動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDC無料動画編集で縦に撮影してしまった動画の向きを直す方法

さて、それを直視しましょう。モバイルカメラの普及により、ビデオの録画方法と見る方法が変わりました。あなたはそれを愛するか憎むかことができますが、垂直ビデオは今日どこでもあります。それは単に忘れていて、録音時に電話を垂直に持っているときから始まりました。しかし今日では、ソーシャルメディアで公開されると本物のように見えるため、多くのブランドが垂直ビデオをわざと作成しています。

2014年に誰がそれを予想していたでしょう?

しかし、見た目が気に入らない場合は、垂直ビデオを修正できますか。

はい、できます。それらを好まなければ、それらの現代のメディアの動向に従う必要はありません。誤って垂直方向に記録した場合、またはポートレートモードと呼ばれる方法で、フッテージの両側に2本の醜い黒いバーを我慢する必要はありません。

VSDC無料動画編集は、垂直ビデオを修正する方法をいくつか提供しています。以下に、それらを紹介していただきます。

Windows用のVSDC無料動画編集をダウンロードする

最も人気のあるハックの1つは、垂直ビデオの側面をぼかすことです。これは黒いバーを取り除くためのエレガントな方法です。

第一垂直ビデオ修正 - 側面をぼかす

  • タイムラインにフッテージを追加します。 そうするには、「オブジェクトの追加」の 「動画」の順にクリックし、エクスプローラから必要なファイルを選択します。
  • マウスの右ボタンを使用して動画をクリックし、「複製」を選択します。
  • 新しいビデオオブジェクトには、元の動画と同じサイズを設定します。 下の図を参照してください。 How to duplicate an object in VSDC
  • 次に、トップメニューの「切り取りと分割」タブに移動し、「自動クロップ」を選択します。複製したビデオをシーン全体のサイズに合わせて拡大し、背景の効果を作り出します。
  • さて、垂直ビデオを修正することを最終決定するために、側面をぼかすだけでよいです。これをやるには、「ビデオ効果」タブで「フィルタ」の「ガウスぼかし」の順に選択します。 下の図を参照してください。
  • プロパティウィンドウを開き、ぼかしレベルを調整して目的の結果を得ます。「プロパティ」ウィンドウタブは、プログラムインターフェイスの右側にあります。
  • あなたの垂直ビデオの新しい外観をお楽しみください!ちなみに、元の画像と複製したくない場合は、背景をぼかした写真に他の動画や画像を使用できます。

How to apply Gaussian blur

第二垂直方向のビデオ修正 - 元のビデオと同じ解像度でプロジェクトを作成する

垂直ビデオの側面をぼかすことは、それをまともに見せるための最も一般的な方法ですが、他のアプローチもあります。動画が記録されている解像度をそのまま使用して、同じサイズでプロジェクトを作成できます。技術的には、動画は「垂直フォーマット」のままになりますが、黒いバーが取り除かれます。

やり方は次のとおりです。

  • タイムラインに垂直ビデオを追加します。
  • トップメニューの「表示」タブに移動します。プロジェクトエクスプローラが開きます。
  • プロジェクト名をクリックして「プロパティ」ウィンドウに移動し、シーンのサイズパラメータを見つけます。
  • シーンの幅(また必要に応じて高さ)を元のビデオのサイズに合わせて小さくします。 下記のビデオチュートリアルを参照してください。
  • それでは、ビデオオブジェクトをクリックしてプロパティウィンドウを開き、「親と同じサイズに設定」ボタンを使用します。この動作により、ビデオはシーンのサイズにぴったり合うようになります。

今度は側面の黒いバーなしで完全な縦のビデオがあります。一度実行すると、プロジェクトに追加したすべてのオブジェクト(ビデオと画像)は自動的に新しいサイズのシーンに調整されます。

第三垂直方向のビデオ修正 - 水平方向にロードするビデオを回転させる

時々起こることは、忘れられているものので、ポートレートモードで動画の記録を開始し、ビデオがまだ記録されている間に横長モードに電話を回します。あるいは逆にさえもあります!その結果、再生時に垂直ビデオが水平に読み込まれるようになります。

それも修正することができます。 実際に、それは文字通り数秒と数回のクリックが必要になります:

  • ビデオをVSDC動画編集のタイムラインに追加します。
  • シーンの上にあるツールバーの「回転」をクリックして結果をプレビューします。
  • 動画がシーンサイズよりも大きいように見える場合は、手動でサイズを小さくするか、「プロパティ」ウィンドウを使用してパラメータを調整します。

Rotate buttons in VSDC

VSDCを垂直方向の動画編集として使用して映像の側面をぼかしたり、シーンのサイズを変更したりする方法がわかったので、他のガイドで確認して素晴らしい映画を作成しましょう。YouTubeチャンネルには、200を超えるチュートリアルがあります。 登録することを忘れないでください!


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

How to create a voice over, using video editing software

Many videos require voice commentaries. Educational clips, how-tos, game walkthroughs, video blogs - all are typically produced with use of voice over software. There are various solutions to record your voice and add it to the footage. In fact, there are even 3-rd party tools for voice recording and processing audio on a professional level. Those are used in professional audio recording studios, for example. Yet, some video editors also have embedded tools for recording voice commentaries. VSDC Video Editor is one of them.

There are two ways to use VSDC as a voice over software. The first one belongs to the free version of VSDC video editor, and the second - a more advanced way - is available in VSDC Pro version. Below we'll take a close look at both ways, and explain how you can make use of the audio recording feature for your videos.

In both cases you'll need a microphone which is either embedded or connected to your computer. The biggest difference between the two, is the sequence of steps required from a user:

  • In VSDC free version, you can create an audio commentary using an embedded Voice Recorder. Once you record an audio piece, you'll be able to add it to you project and apply to the required video fragment.
  • In VSDC Pro version, you'll use a Voice Over software feature. That means, the voice recording is carried out along with the video preview in one and the same window. It allows for adding audio comments at required parts of the movie easier and more precisely.

Method #1. How to use VSDC as a free voice over software

  • Open the editor, go to the ‘Tool’ tab and select ‘Voice Recorder’

    The embedded Voice Recorder is located in the 'Tool' tab

  • If you need the audio to be recorded in a prticular format, first you should choose it. VSDC voice recorded offers a lot of popular audio formats such as MP3, AAC, WAV and etc.

    There are plenty of available audio formats such as MP3, AAC, WAV and etc

  • Second, select the audio device you're going to use for recording.

    Select an appropriate audio device for recording

  • If necessary, you can check the option to split your recordings by their duration or by size.

    This option splits your recording by its duration or by size automatically

  • To start recording your voice, click the corresponding button.

    The corresponding button that starts recording is here

  • When your voice comments are ready, go to your project and add the audio files to the timeline - precisely where it needs to be added.

    Add recorded audio files to the project

Method #2 How to use VSDC Pro as a more advanced voice over software

  • Add your video where you want to add your voice.
  • Click the ‘More Tool’ button on the panel above the scene and select ‘Voice Over’.

    'Voice Over' can be found in the 'More Tool' menu on the panel above the scene

  • Preview the video and decide where you’d like to add your comments.
  • Move the cursor to the moment of the video where the recording is supposed to start.
  • Click the ‘Start Recording’ button.

    Click the ‘Start Recording’ button to record your voice

  • Record your voice using the microphone.
  • At the end of recording click ‘Stop recording’.

    To finish your commentary click ‘Stop recording’

  • Click on the ‘Playlist’ button to see the list of recordings.

    The 'Playlist' button shows the list of recordings

  • Close the voice over window.
  • Your recording will appear on the timeline automatically.

    Your recording will appear on the timeline automatically

Even though both ways help you get the job done, VSDC Pro version makes a more precise voice over software, saving your time and effort. So, if audio recording is not a one time job, but rather a regular task you 'll have to deal with frequently, you should probably consider it as a more convenient tool.

If you're looking for using voice over software in your video production process, you can also check out our YouTube channel to see how quickly and easily you can utilize VSDC for that purpose.


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.

 

How to Stabilize Video in VSDC Video Editor – Guide on Setting Up the Best Parameters

So, you got a shaky footage, and now you’re looking for the way to fix it? You’re on the right page then. Watch this guide and read the instruction below to see how to quickly stabilize your video using VSDC Video Editor.

Truth be told, most videos shot on the go without special equipment (camera stabilizer mount) come out shaky – just in a varying degree. That happens when you’re holding a camera and your hands start making sporadic movements, or when it’s attached to a drone or a vehicle so that you’re shooting and moving at the same time. Yes, action camera owners, that is especially relevant for you.

Gladly, there is a way to easily remove jittering and achieve a perfectly stable image in the process of post-production. In fact, the Video Stabilization tool is among the most demanded features of VSDC video editing suite. And if you’re curious about how it works, the secret is in the ability to shift video frames. It allows for excluding the shaky effect while any gaps created in the process are being filled with the information from the previous frames.

In our inbox, we often see questions from users on what the best stabilization settings are. So, we decided to address this in a separate tutorial. Below, you’ll see a guide compiled with help one of our dear users who submitted the parameters that worked best for his footage. After being tested, they appeared to be efficient for most shaky videos, so we’re happy to share the secret setup with you.

The parameters used in this tutorial are 'Shakiness' and 'Smooth zoom'. Here is a step-by-step breakdown of the process:

Open VSDC Video Editor and proceed to ‘Tools’. Select ‘Video stabilization’.

Find 'Video stabilization' among available tools

Click ‘Open file’ to add the footage you’re willing to stabilize.

Click Open file to add shaky footage

Find ‘Shakiness’ among available settings. This parameter detects how shaky a video is and how quickly your camera changes positions and takes control of these movements. Set the Shakiness rate to the maximum using the arrows.

Set the Shakiness rate to the maximum

Once you’ve done that, find the ‘Smooth zoom’ dropdown menu in the upper toolbar. This setting allows you for smoothly zooming in the footage.

Select 'Use the smoothed zoom' as shown on the screenshot below.

Select 'Use the smoothed zoom' for smoothly zooming in the footage

After performing these actions, you should get a stabilized video, no matter how shaky the original was. So, if there is nothing else you’d like to change in it, just proceed to the ‘Formats’ tab and choose the most appropriate output format. Remember that in VSDC, you can change export profile settings – format, codec, resolution, quality, width, and height - when necessary. If this is the case, click on the “Edit profile” button at the bottom right corner.

A wide range of output formats is available at the 'Format' tab

Once you’re done, click on the red ‘Export project’ sign.

To download VSDC Free Video Editor, please, proceed here - http://www.videosoftdev.com/free-video-editor/download

To subscribe for VSDC Pro annual license, please, place your order.

Got any questions? Drop us a line at このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 or send us a message via Facebook!

Find more awesome tutorials on our YouTube channel - https://www.youtube.com/user/FlashIntegro/videos


You can get more information about the program on Free Video Editor' description page.

 

VSDC無料動画編集でオーディオのノイズを減らす方法

録画したときに背景音が多すぎるため、フッテージが「騒々しい」と聞こえることがあります。ただし、「削除」ボタンを押すことに急いではいけません。 ほとんどの場合、簡単に修正できます。

この手順では、VSDC動画編集を使用して、記録からオーディオノイズを減らす方法を説明していただきます。 ツールがまだない場合は、公式ページからダウンロードできます。

VSDC無料動画編集には、メディアンフィルタとオーディオゲートという2つの強力なオーディオデノイズフィルタがあります。

オーディオゲートは、オーディオプロダクションの後処理で最も一般的に使用される技術の1つです。このフィルターは、ライブ録音を使用してパッセージ間の不要な音を除去しようとするときに特に便利です。ランブル、ヒス、ハムなどの安定したノイズ源を認識して最小限に抑えることができるためです。

技術的には、オーディオゲートを適用すると、いつ、どの程度オーディオがチャンネルを通過するかを制御します。つまり、ビデオのサウンドをフィルタリングするゲートを作成します。

Audio Gate feature

オーディオゲートを適用するには、次の3つの理由があります:

  1. 不要な外部音を低減するために
  2. 自然なチャネルノイズを低減するために
  3. 特殊効果としてオーディオゲートを使用するために

ここでそれが動作する方法です。ゲートは、いくつかのパラメータを設定することによって制御されます:

  • スレッショルド。ゲートが開いたり閉じたりするデシベルレベルです。ゲートを開くには、スレッショルドが高ければ高いほど、音が大きくて、信号が強くなります。

    Threshold settings

  • アタック。ゲートの開閉速度を制御し、打楽器のアタック時間を非常に短くします。その他すべての時間が遅いです(10ミリ秒以上)。

    Attack settings

  • リリース。リリースタイムは、自然な音の減衰の鍵です。 エレキギターでノイズを除去するには、パラメータをもっと高く設定します。

    Release settings

  • ゲインの減少。信号削減量を設定します。

    Reduction settings

  • レシオ。適用される圧縮の程度を決定します。 例えば、レシオが4:1に設定されている場合、スレッショルドを超える4dBの信号はすべて1dBに圧縮されます。

    Ratio settings

  • ニー。信号がしきい値を超えたときに、コンプレッサーがどのように応答するかを決定します。弱いニーは信号が閾値をさらに超えていくにつれてコンプレッサーを徐々に蹴り上げます。

    Knee settings

  • メイクアップ。一度処理された信号のレベルを次の段階のためのレベルに上げるコントロールです。

    Make-up gain settings

オーディオゲートを適用するプロセスを見てきたので、メディアンフィルタの仕組みを見てみましょう。

メディアンフィルタは、映像のインパルスノイズを除去するのに役立ちます。一言で言えば、これはクリックやポップのような不要で頻繁な鋭い音を除去するのに理想的です。

Median Denoise filter

  • FFTブロックサイズ。FFT(高速フーリエ変換)とは信号をいくつかの周波数成分に分解し、それにより信号に関する周波数情報を提供する重要な測定方法です。

    FFT block size parameter

  • ウィンドウのタイプ。時間データ上でフーリエ変換を実行し、周波数領域に変換するときに、スペクトル漏れを低減するために使用されるいくつかの異なるタイプのウィンドウがあります。

    Window type parameter

  • オーバーラップモード。この設定は、次のトレースに再利用されるFFTサイズブロックのデータポイントの割合を決定します。オーバーラップ処理を使用して、周波数軸と時間軸の両方で高解像度を提供することができます。

    Overlap mode parameter

  • オーバーラップ係数。オーバーラップ係数が高くて、FFTブロックサイズが小さいと時間分解能が最も高くなりますが、データファイルの処理に時間がかかります。

    Overlap coefficient parameter

うまくいけば、これは役に立ちました。圧倒的に見えるかもしれませんが、始めると、ノイズリダクションが本当にどのくらい速くて簡単であるかを知ることができます。

VSDC無料動画編集をダウンロードするには、ここをクリックしてください - www.videosoftdev.com/jp/free-video-editor/download

YouTubeチャンネルで素晴らしいチュートリアルを探します - www.youtube.com/user/FlashIntegro/videos

VSDC無料動画編集でオーディオスペクトラムを使用する方法

VSDCのYouTubeチャンネルで最も人気のある要求の1つは、長い間にオーディオスペクトラムビジュアライザーでした。これは、サウンドトラックをアニメーション化するのに役立つ便利なツールであり、歌詞ビデオ、オンラインラジオ放送、またはその他の音楽関連プロジェクトに使用できます。

VSDCツールセットにオーディオスペクトラムを追加してから数年が経ちました。これを使用してできることは次のとおりです:

  • 線形オーディオスペクトラムを作成する
  • 抽象的なオーディオの視覚化を作成する
  • 円形のオーディオスペクトラムを作成する

また、VSDCはフル機能のビデオエディタであるため、タイトル、歌詞、雨滴や霧のガラスなどのスタイリッシュな効果を追加できます。さらに、VSDCオーディオビジュアライザーで利用できる500以上の素晴らしいプリセットがあります。 独自のミュージックビデオを作成し、必要に応じてアニメーションをカスタマイズできます。

VSDC無料動画編集をダウンロードします

この記事では、VSDCのオーディオビジュアライザを使用して最初のサウンドアニメーションを作成する方法について説明していただきます。乞うご期待!

VSDCでオーディオスペクトラムビジュアライザーを使用する方法

基本的なオーディオスペクトラムを作成するには、以下の手順に従います:

  1. ファイルをVSDCにインポートします。サウンド付きのビデオファイルまたは別のオーディオファイルにすることができます。
  2. 左側のツールバーで「オーディオ抽象化」アイコンを見つけてクリックします(下の図を参照)。次に、「スペクトラム」を選択します。Spectrum
  3. さて、ビデオファイルのオーディオトラックを視覚化したいですか?その場合は、「スペクトラム」を選択すると、ポップアップするエクスプローラーウィンドウを閉じるだけです。パソコンにある外部サウンドトラックを視覚化したい場合に使用します。これについては後で説明します。
  4. 次のウィンドウで、オブジェクトの位置について尋ねられます。スペクトラムを動画の先頭から表示するか、カーソル位置から表示するか(動画の先頭に配置されていない場合)を決定し、「OK」をクリックします。
  5. シーンの任意の場所をクリックし、左ボタンを押したままマウスをドラッグして、オーディオスペクトラムをシーンに配置します。いつでも移動したりサイズを変更したりできます。audio spectrum on the scene
  6. 次に、ダッシュボードの右側にある「プロパティ」ウィンドウタブを開き、「オーディオオブジェクト」設定まで下にスクロールして、「リソース」 - 「シーン上のオブジェクト」を選択します。 「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、オーディオスペクトルオブジェクトを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  7. 最後に、下にある「オーディオ」フィールドで、サウンドを視覚化するファイルを選択します。たとえば、動画の音声の場合、ビデオファイル名がドロップダウンメニューに表示されます。

これらの操作を実行したら、「プレビュー」ボタンをクリックして、再生中のオーディオスペクトラムビジュアライザの外観を確認します。デフォルトのスタイルと色はすでに事前設定されていることに注意してください。以下では、オーディオスペクトラムを円または抽象化に変換する方法を示します。さらに、スペクトラムのスタイルと色の変更についても説明します。

円形のオーディオスペクトラムを作成する方法

基本的なオーディオスペクトラムを作成する方法がわかったので、新たな工夫を加えましょう。たとえば、それを円に変えたいとしましょう。 方法は次のとおりです:

  1. 手順1〜7に従って、線形オーディオスペクトラムビジュアライザーを作成します。
  2. シーンでスペクトラムオブジェクトがまだ選択されていることを確認し、「動画エフェクト」メニューに移動します。 「変換 –>「歪み」を選択します。
  3. 「プロパティ」ウィンドウで、「種類」というタイトルのドロップダウンメニューを見つけて、「極座標」を選択します。

サークルオーディオスペクトラムを作成すると、そのサイズ、半径、角度などを変更できるようになります。以下のビデオチュートリアルを見て、利用可能なオプションを確認することをお勧めします。

オーディオビジュアライザのスタイルや色を変更する方法

線形か円形かに関係なく、スペクトラムを変更するには、オーディオスペクトラム設定を使用して「プロパティ」ウィンドウに戻ります。

  1. 「オーディオスペクトラムの設定」メニューを探します。
  2. グラデーションのあるピーク、ダッシュ、線、ぼかし付きの線を選択して、スペクトラムの種類を調整します。
  3. 色のテーマを変更するには、各色の前にある「…」またはスポイトツールをクリックします。
  4. 開始色中間色終了色をダブルクリックして不透明度を変更することもできます。不透明度が低いほど、オーディオスペクトラム画質透明になります。
  5. 「プレビュー」ボタンを使用して、変更がどのように適用されるかを確認します。

visualize the sound from

抽象化スタイルのオーディオビジュアライザを作成する方法

スペクトラムの他には、音波を視覚化する2番目の方法があります。これは「オーディオ抽象化」と呼ばれています。 このオブジェクトを作成するには、この記事の最初から手順1〜5を繰り返します。唯一の違いは、左側のツールバーの「オーディオ抽象化」アイコンをクリックし、「オーディオ抽象」を選択することです。右側の「プロパティ」ウィンドウでオーディオリソースを選択してから、必要に応じてオブジェクトのサイズを調整します。

select the audio source

第三者のオーディオトラックを視覚化する方法

これまでのところ、アップロードしたビデオ(またはオーディオ)ファイルのサウンドをタイムライン上で視覚化する方法を説明しました。ただし、サードパーティのオーディオトラックのスペクトルを作成してクリップに追加してほしいでしょう。あなたもそれをすることができますが、ここにどのようにです。

「オーディオ抽象化」のアイコンをクリックし、必要なオプション(「スペクトラム」または「オーディオ抽象」)を選択したら、ポップアップ表示されるエクスプローラを使用して、視覚化したいパソコン上のオーディオを選択します。次に、マウスを使用してスペクトラムのボックスをシーンに配置し、希望のサイズに拡大します。

スペクトラムについては、上記のようにアニメーションタイプを選択できます。抽象化のために、利用可能な何百ものプリセットがあります。チェックアウトするには、「プロパティ」ウィンドウに移動し、「オーディオ抽象の設定」までスクロールします。

Audio abstraction

さあ、VSDCの無料のオーディオビジュアライザーを試してみましょう!

ここには、興味を持つかもしれないもう3つのチュートリアルがあります:

3分以内にテキストマスクを作成する方法

動画の背景をすばやく削除する方法

動画をクロップする方法

私たちのYouTubeチャンネルで、より素晴らしいチュートリアルを検索できます。


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

News

VSDC 9.2: AIセグメンテーションモデル、300以上の新しいトランジション、VSDCクラウド、新しいテンプレートコレクション

VSDC 9.2が登場し、画期的な機能を提供します。たとえば、新しいAIによるセグメンテーションツールは、正確なオブジェクト除去を可能にし、色補正を強化し、ビデオを向上させるための多くの効果を提供します。さらに、VSDCクラウドサービスを紹介します。これはメディアファイルとプロジェクトを保存および共有するためのサービスです。...

白黒映画はどのようにカラー化されたか

古典的な白黒映画のファンですか?もしカラー化されたらどのように見えるのか、気になったことはありませんか?多くの映画人が同じことを考え、数々の名作映画がカラー化された。何年もの間、モノクロ映画に色をつける技術は格段に進歩し、手作業で各フレームを塗りつぶす方法から、各ピクセルに自動的に色をつける最先端のソフトウェアを使用するようになり、プロセスは大幅にスピードアップしました。今日は、カラー化がどのように行われるかを見て、私たちがとても楽しんでいる昨日の白黒映画が、どのように完全で鮮やかなカラーに生まれ変わるかを探求し、

トランジションの新しい追加方法、RAWおよびBRAWファイルのサポート、無料のオーディオビジュアライゼーション

時が来ました: VSDC 9.1の待望のアップデートをご紹介できることを嬉しく思います!新バージョンの改善された機能は、ビデオ編集を加速し、編集プロセスをさらに快適にします。...

VSDC 8.3 - 100以上の新しいテンプレート、キーエディタウィンドウ、AV1および強化されたグラフィカルユーザインタフェース

VSDC最新バージョン8.3へようこそ!100種類以上の新鮮な無料ビデオテンプレート、待望のキーフレーム編集用のキーエディタウィンドウ、AV1エンコーディング、より良いナビゲーションと編集の旅をアップグレードするための強化されたグラフィカルユーザインターフェイスなど、エキサイティングな機能を発見していただけるよう、私たちは懸命に働いてきました。 VSDC...

2024 年の無料ビデオ編集: お金をかけずに 創造性を解き放つ

今日のデジタル世界では、 創造性が最高の地位を占めています。 個人やブランドが視聴者を魅了し、 永続的な印象を残す無限の可能性を提供します。...

2023年のベストオンラインビデオエディター:利点と欠点

現在、ビデオコンテンツの人気は高まっており、多くのユーザーが個人的およびプロの目的でビデオクリップを作成する必要に直面しています。市場が提供する多くの選択肢から適切なビデオエディターを選ぶ際、多くのユーザーは無料のオンラインビデオエディターに優先を与えています。これらのエディターはリアルタイムでメディアファイルを操作でき、デスクトップの代替とは異なり、PCの内部リソースを必要とせず、ほとんどのデバイスで利用できます。 しかし、オンラインビデオエディタには世界中で隠された落とし穴があるのでしょうか? 私たちのチームは、3つのベストオンラインビデオエディタを集め、その機能をテストし、データの転送と保存の条件を調査し、今ではその経験を共有する用意ができています。 Clipchamp Clipchampは、ビデオ編集のためのウェブプラットフォームで、ユーザーが編集の経験がなくてもビデオを作成および処理できるものです。Clipchampは、ソーシャルメディア向けに調整された多くのプリセットテンプレートを提供し、ゲームコンテンツや広告素材の作成に優れています。このオンラインエディターは、プロフェッショナルからビデオ編集の手法を探している初心者まで、シンプルで使いやすいツールとして適しています。 Clipchampの基本的な編集ツールは、シーンの隣に便利に配置されており、ビデオフレームのトリミング、シーンのパラメータに合わせたサイズの調整、画像の断片化、またはクリック一つで回転などができます。シーンのサイズはリストから選択できますが、デフォルトではプログラムはアップロードされたビデオに基づいてシーンのパラメータを設定します。 さらに、Clipchampには、基本的なカラーコレクションのツールセットがあり、露出、コントラスト、彩度、温度のパラメータを含んでいます。このプログラムは透明度と重ね合わせモードにも対応し、さまざまなアニメーションテンプレート、多数のフォント、ストックビデオ、オーディオファイルを提供し、フレーム間のトランジションの作成やブランドロゴの追加など、プロフェッショナルなビデオを作成するのに役立ちます。 すべてのテンプレートはすでに使用準備が整っており、ダイナミックな開始画面、スムーズなトランジション、または単純なフェードが必要な場合、該当するテンプレートを選んでタイムラインに追加し、カスタマイズを行うだけです。ただし、魅力的なオプションの多くはプレミアムアイコンで表示され、料金が必要です。 С...

フリー3Dアニメーションソフト6選

く、ショットの構成、ゲームエンジン、レンダラー、アニメーションソフトウェアに関する深い理解も必要とする、現代アートにおいて最も要求の高いスキルの1つです。 この記事では、Windowsと互換性のある、初心者からプロまで使える無料の3Dアニメーション・ソフトウェアを6つ紹介します。これらのプログラムは、高品質な機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えており、これからアニメーションを始める方にとって理想的です。もちろん、...

VSDC 8.2 - プロキシファイルのサポート、カラーキーフレーム、ベクタースコープ

VSDC 8.2 ビデオエディタの待望のアップデ ー トをご紹介します。 過去数ヶ月間、 私たちのチ ー ムはエディタの機能と使いやすさの拡大に積極的に取り組んできました。 Meet...

VSDC 8.1版はマルチカム、 曲線オブジェクト、 スクロール文字効果などをもたらします

VSDC 8.1 版を紹介できることを嬉しく思います。 新しいバージョンは、 主にプロのビデオグラファー、 グラフィックデザイナー、 アーティストを対象としていますが、...

VSDC 7.2版はその色補正ツ ールセットを次のレベルに引き上げます (さらに、その他の更新)

VSDC チームにとってまたし ても生産的な数か月でした。 動画編集スイートの新バージョンである VSDC 7.2 版のリリースを発表できることを嬉しく思います。 更新の大部分は色補正ツールセットのカテゴリに分類されますが、...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends