動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

How to Work with Video Subtitles in VSDC

Subtitles are an easy way to make your videos more accessible – especially if you’re publishing content for a wide audience on social media. VSDC Video Editor allows you to add subtitles to your footage for free, or even manually create them right in the program if you don’t have the transcript.

In the tutorial below, we’ll walk you through the process of adding subtitles to the video, explain how to use markers for synchronizing subtitles with narration, and show you how to adjust the look of the subtitles using a basic text formatting menu.

Feel free to watch the video tutorial first, and then jump to the text version.

DOWNLOAD VSDC 7.1

Step 1. Add or create subtitles

First things first, add your footage and subtitles to the scene. To add the footage, use the Import content button on the start screen. To add the subtitles, you can use two options, depending on whether you have a premade subtitle file or not.

If you have an .srt file with subtitles

Importing a transcript file to VSDC is the easiest way to create subtitles. However, for the program to recognize the file, it has to be in .srt format.

You can create .srt files using the Notepad text editor or dedicated freeware, such as Open Subtitle Editor or Jubler. If you’re downloading subtitles from YouTube, the text file will be already in the .srt format.

So, if you have the file ready, hit the CC button on the left-hand side and proceed to upload the subtitles.

Add subtitles from menu

In the pop-up Object position settings window, click OK and then select the place for the subtitles on the scene. Once you do that, the file will instantly appear on the timeline, and the subtitles will start displaying.

If you don’t have an .srt file with subtitles

If you don’t have the file ready, you can create subtitles right in the program. Just hit the CC button on the left, select Cancel when the program suggests uploading a file, and hit OK in the Object position settings window. Then manually select the place for subtitles on the scene and hit Edit subtitles.

From there, you’ll need to manually add subtitles, phrase by phrase, using the following format:

1 00:00:06,107 --> 00:00:08,534 Subtitle text

2 00:00:10,234 --> 00:00:18,530 Subtitle text

The first line indicates the subtitle order number. The second line contains the exact moments when the subtitle appears on the screen and disappears from it. The third line contains the actual text of the subtitle. Keep in mind that if you decide to prepare a transcript file in advance, you’ll have to follow the same format.

Step 2. Add subtitle markup and adjust it, if needed

To make working with subtitles easier, VSDC brings the subtitle markup feature. This feature adds markers to the subtitles file on the timeline to indicate the beginning of each subtitle. The markup comes in handy when you need to synchronize a video, sound, or effect with the narration.

To activate the markup feature, select the subtitles on the timeline and go to the Properties window on the right. Then hit Add markers. This is what the result will look like:

Add subtitles markers

Adjust markers’ position

If you’ve noticed that the subtitles in the video are displayed with the wrong timing, or the text is off, head over to the Edit subtitles menu on the right.

Create subtitles

To change the text, select the incorrect piece and start typing over. To change the timing, find the moments it should appear and disappear (use the top left corner of the timeline for that) and adjust the time stamps in the editor accordingly.

Make sure you always stick to the default timing format when adjusting the timestamps: XX:XX:XX,XXX → XX:XX:XX,XXX. Otherwise, the subtitles won’t be displayed.

Once finished, click OK and hit the Add markers button once again – to reflect the latest adjustments.

Set up the appearance of individual markers

In addition to changing the position of the markers on the timeline, you can also change their colors and add tooltips to selected markers. To get started, double-click on the layers with subtitles; then double-click the marker you’d like to work with to open its settings.

Change the color of the marker

Using the Marker settings window, you can do the following:

  • Name the marker
  • Add a comment to the marker
  • Change the color of the marker
  • Change the marker type
  • Change the marker visibility
  • The first three options allow you to make markers more informative. For example, the name of the marker and the comments will be visible if you hover over it on the timeline (to make the name visible at all times, check the box saying Show name in timeline). If you change the color of the marker, it will be visible on all timeline layers, at all times.

    Name of the marker and the comments

    The next option in the menu, called Marker type, allows you to use selected markers for splitting the video into parts. For instance, if you switch from Comment marker to Segmentation marker and proceed to export your video, you can select the “Split by markers” checkbox and the project will be saved into multiple videos, based on the number of segmentation markers you’ve created.

    Split by markers

    Finally, the marker editing menu allows you to set Visibility area. Visibility area defines the levels on the timeline where the marker (along with its name and comments) will be visible.

    There are three visibility levels you can choose from:

  • Visible on all scopes – the marker will be visible on all timeline levels
  • Visible in self scope and child object – the marker will be visible on the current level and all levels below
  • Visible only in self scope – the marker will only be visible on the current level
  • For example, if you make the marker visible above the timeline on all scopes, you can go back to the main timeline tab and view it there.

    Create markup will only be visible on the subtitle layer

    Meanwhile, with the other two options, the markup will only be visible on the subtitle layer.

    Step 3. Format the subtitles

    Now that you know how to create subtitles for your videos and how to work with the markup, let’s see how you can adjust subtitle text formatting. For example, you can adapt the size of subtitles to the width of the video, change text color, font, alignment, and other parameters. You can also add a background to the text and select its color!

    Feel free to play around to achieve the desired look of the subtitles.

    It’s time to start adding subtitles to all your videos

    We can’t stress this enough, but having good-quality subtitles is essential. Subtitles make your videos accessible to hearing-impaired viewers, help you deliver your message to those watching videos without sound, and overall show that you care about your audience. If you create content for social media or for a wide offline audience, subtitles should be an integral part of your videos. And the best part? With VSDC, you can add them to your videos for free.

    Have any questions? Feel free to email us at このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 or DM us on Facebook.

     


    You can get more information about the program on Free Video Editor description page.

    動画にマトリックススタイルの落下するコード効果を作成する方法

    私たちのように、マトリックストリロジーのファンなら、落下するコードの効果がVSDC動画編集のプレミアム版で利用できるようになったと聞いてワクワクするでしょう。既製のオーバーレイとは異なり、効果は簡単にカスタマイズできるため、必要に応じて外観を調整できます。たとえば、文字からルーンに切り替えたり、コードの色、落下する記号のサイズと速度、さらには落下する深さを変更したりできます。

    このチュートリアルでは、マトリックス効果を数分以内に動画に追加する方法を説明します。動画編集やコーディングの経験は必要ありません。最初にビデオチュートリアルを確認し、以下のテキストバージョンにジャンプして、より詳細な設定の説明を確認してください。

    VSDCをダウンロード

    ステップ1。フッテージをシーンにインポートします

    VSDCを初めて使用する場合、フッテージをシーンにインポートする最良の方法は、スタート画面の「コンテンツのインポート」ボタンを使用し、ポップアップヘルププロンプトに従うことです。

    Import content

    このようにして、エディターは、動画と同じサイズ、アスペクト比、fpsレートでプロジェクトを作成します。ファイルをインポートすると、動画がタイムラインに自動的に表示されるため、すぐに編集を開始できます。

    ステップ2。落下するコード効果を動画に追加します

    動画にマトリックス効果を追加するには、テンプレートウィンドウに移動して「マトリックス」と入力します。エフェクトにはいくつかのプリセットが付属していますが、このチュートリアルでは、デフォルトの構成を使用し、後でプリセットを切り替える方法を示します。

    Template window and type Matrix

    マトリックス効果をシーンにドラッグして、結果をプレビューします。これは、落下するコード効果のデフォルトバージョンであり、問題ない場合は、そのままにしてエクスポートに進んでください。同じ効果を動画、画像、シェイプまたは文字に適用できることに注意してください。

    次のセクションでは、落下するコードのプリセットとカスタマイズオプションについて説明します。

    ステップ3。効果をカスタマイズします

    効果設定メニューを開くには、タイムライン上のフッテージをダブルクリックします。 次に、エフェクトのあるレイヤー(「マトリックス」と呼ばれます)を選択し、右側の「プロパティ」ウィンドウに進みます。

    Dropdown menu in the Properties window

    プロパティウィンドウが見つからない場合は、エフェクトレイヤーを右クリックして、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。そこから、実験するためのツールがたくさんあります。一部のパラメーターを使用すると、エフェクトの全体的な外観を変更できます。 その他の方法では、シンボルの外観をカスタマイズできます。前者の設定グループから始めます。

    別のプリセットを試します

    さまざまなスタイルをすばやく試したい場合は、エフェクトプリセットが便利です。たとえば、落下するコードを白黒にしたり、虹色にペイントしたりできます。プリセットは、「プロパティ」ウィンドウのドロップダウンメニューから利用できます。それらを自由に切り替えて、どのように見えるかを確認してください。

    使用するプリセットに関係なく、シンボルのサイズ、落下速度や変化する速度、色、輝度をカスタマイズできます。すぐに各パラメータを見ていきます。

    効果の不透明度を調整します

    プリセットメニューとは別に、調整設定には透明度と呼ばれる重要なパラメータが含まれています。このパラメーターは、エフェクトの可視性を変更するのに役立ちます。 デフォルトでは、最大の可視性である100%に設定されています。値を小さくすると、落下するコードの行の不透明度が低くなります。

    VSDCの優れた点は、一定の透明度値を設定したり、「初期値」と「最終値」オプションを使用して、時間の経過とともに徐々に変化させたりできることです。たとえば、初期値を0%に設定し、最終値を100%のままにすると、効果は完全に透明から可視に徐々に変化します:

    VSDCの他の多くのエフェクトパラメーターでは、初期値と最終値を設定できることに注意してください。それらの動作は毎回同じです。前者はエフェクトの開始時にパラメーター値を定義し、後者はエフェクトの終了時にパラメーター値を定義します。

    ミックスモードを切り替えます

    エフェクトの全体的な外観を変更する最後のパラメーターはミックスモードと呼ばれ、設定のマトリックスの効果グループに直接配置されます。ミックスモードは、落下するコードが動画または画像とどのようにブレンドされるかを定義します。たとえば、デフォルトでは、落下するコード効果はオーバーレイとして機能します。

    すべてのモードをプレビューするには、ドロップダウンメニューを開き、1つずつ選択します:

    ここで、シンボルを直接変更する方法について説明する前に、このエフェクトでシンボルをレイヤー化する方法について説明しましょう。

    レイヤーを理解します

    まだ気付いていないかもしれませんが、コードの一部の行がシーンの前景(レイヤー1)、中景(レイヤー2)、背景(レイヤー3)に落ちています。これらのレイヤーを分解し、選択したレイヤーの落下するシンボルをカスタマイズすることができます。または、任意のレイヤーから完全に削除することもできます。

    たとえば、背景と中景から落下するコードを徐々に削除すると、次のような効果が得られます:

    レイヤーは、深さを実現するのに役立ちます。特に、更に努力して、レイヤーごとにシンボルを異なる方法で調整する場合はそうです。

    このチュートリアルでは、レイヤー1のみを使用しますが、3つのレイヤーすべてのパラメーターが同じであることに注意してください。

    セルの高さと幅

    レイヤー1を使用する」メニューを展開すると、最初の2つのパラメーターは「セル幅」と「セル高さ」と呼ばれます。基本的に、これらのパラメーターの値は、水平方向(幅)と垂直方向(高さ)に配置されるシンボルセルの数を定義します。

    セルの幅と高さの値を増減した場合の効果の例を次に示します。

    これらのパラメーターに設定できる最小値は1です。 最大値は1024です。

    シンボル種類

    次のパラメータはシンボル種類と呼ばれ、アルファベットとルーン文字を切り替えることができます。上の図では、両方のオプションを使用しているので、おそらくこれでアイデアが浮かびます。

    効果を遅らせる

    このオプションはデフォルトで「真」に設定されています。これは、元の映画のイントロのように、落下するコード効果が上から徐々に現れ始めることを意味します。このオプションを「偽」に切り替えると、コード行がすぐに表示されます。

    シンボルの最大の強調表示

    このパラメーターは、同時に強調表示される落下コードの数を定義します。ここでの最小値は0で、最大値は1024です。明らかに、このパラメーターの値を選択するときは、シンボルの数(セルの幅と高さで定義)を覚えておく必要があります。

    ゼロから始めて、強調表示されたシンボルの数を徐々に増やした場合の効果は次のようになります:

    強調表示しないと(値として0を入力した場合)、シンボルは表示されないことに注意してください。初期値と最終値を使用して、時間の経過とともにハイライトを徐々に増減することもできます。

    落下速度

    コードの行を遅くしたり速くしたりする場合は、このパラメーターを微調整するだけです。これは非常にわかりやすいからです。ここでのデフォルト値は100%ですが、10%から10000%までの任意の値を設定できます。

    シンボル変更率

    シンボル変更率は、セル内でシンボルが変更される速度を定義します。このパラメーターのデフォルトは100%で、初期値と最終値を使用して、エフェクトをより動的にすることができます。

    輝度

    輝度パラメータを使用して、コードのシンボルを明るくしたり暗くしたりします。このパラメータの値の範囲は-1000〜1000で、再生中に動的に変更できます。

    色と不透明度

    最後に、選択したレイヤーの落下するコードの色を変更したり、シンボルの不透明度を調整したりすることもできます。パレットから目的の色を選択するか、スポイトツールを使用して動画から色を選択するだけです。

    結果に満足したら、「エクスポート」タブに移動し、「プロジェクトのエクスポート」に進みます。そこから、動画の対象となるソーシャルメディアプラットフォームを選択し、必要に応じて画質設定を調整できます。

    動画のマトリックス効果でクリエイティブになりましょう

    VSDC 7.1版以降を使用している場合、マトリックス効果は「動画エフェクト」メニューですでに利用可能です。自分で試してみてください。落下するコードは、シーン全体、または画像、タイトル、さらにはマスクなどの別のオブジェクトに適用できることを忘れないでください。ユニークなシネマグラフ、壮大なトランジション、クリエイティブなオーバーレイを作成するために使用します。

    VSDC動画編集をダウンロード

     

    質問がありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールを送信するか、FacebookでDMを送信してください。

     


    無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

    動画で文字のグリッチ効果を作成する方法

    オンラインに接続すると、グリッチのある文字効果のテンプレートを備えたソースがたくさん見つかります。ただし、テンプレートは必ずしも必要なとおりに表示されるとは限らないため、このチュートリアルでは、VSDCというWindows用の無料動画編集を使用して、ビデオ用に自分の文字のグリッチを作成する方法を示します。

    あなたが初心者であっても、心配しないでください。 これは、動画編集の経験がまったく必要ない、すばやく簡単なトリックです。効果のコツをつかんだら、それをビデオのタイトル、ロゴ、画像に適用できるようになります。最初にチュートリアルを見てから、以下のテキストの説明にジャンプしてください。これには、いくつかのアニメーションのトリックを含む拡張バージョンが含まれています。

    VSDC無料動画編集をダウンロード.

    ステップ1。シーンに文字を追加します

    コンピューターでVSDCを起動し、空のプロジェクトを作成します。次に、Shift + Tを使用してシーンに文字を追加し、上部のエディターを使用して好みに合わせてデザインします。フォント、サイズ、太さ、色、配置などを含む、文字の任意の側面を変更できることに注意してください。

    How to add a text to the scene in VSDC Video Editor

    動画の文字の長さはタイムラインに示されています。 ハンドラーを使用して手動で拡大または短縮できます。

    シーンに文字を追加する前に、上部の「オブジェクを追加」メニューを使用して背景のビデオまたは画像をインポートできます。ただし、このチュートリアルでは、これを行いません。エフェクトが完成したら、透明な背景のある文字のアニメーションとしてエクスポートし、後で他のプロジェクトのオーバーレイとして使用できるようにします。

    ステップ2。グリッチ効果を文字に適用します

    文字のスタイル設定が完了したら、タイムラインで文字をダブルクリックして、「動画エフェクト」メニューを開きます。「スペシャルFX」➝「グリッチ」に進みます。ポップアップウィンドウは、エフェクトがタイムライン上の再生ヘッドの位置から適用されることを示しています。これは、再生ヘッドがどこにあるかに基づいて、シーンに表示された瞬間から、またはその後の特定の瞬間から文字をグリッチにすることができることを意味します。

    The pop-up window indicating the effect’s location on the timeline

    「OK」を押すと、グリッチのエフェクトレイヤーがタイムラインに追加されます。右側の「プロパティ」ウィンドウに移動して、さまざまなエフェクトプリセットをプレビューし、最も気に入ったものを選択します。(「プロパティ」ウィンドウが見つからない場合は、マウスの右ボタンでエフェクトレイヤーをクリックし、メニューから「プロパティ」を選択します)。

    Glitched text effect in VSDC

    各プリセットは、異なる歪みのタイプをもたらします。 決定を下す前に、それらすべてを試してみてください。また、同じ文字に複数のプリセットを適用できることを覚えておいてください。これを行うには、Ctrl+CやCtrl + Vを使用してタイムラインにエフェクトレイヤーを複製するだけです。複製を元のファイルの下に配置し、別のプリセットを選択します。

    同じトラックに複数のグリッチプリセットを配置して、ある歪みタイプを別の歪みタイプに変えることもできます。

    グリッチ効果の強さを調整します

    プリセットは、VSDCでグリッチ効果をカスタマイズする最も簡単な方法です。ただし、より詳細なカスタマイズを実行して、必要な外観を正確に実現できます。たとえば、動画が進むにつれて歪みを徐々に強めることができます。プロパティウィンドウで「グリッチパワー」というパラメーターを展開し、「初期値」に0%と入力します(「最終値」には100%のままにします)。

    その結果、グリッチは最初は弱く、エフェクトの持続時間の終わりまでにフルパワーになります。

    同様に、透明度パラメータを使用して、最大強度を維持しながら、歪み効果をシーンに徐々に表示させることができます。他のパラメーターの詳細については、VSDCでグリッチ効果を操作する詳細なガイドをお読みください。

    ステップ3。動画の文字のグリッチをアニメーション化します

    ほとんどのクリエイターは、タイトルのイントロやキャプションに文字のグリッチを使用しています。いずれにせよ、それは通常、シーン内の文字の短い外観です。これは、グリッチ効果とは別に、アニメーションも適用したい場合があることを意味します。シンプルで本格的なイントロを作成するのに役立つ最も簡単なオプションについて話しましょう。

    文字の移動を追加します

    VSDCの無料版では、オブジェクト(この場合は文字)をポイントAからポイントBに移動させる単一ベクトルの移動パスを追加できます。たとえば、次のようにシーンの横から文字をスライドさせたいとします:

    これを行うには、シーンの外に文字を配置し、それをダブルクリックして、Shift+Mを押して移動ツールを適用します。

    How animate glitched text in VSDC

    移動の継続時間は、タイムライン上の黄色のマーカーで示されることに注意してください。マーカーがタイムラインの先頭に近ければ近いほど、移動は速くなります。この例では、移動期間は2秒で、移動が停止した後にグリッチ効果が始まります。タイムライン上の効果の持続時間と、それが表示される瞬間を手動で変更できることを忘れないでください。

    文字アニメーション効果を使します

    移動に加えて、テキスト用に特別に設計された他のアニメーション効果を検討することもできます。

    上部の「テキスト効果」メニューの下に、次のオプションがあります。

    • 色の変更 – 文字の色と不透明度のアニメーション
    • 位置のシフト – 字は事前に選択された領域からプレースホルダーにのスライド
    • グリフFX – 文字が回転またはズームイン

    それぞれの効果はカスタマイズ可能です。それらの使用方法を知りたい場合は、このガイドをお読みください。

    フェードインまたはフェードアウトトランジションを適用します

    最後に、動画内のテキストの表示または非表示をスムーズにするために、トランジションの使用を検討してください。「動画エフェクト」メニューにはたくさんありますが、このチュートリアルでは、単純なフェードアウトトランジションを使用します。

    トランジションを適用するには、メインのタイムラインタブに戻り、「動画エフェクト」➝「透明度」➝「フェードアウト」に進みます。.

    デフォルトでは、フェードアウトトランジションは文字レイヤーの最後に適用されますが、タイムライン上で手動でシフトすることもできます。

    グリッチされた文字のアニメーションをエクスポートします

    プロジェクトを保存する準備はできましたか? 次に、「プロジェクトのエクスポート」タブに移動し、目的の設定を選択します。最も人気のあるオプションは「Web」➝ 「YouTube用」ですが、目標に合ったものを自由に選択してください。

    背景を透明にしてこのアニメーションをエクスポートする必要がある場合は、「PC」→「MOV」を選択し、プレビューウィンドウの下にある「プロファイルを編集」ボタンをクリックします。次に、PNGロスレスコーデックを選択してください。

    How to export a glitched text animation with transparent background in VSDC

    このようにして、VSDC自体を含む、アルファチャネルをサポートしている任意の動画編集ソフトウェアを使用して文字のアニメーションをオーバーレイできます。

    これで終わりです!

    次のプロジェクトのアイデアをもっと探していますか? 毎週のチュートリアルのために私たちのチャンネルに登録してください。


    無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

    PC上の動画にInstagramサイズを適用する方法

    スマートフォンで動画を撮影した場合でも、公開する前にPCで編集しなければならない場合があります。これは、高度なレベルの効果を追加したり、さまざまなInstagramのビデオタイプに同じフッテージを使用したりする場合に特に役に立ちます。

    あなたを手伝うために、私たちは、VSDCというWindows用の無料動画編集ソフトを使用して、あらゆる映像を完璧なInstagramのビデオサイズに適応させるためのガイドを作成しました。VSDCは、マイナーな動画の変更だけでなく、プロの動画制作、色補正、特別なFXにも最適です。そして最も重要なことは、エクスポート後にビデオに透かしを残さないことです。

    Recommended Instagram video size for feed posts

    用の事前構成済みのプロファイルを提供するため、ビデオの幅と高さを手動で調整する必要はありません。

    先に進んで、Instagramフィード、Instagramストーリー、リール、IGTV用にビデオのサイズをすばやく変更する方法を見てみましょう。

    VSDC無料動画編集をダウンロード

    適切なInstagramのビデオサイズを適用する方法

    PCでInstagramのビデオサイズを変更する最も簡単な方法は、Instagram用の空白のプロジェクトを作成することです。このようにして、フッテージはInstagramのアスペクト比の要件に自動的に調整されます。 仕組みは次のとおりです。

    ステップ1。空のプロジェクトを作成します

    コンピューターでVSDCを起動し、「空白のプロジェクト」をクリックして、新しいカスタムサイズのプロジェクトを作成します。ポップアップ設定ウィンドウで、Instagramを選択し、「解像度」メニューを開いてオプションを確認します。

    作成している投稿のタイプに応じて、次のディメンションを考慮する必要があります。

    • Instagramフィードの動画– 4:5または1:1(最大1080x1080または1080x1350)
    • Instagramストーリー、リール、IGTV動画– 9:16(最大1080x1920)

    縦向き、正方形、横向きの3つの解像度すべてで、さまざまなオプションを使用できることに注意してください。

    完了したら、「終了」をクリックします。

    ステップ2。動画をインポートします

    シーンを開いたら、「オブジェクトを追加」メニューまたは左側のツールセットを使用してビデオをインポートします。ビデオは、前に選択した解像度内に配置されることに注意してください。これは、シーンサイズとビデオサイズの間のギャップが背景色で埋められることを意味します。

    デフォルトでは、背景色は黒ですが、最初のステップでポップアップ設定ウィンドウで変更できます。

    ステップ3。動画のサイズを変更します

    このステップで、2つのオプションがあります。 ビデオを「そのまま」(ギャップを付けて)エクスポートするか、シーンのサイズに合わせてサイズを変更できます。前者の場合は、エクスポートタブに進み、動画を保存します。 後者の場合、「クロップ」ボタンを押して「カスタム領域」を選択します。

    ポップアップウィンドウで、「シーンのアスペクト比に応じてサイズを設定する」➝「最大サイズを設定する」に進みます。サイズ変更のフレームはインタラクティブであり、フレーミングが正しいことを確認するためにフレームをシフトできることに注意してください。

    フレーミングに満足したら、「OK」をクリックします。

    ステップ4。動画をエクスポートします

    ビデオをエクスポートする準備ができたら、「プロジェクトのエクスポート」タブに移動し、「プロジェクトのエクスポート」をクリックして変換を開始します。プロジェクトのパラメータがすでに選択されていることに注意してください。これは、最初に設定したプロファイル構成です。ただし、ドロップダウンメニューのオプションを使用してプロファイルを調整することはできます。

    以上です! このようにして、Instagramフィード、ストーリー、IGTV、リール用に動画のサイズをすばやく変更できます。

    Instagramのおすすめの動画設定は何ですか?

    すべてのInstagram動画の一般的な要件は次のとおりです:

    • MP4形式(MPEG-4とも呼ばれます)
    • H.264コーデック
    • 30 fps(1 秒あたりのフレーム数)
    • 最大幅1080px

    より低い600px幅の解像度でもかまいませんが、もちろん、視聴者の視聴体験が悪化します。Instagramは最も視覚的なソーシャルメディアプラットフォームであり、特にブランドやブログの宣伝にInstagramを使用している場合は、画質を追求することで成果が得られることを忘れないでください。

    Instagram動画の最高のサイズとアスペクト比を得るには、いくつかのオプションがあります。

    通常のフィード投稿なら、1.91:1(横向きのモード)から4:5(縦向きのモード)までの任意のアスペクト比を使用できます。明らかに、後者はスマートフォンの画面上でより多くのスペースを必要とするため、フォロワーの注意を引きたい場合はより効率的です。ここでの最高のInstagramのビデオサイズは、1080x1350及び864x1080ピクセルになります。ただし、ビデオの撮影に垂直モードを使用しなかった場合は、古き良き正方形のアスペクト比(1:1)を選択した方がよいかもしれません。その場合は、1080x1080が最適です。

    ストーリーリールなら、理想的なアスペクト比は9:16または1080x1920ピクセルです。これは垂直のみのスペースであり、理想的には、動画を本物のように見せるために縦向きモードで撮影する必要があります。

    最後に、IGTVなら、アスペクト比が9:16の横向きの動画、またはアスペクト比が16:9の水な動画のいずれかをアップロードできます。ただし、IGTV動画がフィードで視聴されると、ポートレートモードで読み込まれるため、縦方向が再び優先されることに注意してください。

    ボーナス。 Instagram用に動画をすばやく部分にカットする方法

    動画が許可されている最大値よりも長い場合は、目的の長さの部分にビデオファイルをすばやく分割できます。これは、Instagramストーリーまたはカルーセルの一連の動画を公開する予定がある場合に特に関係があります。

    エクスポートする前にファイルを分割する最も簡単な方法は、マーカーを使用することです。「エディタ」タブで、ファイルを分割する場所に再生ヘッドを配置し、マーカーツールを選択します。ポップアップウィンドウで、セグメント化のマーカーに切り替えて、「OK」をクリックします。

    同じ手順に従って、必要な数のマーカーを作成します。準備ができたら、「プロジェクトのエクスポート」タブに切り替えて、「追加設定」を開きます。「マーカーで」チェックボックスをオンにし、「シーンをシングルに結合」チェックボックスをオフにします。

    プロジェクトのエクスポートに進みます。 動画は、作成したマーカーに基づいて複数のファイルに保存されます。デスクトップからInstagramに動画をアップロードできるようになったので、ブラウザでアカウントを開いてファイルをアップロードするだけです。

    Instagram動画を公開するための最後のヒント

    サイズとフレーミングを理解している限り、適切なInstagram動画のサイズを適用するのはそれほど難しいことではありません。コンテンツの操作に進む前の最終的な推奨事項は次のとおりです:

    • 動画がMP4形式であることを確認してください。 別の形式の場合は、ビデオコンバーターを使用してください。
    • Instagramが動画の画質を圧縮する可能性があることに注意してください。 最高の画質を維持するには、カメラの設定に注意を払い、ロスレスファイル転送ソリューションを使用してください。
    • 該当する場合は字幕を使用してください。 ほとんどの人は音声をオフにしてフィードをスクロールするので、メッセージをミュートしたときにメッセージの明瞭さが失われた場合は、文字を挿入してください。

    最後に、Instagramの投稿をスケジュールするためにソーシャルメディア管理ソフトウェアを使用することを検討してください。時間を節約できるだけでなく、デスクトップから簡単に投稿することもできます。ソーシャルメディア管理ツールについて聞いたことがない場合は、BufferHootsuiteを開始するのに最適なツールです。

    ビデオサイズの調整について質問がありますか? Facebookページからメッセージを送信するか、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までお問い合わせください。


    無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

    動画でゴッドレイ効果を適用する方法

    薄明光線とも呼ばれるゴッドレイは、直接光が雲の切れ間や穴のある表面を漏れるときに自然界で見られる美しい錯覚です。それらのボリュームと形状のために、光線は、空からまっすぐに来る松明または柱に似ています。したがって、芸術的効果の名前です。

    ビデオにゴッドレイ効果を追加したい場合、VSDCプロは数分以内にそれを達成するのに役立ちます。このエフェクトは、タイトル、シェイプ、ロゴ、背景が透明な画像などの追加されたオブジェクトや動画で使用できます。ただし、最も重要なのは、光源がシーン内を移動しているように、エフェクトを動的にすることができることです。

    これは次のようになります:

    以下のチュートリアルでは、効果設定について説明し、光線の長さ、輝度、色を変更する方法を示します。さらに、効果の強さを時間の経過とともに徐々に増減することで、見事な外観を実現する方法を学びます。

    始める前に、VSDC動画編集の最新版をダウンロードしてください。

    オブジェクトにゴッドレイ効果を適用します

    このチュートリアルでは、文字に効果を適用しますが、他の画像やビデオファイルの操作の原則はまったく同じです。

    手始めに、エディターにメディアファイルをインポートするか、空白のプロジェクトを作成して、シーンにオブジェクトを追加します。マウスの右ボタンを使用してオブジェクトをクリックし、「動画エフェクト」に進みます。「自然」-「ゴッドレイ」を選択します。

    選択すると、オブジェクト位置設定ウィンドウがポップアップ表示され、カーソル位置からファイルにエフェクトが適用されることが示されます。後で、エフェクトの持続時間を手動で変更し、必要に応じてタイムライン上の位置をシフトすることができます。

     

    プロパティウィンドウにアクセスします

    エフェクトを適用するとすぐに、「ゴッドレイ」レイヤーが配置されているタイムラインの2番目のタブが表示されます。マウスの右ボタンでクリックし、「プロパティ」を選択します。効果設定を含む「プロパティ」ウィンドウが右側からスライドインします。

    「プロパティ」ウィンドウには、次の3つの設定グループが含まれています:

    • 共通設定
    • 調整設定
    • ゴッドレイ設定

    各グループでは、さまざまなレベルで効果を微調整できます。各レベルで何ができるかをさらに詳しく見ていきましょう。

    共通設定の概要

    最初のグループは「共通設定」と呼ばれ、次のことを実行できます:

    • タイムライン上のレイヤー名を変更します
    • 正確な秒またはフレームを入力して、効果がシーンに表示される瞬間を設定します
    • 正確な秒数またはフレーム数を入力して、効果の持続時間を定義します

    エフェクトのデフォルト設定に満足している場合は、このグループをスキップして次のグループに進んでください。

    調整設定の概要

    2番目のグループは「調整設定」と呼ばれます。エフェクトの透明度のレベルを変更したり、エフェクト領域の境界を拡張したり、プリセットを選択したりできます。

    透明度パラメーターは、効果の可視性のレベルを定義します。透明度の値が高ければ高いほど、効果が目に見えます。初期値や最終値と呼ばれるパラメータを使用して、一定の透明度値を設定するか、時間の経過とともに変化させることができます。それがどのように見えるかを理解するために、以下は透明度が0%から100%まで徐々に増加することです。

    グループ内の次のパラメータは「境界を拡張する」と呼ばれ、アイコン、文字、画像など、シーンサイズよりも小さいオブジェクトにゴッドレイ効果を適用する場合にのみ変更するのが理にかなっています。

    デフォルトでは、光線の長さはオブジェクトの境界線によって定義されます。たとえば、文字に適用する場合は、文字が配置されているフレームについて話します。このように、「境界を拡張する」パラメータが無効になっている(偽に設定されている)場合、光線はフレームによってカットされます。「境界を拡張する」パラメータが有効化になっている(真に設定されている)場合、光線は自然な長さに拡張されます。

    最後に、グループの3番目のパラメーターを使用すると、メニューからエフェクトプリセットの1つを選択できます。手動セットアップを続行するには、「カスタム」オプションを選択したままにします。

    ゴッドレイ設定の概要

    設定の最後のグループは、効果のより正確なカスタムの外観を実現するのに役立つように設計されています。各パラメータの意味と、それが光線の全体的な外観をどのように変化させるかを示します。

    極座標

    最初のパラメータは「極座標」と呼ばれ、光源が動き回る動的な効果を作成する場合にのみ注意を払う必要があります。極座標モードをアクティブにしたままにすると(真に設定されている)、光源を極座標系の周りで移動させることができます。

    モードを有効化にすると(偽に設定されている)、光源をXY座標系の周りで移動させることができます。

    どちらの場合も、光源の動きを模倣するには、パラメータを展開し、座標の初期値と最終値を入力する必要があります。たとえば、極座標系を使用している場合は、効果の開始と終了の光源の角度とオブジェクトからの距離を入力できます。これをすると、上記のように、エフェクトの持続時間全体にわたって、光源が最初のポイントから最後のポイントに移動します。

    同様に、XY座標系を使用している場合は、エフェクトの開始と終了のXY座標を設定できます。

    中央を表示/非表示

    エフェクトの位置を一定に保ちたい場合は、前のパラメータを無視し、「中央を表示/非表示」ボタンをクリックしてエフェクトの中央を表示し、手動でシーンに配置します。

    ヒント:座標を使用して動的効果を作成している場合は、再生ヘッドを移動して「中央の表示/非表示」ボタンを使用することで、タイムライン上の任意の時点でその位置を確認できます。

    光強度と輝度

    光強度と輝度は、光線の外観に直接影響します。これらのパラメータ名が示すように、前者は光源の強度を定義し、後者は光の明るさを定義します。

    デフォルトでは、両方のパラメータが100%に設定され、この値を減らし始めると、エフェクトの外観が徐々に変化することがわかります。両方のパラメーターが100%から0%に変化することを確認してください。

    ご覧のとおり、光強度の場合、0%は光線が完全にないことを意味します。 一方、輝度の場合、0%は光が完全にないことを意味します(したがって、オブジェクトが消えます)。

    モード

    モードは、光線を滑らかにし、より自然に見えるようにするのに役立ちます。2つのモードの違いを確認するには、「通常」と「スムーズ」から切り替えて、光線がどのように変化するかを確認します。

    「スムーズ」モードではもう少し多くのPCリソースが必要になるため、PCでの動作が少し遅くなる可能性があることに注意してください。

    レイの長さ

    このパラメータも自明です。 その値を変更すると、光線の長さも変更されます。

    このパラメータは光線の長さに直接影響しますが、明るさや光の強度などの他のパラメータも間接的に光線の長さに影響を与える可能性があることに注意してください。

    ノイズ強度

    ノイズ強度パラメーターは、効果にフラクタルノイズを追加し、初期値と最終値を使用して動的に設定することもできます。

    色シフト

    最後のパラメータは、ゴッドレイ効果に色のタッチを追加するように設計されています。デフォルトでは0%に設定されています。これは、光線が白色であることを意味します。色シフト値を増やし始めると、下のドロップダウンメニューで選択したチャンネル順序に基づいて、光線がどのように色を取り始めるかがわかります。

    デフォルトのチャンネル順序はRGBです。これは、エフェクトに赤、緑、青が正確にその順序で含まれることを意味します。残りのチャネルは同じロジックで省略されます。たとえば、GBRは緑、青、赤を意味します。 GBは緑と青を意味します。 Bは青を意味します。このようにして、単一の色または複数の色をエフェクトに適用できます。

    練習する時間

    ビデオでゴッドレイ効果を操作する方法がわかったので、次は練習します。 先に進んで、次のプロジェクトでそれを使用してみてください。適用は簡単で、トランジション、イントロ、アウトロに特に適しています。

    その効果について質問がありますか? このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールでお問い合わせください

    次の動画のインスピレーションをお探しですか? YouTubeチャンネルをチェックしてください。

    1 / 21 ページ

    News

    本当に無料動画編集ソフトウェア10選

    編集に何時間も費やした後、動画に透かしを見ると、いらだたしくなるかもしれません。それでも、動画編集ソフトウェア開発者の数人は、製品の無料使用を制限するためにこの慣行をまだ使用しています。もともと、透かしには何の問題もありません。プロジェクトをエクスポートした後、透かしがそこにあることがわかっている限りです。ただし、これらの透かしは意表を突く場合が多いです。 このような状況にいたクリエイターや将来にそれを避けたいクリエイターのために、透かしのない無料動画編集ソフトウェアのリストをまとめました。リストの各編集ソフトを個人的にテストして、エクスポート後に動画全体に会社のロゴが刻印されていないことを確認しました。 以下のまとめは、Windows...

    VSDC 7.1版はGUIとLUTエディターをアップグレードし、新しいエフェクトとカスタムショートカットを追加します

    VSDCの新しいバージョンには、2つの新しいビデオ効果が含まれ、LUTエディターの機能が拡張され、改善されたインターフェイス、最適化されたタイムライン及びカスタムショートカットが提供されるため、動画編集がより便利になります。 それぞれのアップデートを詳しく見ていきましょう。

    VSDCがYouTubeで10万人のチャンネル登録者を祝います

    先週、YouTubeから待望の銀の盾を受け取り、チャンネル登録者数が10万人に達しました。 ボタンは、YouTubeチームからの励ましの手紙と一緒に、きちんとしたブラックボックスに入っていました。私たちにとって、それはエキサイティングな瞬間であり、

    YouTubeクリエイター向けの 動画編集ソフトのトップ5

    成功しているコンテンツクリエーターに聞いてみると、YouTubeに最適な動画編集ソフトは1つもないと言われます。 一部の人にとっては、組み込みのYouTube...

    VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

    冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

    VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

    VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

    最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

    2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

    VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

    すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

    ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

    動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

    VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

    休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...
     

    Screen Recorder Box

    このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

    スクリーンキャプチャについて...

     

    Video Capture Box

    このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

    ビデオキャプチャーについて...


    Reviewed by


    "VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

    - PC Advisor


    "This video editor gives you tons of control and editing power"

    - CNet


    "The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

    - Digital Trends