動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

How to Use Bezier Curves for Drawing Shapes

Bezier curve is a tool that lets you draw odd shapes with precise accuracy. In video editing, it’s one of those rare features that are easy to use and hard not to. Below, we’ll show you how to use Bezier curves in VSDC Free Video Editor for creating shapes you can later use for clipping or inverted masks. For the sake of this tutorial, we’ve selected a heart shape as an example to practice on; once you get the hang of it, you’ll be able to draw any other shape quickly and effortlessly.

Bezier curves are available in VSDC starting version 6.8. Make sure to download it before getting started.

Step 1. Launch VSDC Free Video Editor and import your content

First, boot up VSDC Free Video Editor. On the main screen, there are different options for importing your content. You can create a blank project with custom parameters, or you can simply click Import content and select your video files from the computer. If you decide to do the latter, VSDC Free Video Editor will automatically change the project’s parameters to the parameters of your video.

Step 2. Draw the foundation of your shape

Once you access the project’s scene, go to the left-side menu and select the Add free shape tool:

How to use bezier curves

A window called Object position settings will pop up to indicate the position of the shape you’re creating on the timeline – just click OK.

Now, as an easy demonstration of what the Bezier curve is capable of, let’s draw a heart shape. In the previous versions of VSDC, you would have to create up to 100 control points just to draw a smooth-looking heart. However, now you’ll be able to make do with only a couple of control points, even if you have little to no vector drawing experience. The Bezier curves will practically draw the shape for you!

To get started, click anywhere on the scene and while holding the mouse button, drag it to the side. Once you do that, you’ll see two vectors that will start forming the shape. Leave them as they are and repeat your steps to create another control point above the first one: now you have half of the shape! Okay, it may not look like half of a heart shape, but that’s temporary.

 

Now all you have to do is close the shape before we start turning it into a heart. There are two ways to do that. You can either select the first control point and press the Closed Free Shape button in the Shape Point Settings, or simply hold the Ctrl key and click on your first control point.

Step 3: Adjust the vectors to achieve the desired shape

Vectors determine the shape of your figure; therefore, you can tweak the shape just by dragging them in the desired direction. For instance, to turn the circle into a heart shape, press the Ctrl key and drag one of the vectors at a 45-degree angle. Keep in mind that if you forget to press the Ctrl key, both vectors will be moving along, staying parallel to each other. Once you’re finished with one vector, drag the second one at the same angle but in the opposite direction. Repeat the process with the vectors from the second control point, and voila – you have a heart. You always had.

 

Make use of your shape

Drawing shapes with the Bezier curve is this easy. You can add as many control points as you want: each will have two vectors to help you form the shape more precisely. Whether you want to create a clipping mask, hide an object behind a shape, or just practice vector drawing – now it’s much easier. We’re excited to see what uses you’ll find for this tool!

Now, if you’d like to continue exploring the power of Bezier curves, go ahead and read our guide to using them for creating smoother, custom-paced transitions.

リアルな壊れた粉々になったガラス効果を作成する方法

「粉々になったガラス」エフェクトは、VSDCプロで最近利用可能になった人気のあるトランジションです。適切に設定すると、この効果は動画に深みを与え、遠近法を実現するのに役立ちます。これを使用して、シーン間のスムーズなトランジションを作成したり、動画を張り切って終了したり、ストーリーを開始したりできます。

このチュートリアルでは、リアルな粉々になったガラス効果を作成する方法を紹介します。ただし、6.8より前のバージョンでは新しい効果を利用できないため、先に進む前に、公式ウェブサイトから最新版のVSDCをダウンロードしてください。

 

VSDCで粉々になったガラス効果を適用する方法

開始するには、VSDCを起動し、「コンテンツのインポート」オプションを使用してフッテージをエディターにアップロードします。これを行うと、動画が自動的にタイムラインに表示され、作業を開始できます。

粉々になったガラス効果を適用するには、上部の「動画エフェクト」メニューを開き、「トランジション」に進みます。次に、「粉々になったガラス」を選択します。

How to apply the Shattered glass transition effect in VSDC Pro

エフェクトを適用すると、「オブジェクトの位置設定」と呼ばれるポップアップウィンドウに、エフェクトがシーンの最後に追加されることが示されます。後で、エフェクトの位置を手動で変更できるようになります。

プレビューウィンドウを使用して結果を確認し、トランジションの外観に満足している場合は、先に進んで動画をエクスポートするか、残りの部分で作業を続けます。

 

VSDCで粉々になったガラス効果設定にアクセスする方法

効果設定を開くには、最初にタイムライン上のエフェクトにアクセスする必要があります。これを行うには、効果を適用した動画をダブルクリックします。そこから、エフェクトレイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドインします。

Shattered glass effect settings available in VSDC Pro

「プロパティ」ウィンドウには、次の3つの設定グループがあります:

  • 共通設定
  • 調整設定
  • 粉々になったガラス効果設定

共通設定

共通設定では、タイムライン上のエフェクトのレイヤー名を変更し、エフェクトの持続時間を定義し、動画に表示される正確な瞬間(秒またはフレーム単位)を設定できます。

調整設定

調整設定には、エフェクトの透明度と、破片の境界を拡張するオプションの2つのコントロールが含まれます。

前者のコントロールは、粉々になった破片の不透明度に直接影響します。 たとえば、透明度の値が100%である場合、背景が黒のままで画像が粉々になります。ただし、透明度レベルを大幅に下げると、破片は半透明になり、黒い背景の代わりに元の画像が表示されたままになります。

「透明度」メニューを展開すると、「初期値」「最終値」の2つの追加プロパティが表示されることに注意してください。透明度レベルを時間の経過とともに増減させたい場合は、これらの値を使用します。

「プロパティ」ウィンドウには、「初期値」と「最終値」を含んでいるパラメータが多いことに注意してください。それらはすべて同じように機能します。初期値を最終値よりも小さくすると、トランジションが進むにつれてパラメータ値が増加します。 逆にすると、トランジションが進むにつれてパラメータ値が減少します。

現在、調整設定の後者のコントロールは、「境界を拡張する」と呼ばれます。デフォルトでは非アクティブ化されています。つまり、破片は、元の動画、画像、またはトランジションを適用したその他のオブジェクトのフレーム内に残ります。ただし、このパラメータをアクティブにすると、破片はオブジェクトの境界の外側に自由に移動し続けます。

最も基本的なエフェクト調整について説明したので、次に、最後の設定グループで使用できるカスタマイズコントロールを確認します。

粉々になったガラス効果設定

このレベルでは、破砕の種類、破片の移動、衝撃力、その他のいくつかのパラメーターを調整できます。

Parameters allowing you to customize the Shattered glass effect in VSDC

プリセット

プリセットは、ライブラリに保存されている独自のエフェクト設定です。たとえば、コントロールをしばらく切り替えた後、非の打ちどころのないトランジションを実現し、次回のためにこのパラメータの組み合わせを保存したいとします。プリセットとして保存し、必要なときにいつでもメニューで見つけることができます。

直線的

このパラメータをアクティブのままにすると、トランジションは、オブジェクトがバラバラになることを表す直接シーケンスで進行します。このパラメータを無効にすると、トランジションは逆の順序で進行します。破片が徐々にオブジェクトを形成します。

エフェクト加速

このパラメーターを使用すると、入力する値に応じて(負数と正数を入力できます)、トランジションを加速または減速できます。エフェクト加速 メニューの下に、いわゆる「ランダムな遅延」を適用するオプションもあることに注意してください。これをアクティブにすると、ランダムな破片の移動の回転が遅れます。

破壊

このパラメーターは、破壊の種類を定義し、「中央揃え」「解散」という2つのオプションを含みます。

どちらのシナリオにも、ひびの数、破片の移動方向、形状、その他の特性を制御できる追加の設定があります。前置きはこれくらいにして、先に進んで、物事がどのように機能するかを見てみましょう。

中央揃え

「中央揃え」の種類を選択すると、下の図に示すように、衝撃点から直線状にひびが形成され、好きな場所に移動できます。

水平割れは、ひびの数、つまり粉砕された破片の数を設定できるパラメータです。

デルタ値は、ひびによって形成される角度のデルタを定義します。たとえば、最大次数の値が360度であることが知っている場合、デルタ値を0に設定し、それぞれが36度の角度を形成する10本のひびを作成できます。ただし、デルタ値を増やし始めると、角度はひびの数と0度からの角度偏差を設定する初期シフトに基づいて変化します。

垂直割れは、水平割れ全体にひびを追加し、ガラスを細かく砕くことができるパラメータです。「デルタ値」と呼ばれるパラメーターを使用して、垂直割れ間の距離を変更したり、「乗数」と呼ばれるパラメーターを使用してそれらを中心から近づけたり遠ざけたりすることができます。

ランダムな形状は、粉砕されたピースをランダムな奇数の形状にするか、分割線によって形成される正しい形状のままにするかを選択できるパラメータです。

粉々になった部分の厚さを増やすには、「厚さ」というパラメータを使用できます。

追加の割れの可能性は、粉砕された各ピースが小さな破片に分割される可能性を作成するパラメーターです。その値が高ければ高いほど、よりランダムなピースが追加の破壊を持ちます。

破片のサイズを制御するには、「最大破砕」というパラメーターを使用します。 その値が小さければ小さいほど、破片は小さくなります。

裏側の色は、粉々になった部分の裏側の色を定義します。デフォルトでは、裏側は黒ですが、他の色を選択したり、不透明度レベルを設定したりできます。

たとえば、不透明度レベルをゼロに設定すると、粉々になった部分の両側に元の画像が反映されます。それ以外の場合、一方の面には画像の断片が含まれ、もう一方の面には選択した色が含まれます。

解散された破壊

最初の破壊のシナリオを確認したので、「解散」がどのように機能するかを見てみましょう。

ここでの主な違いは、このシナリオを適用すると、画像上に破壊が均等に広がり、目に見える単一の衝撃点がないことです。

粉々になった部分の数を変更するには、X/Y軸上の点を使用します。これらのパラメータは、粉砕されたピースに属するコーナーの数を設定します。したがって、使用する数が多い多ければほど、より多くのピースが存在します。

これらの数値のそれぞれについて、デルタ値(X/Y)を選択することもできることに注意してください。デルタ値は、X軸とY軸上の点数の偏差を設定します。たとえば、Х軸に5点を置き、デルタ値が100%である場合、各水平線は1〜10個の粉砕されたピースを生成します。

次のパラメータ(厚さ、追加の割れの可能性、裏面の色)は、前のセクションですでに確認したものと類似しているため、それらをスキップして、「破片配置」と呼ばれる次の機能に移動します。

破片配置は、破片をカスタマイズするのに役立つ設定のグループです。このメニューの最初のパラメータは「初期シフトを使用する」と呼ばれ、デフォルトでアクティブになっています。破片の一部をシーンの前景に直接送信することで、ビデオに奥行き感を与えます。このパラメータを無効にすると、ピースは中景でのみ移動します。

この機能を使用すている場合、「最小シフト」「シフトのデルタ」を適用することにより、粉砕された部分の移動をカスタマイズできることに注意してください。前者は、粉々になった破片が元の位置から前景に移動することを定義します。後者は、最小シフトの偏差デルタを定義します。

次のパラメータは、「X軸の移動」「Y軸の移動」「Z軸の移動」と呼ばれます。粉々になった破片の軸周りの移動方向を設定するのに役立ちます。デフォルトでは、これらのパラメータはすべて0%に設定されているため、破壊は同じ場所に残ります。ただし、値を増やし始めると、ピースは指定された方向に移動し始めます。

移動速度は、粉々になった破片がシーンから完全に消えるまで移動する速度を定義します。デフォルトでは、この値は最大速度である100%に設定されています。100%の代わりに0%と入力すると、ピースはどこにも移動せずに回転します。

現在、ピースの消失をより動的にするために、開発者は「移動速度を下げる」というオプションを追加しました。この機能は、特定の破壊がシーンから消える前に、それらに割り当てられた移動距離を短縮します。その結果、粉々になったガラス効果はより多くのボリュームを取得し、より映画のように見えます。

選択できる削減シナリオは8つあり、それらはすべてわずかに異なる効果を生み出します。

メニューの次のパラメータは「X軸・Y軸の衝撃移動」と呼ばれ、分割後にピースをさらに遠ざけることで衝撃点を強調することができます。この場合の移動方向は、X軸とY軸に割り当てる値によって定義されます。

たとえば、X軸の衝撃移動が0に等しいが、Y軸の衝撃移動に0より大きい値が割り当てられている場合、垂直割れが表示されます。各軸に0を超える値を割り当てると、粉砕されたピースは垂直方向と水平方向の両方に分割されます。

ピースが衝撃点から跳ね返る速度を調整するには、「衝撃力」というパラメータを使用します。本質的に、それは文字通り衝撃の強さを意味します。 その値が高ければ高いほど、分割が大きくなり、ピースの移動が速くなります。

「衝撃力」メニューの下に、衝撃を調整するのに役立つ追加のパラメータがあります。たとえば、「ランダムシフトを追加する」して、破片が衝撃点からランダムにシフトできるようにすることができます。

「アスペクト補正」は、トランジションを適用した動画またはオブジェクトのサイズに応じて、粉々になった部分の移動を調整するパラメータです。このオプションを有効にすると、指定されたアスペクト比に関係なく、粉々になった破片が均等にシフトします。このオプションを無効にすると、移動シフトはアスペクト比に基づいて行われます。たとえば、動画のアスペクト比が16:9である場合、動画の幅が高さを超えるため、部分はさらに水平方向に移動します。

「衝撃力を減らす」は、事前設定された低減シナリオを使用して衝撃力を低減できるようにするパラメーターです。-99から99までの任意の値を入力できます。値が小さければ小さいほど、衝撃点と分割が見えにくくなります。値を設定したら、「削減」メニューを開いて、削減シナリオを選択できます。これらのシナリオは以前に確認したものと同じであるため、これらのシナリオの概要はスキップします。

X/Y/Z軸の回転というパラメータのグループは、ピースの回転角度を設定します。角度の値が360度を超える場合は、各ピースが対応する軸を中心に回転する回数を定義します。

フェードアウトは、粉砕された部分が特定の軌道点に到達したときに、それらにフェードアウト効果を適用します。

透視投影は、透視を有効または無効にできるモードです。デフォルトでは有効になっています。つまり、視聴者は破片が自分に向かって移動しているという印象を受けます。透視投影を無効にすると、粉々になった破片がシーンの境界に移動します。

 

VSDCの新しいバージョンをダウンロードして、粉々になったガラス効果を試してください

うまくいけば、このチュートリアルがあなたにインスピレーションを与え、いくつかのアイデアが生まれてくると思います!動画で粉々になったガラス効果を試す準備ができている場合は、公式ウェブサイトからVSDC 6.8版をダウンロードしてください。

もっとインスピレーションが必要ですか? 次に、YouTubeチャンネルに登録して、新しい動画を公開したときに通知を受け取るようにしてください。

How to Apply test

The Paint Brush transition is a popular effect that imitates brush strokes. You can use it to gradually move from one scene to another by either covering the video with a paint brush stroke by stroke, or revealing the next image from under a coat of paint. Here is what it looks like:

From this tutorial, you’ll find out how to apply this effect in your videos and tailor it to your vision. The Paint Brush effect is available in VSDC starting version 6.8, so make sure to download it before moving one with the tutorial.

 

How to apply Paint Brush transition in VSDC

Once you download VSDC, launch it on your computer and import your footage. We recommend using the Import content button unless you want to apply custom parameters to the project. Next, select the video you want to apply the transition to, open the Video effects menu, proceed to Transitions and select Paint Brush.

How to apply the Paint Brush transition effect in VSDC

The Object position settings window will pop up indicating that the transition will be added to the end of the scene. Click OK to proceed and preview the result. Notice that if you want to stretch the duration of the transition, you’ll be able to do it manually. We’ll talk more about it in the following section.

 

How to access Paint Brush transition settings

To open the effect settings, first make a double-click on the video you’ve applied the effect to. You’ll find yourself in a new tab with the effect layer named PaintEffect. Make a right click on it and select Properties. The Properties window will slide-in from the right.

The Properties window for the Paint Brush transition includes 3 groups of settings:

  • Common settings
  • Adjustment settings
  • Chess settings - Paint Brush effect settings

Paint Brush effect settings in VSDC Free Video Editor

Let’s go over each group of settings and see what they do.

 

Common settings

The settings in the first group allow you to rename the transition effect layer, type the exact moment when the transition should begin (in seconds or in frames) and set its duration (in seconds or in frames). Keep in mind that you can also manually move and stretch the effect layer right on the timeline using the handlers.

 

Adjustment settings

The Adjustment settings consist of a single parameter, named Transparency. Transparency enables you to adjust the opacity level for the paint strokes. For example, if you leave the default value (100%), the paint will be completely non-transparent. However, if you decrease the value, you’ll start getting the see-through effect.

If you expand the Transparency parameter, you can access the Initial and Final values. These values enable you to set the opacity level for the beginning of the Paint Brush effect and the end of it, thus creating a smoother transition between scenes.

 

Paint Brush effect settings

The settings in the third group allow you to tailor the effect to your needs. For instance, you can change the direction and angle of the brush strokes, choose the brush width, and more.

Directly

The first parameter in this group is named Directly, and it refers to the direction of transition. If you leave this parameter deactivated, the paint brush will gradually cover your footage, stroke by stroke. If you activate this parameter, the transition will work in the opposite way and gradually uncover video from a coat of paint.

Stroke angle

The following parameter allows you to change the brush stroke angle. By default, the brush moves under a 45-degree angle, however, you can change this value to your taste. For example, in the illustration below, you can see how the strokes will look if you use a 90-degree and a 30-degree angles.

In addition to the Stroke angle, you can activate the option called Opposite side and change the side where the brush starts moving. For example, by default, the paint brush moves from right to left. In this case, the opposite side direction will be from left to right.

Starting corner

This parameter defines the corner where the effect starts. There are 4 self-explanatory options you can choose from: left-top, right-top, left-bottom, and right-bottom.

Brush width

Brush width is rather self-explanatory as well. This parameter defines how wide and thick brush strokes are, and you can leave its value consistent or make it dynamic. For example, if you set the Initial value at 10% and the Final value at 50%, each subsequent brush stroke will be thicker.

Blur

This parameter adds blur to the paint and makes brush strokes less defined. The higher the value, the more blurred the strokes will be. As a matter of fact, if you type 100%, the effect will resemble spray paint.

Brush movement direction

Brush movement direction is the brush movement pattern defining the order in which brush strokes are applied. The are 5 options you can choose from:

  • Non-continuous – each subsequent brush stroke will start on the same side of the scene.
  • Continuous – each subsequent brush stroke starts on the opposite side of the scene.
  • Area-based – the scene gets divided into several areas, and each area gets covered with paint
  • Random (same angle) – each brush stroke appears in a random place on the scene under the same angle.
  • Random (random angle) – each brush stroke appears in a random place on the scene under a random angle.

Overlap coefficient

Overlap coefficient defines the percentage of brush strokes that appear on the scene at the same time. For example, if the total number of brush strokes required to cover the scene entirely is 12, and the overlap coefficient equals 30%, at any given moment, you’ll be seeing 4 brush strokes instead of just one.

 

Try the Paint Brush transition for free

The new Paint Brush transition effect is available in the free version of VSDC Video Editor, so if you liked this tutorial, go ahead and download VSDC from the official website.

Feel free to message us on Facebook and make sure to subscribe to our YouTube channel for a weekly doze of video editing inspiration.

VSDCでペイントブラシのトランジションを適用する方法

ペイントブラシのトランジションは、運筆を模倣する一般的な効果です。これを使用して、動画を運筆ごとにカバーするか、ペイントの下から次の画像を表示することで、あるシーンから別のシーンに徐々に移動できます。これがどのように見えるかです:

このチュートリアルから、この効果を動画に適用し、ビジョンに合わせて調整する方法を学びます。ペイントブラシ効果は、VSDCの6.8版以降使用できるため、チュートリアルへ移動する前に、必ずダウンロードしてください。

 

VSDCでペイントブラシのトランジションを適用する方法

VSDCをダウンロードしたら、コンピューターで起動してフッテージをインポートします。プロジェクトにカスタムパラメータを適用したい場合を除いて、「コンテンツのインポート」ボタンを使用することをお勧めします。次に、トランジションを適用したい動画を選択し、「動画エフェクト」メニューを開いて、「トランジション」に進み、「ペイントブラシ」を選択します。

How to apply the Paint Brush transition effect in VSDC

オブジェクト位置設定ウィンドウがポップアップ表示され、トランジションがシーンの最後に追加されることが示されます。「OK」をクリックし、結果をプレビューします。トランジションの期間を延長したい場合は、手動でできることに注意してください。

 

ペイントブラシのトランジション設定にアクセスする方法

効果設定を開くには、まずエフェクトを適用した動画をダブルクリックします。「ペイント効果」というエフェクトレイヤーがある新しいタブが表示されます。それを右クリックして、「プロパティ」を選択します。 プロパティウィンドウは右からスライドインします。

ペイントブラシトランジションの「プロパティ」ウィンドウには、次の3つの設定グループが含まれています:

  • 共通設定
  • 調整設定
  • チェスの設定

Paint Brush effect settings in VSDC Free Video Editor

設定の各グループを調べて、それらが何をするかを見てみましょう。

 

共通設定

最初のグループの設定では、トランジションのレイヤー名を変更し、トランジションを開始する正確な瞬間(秒単位またはフレーム単位)を入力し、その期間(秒単位またはフレーム単位)を設定できます。ハンドラーを使用して、タイムライン上でレイヤーを手動で移動してストレッチすることもできることに注意してください。

 

調整設定

調整設定は、「透明度」という単一のパラメーターで構成されます。透明度を使用すると、運筆の不透明度レベルを調整できます。たとえば、デフォルト値(100%)のままにすると、ペイントは完全に不透明になります。ただし、値を小さくすると、シースルー効果が得られます。

「透明度」パラメータを展開すると、「初期値」「最終値」にアクセスできます。これらの値を使用すると、ペイントブラシ効果の開始と終了の不透明度レベルを設定できるため、シーン間のトランジションがスムーズになります。

 

ペイントブラシ効果設定

最後の設定グループでは、ニーズに合わせて効果を調整できます。たとえば、運筆の方向と角度を変更したり、ブラシ幅を選択したりできます。

直線的

このグループの最初のパラメーターは「直線的」と呼ばれ、トランジションの方向を示します。このパラメータを無効のままにすると、ブラシが運筆ごとにフッテージを徐々にカバーします。このパラメータをアクティブにすると、トランジションは逆の方法で機能し、上塗りから動画を徐々に明らかにします。

塗る角度

次のパラメータを使用すると、塗る角度を変更できます。デフォルトでは、ブラシは45度の角度で移動しますが、この値を好みに合わせて変更できます。たとえば、次の図では、90度と30度の角度を使用した場合に運筆がどのように見えるかを確認できます。

「塗る角度」に加えて、「逆方向」と呼ばれるオプションをアクティブにして、ブラシが動き始める側を変更することができます。たとえば、デフォルトでは、ペイントブラシは右から左に移動します。 この場合、逆方向は左から右になります。

開始角

このパラメーターは、エフェクトが開始する角を定義します。「左上」、「右上」、「左下」、「右下」という4つのわかりやすいオプションから選択できます。

ブラシ幅

「ブラシ幅」も一目瞭然です。このパラメータは、運筆の幅と太さを定義し、値を一定のままにすることも、動的にすることもできます。たとえば、初期値を10%に設定し、最終値を50%に設定すると、後続の各運筆は太くなります。

ぼかし

このパラメータはペイントにぼかしを追加し、運筆の定義を少なくします。値が高ければ高いほど、運筆がぼやけます。実際のところ、100%と入力すると、効果はスプレーペイントのようになります。

ブラシの移動方向

「ブラシの移動方向」は、運筆が適用される順序を定義するブラシの移動パターンです。選択できるオプションは次の5つです。

  • 「不連続」は後続の各運筆が、シーンの同じ側から開始されます。
  • 「連続」は後続の各運筆が、シーンの反対側から始まります。
  • 「エリアベース」はシーンがいくつかのエリアに分割され、各エリアがペンキを塗られます。
  • 「ランダム(同じ角度)」は各運筆が、同じ角度でシーンのランダムな場所に表示されます。
  • 「ランダム(ランダムな角度)」は各運筆が、ランダムな角度でシーンのランダムな場所に表示されます。

オーバーラップ係数

オーバーラップ係数は、シーンに同時に表示される運筆のパーセンテージを定義します。たとえば、シーン全体をカバーするために必要な運筆の総数が12で、オーバーラップ係数が30%である場合、任意の時点で、1つではなく4つの運筆が表示されます。

 

ペイントブラシのトランジションを無料でお試しください

新しいペイントブラシのトランジションは、VSDC動画編集ソフトの無料版で利用できます。このチュートリアルが気に入った場合は、公式ウェブサイトからVSDCをダウンロードしてください。

Facebookでお気軽にメッセージを送信し、YouTubeチャンネルに登録して、毎週の動画編集のインスピレーションを得てください。

動画で古いフィルム風を作成する方法

だからあなたは動画で古いフィルム効果を作る方法を学びたいです。私たちは皆、Instagramのようなクイックフィルターに精通していますが、より本格的な外観を実現するには、古い映画風の外観に他に何が貢献しているかを知っておくとよいでしょう。

このチュートリアルでは、古いフィルム風を実現するために使用される色補正効果、フレームレート設定、オーバーレイ、アスペクト比のハックを紹介します。エフェクトを1つだけ選択することも、同じビデオで複数のトリックを使用することもできます。始める前に、このチュートリアルで使用するWindows用の無料のビデオエディタであるVSDCをダウンロードしてください。

 

VSDCで古いフィルム効果を実現するための5つの簡単なトリック

開始するには、コンピューターでVSDCを起動し、「コンテンツのインポート」ボタンを使用してフッテージをアップロードします。このオプションを使用すると、動画のサイズ、アスペクト比、解像度などの元のフッテージのプロパティを保持できます。

1. 事前にデザインされた古いフィルム風を試してみる

迅速な解決策を求めているなら、事前に設計されたスタイルがあなたの親友です。VSDCには、3つの事前に設計された古いフィルム風があります。それらを適用するには、アップロードした動画をクリックし、上部にあるクイックスタイルメニューを開いて、「古いフィルム」オプションの1つを選択します。

スタイルの選択を解除するには、メニューのアイコンをもう一度クリックします。メニューは古い映画風のスタイルとInstagramフィルターが多くて、同じ動画に複数を適用できることに注意してください。

2. 古い映画風のオーバーレイを使用する

古いフィルム効果を実現するための次の比較的簡単な方法は、ストック動画のマーケットプレイスの1つからの既製のオーバーレイを使用することです。

オーバーレイは、メインのフッテージとブレンドして目的の雰囲気を実現するビデオです。それらは通常、モノクロの背景を持ち、粒子、フレア、または煙の縞や水滴などの他の視覚的要素を含んでいます。詳細については、オーバーレイの操作に関する簡単なガイドをご覧ください

ヴィンテージ感のあるオーバーレイも同じです。それらには、フィルムのほこり、フラッシュ、引っかき傷、光漏れ、レターボックス、古い映画の他の「属性」が含まれている可能性があります。古い映画のオーバーレイの例を次に示します。

さて、自分の動画でこの手法を試したい場合は、VideezyPexelsPixabayなどの無料のストック動画のマーケットプレスの1つにアクセスして、「古いフィルム風オーバーレイ」または「古い映画オーバーレイ」を検索してください。好みのビデオを見つけたら、ダウンロードして、メインの映像があるシーンにドラッグします。メインフッテージの上にオーバーレイを配置し、上部のクイックアクセスメニューに移動して、オーバーレイの「不透明度」レベルを下げます。

How to apply a retro video overlay to achieve an old film effect

その結果、オーバーレイは、その色調と粒子を維持しながら、半透明になります。

3. ザラザラ感を追加する

古い映画の中には粒子が粗く見えることに気づいたことがありますか?この効果も簡単に再現できます。フッテージをシーンに追加したら、「動画エフェクト」メニューを開き、「フィルター」に進み、「ノイズ」を選択します。 複製も簡単です。

The image noise filter is a surefire way to achieve the old film effect

動画の粒子を粗くしたい場合は、フィルターレイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。次に、右側の「プロパティ」ウィンドウを使用して、ノイズと透明度のレベルを下げます。

4. グレースケール効果を適用する

チュートリアルの終わりに近づいたので、古き良き白黒動画について話しましょう。これを実現しようとしている場合は、「動画エフェクト」メニューを開き、「調整」に進んで「グレースケール」を選択します。

How to make a movie look black and white in VSDC

昔ながらの動画も明るく、コントラストが弱い傾向があるため、右側の「基本エフェクト」ウィンドウのコントロールを切り替えて、フッテージに何が合うかを確認することもお勧めします。しかし、最も重要なのは、これはあまり知られていないヒントですが、古い映画のフレームレートは低く、アスペクト比は「4:3」でした。これらの2つの設定を適用すると、ビデオが昨日記録されたのか1920年代に記録されたのかを判断するのは困難です。 次のセクションでは、その方法を説明します。

5. フッテージのフレームレートと解像度を変更する

目的のフレームレートと解像度を設定する最も速い方法は、上記のプロパティを使用して新しいプロジェクトを作成することです。つまり、元のプロパティを使用して動画をインポートする代わりに、操作したい動画に適用されるプロパティを設定する必要があります。

VSDCを起動したら、「空白プロジェクト」を押します。次に、「解像度」メニューで「4:3」のアスペクト比を選択し、下の対応するメニューで目的のフレームレートを選択します。

How to change the framerate and aspect ratio to achieve the old movie effect

昔ながらのカメラで録画された映画を模倣するには、1秒あたりの10〜15フレームの任意のフレームを選択できます。フレームレートが低ければ低いほど、フレーム間のトランジションが目立ちます。

「4:3」プロジェクトを作成してフッテージをインポートすると、動画がシーンに適切にフィットしない可能性があります。これは、最新の動画の大部分が「16:9」のアスペクト比であるためです。理想的な解決策は、フッテージをトリミングして「4:3」プロジェクトに適合させることです。一部のフッテージが切り取られるため、これは最もエレガントなソリューションではありませんが、これが本物の古いフィルム効果を実現する唯一の方法です。

動画をトリミングするには、上部の「クロップ」アイコンをクリックして、「自動クロッピング」に進みます。

準備ができたら、先に進んで動画を保存します。「プロジェクトのエクスポート」タブを開き、動画の最終的な保存先を選択して、「エクスポート」に進みます。

 

より芸術的な古いフィルム風を実現したいですか? VHS効果を検討しましょう

古いフィルム効果を実現する方法はたくさんあります。 より高度なポストプロダクションのテクニックの準備ができている場合は、スタイリッシュなVHSの外観を複製するための次のガイドを確認してください。

質問がありますか? Facebookでメッセージを送信するか、YouTubeチャンネルにコメントを残してください。

News

動画の色補正のに5つの無料ソフトウェア

yeビデオクリエーターである場合、色補正を習得することが重要な理由は3つあります。まず、動画を強化し、プロに見せるのに役立ちます。次に、複数のクリップの色を一致させて、見た目の一貫性を高めることです。最後に、色補正は、露出過度、露出不足、色あせた映像を修正するのに役立ちます。この3つすべては、不十分な照明条件または不適切なカメラ設定の結果です。 ただし、始めたばかりの場合は、高価なプログラムを購入する準備ができていない可能性があります。ありがたいことに、練習に使用できる無料ソフトウェアがあります。 この記事では、色補正用の5つの動画編集ソフトを確認しました。これらのエディタには、プライマリカラーコレクションとセカンダリカラーコレクションの両方に必要なすべてのツールと、美しいムービーの作成に役立つその他の機能が含まれています。 始めましょう。 VSDC無料動画編集 VSDCは、Windows...

VSDC 7.2版はその色補正ツールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDCチームにとってまたしても生産的な数か月でした。動画編集スイートの新バージョンであるVSDC 7.2版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、VSDC...

本当に無料動画編集ソフトウェア10選

編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends