動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDCプロで動画エフェクトをミュージックビートに同期する方法

新しいバージョンのVSDC動画を使用すると、動画エフェクト、アニメーション、 文字または画像をオーディオのビートに簡単に同期できます。

それがどのように見えるのか疑問に思いますか?次に、各ビートに反応するオーディオビジュアライザ、またはリズムに拍動する心臓の画像を想像してみてください。それらは音楽チャンネルで確実に見られます。同様に、画像やエフェクトをオーディオトラックに同期させ、サウンドの周波数と強さに「反応」させることができます。

百聞は一見にしかずですので、ここでは一例です。シーンに画像を追加し、それにズーム効果を適用してから、効果をビートに同期させると、画像はサウンドトラックのリズムに基づいて「ズームイン・ズームアウト」します。下の動画を見て、どのように見えるか確認してください(サウンド・オン!)。

この効果を実現できる新しいVSDCプロのツールは「ビートを編集する」と呼ばれ、6.4.5版で利用できます。

それがどのように機能するのか知りたければ、ここに簡単な内訳を示します。「ビートを編集する」モードをアクティブにすると、VSDCは選択されたオーディオの波形をスキャンし、周波数や強度などのサウンド値に基づいてリズムグラフを生成します。各値は、コントロールポイントによって表されます。 リズムグラフは、選択した効果の値に適用されます。

たとえば、ズームエフェクトの例に戻りましょう。ズームエフェクトのレベルをビートに同期することを選択した場合、結果のビデオでは、サウンドの音量が大きければ大きいほど、ズームレベルが高くなります。一方、無音の瞬間、画像は元の状態で表示されます。

How sound peaks influence the effect intensity value in the “Edit the beat” tool

これは、動画エフェクトを音楽に同期させることが何を意味するのかをおおまかに示す非常に基本的な例です。「ビートを編集する」機能を使用すると、自動同期プリセットを使用したり、グラフを手動で調整したりできます。そしてこの記事では、その方法を正確に示します。

始める前に、VSDC動画編集の最新バージョンをこちらからダウンロードしてください。

テキスト版よりもビデオチュートリアルをご希望の場合は、以下をご覧ください。

「ビートを編集する」モードをアクティブにする方法

まず、フッテージをVSDCにインポートします。元のオーディオトラックでミュージックビデオを使用するか、オーディオファイルを個別に追加できます。

次に、サウンドに同期させるエフェクトを決定する必要があります。この例では、ズームを追加して、動画をビートに「ポンプ」させます。エフェクトを追加するには、タイムラインで動画レイヤーを選択し、「動画エフェクト」メニューを開いて、「変換」>>「ズーム」に進みます。オブジェクトの位置設定ウィンドウを移動して、タイムライン上のエフェクトの位置を確認し、「OK」をクリックします。

シーンにエフェクトを追加したら、ビデオファイルをダブルクリックします。次に、エフェクトレイヤーを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

プロパティウィンドウには、ズーム効果パラメータが含まれています。この時点で、音楽のビートに同期させるパラメーターを決定する必要があります。通常は、選択したエフェクトのキーパラメータ(強度を定義するパラメータ)を使用します。ズームの場合、これは「レベル」と呼ばれるパラメーターになります。

選択したパラメータをサウンドに同期させるには、下に示すように3つの点のアイコンをクリックし、タイムラインの上にある「テンプレート」メニューから「ビートを編集する」を選択します。次に、「ポイントを作成する」というタイトルのボタンをクリックします。タイムラインに新しいグラフが表示され、オーディオの波形値に基づいて分布したポイントが示されます。繰り返しになりますが、タイムライン上のポイントが高ければ高いほど、この特定の瞬間のズームレベルの値が高くなります。

How to activate the Edit the beat mode in VSDC

ただし、ポイントの分布を調整する必要のある場合は多いです。これは、豊富なサウンドとその値が上下に跳ね上がると、望ましくない効果が生じる可能性があるためです。以下に、その方法を示します。

「ビートを編集する」:リズムグラフの生成

「ビートを編集する」モードを選択すると、「ビート編集の設定」という新しいウィンドウがポップアップします。ここで、テンプレートのパラメータを調整できます。

まず、オーディオオブジェクトのメニューで、リズムグラフのスキャンと生成に使用するオーディオファイルを選択できます。 動画のサウンドトラックか、プロジェクトに追加したその他のオーディオファイルのいずれかになります。

次に注意する必要があるのは、グラフを生成する方法のいくつかのオプションを含む「ビートプリセット」と呼ばれるドロップダウンリストです。

Various beat presets available for synchronization

利用可能なプリセットの概要は次のとおりです:

  • 「最大感度と周波数範囲」はグラフが、オーディオ周波数とすべての小さな音の変化の検出に基づいて正確に生成されます。
  • 「最大感度」はグラフが音声の変化に基づいて生成されますが、オーディオ周波数は無視されます。
  • 「近くのポイントをマージする」は波数値が類似しているコントロールポイントは動的な変更として扱われず、直線の形で接続されます。
  • 「低音をスキップする」は低音がグラフに含まれません。
  • 「強烈なビートを好む」はグラフに主に強烈なビートが含まれます。
  • 「強烈なビートのみ」は強烈なビートのみに基づいてグラフが生成されます。

これらのテンプレートのいずれかを選択し、ニーズに基づいてグラフを生成します。さらに、ポイントの分布やその他の詳細を調整できます。

「ビートを編集する」:設定の概要

リズムグラフを微調整する方法を示す最も簡単な方法は、「ビート編集の設定」ウィンドウで各パラメーターを確認することです。

まず、エフェクトをプロジェクト全体に適用するか、エフェクトがオーディオと重複する領域にのみ適用するかを決定する必要があります。後者のオプションの場合は、「重複のみ」チェックボックスがオンになっていることを確認してください。

「選択したエリアのみ」オプションは、タイムラインで手動で選択した部分にのみ効果が適用されることを意味します。

How to apply video to music synchronization to a selected area

次に、「無音値」と呼ばれる特に重要なパラメーターがあります。これは、適用する効果の初期値であり、無音の瞬間に使用されます。

デフォルトでは、ゼロである無音値が多くて、これは効果がまったく適用されないことを意味します。

振幅は、無音値からの効果の偏差を設定するパラメータです。つまり、このパラメータは、音のピークに適用されるエフェクトの最大値を制御するのに役立ちます。

たとえば、無音値が100で、振幅値が30の場合、音のピークでのエフェクト値は130になります。負の音のピークでは、エフェクトの最小値は70になります。以前に適用したズーム効果の場合、これは画像がビートに「ポンプ」し、ズームレベルが70〜130の間で変化することを意味します。

ポイント間の時間は、コントロールポイント間の時間のギャップを設定するのに役立ちます。ここには、最小または最大の2つのオプションがあります。これらのパラメーターを変更することにより、コントロールポイント間の可能な最小距離と最大距離を設定できます。

扱いにくい部分は、オーディオトラックが正確に対応していなくても、ソフトウェアが「ポイント間の時間」の値に基づいてコントロールポイントを生成することです。たとえば、ポイント間の最大時間として5秒を設定し、音声に1分間の無音がある場合、VSDCは無音で動的な音の変化がないにもかかわらず、5秒ごとにリズムグラフにコントロールポイントを配置します 。

優先周波数は、高度なオーディオ周波数の検出設定のメニューです。 次のパラメータを変更できます:

  • 範囲検出されたオーディオ周波数の最小値と最大値を設定します。
  • プリセットさまざまな目標に対応する音声周波数のバリエーションを持つテンプレートが含まれています。
  • 周波数をリセットするのは優先周波数の値をデフォルトの最小値(0 Hz)とデフォルトの最大値(22050 Hz)にリセットできます。

How to change frequency detection in “Edit the beat”

感度はオーディオ周波数の検出精度を決定します。ここの値が高ければ高いほど、グラフのポイントが多くなります。つまり、エフェクトはわずかな周波数の変化すべてに反応します。

ドロップアウトの上限は音の最大値のパーセンテージです。 これは、すべてのポイントがエフェクトと同期しないバーを設定します。

たとえば、ドロップアウトの上限が50%の場合、音の最大値の半分よりも低い値は無視され、グラフの下にあるすべてのポイントが直線になります。直線は、表示されたドロップアウトの制限に達するまで徐々に増加します。

What is Dropout limit in the “Edit the beat” tool

補間の最大しきい値は、類似した強度のピークが直線を形成する値です。どの値が類似していると見なすべきかを決定するために、補間しきい値(%max)は可能なポイント値の偏差を設定します。

「補間の最大しきい値」パラメーターのすぐ上に、「補間中にピークを維持する」チェックボックスがあります。ピークのポイントを元の場所に維持するために、チェックマークが付いていることを確認してください。 そうしないと、エフェクト値の動的な変化が失われます。

以下では、スケール係数値を設定できます。スケール係数は、すべてのポイントに適用されたエフェクトの値を一度に増減できる乗数です。

これがどのように機能するかです。 スケール係数が1の場合、エフェクトはオーディオ波形に基づいて、元の値で適用されます。スケール係数を2に増やすと、すべての効果値が2倍になります。

How the Scale factor affects the rhythm gram on Edit the beat

最後に、ポイント配分のモードは、ポイント配分のバリエーションを選択できるドロップダウンメニューです。

オプションは次のとおりです:

  • 無音値からピークまで。 このオプションを選択すると、ポイントは無音の値から徐々に分配されます。
  • 無音値からピークダウンまで。 ポイントは、無音値から始めて減少して分配されます。
  • 無音値に応じた振動。 ポイントは、無音値から両方向に均等に分配されます。
  • 無音値に応じた反転振動。 上記のように両方向で同じ均等に分配されますが、反転しています。
  • 無音値に応じた振動の増加。 ポイントは両方向に均等に配分され、それらの値は最大化されます。
  • 無音値に応じた振動の反転と増加。 ポイントは両方向に分散されますが、反転され、それらの値は最大化されます。

Point distribution options available in “Edit the beat”

VSDCで利用可能な新しいツールを試してみてください。

動画エフェクトを音楽に同期させることは、特にサウンド調整をこれまでに試してみることがない場合は、急な学習曲線を伴う高度なポストプロダクションです。しかし、新機能に慣れると、映像が音楽にうまく同期された魅力的な動画を作成できるようになります。これは、アマチュア編集者のレベルからポストプロダクションのプロレベルへの大きな前進です。

質問がありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にご連絡してください。

毎週のインスピレーションを得るには、YouTubeチャンネルに登録してください。

VSDC無料動画編集を使用してページめくり効果を習得します

すべてのスライドショークリエーターで利用できることを考えると、ページめくりのトランジションは 最も驚くべき効果ではないと思うかもしれません。でも、あなたが自分の考えを変えようとしているところです。

基本版のページめくり効果はしばらく前から出回っています。 しかし、何だと思いますか? 適切なツールが手元にあれば、このような単純なトランジションでもまったく新しいレベルに上げられます。たとえば、VSDCでページめくり効果を使用すると、角度、カール、影、その他の細部について非常にギークに感じることができます。

今、それが本当の違いを生み出すことができるかどうか疑問に思うかもしれません。 もっともな質問。 自分で見てください。

以下のチュートリアルでは、VSDCというWindows用の完全無料の動画編集ソフトウェアを使用して同様の結果を得る方法を示します。始める前に、こちらからダウンロードしてください。

VSDCで基本的なページめくり効果をすばやく適用する方法

ページめくりのトランジションは、数回のクリックで作成できます。次に、詳細設定を使用して、ポストプロダクションの傑作のように見せることができます。

それでは、基本から始めましょう。 ページめくりのトランジションをすばやく追加するには、次の操作を行います。

  1. フッテージをインポートし、トランジションを開始する瞬間にカーソルを置きます。
  2. 左クリックで、トランジションを適用するファイルを選択します。 さらにチュートリアルでは、このファイルを「めくりページ」または「ページ」と呼びます。
  3. 上部の「動画エフェクト」メニューに移動し、「トランジション」に移動して、「ページめくり」を選択します。

How to apply page turn effect in VSDC

そして、これだけです。 ページめくり効果の基本版が準備できました。 ビデオプレビュー機能を使用して、外観を確認します。

次の段落では、設定を微調整し、効果を希望どおりに表示する方法を示します。

ページめくり効果の設定

まず、トランジションを適用した動画をダブルクリックします。そうすると、ページめくり効果レイヤーが表示されます。レイヤーを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドインし、そこにすべての主要な設定があります。

Page turn effect settings in VSDC Free Video Editor

プロパティウィンドウには4つのセクションがあります:

  • 共通設定
  • エフェクト調整設定
  • フェードFXの設定
  • 高度な設定

パラメータの各セットを詳しく見てみましょう。

「共通設定」セクションでは、エフェクトレイヤーのタイトルを作成し、表示するタイミングとトランジションの正確な時間を手動で設定できます。

エフェクト調整設定では、エフェクトを適用するフッテージのトランジションの透明度レベルを変更できます。

透明度の値が低ければ低いほど、フッテージは暗く(透明度が高く)なります。このパラメーターを適用することで、次のシーンが視聴者に完全に表示されるまでの時間を制御できます。

透明度レベルは、トランジションが進むにつれて徐々に変化するように設定できます。言い換えると、ページめくりのトランジションの開始時に、ページを完全に非透過にすることができ、めくりの終わりに、ページがフェードアウトします。

外観を確認するには、透明度のドロップダウンメニューを開いて、初期値を100%に、最終値を10%に設定します。

初期値は100%です。 ページめくりのトランジションが始まると、映像は完全に不透明になります。

最終値は10%です。 トランジションが終了すると、透明度のレベルは10%になり、トランジションが終了する前でも、次の画像が完全に表示され始めます。

フェードFX設定には、シンプルモードと高度モードの2つのモードがあります。 シンプルモードが選択されている場合、以下を選択できます。

  • ページを折りたたむか開くか(「直接」:「偽」または「真」)
  • トランジションの終わりまでにページが完全に折りたたまれるかどうか(「トランジションレベル」)
  • ページが折り畳み始める隅(「種類」というパラメーター)
  • ページが分割される折り畳みセルの数(「セル幅の仕切り」と「セル高さの仕切り」)。

Page turn effect, cell with divider parameter

最後に、「高度な設定」メニューでは、めくったページの影を設定し、その強度を調整できます。

FadeFX設定メニューのモードを「詳細」に切り替えると、追加のパラメーターが表示されます。 詳しく見てみましょう。

VSDCでのページめくり効果:高度モード

詳細モードの主な利点は、効果の外観(ページめくり角度、アンチエイリアシング、影)を正確に変更できることです。

たとえば、「ページ角度」設定では、ページが折り返される角度を変更できます。ページめくりの値が0度の場合、ページは縦に折りたたまれます。 ページ角度の値を90度に設定すると、水平方向に折りたたまれます。

一様でない折りたたみの効果を作成する場合は、トランジションの開始と終了に異なる値を設定できます。

下の図では、次の値を設定しています:

  • ページ角度と初期値は10
  • ページ角度と最終値は125

次のパラメータはアンチエイリアシングと呼ばれ、トランジション中にオブジェクトの端とカーブを滑らかにするのに役立ちます。アンチエイリアシングのメニューには3つのオプションがあります:

  • なしは何も適用されません。
  • 垂直は垂直線のみがスムージングされます。
  • フルは影を含むオブジェクト全体の端とカーブがスムージングされます。

ページめくりの高度設定の概要

フェードFX設定モードを詳細モードに切り替えると、「プロパティ」ウィンドウの下部にある「詳細設定」メニューに、操作できる新しいコントロールが多数表示されます。それぞれを確認し、値を変更するとどうなるかを説明します。

次の4つのパラメーターは、ページ折りによって生成される影のサイズを定義します。それらの値はファイル幅のパーセンテージとして計算され、「初期値」と「最終値」を調整することで、トランジションの開始と終了の異なる値を設定できます。

空のスペースでの最大の影

このパラメーターを使用すると、折りたたみのためにページの下に表示される影のサイズを変更できます。

Empty space shadow correction for page turn effect

めくったページからの最大の影サイズ

前のパラメータとは異なり、これは、トランジションを適用する動画に表示される影のサイズを調整するのに役立ちます。

Drop shadow editing for the page turn effect

明るい領域の最大のサイズ

明るい領域は、折り目で最も目立つ領域であり、光が当たるため、通常、ページの残りの部分よりも明るくなります。はい、サイズも変更できます!

Bright zone on the edge of the page curve

内側の影の最大サイズ

内側の影は、明るい部分の隣の折り目の外側の影です。

Inner shadow parameter to make page turn effect ultra-realistic

内側の左の影のサイズ

ここで、内側の影(上記のパラメーター)を見ると、本質的にグラデーションであることがわかります。そして、そのグラデーションの左側を制御できます。具体的には、明るい部分から最も暗い部分に至る領域です。ここでの値は、内側の影のサイズに基づいて計算されます。

ページカールのオフセット

ページのカールはどの程度強くすべきですか? このパラメーターを変更することにより、ほとんど劇的なカールだけでなく、ほとんど目立たないカールを模倣できます。

ページカール変形

ページカール変形パラメータはカールオフセットとペアになっているため、より目立つ、よりリアルなページカールを実現できます。その値は、最大ページカールオフセットがページ折り目に配置される場所を決定します。

空のスペースの影の強度

数段落前に、空のスペースの影について話しました。これは、折りたたまれているページの下の領域の影です。強度を変更することで、明るくまたは暗くすることができます。たとえば、その値が255の場合、可能な限り最も暗い影が得られます。値が0の場合、影はまったく見えません。より良いアイデアを得るには、下のイラストをチェックしてください。

明るい領域の強度

同様に、明るい領域の強度は、折り目の端がどれだけ明るくなるかを定義します。たとえば、明るい領域の強度が255の場合、それは達成できる最大の明るさです。

Shadow from turned page intensity settings in VSDC

内側の影の強度

明るい部分の横にあるその影を暗くする必要がありますか?これは必要なパラメータです。内側の影の強度を255に設定すると、影は可能な限り最も暗くなります。

ページをめくる影の強度

このメニューの最後の影は、ページの下の折り目に表示される影であり、どのように表示するかを決定できます。上の図を確認して、それがどこにあるかを理解します。この場合も、255は可能な限り暗い影を生成する最大値であり、0はその影を完全に削除します。

可能な限り最も洗練されたページめくり効果を作成する準備はできましたか?

おそらく、ページめくりのトランジションを操作するときに、これらの設定をすべて使用する必要はありません。しかし、そのような高いレベルでそれらを微調整できることは、クリエイターとしてあなたに確かに多くの可能性を開きます!

ゆっくりとしたスムーズなページめくりを視覚化する方法と、苛酷で衝動的なページめくりを作成する方法があります。影と明るい部分で遊ぶことで、暗い部屋や明るい場所でページがめくられる様子を模倣できます。

あなたの動画に最適な選択肢はどれですか。 それはあなた次第です。VSDCツールは完全に無料です。そのため、VSDCツールを必ず活用してください。

VSDC動画編集で試してみる8つのモーショントラッキングのアイデア

そのニュースを聞きましたか? ブロックに新しいモーショントラッキングソフトウェアがあります。これはVSDCプロと呼ばれ、初心者から中級レベルの動画編集経験に最適です。

VSDCを試したことがない場合は、無料で利用できる多数の機能を備えたWindows用の強力なビデオエディタです。 ただし、この記事では、ソフトウェアのアップグレードバージョンであるVSDCプロの一部であるモーショントラッキングツールに焦点を当てます。モーショントラッキングとは何かについて簡単に説明し、VSDCプロでモーショントラッキングを実行する方法を教えていただきます(非常に簡単です)。そしてもちろん、インスピレーションを得るために多くの例を紹介します。

始める前に、こちらからVSDCをダウンロードできます。 パッケージには、無料版をもたらし、そしていつでもプロにアップグレードできます(年間わずか19.99ドル)。

飛び込む準備はできましたか? やってみましょう。

モーショントラッキングとは何ですか?

動画編集の世界では、モーショントラッキングはシーン内のオブジェクトの移動を追跡するプロセスです。移動の軌跡が追跡されると、最初はビデオに含まれていなかった他のオブジェクトに適用できます:文字、画像、アイコン、マスク、キャプション–そして事実上すべてのクリップアート。

たとえば、動いているフットボール選手の頭の上に矢印を配置して、視聴者が常に選手を視界に入れるようにしたいとします。また、選手は常にフィールド内を移動しているため、移動する矢印が必要です。これは、モーショントラッキングを使用する場合に当てはまります。この問題を解決するには、選手の頭の動きを追跡し、矢印の画像を頭の真上のシーンに追加して、移動軌跡を割り当てる必要があります。

トラッキングされたマスクやテキストの移動など、ポストプロダクションで使用されるモーショントラッキングの例は他にもたくさんあります。それらについては、いくつかの段落で説明します。

それまでは、同じサッカーゲームの例を使用して、VSDCプロでモーショントラッキングがどのように機能するかを正確に確認してみましょう。そうすれば、自分が何に興味を持っているのかをよりよく理解できます。

VSDCプロでモーショントラッキングを行う方法

モーショントラッキングはかなり高度な効果とよく見なされます。初心者にとって怖がらせるように聞こえるかもしれません。しかし、動画編集に真剣になる場合は、いずれにしてもそれを習得する必要性を感じるでしょう。

さらに、モーショントラッキングがいかに簡単であるかに驚かれることでしょう!以下は、VSDCプロでモーショントラッキングを適用するための詳細なガイドです。 それは7つのステップしかありません:

ステップ1。主な動画をVSDCにインポートします。

How to create a movement map in the VSDC Motion Tracking tool

ステップ2。右クリックして、メニューから「移動マップの作成」を選択します。 ポップアップウィンドウが表示され、パソコンで移動マップを保存するフォルダを確認するよう求められます。 ファイル名を確認して「保存」をクリックするだけです。

ステップ3。これで、モーショントラッカーメニューがアクティブになり、中央にドットのある赤いフレームが表示されます。 それをつかんで、追跡する必要があるオブジェクトの上に置きます。 フレームのサイズを変更して、オブジェクトが正確に中央に配置されるようにします。 「分析を開始する」を押します。

ステップ4。ビデオが続くにつれて、緑色の線が描かれているのを見ます。それが軌跡または移動マップです。 次のステップでは、それを別のオブジェクトに適用します。 マップが完成したら、見栄えが良ければ「編集を適用」をクリックします。

Object tracking path built by VSDC Motion Tracker

ステップ5。楽しみましょう! 「Shift + I」ホットキーの組み合わせを使用して、軌道を割り当てる予定の画像をインポートします。 この場合、それは矢印の.PNGイメージです。 (画像をインポートするには、上部にある丸い緑色の「オブジェクトの追加」ボタンを使用することもできます)。

ステップ6。必要に応じて画像のサイズを変更し、開始点に配置します。 次に、それをダブルクリックします。

ステップ7。「Shift + Alt + M」の組み合わせを使用して、少し前に作成した移動マップを適用します(または、「オブジェクトの追加」>>「移動」>>「移動マップ」シーケンスを使用します)。 ポップアップウィンドウで、使用しているマップの名前を選択し、「OK」をクリックします。

How to assign a movement map to an image in VSDC Video Editor

この時点で、「プレビュー」ボタンを使用して、すべてが予定どおりに表示されることを確認することができます。 必要に応じて、画像のサイズと位置をいつでも調整できます。

これでおわりです!先に進み、ビデオを目的の形式でコンピューターにエクスポートします。

8モーショントラッキングのアイデアと試してみる例

モーショントラッキングの基本的な知識を習得したので、それを実践してみましょう。モーショントラッキングは、クリエイティブと情報提供の両方の目的で広く使用されています。ご覧のとおり、この機能は非常に用途が広く、想像力だけに制限されます。

創造性を刺激するために、動画でモーショントラッキングを使用する方法の例のリストをまとめました。 自分のプロジェクトのアイデアを自由に借りてください。

モーショントラッキングマスクを使用した動画内のオブジェクトの検閲

おそらく、モーショントラッキングの最も一般的な使用例は、検閲をビデオに追加する必要があるためです。たとえば、シーンに登場する人物の顔を検閲したり、車のプレート、通りの名、ブランドロゴを非表示にしたりできます。

<p現在、顔をぼかすのは、人物がビデオに動いていない場合に、無料のフィルターを使用してすばやく簡単にできます。ただし、彼らが動き回っている場合、顔を隠しておく唯一の適切な方法は、モーショントラッキングソフトウェアを使用することです。

では、検閲マスクを追加することは、矢印アイコンや画像を追加することとどう違うのでしょうか?基本的に、既製のクリップアートをインポートする代わりに、実際にぼかしたマスクを作成し、人の顔の上に配置して、それに軌跡を割り当てる必要があります。

これを理解するのを助けるために、ここに詳細なビデオチュートリアルがあります:

人の顔をにこやかな顔、Snapchat、またはInstagramスタイルのマスクでカバーしたい場合(ピクセルよりもはるかに楽しいので!)、背景が透明な.PNG形式の目的のクリップアートを探してください。

モーショントラッキングされたテキストで動画をレベルアップ

モーショントラッキングされたテキストは非常に印象的に見えます。 そして、タイトル、キャプション、行動を促すフレーズなど、実際には何でも扱うことができる様々なテキストタイプがあります。

では、テキストを動くオブジェクトに(または上に)どうやって貼り付けますか? 基本的に、画像やマスクと同じロジックを使用してそれをやることができます:

  1. 主な動画をVSDCにインポートし、選択したオブジェクトの動きを追跡して移動マップを作成します。
  2. 次に、クリップアートをインポートする代わりに、「Shift + T」ホットキーの組み合わせ(または緑の丸い「オブジェクトの追加」ボタン)を使用して、ビデオにテキストを追加します。
  3. テキストのスタイルとサイズを調整し、タイムライン上のそのレイヤーをダブルクリックします。
  4. 最後に、「Shift + Alt + M」のホットキーの組み合わせを使用して、移動マップをテキストオブジェクトに割り当てます。

では、動画でモーショントラッキングされたテキストをどこで使用できますか? ここにいくつかのアイデアがあります。

イントロのアニメーションタイトルを作成する

動画のイントロにすでにロゴやその他のオブジェクトが表示されている場合は、簡単にテキストを添付できます。 チャンネルのタイトル、ウェブサイトのアドレス、座右の銘、ユーザー名などです。

画面上のテキストメッセージをより魅力的にする

「シャーロック」というテレビ番組で使用されているような画面上のテキストメッセージの効果を再現するには、電話の動きを追跡し、その軌跡を「テキストメッセージ」に割り当てるだけです。

当然のことながら、同じアプローチを使用して、キャラクターの考えを視覚化したり、それが理にかなっている場合はスピーチを視覚化したりできます。

モーショントラッキングされたオープニングクレジットを使用する

一部の映画はモーショントラッキングされたオープニングクレジットを使用し、視聴者の注意を最初から引き付けるのに役立ちます。 それを再現できますか? もちろん。 そのための3Dテキストを必要としないかもしれませんが、(ほとんどの場合に使用しているものです)、無料のフォントライブラリからファンシーフォントの1つをダウンロードして、ビデオに人目を引く映画のクレジットを作成できます。 次に、モーショントラッキングと段階的な消失をテキストに適用して、パーツ全体をプロフェッショナルに見せます。

モーション追跡キャプションを追加する

モーショントラッキングされたキャプションは控えめですが、スタイリッシュで有益です。特にナレーションがない場合は、聴衆の文脈を作成するのに非常に便利です。テレビのコマーシャルでそのようなキャプションがブランドのストーリーを伝えるのに役立つのを見たことがあるでしょう。 彼らは特にスポーツブランドやウェアラブルの間で人気があります。

たとえば、Fitbitがキャプションとコールアウトをどのように使用して、スーパーボウルのコマーシャルで製品のユニークなセールスポイントを強調しているかを見てください。

不動産ビデオを強化する

ビジネスで動画を撮影する場合、ニッチな場所に関係なく、モーショントラッキングを使用する余地は十分にあります。例として不動産の映像を取り上げます。 見出しや字幕の形式で追加の情報、数値、事実、統計を提供する代わりに、最も重要視したいフレームにモーショントラッキングテキストを追加してみてください。

How to use motion tracking for real-estate videos

旅行動画をアップグレードする

旅行動画は通常、そのままでも素晴らしいですが、多くの情報が含まれているため、準備ができていない視聴者の注意を維持するのが難しくなります。また、フッテージのナレーションを作成した場合でも、一部の詳細は視覚的によく知覚されます。それでは、動画に表示している正確な場所に関連する地理位置情報タグ、矢印、タイトル、または簡単な事実を追加して、視聴者がクリップをより簡単に(そしてより魅力的に)作成してみませんか?

モーショントラッキングは、動画で話しているオブジェクトにテキストやアイコンを正確に添付できるため、この目的に最適な手法です。

How to make travel videos more captivating with motion-tracked text

VSDCでモーショントラッキングを開始する前のヒント

最終結果を明確に理解していれば、それを実現するのにたくさん時間も労力もかかりません。完全な初心者で、これまでにモーショントラッキングを使用したことがない場合は、スムーズに開始するためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 追跡するオブジェクトの上に赤い追跡フレームを配置するときは、完全にフレームの内側にあることを確認してください。 ただし、「きつすぎる」状態にしないでください。 追跡されたオブジェクトの周りにコントラストのある色や形のビットがフレームに含まれている場合、ソフトウェアは動きをより適切に検出できます。
  2. 移動軌跡が間違った方向に進んだ場合、または追跡されたオブジェクトがソフトウェアから見えなくなった場合は、手動でパスを調整できます。 その方法を学ぶには、VSDCユーザー向けに用意されたモーショントラッキングチュートリアルを読むことをお勧めします。
  3. 主な動画の上に配置するオブジェクトは、タイムラインの最上層にある必要があることに注意してください。 ドラッグアンドドロップを使用して、ファイルを別のレイヤーに手動で移動できます。

試してみる準備はできましたか?

次に、VSDCをコンピューターにダウンロードして、実験を開始しましょう。 YouTubeチャンネルで他のアイデアをチェックし、Facebookにご連絡ください。

動画の文字とオブジェクトに影を付ける方法

限られている予算でポストプロダクションの芸術を習得したい人のために一連のチュートリアルを続けるので、今度は有名なドロップシャドウ効果について話します。

ドロップシャドウエフェクトを使用すると、シーンに追加したオブジェクト(動いているオブジェクトも)に自然に見える影を作成できます。

動画編集に真剣に取り組んでいる場合は、武器にこの効果を持たせたいと思うでしょう。ドロップシャドウが動くタイトルに与える違いを見てください!3Dを扱う必要なく、実質的に3D効果を作成します。

以下のチュートリアルでは、Windows用のVSDC動画編集の無料版を使用して、テキストタイトルに完璧なドロップシャドウを追加する方法を学びます。チュートリアルの最後の部分では、VSDCプロを使用して、ビデオ内の動いているオブジェクトに影を追加する方法を簡単に説明します。

次の設定に調整して、可能な限り自然に見える結果を得る方法を見つけます:

  • ドロップシャドウのサイズ
  • テキストからの距離
  • 色と強度
  • そして光の角度さえ。

基本的に、追加したオブジェクトがシーンでできるだけ自然に見えるようにする影を作成する方法を説明します。もちろん、後でこの知識を活かして、画像、アイコン、グラフィックオブジェクトなど、ビデオで使用されている他のクリップアートにドロップシャドウを追加することができます。

楽しそう? そして、VSDC無料動画編集をダウンロードして、始めましょう。

動画の文字にドロップシャドウを追加する方法

VSDCを起動して動画をインポートしたら、左側のメニューまたは上部にある「オブジェクトを追加」ボタンを使用して、シーンに文字を追加します。

文字にドロップシャドウを追加するには、次の手順を実行します:

  1. タイムライン上のテキストオブジェクトをクリックして選択します。
  2. トップメニューの「動画エフェクト」タブを開き、「スペシャルFX」に進み、「影」を選択します。
  3. 「オブジェクトの位置設定」ポップアップウィンドウで、タイムライン上のシャドウの位置を選択できます。 デフォルトの「カーソル位置から」オプションは、現在カーソルで定義されている瞬間からシャドウ効果が表示されることを意味します。 変更しない場合は、「OK」をクリックします。

How to apply drop shadow effect to a title in a video

役立つヒント。 「親の維続時間にロックした位置」セクションは、シーン内のテキストの外観の最初または最後にエフェクトを自動的にロックするのに役立ちます。

VSDCでドロップシャドウ効果を設定する方法

文字にドロップシャドウを追加したので、設定を確認して、希望どおりに表示する方法を見てみましょう。

影付き設定を開くには、タイムラインの文字レイヤーをダブルクリックし、シャドウエフェクトレイヤーを右クリックして、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。

シャドウエフェクトのプロパティウィンドウには、3つのセクションがあります。

  • 共通設定。
  • 効果調整の設定。
  • 影付き設定。

Drop shadow effect settings in VSDC

「共通設定」セクションでは、影レイヤーのタイトルを作成し、シーンに表示するタイミングと正確な時間を設定できます。

効果調整の設定では、シャドウの透明度レベルを微調整できます。さらに、「初期値」と「最終値」というタイトルのフィールドを使用することで、効果の開始と終了に異なるレベルの透明度を設定できます。つまり、選択した値に応じて、再生中にドロップシャドウが徐々に透明になるか、透明性が失われます。

この動作を確認するために、次の透明度パラメータを設定してみましょう。

  • 初期値は100%です。 つまり、シーンに最初に表示されるとき、影は完全に不透明になります。
  • 最終値は20%です。 シーンのエフェクトの外観の最後では、透明度のレベルは20%のみになります。

その結果、ドロップシャドウは動画で徐々にフェードアウトします。

最後に、影を完璧にするセクションなので、影付き設定は最も面白いセクションです。光の角度、オブジェクトと影の間の距離、強度、ノイズを調整し、これらすべての機能を徐々に変化させることができます。以下では、各パラメータを詳しく見ていき、それらを変更することで何が実現できるかを示します。

1. 光の角度

「光の角度」というパラメータを使用すると、光の角度を変更して(ご想像のとおり)、光源の位置が明確な動画でドロップシャドウがより自然に見えるようにすることができます。シーンの影の外観の最初と最後に異なる光の角度を設定する必要がある場合は、初期値と最終値をそれぞれ設定する必要があります。

次の例では、影はオブジェクトの周囲で、初期角度(45度に設定)から最終角度(225度に設定)まで徐々に移動しています。

2. 影の距離

「影の距離」パラメータを変更することで、オブジェクトと影の間の距離を制御できます。繰り返しますが、これを永続的な値として設定することも、初期値・最終値パラメーターを操作することで、少しダイナミックをエフェクトに追加することもできます。

たとえば、動画の光源が移動している場合、影の距離も徐々に変化すると予想されます。

役立つヒント。影を中央でつかみ、マウスの左ボタンを押したままドラッグすると、シーンの周りで手動で影を移動できます。

How to change the distance between an object in a video and its drop shadow

3. 影の最大サイズ

影をぼやけて見せたい場合は、「影の最大サイズ」パラメータを大きくします。値が高ければ高いほど、影は大きく、鮮明さが低下します。影の最大サイズの値は0である場合、影がシーンに見えなくなることに注意してください。

4. 強度

このパラメータは、影の色の強度を制御するのに役立ちます。値が高ければ高いほど、より多くの目に見える影が表示されます。「強度」メニューセクションでは、影の色を変更してノイズを追加することもできます。後者を使用すると、影がざらざらします。

ドロップシャドウにノイズを追加する場合は、ドロップダウンメニューを開いて、偽>>真を切り替えます。次に、再生中にノイズを常に変化させたい場合は、ノイズレベル(強度)を設定し、ダイナミックノイズを選択できます。

動画で動くオブジェクトにドロップシャドウを追加する方法

完璧なドロップシャドウ効果を作成する方法を理解したので、モーショントラッキングのチュートリアルの簡単な要約を読んで、VSDCプロを使用してオブジェクトとシャドウの両方を目的のモーションパスに沿って移動させる方法を見てみましょう。

結果は次のようになります。

文字に影を付けたら、タイムラインのメインシーンに戻り、次の手順に従います。

  1. 動画レイヤーを左クリックして、「移動マップを作成する」を選択します。
  2. 次に、ビデオで追跡するオブジェクトの上に追跡フレームを配置します。
  3. プログラムの指示に従って、移動マップを作成し、PCに保存します。
  4. タイムライン上の文字レイヤーをダブルクリックします。
  5. シャドウ効果が既に文字に適用されていることがわかります。 あとは、モーションを適用するだけです。
  6. 上部にある「オブジェクトを追加」ボタンを使用します。 「移動」>>「移動マップ」に進みます。
  7. 作成したばかりのマップを選択して、結果をプレビューします。

移動するオブジェクトにドロップシャドウ効果を追加することは、静止したオブジェクトにこのエフェクトを使用することとほとんど変わりません。ご覧のように、両方の効果はタイムラインの同じタブに適用され、必要に応じて開始点または継続時間を手動で調整できます。

動画をプロレベルに上げる準備はできましたか?

もう1つの驚くべきポストプロダクショントリックを学習したので、先に進んで自分で試してください。モーショントラッキングのアイデアのまとめを確認し、公式ウェブサイトからVSDCの最新版をダウンロードしてください。

無料版とプロ版のどちらを使用する場合でも、アイデアを視覚化するためのツールがたくさんあります。

VSDCでモーショントラッキングを使用するための初心者向けガイド

2020年2月にVSDCチームは、モーショントラッキングのリリースを発表しました。 これは、動画でオブジェクトの移動を登録し、同じ軌跡を他の要素(文字、画像、フィルター)に割り当てることができる待望のツールです。おそらく思い浮かぶ一般的な例は、動いているオブジェクトの上に配置されたピクセル化された検閲マスクです。しかし、モーショントラッキングの可能性はそれをはるかに超えています。たとえば、タイトルを、それが属するオブジェクトとともに移動させることができます。 または、ビデオ内の割り当てられたオブジェクトに追従する画像を作成できます。

VSDCでのモーショントラッキングを迅速に利用できるように、詳細なチュートリアルを用意しました。ツールの仕組み、移動マップとは何か、軌跡を作成してオブジェクトに割り当てる方法を学びます。また、追跡対象のオブジェクトのサイズや形状が変化し、ソフトウェアによって「失われた」場合の対処方法についても説明します。

始める前に、VSDCの最新バージョンをダウンロードすることを強くお勧めします。

1. VSDCでモーショントラッキングを有効にする方法

モーショントラッキングは、VSDCプロの一部として利用可能な有料機能です。そのため、既にVSDCプロのライセンスを持っている場合は、ソフトウェアの最新バージョンをダウンロードするだけで、組み込みツール中でモーショントラッキングにアクセスできます。

VSDCプロにアップグレードせずにモーショントラッキングを使用する場合は、別のオプションを使用できます。そのためには、公式ウェブサイトからモーショントラッキングのプラグインをダウンロードし、パソコンにインストールする必要があります。プラグインは有料であり、VSDC動画編集の無料版でモーショントラッキングツールを有効にすることができます。

2. VSDCでのモーショントラッキングの開始:移動マップの作成方法

開始するには、プログラムを起動し、動いているオブジェクトを含むビデオファイルをインポートします。次に、このオブジェクトの移動軌跡に基づいてマップを作成する必要があります。移動マップと呼ばれます。

方法は次のとおりです:

  1. マウスの右ボタンを使用して動画をクリックします。
  2. コンテキストメニューから「移動マップを作成する」を選択します。
  3. 次に、PC上のフォルダーを選択(または確認)して、マップを保存します。 「保存」をクリックします。 Adjustable frame to define the area where the tracked object is located in VSDC
  4. プレビューウィンドウに、追跡対象オブジェクトを定義するフレームが表示されます。 サイズを変更して移動し、追跡対象オブジェクトがフレームに収まり、スペースの大部分を占めるようにします。
  5. 上部の「モーショントラッカー」メニューの「分析を開始する」ボタンを使用して、トラッカープロセスを開始します。

  6. 再生が進むと、移動マップがプレビューウィンドウに徐々に表示され、緑色で描画されます。 動画の最後で、軌跡を確認し、正確であれば、「編集を適用」ボタンをクリックします。 これにより、移動マップがパソコンに保存され、VSDCが自動的に通常の動画編集モードに切り替わります。

3. 移動マップを別のオブジェクトに割り当てる方法

移動マップの準備ができたら、任意のオブジェクト(画像、アイコン、タイトル、またはマスク)に割り当てることができます。例として、動画内のオブジェクトに続くテキストを作成する方法を示します。

開始方法は次のとおりです:

  1. まず、左側のメニューを使用して、テキストオブジェクトをシーンに追加します。
  2. テキストレイヤーをダブルクリックします。
  3. 上部の「オブジェクトを加」メニューを開き、「移動」->>「移動マップ」を選択します。
  4. オブジェクトの位置設定ウィンドウで、以前にパソコンに保存した移動マップを選択し、「OK」を押します。
  5. 設定ウィンドウでは、マップの開始点を変更することもできます。 これは、シーンの最初から、カーソル位置から、または手動でオブジェクトへの軌跡の適用を開始できることを意味します。

4. トラッキングを失う領域とは

ソフトウェアがプロセス内で追跡対象オブジェクトを「失う」ことがあります。通常、オブジェクトが周囲と重なり、シーンで表示されなくなると発生します。他のシナリオには、オブジェクトのサイズ、色、形状、または外観を完全に変更することが含まれます(たとえば、トランスフォーマーのように人が車になります)。

その結果、いわゆる「トラッキングを失う領域」、つまりプログラムがオブジェクトを「失って」再登録する瞬間のギャップが生じます。

このような場合、モーショントラッカーは、トラッキングを失う領域を通って移動するときに予想される軌道を構築します。必要な領域にキーフレームを追加することにより、この軌道をいつでも手動で調整できます。

方法は次のとおりです:

  1. タイムライン上で、プログラムがオブジェクトを失った瞬間にカーソルを置きます。 新しいオブジェクトの位置に応じてトラッキングフレームを調整して再配置します。
  2. 次に、「分析を続ける」ボタンをクリックして、その瞬間から追跡を開始します。
  3. 再生中にオブジェクトが複数回「失われた」場合、毎回これらの手順を繰り返します。

What to do when a tracked object disappears from sight - tracking loss area in VSDC

移動マップで軌跡の一部を選択して削除する必要がある場合は、手動で行うこともできます。切り取りたい部分の最初と最後にキーフレームを配置し、それを選択して「削除」を押します。

トラッキングを失う領域は、オブジェクトが実際に見えなくなるよりも早く表示される場合があることに注意してください。この場合、トラッキングを失う領域を拡張してより正確に調整する必要がある場合もあります。

次の手順に従って、トラッキングを失う領域を変更します:

  1. 最初に、追加のキーフレームを配置して、タイムライン上の追跡損失領域を指定します。
  2. 結果のマップの一部をダブルクリックします。
  3. 「地域を無効にする」というアイコンを使用して、オブジェクトの移動が誤って追跡された領域として部分を定義します。
  4. 最後に、キーフレームを使用して手動で調整します。

マップが予想どおりに表示されたら、「編集を適用」ボタンを押してマップを保存し、VSDCを動画編集モードに切り替えます。

モーショントラッカーモードでキーフレームをすばやく切り替えるには、キーボードの「右」及び「左」矢印キーを使用します。

5. 移動マップの設定:概要

移動マップをオブジェクトに割り当てたら、移動精度を高めるために利用可能な設定を微調整できます。設定にアクセスするには、オブジェクトをダブルクリックします。これにより、「移動マップ」と呼ばれるレイヤーを含む新しいタブが開きます。移動マップのすべての調整は、右側の「プロパティ」ウィンドウで実行できます。「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、マウスの右ボタンでレイヤーをクリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

Movement map settings window in VSDC

以下に、各プロパティウィンドウパラメータの意味を説明します。

座標 (X/Y) はプレビューウィンドウ内のオブジェクトの初期座標です。

オブジェクト作成時間(ミリ秒/フレーム) は追加したオブジェクトに移動マップを割り当てたい瞬間です。

オブジェクトの継続時間(ミリ秒/フレーム) というパラメーターは、オブジェクトに移動マップを適用する期間を定義します。 前のパラメーターと同様に、このパラメーターはミリ秒またはフレームで定義できます。

移動マップ設定メニューには、次のパラメーターが含まれています:

  • 移動マップはプロジェクトで使用されるマップです。
  • マップされた動画は移動マップの描画に使用されるビデオです。 ここでビデオファイルを指定すると、そのパラメーターとマップのパラメーターが自動的に調整されます。 このフィールドを空白のままにすると、移動マップは動画のパラメーターに調整されません。
  • 失われたプロセスはトラッキングを失う領域でのオブジェクトの移動モードです。 このパラメーターを使用すると、トラッキングを失う領域内でのオブジェクトの移動方法を決定できます。 次の3つのオプションから選択できます。
    1. 「おおよその軌跡」はプログラムが推定運動軌道を描く間、オブジェクトは表示されたままです。
    2. 「オブジェクトを非表示する」は、オブジェクトが追跡損失領域に到達すると、オブジェクトは消えます。
    3. 「マップを処理しない」は、オブジェクトが描いた軌跡に従って移動します。欠ける軌跡の一部を描くには、「移動」ツールを使用する必要があります。

トラッキングを失う領域の軌道を描画しない場合、オブジェクトが「おおよその軌跡」に従って移動することに注意してください。

複雑に見えるかもしれませんが、VSDCのモーショントラッキングのツールは実際に非常に使いやすく、特別な知識や経験は必要ありません。指示に従ってプレビューウィンドウを使用する限り、目的の結果を得ることができます。

 

ご質問がございましたら、 Facebookにご連絡ください。

より多くのアイデアが必要になりましたら、 YouTubeチャンネルを購読してください

News

動画の色補正のに5つの無料ソフトウェア

yeビデオクリエーターである場合、色補正を習得することが重要な理由は3つあります。まず、動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。次に、複数のクリップの色を一致させて、見た目の一貫性を高めることです。最後に、色補正は、露出過度、露出不足、色あせた映像を修正するのに役立ちます。この3つすべては、不十分な照明条件または不適切なカメラ設定の結果です。 ただし、始めたばかりの場合は、高価なプログラムを購入する準備ができていない可能性があります。ありがたいことに、練習に使用できる無料ソフトウェアがあります。 この記事では、色補正用の5つの動画編集ソフトを確認しました。これらのエディタには、プライマリカラーコレクションとセカンダリカラーコレクションの両方に必要なすべてのツールと、美しいムービーの作成に役立つその他の機能が含まれています。 始めましょう。 VSDC無料動画編集 VSDCは、Windows...

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends