  • 「最後のグリフから最初まで」は文字が逆の順序で表示または非表示になります
  • 「順不同」は文字がランダムに表示または非表示になります

グリフ描画時間

物事をより明確にするために、この文脈では、「グリフ」は記号または文字です。「グリフ描画時間」というパラメータは、文字が画面に完全に表示されるか、画面から消えるのに必要な時間を制御します。

グリフの描画時間を0%よりも高い値に設定すると、文字は透明から完全に表示されるように徐々に移行します。値が大きければ大きいほど、外観は緩やかになります。0である場合、文字はポップアップ表示されます(または、以前にフェードアウトを選択した場合は、画面からすぐに消えます)。

VSDCが各文字の描画時間をどのように計算するのか疑問に思っていますか?

各文字の描画時間を計算するには、効果の持続時間を文字数で割ります。したがって、効果の持続時間が10秒で、10字がある場合、各文字が完全に表示されるまでに1秒かかります。この場合、1秒は100%に相当します。文字をより速く表示する必要があると判断した場合は、描画時間を短くしてください。文字がより速く描画されても、 1秒あたりの1字というペースは同じままであることに注意してください。

グリフ/縁取り/背景に適用

次の3つのコントロールは、「グリフに適用する」、「縁取りに適用する」、「背景に適用する」です。これらは、「色の変更」効果でのみ使用できます。これらのパラメータを使用すると、文字、その縁取り、背景の色のアニメーションを調整できます。

デフォルトでは、これらの各パラメーターで「アルファ変換」がアクティブになっています。つまり、上記のように、文字、縁取り、背景を含むすべてが、透明から完全に表示されるように切り替わります。

代わりに「色変換」を選択すると、文字は完全に表示されますが、1つずつ色を変え始めます。

元の色は「プロパティ」ウィンドウで選択した色になり、最終的な色は、上部の編集メニューを使用してテキストオブジェクトを作成したときに最初に選択した色になります。

「色とアルファの変換」は、文字が表示(または非表示)され、同時に色が変更されることを意味します。色は次の順序で変化します。最初に「プロパティ」ウィンドウで選択した色になり、次にテキスト編集メニューで以前に選択した色に変わります。

文字、縁取りまたは背景のアニメーションを非アクティブにするには、「適用しない」オプションを選択します。

すべてのグリフに適用する

一部のシナリオでは、選択した文字のみに「色の変更」効果を適用する必要があるかもしれません。これをするには、「すべてのグリフに適用する」というコントロールが必要です。有効にすると、すべての文字に効果が適用されます。 無効にすると、アニメーション化する文字を選択できます。

たとえば、エフェクトを開始する文字と、エフェクトを適用する文字の数を指定できます。

CR/LFを無視する

2 行のテキストを作成するのに「Enter」キーを使用した場合、2 つのオプションがあります。同じペースで両方の行に効果を適用するか、2 行目に移動する前に効果を一時停止するかです。前者を実現するには、「CR/LFを無視する」をアクティブにします(「真」に切り替えます)。 後者を実現するには、非アクティブのままにします。

効果を同期する

テキストに複数の効果を適用し、文字の色の変更と回転を同時に行う必要があるとします。この場合、効果を同期して、すべてのエフェクトが同じ文字に同時に適用されるようにする必要があります。これを実現するには、必ず「順不同」を設定し、「効果を同期する」オプションをアクティブにしてください。非アクティブのままにすると、各エフェクトは異なる文字にランダムに適用されます。

これらの2つのコントロールは、VSDCのすべてのテキスト効果に共通であることに注意してください。それらがどのように機能するかはすでに知っているため、次のセクションではそれらについて説明しません。

 

文字シフトの効果

「文字シフト」という効果は、画面上の選択した領域からプレースホルダーに文字を1つずつスライドさせるように設計されています。タイムラインでは、この効果は「TextShiftPosition」として表示されます。

設定を開くには、エフェクトレイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。右側には、文字のアニメーションを調整するために必要なすべてのコントロールを含む文字シフト効果の設定があります。これらのコントロールを詳しく確認しましょう。

効果の方向

前に説明したのと同じロジックに従って、このパラメーターを使用すると、移動方向を設定できます。フェードインを選択すると、テキストが文字ごとに画面に表示されます。フェードアウトを選択すると、テキストが画面から文字ごとに消えます。

処理順序

このパラメーターは、文字が表示または非表示を開始する順序を定義します。

ここでも、次の3つのオプションから選択できます。

  • 「最初のグリフから最後まで」は文字が直接の順序で表示または非表示になります
  • 「最後のグリフから最初まで」は文字が逆の順序で表示または非表示になります
  • 「順不同」は文字がランダムに表示または非表示になります

グリフ描画時間

この効果の場合、グリフ描画時間は、選択した方向に応じて、各文字が初期位置から最終位置に移動するか、またはその逆に移動するのに必要な時間を意味します。その値が高ければ高いほど、動きはより緩やかになります。

グリフの初期位置

このパラメータを使用すると、文字が最終的な場所に移動する最初のポイントを設定できます。

次の3つのオプションを使用できます。

  • 「一定のシフト」は文字が固定距離から45度の角度で1つずつ表示されます。角度を変更することができますが、距離は同じままです。
  • 「文字オブジェクトの外側」はプレースホルダーの外側から、背景色とともに文字が1つずつ表示されます。文字の位置は、距離の値に基づいて変化します。100%である場合、文字がプレースホルダーの外側にあります。ただし、値が小さければ小さいほど、文字は最終点に近くなります。
  • 「カスタムポイント」は手動で選択した画面上のポイントから文字が表示されます

選択した位置に対して、3つのパラメータを調整できます: 「グリフごとの角度変更」、「角度」、「距離」。

「グリフごとの角度変化」というパラメータは、後続の各文字の移動角度を変更します。 角度の変更は30度で、初期の角度は10度であるとします。これは、1番目の文字が10度の角度で表示され、2番目の文字が40度の角度(10 + 30)で表示されることを意味します。 3番目の文字は70度の角度(40 + 30)で表示されます。

「角度」は、文字が最終点に向かって移動する初期角度を設定します。「グリフごとの角度変化」がゼロである場合、このパラメーターが移動時間全体の角度を設定することに注意してください。

「距離」は、文字の初期位置と最終位置の間の距離を設定します。

注: 3つのパラメータのすべての初期値と最終値を変更できます。つまり、エフェクトの開始時と終了時の値が異なります。

 

グリフFXの文字効果

グリフFXの効果は、ズームや回転などのより複雑なアニメーションを通じて文字を表示または非表示にするように設計されています。このエフェクトを適用すると、タイムラインに「TextGlyphFX」として表示されます。

アニメーションをカスタマイズするには、「プロパティ」 ウィンドウを開き、「グリフFXの文字効果の設定」までスクロールします。そこで利用できるコントロールを確認しましょう。

効果の方向

このパラメータを使用すると、文字のアニメーションの順序を設定できます。フェードインを選択すると、テキストが文字ごとに画面に表示されます。フェードアウトを選択すると、テキストが画面から文字ごとに消えます。

処理順序

このパラメーターは、文字が表示または非表示を開始する順序を定義します。

次の3つのオプションから選択できます。

  • 「最初のグリフから最後まで」は文字が直接の順序で表示または非表示になります
  • 「最後のグリフから最初まで」は文字が逆の順序で表示または非表示になります
  • 「順不同」は文字がランダムに表示または非表示になります

グリフ描画時間

グリフの描画時間は、選択した効果の方向に応じて、各文字が画面に表示または非表示になるのに必要な時間です。その値が高ければ高いほど、アニメーションはより緩やかになります。

変換タイプ

変換タイプは、文字が画面に表示または非表示になる方法を決定します。選択できるオプションは3つあります。

  • 「ズーム」は文字が表示されると、サイズが大きくなります。 それらが消えると、収縮します。
  • 「スキュー」は文字が選択した角度で画面に表示され、反対の方法で消えます。
  • 「回転」は文字がすべて一度に表示されますが、選択した角度で1つずつ回転します。

変換タイプを選択すると、追加のコントロールが使用可能になり、アニメーションをカスタマイズできます。これらのコントロールが何であるかを見てみましょう。

ズーム

このアニメーション名は一目瞭然です。ここで制御できるのは、文字が拡大または縮小するスケールです。具体的には、文字の初期サイズと最終サイズを定義するX/Yスケール設定を調整できます。

デフォルトでは、両方のスケールの値が「0; 100%」であることに注意してください。これは、文字が完全に非表示 (0%) からフルサイズ (100%) に切り替わることを意味します。アニメーションの開始時または終了時に文字のサイズを変更したい場合は、軸のスケール設定を展開し、それに応じて初期値または最終値を調整します。

X/Yスケール設定に加えて、中央X/Yのコントロールを使用して、文字が表示されるポイント(または文字が非表示になる場所)を指定できます。それらがどのように機能するかを理解するために、各文字に独自のセルがあると想像してください。中央X/Yのパラメータは、セルのどの部分から文字を表示するかを定義します。たとえば、両方のパラメータが0%である場合、文字は左下隅から表示されます。両方のパラメータが100%である場合、文字は右上隅から表示されます。

Glyph Zoom transformation type

スキュー

このアニメーションタイプには、テキストに適用される角度と回転の両方が含まれます。これを選択すると、次のパラメータが使用可能になります:角度X/Y及び中央X/Y。

角度X/Yコントロールは、軸の周りの文字のスキュー角度を定義します。中央X/Yコントロールを使用すると、移動中に文字がアタッチされているセル内の場所を選択できます。

回転

回転設定は、他のアニメーションタイプで使用できる設定に似ています。回転角と中央X/Y値を選択できます。

この場合、中央X/Y値は、文字が回転するセル内の位置を定義します。したがって、中央Xと中央Yの両方が0%である場合 (下図を参照してください)、文字は左下隅を中心に回転します。両方のパラメータが100%である場合、文字は右上隅を中心に回転します。

 

新しい文字のアニメーション効果でインスピレーションを得る

新しい文字のアニメーション効果は、すべてのテキストイントロのアイデアを視覚化するのに十分な汎用性があります。インスピレーションが必要ですか? タイプライター効果に関するビデオ チュートリアルを見て、自分で再現してみてください。

How to Make Realistic Paper Burn Transition in VSDC Pro

The new version of VSDC Pro includes the long-awaited Paper burn effect. It serves as an impressive transition, especially when you apply it to a still image. The best part about this effect is that it’s very versatile. For example, by changing the main template of the effect, you can achieve the illusion of freezing.

In addition, you can fully control the “flame”, its size, movement speed, burn hole size, and other parameters. In this tutorial, we’ll show you how to apply this transition and how to customize it to your needs.

 

How to add Paper burn transition in VSDC

To get started, import your footage (or a photo) to VSDC and open the Video effects menu. Find Transitions and select Paper burn. In the Object’s position settings window, click OK.

Now that the transition effect is on the timeline, you can move it, change its duration and appearance.

How to adjust Paper burn transition effect

Make a double-click on the main file to get to the transition layer: Paperburn 1. Then make a right mouse-click on the transition and select Properties. The Properties window will slide in from the right-hand side.

There are three groups of settings for the Paper burn effect: Common settings, Adjustment effect settings, and Paper burn effect settings. We'll take a close look at each group below.

Common settings allow you to change the name of the effect layer, set the exact moment of its appearance and duration – by seconds or by frames.

Adjustment effect settings allow you to set the level of transparency for the effect. This means that the effect can be fully opaque or semi-transparent throughout the entire transition or change dynamically.

The dynamic change of transparency is set through the parameters called Initial value and Final value. The former defines the level of transparency for the beginning of the transition; the latter defines the level of transparency for the end of the transition.

For example, if we set the Initial value at 100% (absolutely non-transparent) and the Final value at 10% (almost transparent), the transition will look as follows:

Paper burn effect settings allow you to correct the colors of the flame, its brightness, the size of the burn holes, and other parameters. To have a clear picture of how it works, let's review each parameter one by one.

Template

By default, this effect produces the illusion of burning paper, however, as an alternative, you can select the freezing effect. To decide where on the screen the flame or the freezing process should start, use the options in the Template menu.

Image

By default, the Paper burn effect looks like a blank burning piece of paper. However, you can upload an image, and in this case, instead of a blank piece of paper, there will be a burning image.

Below is the difference between the former and the latter:

 

Hole size

As the burning process continues, the scene gradually gets covered with burn holes. You can set their size for the beginning and the end of the transition by using the Initial value and the Final value. The higher the value, the bigger the burn holes will be.

 

Granularity

It's up to you how detailed the edges of the holes will look. To explore the possible degree of detail, you can use the Granularity control. The higher the Granularity value is, the more complex and random the shape of the holes will be. The lower the value, the plainer the holes and the smoothers their edges will be.

 

Color

The Color parameter defines the color of the outer zone of the flame. Keep in mind, you'll be able to select the color for both the outer and the inner zones to make the effect more realistic.

 

Intensity

Intensity sets the flame size, and you can change its value during the video playback. For instance, this is how the result may vary if you drastically change the Intensity value at 10% and its Final value at 100%.

 

Brightness

Similarly to the flame intensity, you can control its brightness and change it over time. This is what the transition will look like if you set the Brightness initial value at 10% and its Final value at 100%.

 

Color shift

The Color shift parameter allows for shifting the edge of the flame further from the burn holes. The higher its value, the further the edge of the flame will be from the edge of the holes. Like most parameters, this one can be set dynamically through the change of the Initial and Final values.

Keep in mind that you can adjust this parameter for both the inner and outer flame zones.

 

Time shift before effect appearance (%)

This is a parameter designed to delay or speed up the appearance of the effect in the scene. You can assign a positive or a negative value to it. If you set a negative value, say -50, noticeable burning will start halfway to the end of the transition. If you set a positive value, say, 50, then by the beginning of the transition, half of the image will be burnt already.

Effect speed boost (%)

If you want to speed up the effect, use this parameter. The higher its value, the faster the burning process will be. You can also increase or decrease the effect speed dynamically using the Initial and Final values.

Inner zone color and Inner zone brightness

These parameters allow you to choose the desired color and brightness level for the inner zone of the flame.

Opacity (inner zone)

If you want no inner flame zone in the picture, set the Opacity value at 0. In this case, the flame will take the main color you set previously. If you want the inner flame zone to be bright and solid, set its opacity value at 100. Anything in between will change the look of the flame accordingly.

 

Blending method

If you're using an uploaded image to create the Page burn effect, you have two ways to blend the flame and the image. The first one is called Plus; the second one is called Overlay. This is what they look like:

 

Direction

Apart from the size and the speed of the flame, you can also change its direction. There are 8 options you can choose from:

  1. left to right
  2. right to left
  3. top to bottom
  4. bottom to top
  5. left top corner to the right bottom corner
  6. right top corner to the left bottom corner
  7. bottom left corner to the top right corner
  8. bottom right corner to the top left corner

 

Time inversion

By switching this parameter from False to True, you can reverse the page burn effect and create the illusion of a burnt page being restored.

 

Fade-in

Finally, if you want to make the effect appear more gradually, you can apply the Fade-in option.

 

Download VSDC 6.7 and try the new transition effect

Along with the Paper burn transition effect, VSDC 6.7 brings the Flow transformation effect, a few text object effects, and an optimized timeline. Make sure to download it from our official website, and if you have any questions, feel free to email us at このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

オーディオフィルターを使用して動画からバックグラウンドノイズを除去します

プロのスタジオで動画を撮影しているのでない限り、バックグラウンドノイズを回避するのは難しくなるかもしれません。YouTubeチャンネルのビデオチュートリアルを準備している間、毎週バックグラウンドノイズに苦しんでいるためです。幸いなことに、簡単な解決策があり、VSDC動画編集の無料版で直接利用できます。

バックグラウンドノイズは、大きく2つのカテゴリに分類できます。静かな一定の音と大きな突然の音です。この記事では、最初のカテゴリがより一般的で扱いにくいため、このカテゴリに焦点を当てます。このようなノイズを動画から除去するには、「オーディオゲート」(「ノイズゲート」または「ゲート」と呼ばれることが多い)と呼ばれるオーディオフィルターを適用する必要があります。ゲートは、稼働中のエアコン、ファン、大音量のコンピューターまたは動画内の他の種類の不要な低周波音によって生成されるノイズを除去するのに特に効率的です。ポップやクリックなどの大きな音の場合は、いわゆる「メディアン」フィルターを使用することをお勧めします。

このビデオチュートリアルを見て、以下の詳細を読んでください。

ノイズゲートは、動画からバックグラウンドノイズを除去するのにどのように役立ちますか?

ノイズゲートは、バックグラウンドノイズ除去の最も一般的な種類です。それらは、特定の音が通過し、他の音が入るのを防ぐ実際のゲートまたはチャネルと考える必要があります。ただし、それらのパラメータは動画ごとに個別に設定する必要があります。正しい設定を適用したい場合は、ノイズゲートがどのように機能するかを理解するべきです。

最後に録画した動画について考えてみましょう。その平均音量は、声であろうと音楽の音であろうと、クリップ全体を通してほぼ同じレベルのままですよね?そのレベルは「しきい値」と呼ばれます。ソフトウェアがそのしきい値を下回る音を検出すると、自動的に静かになります。

ファン、エアコン、大音量のPCプロセッサなどのすべてのブンブンという音、シューという音のバックグラウンドノイズは、通常、声よりも低いため、ゲートはそれらを非常に効率的に除去します。ただし、バックグラウンドで静かな音と大きな音の両方で構成される実際の不協和音がある場合は、ノイズゲートとメディアンフィルターの両方を適用する必要があります。

バックグラウンドノイズの同じ種類があっても、ボタンをクリックして、魔法のようにすべての不要な音を取り除く方法はないことに注意してください。使用しているソフトウェアに関係なく、手動でやる必要があります。コントロールの切り替え、設定の調整、文字通り耳での演奏に時間を費やす準備をしてください。

そうは言っても、VSDC無料動画編集がその課題にどのように役立つか見てみましょう。

VSDCのゲートを使用して動画からバックグラウンドノイズを除去する方法

フッテージをVSDCにアップロードしたら、それを右クリックして、「オーディオエフェクト」-「フィルター」-「ゲート」を選択します。

How to remove background noise from a video in VSDC

これをすると、「プロパティ」ウィンドウが右側からスライドします。これには、正しいノイズ除去パラメーターを設定するためにすべての必要なコントロールが含まれています。「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、タイムラインのゲートフィルタを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

前に説明したゲートのメタファーに戻る時間です。 ゲートフィルターを使用すると、「ゲート」の開閉タイミング、開閉速度及びどのような音が入るかを制御できます。これらすべての設定を適用するには、次のパラメータを使用します:

  • しきい値。しきい値は、ゲートが開くデシベルレベルです。バックグラウンドノイズの大きさに基づいて設定する必要があります。しきい値が高ければ高いほど、ゲートを開くための音が大きくなる必要があります。
  • アタック。アタックは、ゲートが開く速度を定義するパラメーターです。アタック値が高ければ高いほど、ゲートが開くのが遅くなります。パーカッシブな音の場合は低い値に、その他の種類の音の場合は高い値(10ms以上)に設定することをお勧めします。
  • リリース。リリースは、ゲートが開いた後に閉じる速度を定義します。使用しているサウンドタイプに基づいて値を変更します。たとえば、エレキギターを録音する場合は、より高い値を設定して、自然なサウンドのオーディオディケイを作成する必要があります。
  • ゲインの減少。この値は、信号の低減がどれほど劇的になるかを定義します。慎重に使用し、結果を聞いてください。
  • レシオ。レシオは、バックグラウンドノイズに適用される圧縮を制御します。言い換えると、これは、ゲートの後に不要な音がどれだけ静かになるかを定義するパラメーターです。たとえば、4dB信号を1dBに圧縮するには、レシオの値を4(4:1)に設定します。
  • ニー。ニーは、しきい値を超える信号に対するコンプレッサーの応答を制御するパラメーターです。これは、圧縮を即座に、または遅延して適用できることを意味します。ハードニーはすぐにクランプダウンし、ソフトニーは信号がしきい値をさらに超えるとコンプレッサーを徐々にキックインさせます。
  • メイクアップ。メークアップゲインは、信号がすでに処理された後、信号のレベルを上げます。

Gate audio filter settings overview in VSDC Video Editor

ミュージシャンのためのクリエイティブなプラットフォームであるLANDRによると、最善の戦略は、しきい値を除くすべてのパラメーターを最小限に設定して開始することです:

  1. 他のすべてを最小に保ちながら、しきい値を最大に設定します。
  2. 動画のメインサウンドが聞こえ始めるまで、しきい値を下げ始めます。
  3. アタック、リリース、ニーの値を次々に上げ始め、変更を加えるたびに結果を聞きます。
  4. 結果に基づいて、残りのパラメーターを微調整します。

初心者でも、動画からバックグラウンドノイズを取り除くことができます

不要なノイズのみを除去しようとしている場合でも、ある時点で、自分の声や音楽の音が異なることがあるのに注意してください。信号のしきい値を変更しているので、これは正常であり、予想されます。適切な結果が得られるまで設定を微調整し続け、バックグラウンドノイズをBGMでマスクすることもオプションであることを忘れないでください!さらに、いつでも動画からオーディオを削除してナレーションを録音することができます。

動画でネオン文字効果を作成する方法

ネオンサインが復活しています。ミュージックビデオ、vlogの背景、コマーシャル、映画のイントロですでに気付いているかもしれません。ネオン文字効果は、過度に気を散らすことはありませんが、動画にスタイリッシュに追加して、より思い出深いものにすることができます。

このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用してネオンサインの文字を動画に追加する方法を示します。次に、オブジェクトの背後に配置し、遠近法やちらつき効果を追加する方法を説明します。始める前に、公式ウェブサイトからVSDCをダウンロードしてください。

 

ステップ1。シーンに背景を追加します

VSDCでプロジェクトを開始する最良の方法は、開始画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用することです。この効果のために、画像と動画の両方を背景として使用できます。ただし、ネオンサインは暗い映像やモノクロの映像の前でも常に見栄えがよいことに注意してください。背景が十分に暗くない場合は、「動画エフェクト」メニューの「調整」設定を使用して、明るさとコントラストを修正してください。

プロのヒント:次のステップに進む前に、フォントを選択するか、少なくともいくつかの例でインスピレーションを得ることをお勧めします。組み込みのVSDCテキストエディタには、動画で使用できるフォントがかなり含まれています。ただし、芸術的なものがほしい場合は、無料のフォントライブラリにアクセスし、PCに追加のフォントをダウンロードすることをお勧めします。これを行うと、VSDCはそれをオプションのリストに自動的に含めます。

ネオンライト効果のおかげで美しく見えるフォントのこのまとめ を確認してください。

 

ステップ2。サインの文字を入力します

左側のメニューを使用して、「文字」を選択し、シーンに追加します。上部のテキストエディタを使用して、サイズ、フォント、配置、その他の設定を変更します。いつでも調整できることに注意してください。

 

How to apply page neon text effect in video

この例では、次のパラメーターを使用しました:

  • フォント:「Acquest Script」と「Impact」
  • 文字の色1:白; 縁取りの色1:なし
  • 文字の色2:なし(文字をくり抜くには、文字の色の不透明度を0%に設定します)。縁取りの色2:明るいピンク。さらに、縁取りの太さを12pxに増やしました

色を選ぶときは、明るい色を選びます。たとえば、白い文字を使用して、明るい色のネオンライトを追加することができます。文字に明るい青、緑、またはピンクを使用することもできます。この場合、サインは背景とのコントラストが低くなります。

 

ステップ3。影の効果を追加してネオンの輝きを模倣します

文字の周りの輝きを模倣するために、影の効果を使用します。「動画エフェクト」メニューを開き、「自然」に進み、「」を選択します。 次に、右側の「プロパティ」ウィンドウに移動し、次のパラメータに0を設定します:

  • 光の角度
  • 影の距離

これにより、影が文字の最大近くに配置されます。ただし、「中央を表示/非表示」ボタンを押し、小さな十字を使用して影をドラッグすることもできます。

次に、影の色の選択を開き、グローの色を選択します。最適なオプションは、明るい青、明るいピンク、または緑です。 ただし、お好きな色を自由に使用してください。

最後に、影の最大サイズを好みに合わせて増やします。このパラメータは、影の大きさ、またはこの場合のように、ネオンライトがどれだけ輝くかを定義します。明るさをさらに上げるには、強度コントロールも微調整します。 準備ができたら、先に進んで動画をエクスポートします。

この効果がどのように機能するかがわかったところで、画面の中央に配置するだけでなく、動画でネオンサインの文字を使用する方法を見てみましょう。

 

動画のネオン文字効果の例

基本的に、任意のオブジェクトに適用するのと同じ効果をネオン文字に適用できます。

  • トランジションを作成する
  • 遠近角を変更する
  • グリッチ、移動、モーショントラッキングなどの特殊効果を使用する

目を開いておくと、メディアでネオンサインに気付くことが多くなります。これが、インスピレーションのアイデアを見つける方法です。以下は、練習できる3つの例です。

 

1 オブジェクトの背後にあるネオン文字

動画でネオンサイン効果を使用する1つの印象的な方法は、オブジェクトの後ろに文字を配置することです。たとえば、キャラクターのイントロに取り組んでいる場合、このトリックがまさに必要なものになるかもしれません。

この例を再現するには、グリーンバックの動画が必要になることに注意してください。クロマキーを使用して背景を削除したら、上記の手順に従ってネオンサインの文字を作成し、タイムラインで動画の1つのレイヤー下に移動します。このようにして、サインは動画内のキャラクターまたはオブジェクトの後ろに配置されます。

オブジェクトの背後に文字を配置する方法について詳しく知りたい場合は、ビデオガイドをご覧ください

 

2表面に付けられたネオンサイン

壁、看板、地面などの表面にネオンサインが付いているような錯覚を作成したい場合は、遠近効果を適用する必要があります。これをするには、シーンまたはタイムラインのいずれかで文字オブジェクトを選択し、「動画エフェクト」メニューを開いて「変換」を見つけ、「遠近」を選択します。次に、右側の「プロパティ」ウィンドウに移動して、角度を調整します。

この例では、遠近法の効果に加えて、単純な無料の移動効果も使用しました。このチュートリアルで詳細を確認できます。

 

3ちらつきネオンサイン(プロレベル)

YouTubeでネオンのチュートリアルをリリースしたとき、ちらつき効果を求める人が何人かいました。公平を期すために、ちらつきは動画のネオン文字をさらに自然で人目を引くように見せます。ただし、それを再作成するには、VSDCプロにアップグレードする必要があります。VSDCプロは年間19.99ドルで入手できます。

VSDCプロには、動画編集の趣味を真剣に考えている場合に役立つ機能がたくさんあります。たとえば、マスキングモーショントラッキング、オーディオ波形、高度なクロマキー、そして最も重要なのは、非線形パラメータ変更機能です。

これは、時間の経過とともにエフェクトの強度を変更できることを意味します。たとえば、以下のちらつき効果を実現するには、影の強度レベルを設定して、高い値と低い値の間を複数回ジャンプします。その結果、ネオンの輝きは明るくなり、その後ほとんど消えて、再び明るくなります。

この例を再現するには、の効果のプロパティにアクセスし、強度を見つけてグラフの線をクリックし、「線形パラメータの変更」から「曲線に沿ったパラメータの変更」に切り替えます。 次に、3点アイコンを押して、タイムライン上のグラフを開きます。

neon video effect with tracking object

グラフの任意の場所をダブルクリックすると、パラメータの値を定義する新しいコントロールポイントが作成されます。つまり、グラフの上部をクリックすると、タイムライン上のその瞬間に影の高い強度値が適用されます。 下部をクリックすると、影の低い強度値が適用されます。カーブを形成すると、影強度の値が高から低、そして再び高に変化し、ビデオのちらつき効果のように見えます。

 

リアルなネオンサインを無料で動画に追加します

このテクニックを習得すると、シェイプ、アイコン、背景が透明なPNG画像、さらには動画など、シーンに追加された他のオブジェクトに適用できるようになります。

質問がありますか? Facebookでメッセージを送信するか、YouTubeチャンネルにコメントを残してください。

2つ(またはそれ以上)の動画を並べて配置する方法

ほとんどのノンリニア動画編集ソフトでは、2つの動画を並べて配置できます。この効果は、「分割画面」効果とも呼ばれます。達成しようとしていることに応じて、同じ動画または2つの異なる動画を並べて再生できます。そして、テクニックのコツをつかめば、できるだけたくさん動画を使うことができるようになります。

このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用してビデオを並べて配置する方法を示します。これはWindows用の軽量ノンリニアビデオエディタであり、シーン内で直接ビデオファイルのサイズ変更と調整ができるため、このタスクに最適です。始める前に、公式ウェブサイトからVSDCをダウンロードする必要があります。

 

ステップ1。フッテージをインポートしてサイズ変更します

コンピューターでVSDCを起動し、ビデオファイルをインポートします。 シーンにドラッグアンドドロップすることもできます。動画を右クリックして「プロパティ」を選択します。「プロパティ」ウィンドウは右側からスライドインします。「共通設定」→「座標」→「幅」を見つけます

次に、フレーム幅の値を半分にして、新しい数値を手動で入力します。 例えば、元のフレーム幅が1920であったら、960と入力します。

 

ステップ2。2番目の動画を準備します

元の動画を複製したい場合は、作業領域「でCtrl + C」及び「Ctrl + V」を使用できます。または、元の動画を右クリックして「複製」を選択し、コピーをタイムラインに貼り付けることもできます。作成されたコピーは同じフレーム幅になるため、必要なのはそれを右にドラッグして動画を並べて配置することだけです。

もう1つのオプションは、シーンで2つの異なる動画を使用することです。この場合、両方の動画のサイズと画質が同じであることを確認する必要があります。そうしないと、違いが目立ち、見栄えの悪い効果が得られます。

このルートに進むことにした場合は、2番目の動画をタイムラインにドラッグし、最初の動画のサイズを変更したのと同じ方法でサイズを変更します。「プロパティ」ウィンドウに移動し、「座標」-「幅」の値を半分にします。次に、動画をシーンの右側にドラッグします。

How to place two videos side by side

覚えておいてください:タイムライン上で、2つの動画は厳密に上下に配置する必要があります。それはそれらを同時に再生したい場合です。1つの動画を遅延して開始したい場合は、タイムラインの右側にドラッグします。また、動画を一方または他方で変更することもできます。 そのためには、動画をタイムラインの同じレベルに1つずつ配置します。

そして、並んだ2つの動画は今準備ができています。「プロジェクトをエクスポート」タブに移動し、必要な形式でパソコンに保存します。

 

次の分割画面動画のインスピレーションを得ます

サイドバイサイド動画は、プロモーションクリップ、プレゼンテーション、vlog、前後の比較に最適です。 分割画面効果は、20世紀半ばから映画でも使用されています。「夜を楽しく」(1959)や「殺しのドレス」(1980)などの名作映画の画面を分割します。

これは、「キル・ビルVol.1」のように、2つの異なる場所で同時に起こっていることを示すのに便利な方法です。

同じオブジェクトの様々な視点を示すために、並べて動画を使用することをお勧めします。「500日のサマー」のクリエイターのように、「期待と現実」の比較を組み込むこともできます。

Split screen effect used in 500 Days of Summer to compare expectations vs reality

コンセプトを理解すると、水平分割画面を作成したり(ビデオファイルの幅ではなく高さを変更したり)、複数の動画を並べて再生したりできるようになります。

比較または創造的な理由であるかどうかにかかわらず、動画を並べて配置することは、最初は複雑に見えるかもしれませんが、非常に簡単な作業です。完全な初心者であっても、数分以内にこの効果を再現することができます。

高度なモードを試してみたいと思いませんか? VSDCプロで対角分割画面を作成するには、次のビデオチュートリアルを確認してください。

News

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...

2021年に試すべきWindows用の6つのiMovieの代替品

Mac用のすべての動画編集ツールの中で、iMovieは私たちのお気に入りのツールであり、このブログで何度もおすすめしています。 iMovieはほとんどのAppleデバイスにプリインストールされています。...

無料クロマキーソフトウェアトップ: 試してテスト済み

動画からグリーンの背景を削除する必要がある場合、 いわゆる「クロマキーソフトウェア」なしで簡単 に削除する方法はありません。 これは、色(彩度)を分離(キーイング)し、フッテージから完全に削除できる動画編集ツールです。...

VSDCの 6.5.1 版は、新しいエフェクトとAIアートジェネレーターでInstagramのような動画を制作するのに役立ちます

2020 年9 月14 日 急速に変化するソーシャルメディアの時代では、 クリエイターは日常の映像をスタイリッシュな動画に簡単に変えるための高速なソリューションを必要としています。...

VSDCが「ビートを編集する」という動画エフェクトを音楽に同期させる革新的なツールのリリースを発表

今年、私たちは皆、いつもよりずっと多くの #stayhome をしなければなりません。 そして何人かはその余暇を創造性に費やすために捧げることに決めました。VSDC...

VSDCのビッグリリースが来ました:モーショントラッキングツールと新しい視覚効果

コミュニティとこのビッグニュースを共有できることを楽しみにしています。 VSDC動画編集の新しいバージョンがここにあり、動画編集体験を新しいレベルに引き上げます。 VSDCのプロユーザーは、モーショントラッキングから利益を得ることができるようになりました。これは、ビデオ内のオブジェクトの移動を追跡し、同じモーションパスをフィルター、マスク、タイトル、または画像に割り当てることができる最も予想される機能です。無料版のユーザーには、Instagram用の一連の新しい視覚変換効果と新しいエクスポートプロファイルが提供されます。 動画編集プロ向けの待望のツールであるモーショントラッキング モーショントラッキングをこのような特別な機能にしているのはなぜですか?簡単に言えば、モーショントラッキングを使用すると、文字やマスクなどのオブジェクトをビデオ内の移動要素に付けることができます。 このツールは、次を実行する必要がある場合に便利です。 ビデオ内で移動するオブジェクトに検閲を適用する、 静止画像をアニメーション化して、アクション映像の動きと一致させる、 キャプションが属するオブジェクトの後に続くスタイリッシュなイントロを作成します。 モーショントラッキングの背後にある技術は独特で、VSDC開発チームによって排他的に設計されています。オブジェクト認識の精度は、同様の目的でコンピュータービジョンで広く使用されている頑健な特徴量の高速化(SURF)アルゴリズムによって保証されています。 VSDCの新しいバージョンが市場で最も強力な競合他社のいくつかを上回ることができるのは、SURFアルゴリズムによるものです。他の動画編集ソフトウェアのモーショントラッキング機能の最も弱い点をターゲットにすることにより、この独自の技術は2つの主要な目標を達成するのに役立ちます。まず、トラッキング対象オブジェクトを失うリスクを大幅に削減します。これは、他のビデオエディターで頻繁に発生する問題です。次に、SURFアルゴリズムは、VSDCの処理速度が現在の同様のソリューションのパフォーマンスと比較して少なくとも30%速いことを保証します。 新しい動画変換エフェクトが利用可能 一連のスタイリッシュなディストーションエフェクトを継続するために、動画エフェクトメニューの「変換」という]カテゴリにある「レンズ歪み」と「歪める」の2つの新しいオプションが利用可能になりました。 レンズ歪みは、レンズの光学設計によって生じる画像の変形を模倣する強力な効果です。新しい効果には、希望する結果に到達するための微調整オプションのセットが付属しています。 「歪める」エフェクトは、再マッピングのテクノロジーの助けを借りて作成され、一連の一般的なビジュアルプリセットが付属しています:ファセットガラス、魚の目、渦巻き、ワールプール、回転、分極、爆発、波などです。 その他の機能強化 主要な更新に加えて、VSDCはいくつかのマイナーの待望の機能強化を受け取りました。 Instagramのエクスポートプロファイルは、IGTVに最適な設定を選択するオプションで更新されました。 64,000、88,200...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends