動画編集

家族のグリーティングカードから会社のプレゼンテーションまでのどんな複雑性でも動画を作成できるように、動画編集 フリーウェアを使用しています。 カットをはじめて、動画ファイルの併合、視覚効果や効果音やフィルターや画像修正などの適用、適当なサウンドトラックの追加、スライドショーを作成できます 。動画がプロフェツショナルに見えるように、クロマキーおよび詳細設定を使用してください。 全ての人気の動画形式/音声フォーマットをサポートしています。

動画編集について...

ビデオ変換器

このプログラムは他のフォーマットにビデオを変換することに志向されます。人気のビデオフォーマットの大半をサポートしています。(読込みと保存)その上、プログラムは特定のマルチメディア装置で、例えばiPhone、 Microsoft ZuneまたはArchos、再生するためにビデオを変換するタスクを大幅な簡素化します。プログラムは非常に簡単で使用するし、モダンインターフェースがあるし、必要なビデオ処理の機能があります。

ビデオ変換器について...

オーディオ変換器

オーディオ変換器は他のフォーマットにオーディオファイルを変換します。基本的なオーディオフォーマットとコーデックをサポートしています。プログラムはプレイリストとメタタグを管理し、ビデオファイルからオーディオを抜き出して、パソコンでどんなフォーマットでもこのトラックを保存させます。

オーディオ変換器について...

オーディオCDグラバ

このオーディオツールはオーディオトラックをグラブし、ユーザーのパソコンでどんなフォーマットでも保存するように使えます。人気のビデオフォーマットとコーデックの大半をサポートしています。プログラムはまた自動のファイルのリネームし、メタタグを更新のためにFreeDBからトラックの詳細を抜き出すことができます。

オーディオCDグラバーについて...

Multifunctionality

多機能性

1つのビデオソフトウェアのスイートではマルチメディア処理ツールの広い配列があります。

High speed

高速度

シングルコアやマルチコアのCPUに最適化した高品質と高速なアルゴリズムを使用します。

Affordability

費用を負担できること

VSDCはWindows OSベースのPCとラップトップに無料でダウンロードできます。

VSDCで時間の再マッピングの使用方法

VSDCで利用可能なオブジェクト移動機能に精通している場合は、時間の再マッピングについて学ぶことにワクワクします。時間の再マッピングを使用すると、移動パスの選択した部分でオブジェクトの移動を遅くしたり、速くしたり、逆にしたりできます。その結果、次のような非常に印象的な効果を作成できるようになります:

この新機能は、VSDCプロの6.9版以降で利用できます。 以下に、その仕組みを示します。

 

VSDCで時間の再マッピングを使用する方法

現在、時間の再マッピングは移動しているオブジェクトにのみ適用できます。これには、画像、シェイプ、タイトル、アイコン、またはシーンに追加されたその他の第三者のオブジェクトが含まれます。 開始方法は次のとおりです。

 

動いているオブジェクトを作成します

オブジェクトを動画内で移動させるには、オブジェクトをシーンに追加してダブルクリックし、左側のメニューから移動アイコンを押す必要があります。次に、移動先にカーソルを置き、ベクトルを調整します。

オブジェクトの移動機能は初心者向けで簡単ですが、慣れていない場合は、詳細なガイドを用意しています。

 

時間の再マッピンググラフを開きます

移動パスを作成したら、タイムライン上の移動レイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。「プロパティ」ウィンドウで、「時間の再マッピング」を見つけ、3つの点のアイコンを押してグラフにアクセスします。

How to access the remapping graph

このグラフは、時間の経過に伴うオブジェクトの動きを示し、2つの軸がオブジェクトの2つの異なる側面を定義しています。X軸は、移動効果の持続時間を反映します。タイムラインの左側が開始で、右側が終了です。Y軸はオブジェクトの移動パスを反映します。タイムラインの下部がパスの始点で、上部が終点です。

グラフを変更することで、オブジェクトの移動の進行状況を変更できます。たとえば、オブジェクトをパスの特定の部分で遅くしたり速くしたり、反対方向に送信したりすることができます。必要なのは、適切な場所に配置された2つのキーフレームだけです。 それらを作成する方法を見てみましょう。

 

キーフレームとY軸の理解

キーフレームは、グラフ、つまり移動パスをセクションに分割して、各セクションを個別に操作できるようにするコントロールポイントです。グラフをダブルクリックするか、メニューのテンプレートを使用して、キーフレームを手動で作成できます。このチュートリアルでは、前者のオプションを使用します。

最初のキーフレーム(Y:0)は、パス上のオブジェクトの初期位置を示していることに注意してください。 最後のキーフレーム(Y:100)はパスの終わりです。

グラフが0から100まで連続的に上昇している限り、オブジェクトは、作成した移動ベクトルに従って、ポイントAからポイントBに移動します。これを元の変更されていないタイムフローと呼びます。

それでは、グラフを変更するとどうなるか見てみましょう。

Y軸はオブジェクトのタイムフローを示すことはすでに説明しました。以下は、それを元に戻す方法の簡単な図です。オブジェクトを移動ベクトルの途中まで移動させてから、同じ速度で最初のポイントに戻るとします。グラフの中央にキーフレームを作成し、最後のキーフレームを100から0にドラッグするだけです。

分解してみましょう。オブジェクトは、移動パスに沿って、作成したキーフレームであるブレークポイントまで移動していました。次に、移動を継続する代わりに、戻り始めました。上昇を続ける代わりに、グラフの2番目の部分がY:0に戻って下降するためです。これは、オブジェクトの移動パスの最初のポイントを示しています。つまり、Y軸によれば、移動経路の始点と終点が同じになります。

これは別の見方です。後続の2つのキーフレーム間の角度が0度より大きい場合、このセクションのオブジェクトのタイムフローは元の方向に進みます。

The explanation of the Y axis in the time remapping graph

たとえば、テンプレートメニューから「ジグザク」テンプレートを適用すると、シーンの両側でオブジェクトがバウンドします。

オブジェクトが動画に存在する限り、移動効果は継続することに注意してください。

 

X軸の理解

オブジェクトの時間方向がわかったので、最初から練り直し、任意の時点での移動速度を微調整する方法を見てみましょう。

オブジェクトを途中まで到達させ、1秒間減速して、少し高速で続行するとします。これを実現するには、グラフの半分を1秒過ぎたところにキーフレームを配置し、それを下にドラッグして、グラフのそのセグメントをより平坦にします。結果は次のようになります:

仕組みは次のとおりです。 キーフレームを追加すると、グラフ上に新しいセクションが作成され、キーフレームを下にドラッグすると、そのセクションの移動速度が低下します。

パスの途中でオブジェクトの速度を一時的に上げてから、残りの部分で通常の速度に戻したいとします。それは簡単です! 新しいキーフレームを目的の角度までドラッグし、その位置を中央のキーフレームと反射して、グラフ上に同じ角度を作成します。

これら2つの例からのポイントは? 後続の2つのキーフレーム間の角度は、オブジェクトの移動速度を定義します。角度が大きければ大きいほど、移動速度は速くなります。 角度が小さければ小さいほど、速度は遅くなります。

The explanation of the X axis in the time remapping graph

おめでとうございます! これで、単一の動きのベクトルアニメーションで時間の再マッピングがどのように機能するかを十分に理解できたはずです。ただし、移動パスに2つ以上のベクトルが含まれているオブジェクトが多いです。 これらの場合に時間の再マッピンググラフがどのように表示されるか、どのようにアプローチする必要があるかを見てみましょう。

 

マルチベクトル移動パスの時間再のマッピング

複数のベクトルで構成される移動パスを作成した場合、時間の再マッピンググラフでは、各ベクトルは明るい灰色の長方形で表されます。これらの長方形の目的は、時間内の各ベクトルの位置を視覚化し、それに応じてキーフレームを作成するのに役立つことです。

Time remapping graph for a multi-vector movement path

マルチベクトル移動パスへの一般的なアプローチは、上記で説明したものと同じです。ただし、覚えておくべきトリッキーな部分もう1つあります。シーン内のベクトル位置を変更すると、それに応じて灰色の長方形がシフトします。トリッキーな部分は、これらの移動ベクトルに基づいてグラフ上にキーフレームをすでに作成している場合は、それらも手動でシフトする必要があることです。

基本的に、キーフレームは移動ベクトルにアタッチされていないことを覚えておく必要があります。したがって、オブジェクトを特定の速度で特定のベクトル内を移動させ、そのベクトルを移動したい場合は、必ずキーフレームを再確認してください。

 

再マッピングにより、オブジェクトアニメーションを完全に制御できます

時間の再マッピングは強力なツールであり、VSDCの新しいバージョンで導入できることをうれしく思います。この機能を適用するためのすべてのステップを実行しましたが、発見することはまだまだたくさんあります。たとえば、オブジェクトの回転、トランジション、さらにはモーショントラッキングを組み込むことができます。

今すぐVSDC 6.9版をダウンロードして、自分で試してみてください。


無料動画編集の説明ページでプログラムに関する詳細な情報を得ることができます。

Minecraft Java Editionの実況プレイを記録する方法

YouTubeチャンネルのMinecraft Java Editionの実況プレイを記録したいですか?スピードランをキャプチャしたいですか、それとも単に実況プレイをしたいですか?これは、画面に加えて、ウェブカメラまたはマイク、あるいはその両方を同時に記録する必要があるかもしれないことを意味します。

あなたを助けるために、VSDCスクリーンレコーダーを使用してそれを行う方法についてのステップバイステップのチュートリアルをまとめました。これは、ゲームキャプチャモードが組み込まれたWindows用の無料のスクリーンレコーダーで、映像を超高解像度で保存できます。

前置きはこれくらいにして、すぐに飛び込みましょう。

 

ステップ1。PCでVSDCスクリーンレコーダーを起動します

PCにVSDCをインストールしたら、デスクトップのショートカットから起動できます。 開くと、次のウィンドウが表示されます:

How to record minecraft

インターフェースは非常にシンプルで使いやすいので、技術に精通していなくても問題なくナビゲートできます。開始する前に、録音デバイスを有効にする必要があります。 どうすれば良いのか見てみましょう。

 

ステップ2。記録デバイスを有効にします

ウェブカメラやマイクが外部(内蔵ではない)の場合は、最初にそれらをPCに接続する必要があります。その後、「サウンドを有効にする」ボタンをクリックして、動画にのマイクサウンドを有効にし、「カメラを有効にする」をクリックしてウェブカメラからの動画を録画します。

ゲームキャプチャモードを使用して、Minecraftの実況プレイを記録することを選択した場合、ゲームウィンドウ上にフェイスカメラを配置することは不可能であることに注意してください。その代わりに、ウェブカメラ動画は個別に記録され、後でビデオに追加できます(その方法を説明します)。ウェブカメラからの動画を別のファイルとして保存するには、設定ウィンドウを開き、「ミキサー」に進み、「カメラの記録をファイルとして保存する」というチェックボックスをオンにします。

 

ステップ3。設定を構成します

録音を開始する前に、ソフトウェアを設定することが重要です。たとえば、出力動画の画質と、結果の動画が保存されるフォルダーを微調整できます。

詳細を構成するには、「共通設定」と「エクスポート設定」を使用します。前者では、対応するオプションの横にある「変更」をクリックして、出力フォルダーを変更できます。デフォルト設定のままにすると、動画は「Videos\VSDC Free Screen Recorder」というデフォルトのフォルダーに保存されます。後者では、1秒あたりのフレーム数、解像度、ホットキー、記録の全体的な画質を構成できます。画質を70〜80%に保つことをお勧めします。

How to record gameplay

終了すると、設定が自動的に保存されます。

 

ステップ4。Minecraftのゲームプレイを記録します

これで、Minecraftを起動できます。 VSDCタスクバーで、「ゲームキャプチャ」ボタンを右クリックし、ゲームを選択します。次に、Minecraftウィンドウに切り替えて、「録を開始」ホットキーを押します。デフォルトでは「Ctrl」+「F5」です。

フッテージの記録が終了したら、「記録を停止」ホットキー(デフォルトでは「Ctrl」+「F8」)を押します。録音にすばやく移動するには、VSDCタスクバーの「出力フォルダーを開く」をクリックします。

 

ステップ5。フェイスカメラをビデオに追加します

実況プレイと一緒にウェブカメラを録画することを選択した場合は、それをビデオに追加します。任意の無料動画編集ソフトウェアを使用できますが、このチュートリアルでは、VSDC無料動画編集を使用します。

コンピューターでVSDCを起動し、「コンテンツのインポート」オプションを使用して、実況プレイ動画をシーンに追加します。ポップアッププロジェクト設定ウィンドウで「OK」をクリックします。次に、「Shift」+「V」を押してシーンに新しい動画を追加し、コンピューターからフェイスカメラ動画を選択します。ポップアップウィンドウで、「新しいレイヤーを追加」を選択して、フェイスカメラ動画がゲームプレイでメインビデオの上に配置されるようにします。

そこから、フェイスカメラ動画のハンドラーを取得してサイズを変更し、選択した隅に配置するだけです。

結果をお楽しみください

フッテージの記録方法がわかったので、自分で試してみませんか?ことによったら、多分あなたは次の大きなMinecraft YouTuberになるでしょう!しなければならないのは試すことだけです。ビデオを編集したい場合は、ここにあるチュートリアルのリストを確認するか、VSDCのYouTubeチャンネルをチェックしてください。

How to Use Bezier Curves for Drawing Shapes

Bezier curve is a tool that lets you draw odd shapes with precise accuracy. In video editing, it’s one of those rare features that are easy to use and hard not to. Below, we’ll show you how to use Bezier curves in VSDC Free Video Editor for creating shapes you can later use for clipping or inverted masks. For the sake of this tutorial, we’ve selected a heart shape as an example to practice on; once you get the hang of it, you’ll be able to draw any other shape quickly and effortlessly.

Bezier curves are available in VSDC starting version 6.8. Make sure to download it before getting started.

Step 1. Launch VSDC Free Video Editor and import your content

First, boot up VSDC Free Video Editor. On the main screen, there are different options for importing your content. You can create a blank project with custom parameters, or you can simply click Import content and select your video files from the computer. If you decide to do the latter, VSDC Free Video Editor will automatically change the project’s parameters to the parameters of your video.

Step 2. Draw the foundation of your shape

Once you access the project’s scene, go to the left-side menu and select the Add free shape tool:

How to use bezier curves

A window called Object position settings will pop up to indicate the position of the shape you’re creating on the timeline – just click OK.

Now, as an easy demonstration of what the Bezier curve is capable of, let’s draw a heart shape. In the previous versions of VSDC, you would have to create up to 100 control points just to draw a smooth-looking heart. However, now you’ll be able to make do with only a couple of control points, even if you have little to no vector drawing experience. The Bezier curves will practically draw the shape for you!

To get started, click anywhere on the scene and while holding the mouse button, drag it to the side. Once you do that, you’ll see two vectors that will start forming the shape. Leave them as they are and repeat your steps to create another control point above the first one: now you have half of the shape! Okay, it may not look like half of a heart shape, but that’s temporary.

 

Now all you have to do is close the shape before we start turning it into a heart. There are two ways to do that. You can either select the first control point and press the Closed Free Shape button in the Shape Point Settings, or simply hold the Ctrl key and click on your first control point.

Step 3: Adjust the vectors to achieve the desired shape

Vectors determine the shape of your figure; therefore, you can tweak the shape just by dragging them in the desired direction. For instance, to turn the circle into a heart shape, press the Ctrl key and drag one of the vectors at a 45-degree angle. Keep in mind that if you forget to press the Ctrl key, both vectors will be moving along, staying parallel to each other. Once you’re finished with one vector, drag the second one at the same angle but in the opposite direction. Repeat the process with the vectors from the second control point, and voila – you have a heart. You always had.

 

Make use of your shape

Drawing shapes with the Bezier curve is this easy. You can add as many control points as you want: each will have two vectors to help you form the shape more precisely. Whether you want to create a clipping mask, hide an object behind a shape, or just practice vector drawing – now it’s much easier. We’re excited to see what uses you’ll find for this tool!

Now, if you’d like to continue exploring the power of Bezier curves, go ahead and read our guide to using them for creating smoother, custom-paced transitions.

How to Make Transitions Smoother Using Bezier Curves

Bezier curves have many uses in video editing, one of which we already explored in our quick guide to drawing shapes. This time, we’ll show you how to use Bezier curves in so-called “easing curves” – the tool allowing you to control how long it takes a transition to kick in or fade out.

Please note that editing transitions along Bezier curves is only available in the Pro version of VSDC.

Step 1: Import your footage and add a transition

Making smooth transitions with the Bezier curve is a simple process. First, import your video file to the project. If you already have a blank project opened, you can just drag the video file onto the timeline. Next, add a transition. For this tutorial, we will be using the Wipe transition, but you can choose any of the ones available in the Templates window.

Step 2: Apply transition curve template

Right-click on the transition effect to open the Properties window. For our example, we’ll be working with Transition levels – the parameter setting the speed of the transition. Right-click on the tiny Parameter change icon next to Transition levels and hover over Templates. Then select “Quad Out.”

 

How to use bezier curves

There are over a dozen options available in the menu; however, for our example, we need to use a template ending with “Out” because the transition is at the end of the video. Had we placed the transition at the beginning of the video, we would have selected a template ending with “In.”

Step 3: Configure Bezier curve

Once you apply the template, the timeline window will display a graph. The curve on the graph is based on the Transition level values, therefore, by changing this curve, you will be adjusting the pace of the transition.

To get started, find the two control points: one at the beginning of the graph and one at the end of it. These are called “keyframes.” Click on either of the keyframes, and you’ll see a vector. Grab the end of the vector and drag it around: both the length and the angle of the vector change the curve and, thus, the pace of the transition.

 

To adjust the transition at any specific moment, you can create additional keyframes by double-clicking on the graph. The smoother the curve is, the smoother the transition. The opposite is true: if you create a sharp curve, the pace of the transition will spike accordingly.

Create custom video effects using Bezier curves

Customizing transitions with Bezier curves is easy. You can apply them to any parameter that includes values changing along a curve and achieve outstanding video effects. Furthermore, after creating your ideal transition, you can save it as a template and use it later. Check out a quick tutorial on how to do it.

リアルな壊れた粉々になったガラス効果を作成する方法

「粉々になったガラス」エフェクトは、VSDCプロで最近利用可能になった人気のあるトランジションです。適切に設定すると、この効果は動画に深みを与え、遠近法を実現するのに役立ちます。これを使用して、シーン間のスムーズなトランジションを作成したり、動画を張り切って終了したり、ストーリーを開始したりできます。

このチュートリアルでは、リアルな粉々になったガラス効果を作成する方法を紹介します。ただし、6.8より前のバージョンでは新しい効果を利用できないため、先に進む前に、公式ウェブサイトから最新版のVSDCをダウンロードしてください。

 

VSDCで粉々になったガラス効果を適用する方法

開始するには、VSDCを起動し、「コンテンツのインポート」オプションを使用してフッテージをエディターにアップロードします。これを行うと、動画が自動的にタイムラインに表示され、作業を開始できます。

粉々になったガラス効果を適用するには、上部の「動画エフェクト」メニューを開き、「トランジション」に進みます。次に、「粉々になったガラス」を選択します。

How to apply the Shattered glass transition effect in VSDC Pro

エフェクトを適用すると、「オブジェクトの位置設定」と呼ばれるポップアップウィンドウに、エフェクトがシーンの最後に追加されることが示されます。後で、エフェクトの位置を手動で変更できるようになります。

プレビューウィンドウを使用して結果を確認し、トランジションの外観に満足している場合は、先に進んで動画をエクスポートするか、残りの部分で作業を続けます。

 

VSDCで粉々になったガラス効果設定にアクセスする方法

効果設定を開くには、最初にタイムライン上のエフェクトにアクセスする必要があります。これを行うには、効果を適用した動画をダブルクリックします。そこから、エフェクトレイヤーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。プロパティウィンドウが右側からスライドインします。

Shattered glass effect settings available in VSDC Pro

「プロパティ」ウィンドウには、次の3つの設定グループがあります:

  • 共通設定
  • 調整設定
  • 粉々になったガラス効果設定

共通設定

共通設定では、タイムライン上のエフェクトのレイヤー名を変更し、エフェクトの持続時間を定義し、動画に表示される正確な瞬間(秒またはフレーム単位)を設定できます。

調整設定

調整設定には、エフェクトの透明度と、破片の境界を拡張するオプションの2つのコントロールが含まれます。

前者のコントロールは、粉々になった破片の不透明度に直接影響します。 たとえば、透明度の値が100%である場合、背景が黒のままで画像が粉々になります。ただし、透明度レベルを大幅に下げると、破片は半透明になり、黒い背景の代わりに元の画像が表示されたままになります。

「透明度」メニューを展開すると、「初期値」「最終値」の2つの追加プロパティが表示されることに注意してください。透明度レベルを時間の経過とともに増減させたい場合は、これらの値を使用します。

「プロパティ」ウィンドウには、「初期値」と「最終値」を含んでいるパラメータが多いことに注意してください。それらはすべて同じように機能します。初期値を最終値よりも小さくすると、トランジションが進むにつれてパラメータ値が増加します。 逆にすると、トランジションが進むにつれてパラメータ値が減少します。

現在、調整設定の後者のコントロールは、「境界を拡張する」と呼ばれます。デフォルトでは非アクティブ化されています。つまり、破片は、元の動画、画像、またはトランジションを適用したその他のオブジェクトのフレーム内に残ります。ただし、このパラメータをアクティブにすると、破片はオブジェクトの境界の外側に自由に移動し続けます。

最も基本的なエフェクト調整について説明したので、次に、最後の設定グループで使用できるカスタマイズコントロールを確認します。

粉々になったガラス効果設定

このレベルでは、破砕の種類、破片の移動、衝撃力、その他のいくつかのパラメーターを調整できます。

Parameters allowing you to customize the Shattered glass effect in VSDC

プリセット

プリセットは、ライブラリに保存されている独自のエフェクト設定です。たとえば、コントロールをしばらく切り替えた後、非の打ちどころのないトランジションを実現し、次回のためにこのパラメータの組み合わせを保存したいとします。プリセットとして保存し、必要なときにいつでもメニューで見つけることができます。

直線的

このパラメータをアクティブのままにすると、トランジションは、オブジェクトがバラバラになることを表す直接シーケンスで進行します。このパラメータを無効にすると、トランジションは逆の順序で進行します。破片が徐々にオブジェクトを形成します。

エフェクト加速

このパラメーターを使用すると、入力する値に応じて(負数と正数を入力できます)、トランジションを加速または減速できます。エフェクト加速 メニューの下に、いわゆる「ランダムな遅延」を適用するオプションもあることに注意してください。これをアクティブにすると、ランダムな破片の移動の回転が遅れます。

破壊

このパラメーターは、破壊の種類を定義し、「中央揃え」「解散」という2つのオプションを含みます。

どちらのシナリオにも、ひびの数、破片の移動方向、形状、その他の特性を制御できる追加の設定があります。前置きはこれくらいにして、先に進んで、物事がどのように機能するかを見てみましょう。

中央揃え

「中央揃え」の種類を選択すると、下の図に示すように、衝撃点から直線状にひびが形成され、好きな場所に移動できます。

水平割れは、ひびの数、つまり粉砕された破片の数を設定できるパラメータです。

デルタ値は、ひびによって形成される角度のデルタを定義します。たとえば、最大次数の値が360度であることが知っている場合、デルタ値を0に設定し、それぞれが36度の角度を形成する10本のひびを作成できます。ただし、デルタ値を増やし始めると、角度はひびの数と0度からの角度偏差を設定する初期シフトに基づいて変化します。

垂直割れは、水平割れ全体にひびを追加し、ガラスを細かく砕くことができるパラメータです。「デルタ値」と呼ばれるパラメーターを使用して、垂直割れ間の距離を変更したり、「乗数」と呼ばれるパラメーターを使用してそれらを中心から近づけたり遠ざけたりすることができます。

ランダムな形状は、粉砕されたピースをランダムな奇数の形状にするか、分割線によって形成される正しい形状のままにするかを選択できるパラメータです。

粉々になった部分の厚さを増やすには、「厚さ」というパラメータを使用できます。

追加の割れの可能性は、粉砕された各ピースが小さな破片に分割される可能性を作成するパラメーターです。その値が高ければ高いほど、よりランダムなピースが追加の破壊を持ちます。

破片のサイズを制御するには、「最大破砕」というパラメーターを使用します。 その値が小さければ小さいほど、破片は小さくなります。

裏側の色は、粉々になった部分の裏側の色を定義します。デフォルトでは、裏側は黒ですが、他の色を選択したり、不透明度レベルを設定したりできます。

たとえば、不透明度レベルをゼロに設定すると、粉々になった部分の両側に元の画像が反映されます。それ以外の場合、一方の面には画像の断片が含まれ、もう一方の面には選択した色が含まれます。

解散された破壊

最初の破壊のシナリオを確認したので、「解散」がどのように機能するかを見てみましょう。

ここでの主な違いは、このシナリオを適用すると、画像上に破壊が均等に広がり、目に見える単一の衝撃点がないことです。

粉々になった部分の数を変更するには、X/Y軸上の点を使用します。これらのパラメータは、粉砕されたピースに属するコーナーの数を設定します。したがって、使用する数が多い多ければほど、より多くのピースが存在します。

これらの数値のそれぞれについて、デルタ値(X/Y)を選択することもできることに注意してください。デルタ値は、X軸とY軸上の点数の偏差を設定します。たとえば、Х軸に5点を置き、デルタ値が100%である場合、各水平線は1〜10個の粉砕されたピースを生成します。

次のパラメータ(厚さ、追加の割れの可能性、裏面の色)は、前のセクションですでに確認したものと類似しているため、それらをスキップして、「破片配置」と呼ばれる次の機能に移動します。

破片配置は、破片をカスタマイズするのに役立つ設定のグループです。このメニューの最初のパラメータは「初期シフトを使用する」と呼ばれ、デフォルトでアクティブになっています。破片の一部をシーンの前景に直接送信することで、ビデオに奥行き感を与えます。このパラメータを無効にすると、ピースは中景でのみ移動します。

この機能を使用すている場合、「最小シフト」「シフトのデルタ」を適用することにより、粉砕された部分の移動をカスタマイズできることに注意してください。前者は、粉々になった破片が元の位置から前景に移動することを定義します。後者は、最小シフトの偏差デルタを定義します。

次のパラメータは、「X軸の移動」「Y軸の移動」「Z軸の移動」と呼ばれます。粉々になった破片の軸周りの移動方向を設定するのに役立ちます。デフォルトでは、これらのパラメータはすべて0%に設定されているため、破壊は同じ場所に残ります。ただし、値を増やし始めると、ピースは指定された方向に移動し始めます。

移動速度は、粉々になった破片がシーンから完全に消えるまで移動する速度を定義します。デフォルトでは、この値は最大速度である100%に設定されています。100%の代わりに0%と入力すると、ピースはどこにも移動せずに回転します。

現在、ピースの消失をより動的にするために、開発者は「移動速度を下げる」というオプションを追加しました。この機能は、特定の破壊がシーンから消える前に、それらに割り当てられた移動距離を短縮します。その結果、粉々になったガラス効果はより多くのボリュームを取得し、より映画のように見えます。

選択できる削減シナリオは8つあり、それらはすべてわずかに異なる効果を生み出します。

メニューの次のパラメータは「X軸・Y軸の衝撃移動」と呼ばれ、分割後にピースをさらに遠ざけることで衝撃点を強調することができます。この場合の移動方向は、X軸とY軸に割り当てる値によって定義されます。

たとえば、X軸の衝撃移動が0に等しいが、Y軸の衝撃移動に0より大きい値が割り当てられている場合、垂直割れが表示されます。各軸に0を超える値を割り当てると、粉砕されたピースは垂直方向と水平方向の両方に分割されます。

ピースが衝撃点から跳ね返る速度を調整するには、「衝撃力」というパラメータを使用します。本質的に、それは文字通り衝撃の強さを意味します。 その値が高ければ高いほど、分割が大きくなり、ピースの移動が速くなります。

「衝撃力」メニューの下に、衝撃を調整するのに役立つ追加のパラメータがあります。たとえば、「ランダムシフトを追加する」して、破片が衝撃点からランダムにシフトできるようにすることができます。

「アスペクト補正」は、トランジションを適用した動画またはオブジェクトのサイズに応じて、粉々になった部分の移動を調整するパラメータです。このオプションを有効にすると、指定されたアスペクト比に関係なく、粉々になった破片が均等にシフトします。このオプションを無効にすると、移動シフトはアスペクト比に基づいて行われます。たとえば、動画のアスペクト比が16:9である場合、動画の幅が高さを超えるため、部分はさらに水平方向に移動します。

「衝撃力を減らす」は、事前設定された低減シナリオを使用して衝撃力を低減できるようにするパラメーターです。-99から99までの任意の値を入力できます。値が小さければ小さいほど、衝撃点と分割が見えにくくなります。値を設定したら、「削減」メニューを開いて、削減シナリオを選択できます。これらのシナリオは以前に確認したものと同じであるため、これらのシナリオの概要はスキップします。

X/Y/Z軸の回転というパラメータのグループは、ピースの回転角度を設定します。角度の値が360度を超える場合は、各ピースが対応する軸を中心に回転する回数を定義します。

フェードアウトは、粉砕された部分が特定の軌道点に到達したときに、それらにフェードアウト効果を適用します。

透視投影は、透視を有効または無効にできるモードです。デフォルトでは有効になっています。つまり、視聴者は破片が自分に向かって移動しているという印象を受けます。透視投影を無効にすると、粉々になった破片がシーンの境界に移動します。

 

VSDCの新しいバージョンをダウンロードして、粉々になったガラス効果を試してください

うまくいけば、このチュートリアルがあなたにインスピレーションを与え、いくつかのアイデアが生まれてくると思います!動画で粉々になったガラス効果を試す準備ができている場合は、公式ウェブサイトからVSDC 6.8版をダウンロードしてください。

もっとインスピレーションが必要ですか? 次に、YouTubeチャンネルに登録して、新しい動画を公開したときに通知を受け取るようにしてください。

1 / 20 ページ

News

VSDCの2021年クリスマスリリース:LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果

冬のホリデーシーズンは、多くの理由でエキサイティングな時期です。VSDCユーザーの場合、これらの理由の1つは、プログラムの従来のクリスマスアップデートです。今年は、LUTエディター、時間の再マッピング、ゴッドレイ効果という3つの新しい機能を備えたVSDC...

VSDC 6.8版がリリースされました:新しいトランジション、グループオブジェクトの編集、ベジェ曲線など

VSDCをしばらく使用している場合は、過去2年間にインターフェイスに徐々に実装されてきた変更に気付いたかもしれません。私たちの最終目標は、ビデオクリエーターに、より直感的で機能豊富なワークスペースを提供することです。今回は、新しい効果ライブラリのフォーマットとグループオブジェクト編集という2つのイノベーションを紹介できることに興奮しています。それに加えて、VSDCは2つの新しいトランジションとベジェ曲線を受け取りました。これは、よりスムーズなアニメーションのモデリングを可能にする比類のないテクノロジーです。 前置きはこれくらいにして、新機能を詳しく見ていきましょう。   「ペイントブラシ」トランジション(無料) 「ペイントブラシ」トランジションは、選択した方向に応じて、フッテージをペンキで徐々に覆ったり、ペンキの下から次のシーンを表示したりする運筆を模倣する人気のある効果です。 「ペイントブラシ」トランジションには、VSDC...

最高のGoPro動画編集ソフトの探索:公式コミュニティのおすすめ

2021年7月15日 GoProは、プロが撮影したかのように映像を表示するカメラであることにほとんどの人が同意するかもしれません。しかし、それに直面しましょう。ベストショットでさえ編集が必要な場合があります。以前、同社は「Studio」という独自のGoProビデオエディタを提供していました。...

VSDC 6.7版は新しいトランジションと文字のアニメーション効果を展開します

すべての効果の中で、VSDCコミュニティが特に興奮している2つのカテゴリがあります。それはトランジションと文字効果です。新しいバージョンが両方のカテゴリに更新をもたらします。さらに、最適化されたファイル管理や待望のマーカーなど、新しいワークスペースのカスタマイズの可能性があります。 一番良いのは?...

ノンリニア編集ソフトウェアの初心者向けのガイドとNLEの例

動画編集をよく知らない場合は、「ノンリニア動画編集」または「ノンリニアエディタ」を表す「NLE」(ノンリニア編集)という表現に出くわしたことがあるかもしれません。NLEはほとんどのオフラインの動画編集ソフトであるため、用語を混乱させないでください。 ノンリニア動画編集ソフトとはどういう意味ですか? ノンリニア動画編集ソフトは、任意のシーケンスを使用して複数のトラックにオーディオファイルとビデオファイルを配置できるビデオエディタです。つまり、ファイルを厳密に次々に開始する必要はありません。ファイルを重ねて、同じシーンで同時に使用することができます。 ...

VSDCのクリスマスアップデートは動画クリエーターに喜びをもたらします

休暇のシーズン中にVSDCを更新することは伝統となり、今年も例外ではありません。喜びと創造性を刺激するように設計された多数の新機能が満載のVSDCの6.6版を紹介できることを嬉しく思います。まったく新しいクロマキーツールセット、オプティカルフローというリフレーミングモード、動画の顔にマスクを追加するためのすばやく楽しい方法、粒子効果及び強化されたフリーシェイプ機能があなたを忙しくさせていただくことを願っています。 前置きはこれまでにして、これらの更新を詳しく見てみましょう。 アップグレードされたクロマキーを使用して、すぐにビデオポストカードを作成します すべての新機能の中で、クロマキーは最大のオーバーホールを受けました。VSDCの無料版とVSDCのプロ版という両方のバージョン–...

2021年に試すべきWindows用の6つのiMovieの代替品

Mac用のすべての動画編集ツールの中で、iMovieは私たちのお気に入りのツールであり、このブログで何度もおすすめしています。 iMovieはほとんどのAppleデバイスにプリインストールされています。...

無料クロマキーソフトウェアトップ: 試してテスト済み

動画からグリーンの背景を削除する必要がある場合、 いわゆる「クロマキーソフトウェア」なしで簡単 に削除する方法はありません。 これは、色(彩度)を分離(キーイング)し、フッテージから完全に削除できる動画編集ツールです。...

VSDCの 6.5.1 版は、新しいエフェクトとAIアートジェネレーターでInstagramのような動画を制作するのに役立ちます

2020 年9 月14 日 急速に変化するソーシャルメディアの時代では、 クリエイターは日常の映像をスタイリッシュな動画に簡単に変えるための高速なソリューションを必要としています。...

VSDCが「ビートを編集する」という動画エフェクトを音楽に同期させる革新的なツールのリリースを発表

今年、私たちは皆、いつもよりずっと多くの #stayhome をしなければなりません。 そして何人かはその余暇を創造性に費やすために捧げることに決めました。VSDC...
 

Screen Recorder Box

このプログラムは、あなたのデスクトップのビデオをキャプチャし、パソコンで様々なフォーマットでも動画を保存できます。プログラムは、動画編集と結合して、プレゼンテーションの作成や、チュートリアルや、デモビデオのためにすごいツールです。

スクリーンキャプチャについて...

 

Video Capture Box

このプログラムは外部の装置からビデオをキャプチャーし、自由なフォーマットでパソコンに記録します。ビデオチューナーや、ウェブカメラや、キャプチャカードなどからビデオを保存できます。

ビデオキャプチャーについて...


Reviewed by


"VSDC Free Video Editor is a surprisingly powerful, if unconventional video editor"

- PC Advisor


"This video editor gives you tons of control and editing power"

- CNet


"The editor handles many common formats and boasts a good deal of capabilities when it comes time to alter lighting, splice video, and apply filters and transitions in post production"

- Digital Trends